三森山~オボコンベ山の春

【日  程】 2017年4月16日(日)   
【山  名】 三森山686m・オボコンベ山589m 
【行  程】9:20栃原・尾根ルート登山口―9:35滝倉沢 ―西の森沢―支11:10沢―12:30三森山→13:10鞍部―13:35オボコンベ山13:55 ―尾根ルート ―オボコンベ山登山口 ―14:50栃原・尾根ルート登山口
【メンバー】マロ7/おっ家内  2名

今朝は町内会の道路掃除…(おっ家内担当)があって、遅い出発となりました。
半年ぶりの三森山、オボコンベ山へ、でもこのコースは一般的なコースではありません。
滝倉沢は2012年11月25日、2015年10月、2016年11月20日 に訪れています。
栃原の染色家「由季」さんのところから滝蔵沢を遡上しオボコンベに至ります。{深野稔生さんの著書1999発行「宮城産土の山を行く(山でタコに合う)」でこの沢の遡上を書いてあります。}
秋保長袋から見えた大東岳。
DSC09841_R.jpg

栃原の染色家「由季野」さんの門蕃さんにご挨拶…∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…
DSC09846_R.jpg


3匹の大型犬を連れたご夫人にも挨拶…\(^o^)/
DSC09847_R_20170417185332625.jpg


橋を渡れば左手の道路が広くなって、3台の車が駐車です。
後から来ました彼女達は桐ノ目沢からオボコンベに行き周回するそうです。
DSC09848_R.jpg


本砂金川を渡渉しますが、長靴に水が入ってきたって…(゚д゚)
DSC09849_R.jpg


5分も歩かないうちに滝倉沢に入ります。
DSC09853_R_20170417190325719.jpg


春の恵みを山神様より頂戴いたしました。(」*´∇`)」
DSC09854_R.jpg


何てったって、滑沢にご機嫌なのです。
DSC09857_R.jpg


DSC09855_R_20170417190230beb.jpg


DSC09860_R.jpg


滝倉沢を遡上して最初に出てくる二俣、中央の立ち木にピンクテープあります。
右俣はオボコンベ直下に通じるそうで土壁に囲まれて立ち往生となるでしょう。
DSC09868_R.jpg


ロープを出しますかな…いらないって言うんだから…(=゚ω゚)<
DSC09873_R.jpg


やはり、秋よりも水量がありました。
DSC09883_R.jpg


初のエンゴサク。
DSC09907_R.jpg


昨秋は尾根へ到達しましたが、今回は手前の沢をつめます…が。
DSC09910_R.jpg


やはり、土壁状のV字谷となり遡上断念…(´・Д・)」
DSC09920_R.jpg


右手の尾根へ回避です。…そうしてるうちに「キャー」(*゚Q゚*)…確かに聞こえたんだよ。
「キャー」という、図太い声(甲高い声ではなかった)に振り向いたら何やら騒いでる。
落下でないことに安心し耳を傾けると、危なく掴みそうになったとか…(°_°)
DSC09923_R.jpg


蛇ですので、スルーしてください。
それは今年初の長物でした。
私が歩いた時に枯れはのなかいたヤマカガシが目覚め地表に出たところでおっ家内の手が伸びた訳だ。
傾斜もあるのでし、ヤマカガシとは目と鼻の先の距離、掴んだら猛毒の液が吹きかけられる。
そういえば、山で会う蛇は大半がヤマカガシですな。
DSC09925_R.jpg


三森山の山頂東面の超急登はさほどの藪ではなく助かった。残雪が目立ったなかにイワウチハが咲き誇る。
DSC09927_R_201704180649477c2.jpg


三森山の山頂は相変わらずの藪状態で。展望はなし。
DSC09942_R.jpg


西側は沢山のイワウチワが咲き誇っていたのには驚きでした。
DSC09962_R_20170418064950186.jpg


オボコンベ山を目標に歩きます。
DSC09966_R.jpg


ヤセ尾根ではもの凄い突風。
DSC09969_R.jpg


オボコンベ山頂は360度の展望、そのなかで目立つのは中面白山の東に派生する「矢尽」。
DSC09973_R_2017041807010902d.jpg


南側には泣面山から寺の沢山の稜線がいつくるのと招いている。
DSC09974_R_20170418070111fb1.jpg


桐ノ目山はどこから見ても円錐形で端正なマスク。
DSC09978_R_20170418070112860.jpg


北側の鷹の巣山は目と鼻の先。
DSC09981_R.jpg


三森山を見ながら遅い昼食タイム。
DSC09989_R_201704180701195b5.jpg


今回はマンモス岩には行かず、尾根コースを下山します。
DSC09991_R.jpg


山頂の祠にはビスケットが供えられていました…が…誰が食べるのだろうかな。
お供えしても良いのですが、食べ物は持ち帰りをした方がいいと思いました。
DSC09983_R.jpg


久しぶりに尾根コースをたどりました。
DSC09997_R_201704180701220a5.jpg

本砂金川の渡渉では…崩れたぁ~。起き上がりを激写。
DSC09999_R.jpg


最後は水没しましたが、無事下山です。
DSC00001_R.jpg


歩行は6キロでしたが、累積標高差は970mでした。(ルート図作成中です)
今度は、争奪地形を確認しに行きたいですね。
安着祝いは、スクモガニとシラウオが届いて、コゴミ、クレソンの合作で賞味いたしました。
DSC00002_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

早く続きを!!
楽しみです。

初物

やまぼうしさん
あまりにも期待させてしまいました。
初物でした。v-12

No title

コゴミ美味しそうです。
山菜とは縁のない山ばかり歩いているので、なかなか採りに行けないです。
あの争奪地形は実際に見るとがっかりしますよ。
一度、本砂金川から太郎川を八の字周回してみたいです。

No title

SONEさん
毎日がコゴミ定食です。
争奪地形、がっかりしても見に行かなくてはね。
この山域、ヤブあれどお気に入りです。

No title

おっ家内さんの長靴は大丈夫でしたか?
私のは破れてはいませんが、スパイクの本数が微妙になってきましたよ(^^)
オボコンベも暫くご無沙汰。歩きたくなってきました。

No title

morinoさん
おっ家内の長靴はピンが抜けないうちにひび割れです。
安物を値切ったからかな。v-12
私等のホームセンタースパ長は、畑でも履くし、年1足がいいところですね。(^^)
オボコンベ周辺も楽しい歩きができます。

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR