2017関山峰渡・関山街道フォーラム探訪会

【日  程】2017年4月30日(日) 
【天 候】晴   
【行  程】 関山P~坂下番所跡~~峰渡り交差点~旧関山隧道~戻る~峰渡尾根~関山・大峠~羽前の国展望所~いつぷく平~永晶橋P
【メンバー】 「関山街道フーラム探訪会…36名

明治15年に開通した関山隧道(宮城側)と明治初期まで「峰渡り」と呼ばれた古道の探索に今年も参加しました。作
並温泉の岩松旅館に集合して一路、関山トンネル・宮城側旧道入口に向かいます。
募集は22名でしたが、80名近い申し込みがあったそうです。
毎年一般募集されます探訪会が、超人気のようで当選の確立は3割、初回で参加の方もいれば何回応募しても当たらない方もいます。これも抽選の宿命でしょう。
昨年は、曇/強風・雨でしたが、今年は晴れ神様がいたようだ。
集合場所の作並岩松旅館で、2度目のお花見を愉しむ。
DSCN0017_R.jpg

作並温泉の岩松旅館で受付、ミーティングしてマイクロバスに乗車します。
DSCN0021_R_20170430205317947.jpg



ストレッチを行いさぁ出発です。天気は最高ですね。
広瀬側上流に臨時の架橋…最後尾が渡れば撤去されます。
DSCN0025_R.jpg





坂下御番所跡。
DSCN0026_R_20170430205321539.jpg

ここから峰渡りがはじまります。
DSCN0027_R_20170430205324caf.jpg



早速の急登、ロープが頼り、高差80mを登ると旧道と峰渡りの交差部です。
DSCN0032_R.jpg



ここは崩落がありますので登らず100m西側にアルミ梯子がありますのでご利用ください。
そして、ほぼ水平道を隧道に向かい西へ進みます。
途中のブナ林に目がいきました。
DSCN0033_R.jpg



やがて、800mにも満たない羽山脈の背骨が近づいてきました。
DSCN0034_R.jpg


関山隧道の真上はかなりのヤセ尾根です。
DSCN0035_R.jpg



隧道前の笹薮にはかなりの泥が付いていました。雪融けで泥が残り付着したのでしょうか。
DSCN0037_R.jpg


関山隧道での集合写真。
DSCN0040_R.jpg



一旦戻り、交差部手前の梯子を登って峰へ行きます。
DSCN0044_R.jpg



樹齢数百年の「大ぶな」。
DSCN0046_R_201704302108443ae.jpg



南側の稜線は面白山まで続く。
DSCN0050_R_201704302108457f5.jpg




山頂でお昼を食べていたのは、先行班だと思って声をかけたら間違った。
アラッ、ゴメンナサイ。(^-^)/マロさんと呼ぶ彼女達の声…つぶさに当ブログを見ているようで…タジタジ。
早速、春の味をいただきました。
DSCN0051_R - コピー




早速、記念写真。楽しいひと時でした。ゴッツオウサマ∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…
DSCN0052_R.jpg





関山の集落を見ながらくだります。ここは凄い藪でしたが、見違えるようになりました。
「羽前の国展望所」、葉山と月山が見えました。
DSCN0057_R_20170430210847f71.jpg




真紅のイワウチワと開花前のマイヅルソウを見ながら降下です。
DSCN0061_R_20170430210850b2b.jpg


乱川を渡渉、ボッチャンしたかたはいなかったかな??
DSCN0062_R_2017043021085313f.jpg



山形側入り口の標識。
DSCN0063_R.jpg



ひっそりと春の共演。
DSCN0065_R_20170430210854db1.jpg


仕上げのストレッチ体操を、82歳のエンジュさんが指導してくれました。
DSCN0066_R_20170430210856ce2.jpg


岩松旅館に戻り、コーヒーと団子で話に花が咲きました。
DSCN0069_R.jpg


名物の露天風呂に入って桜吹雪で帰路につきました。
DSCN0076_R_2017043021090069b.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

No title

関山フォーラムに参加されましたか。

然し22名の一般枠に80名近い応募とは・・・云い替えればそれだけ旧道が多くの市民の記憶に刻まれているんですね。

それと山形県側の入り口の写真ですがあれだけたくさん人や車が居れば「何事だ?」となったのでは?それと永晶橋に簡易バリケードありませんでしたか?コンクリートが劣化酷く車は通せない旨の看板があったと思います。

何事も三度♪

サングラスかけていただいたら20位は年 サバ読めそうで良い気分です。三回目の偶然の出会いに興奮しついぶしつけな質問を、、、大変失礼いたしました。いつもまろ様のブログを参考にしてとても助かっておりますのでこれからもどうぞよろしくお願いします。隠れファン」が大勢おりますので頑張って山歩きのレポをよろしく!またどこかでお会いできますように。

永晶橋

羽前の国の旧車狂さん
恒例となった関山フォーラム、毎回盛況ですね。
スタッフとして参加しましたが、参加者への気配りは普段の山行きと違いますね。
以前は激ヤブの山中でしたが関係者の努力で素晴らしいコースになりましたよ。私等のほかに2組のグループが歩いていました。
永晶橋の簡易バリケードは確認しませんでした。
この地域は愛林公益会で整備していますね。

隠れファン

雪割り姥桜 さん
ペコちゃんにしようかと思いましたが、形相が一緒になってしまうので…(笑)
皆さん、若くて健脚(剣客だった…)も言うですね。
声をかけていただき嬉しかったです。
そして、美味しいオカズのおすそ分け、ご馳走様でした。
それにしても質問、、、まだまだ足りなかったのではと、次の機会をお待ちします。三回目の偶然の出会、蘭山は新繊に覚えていました。
当ブログ、ほぼ適当ですので、ご容赦ください。
よろしくお願いいたします。

ライフワークですね

古の旅人がワラジで歩いた旧街道。そんな時代に思いを馳せながら山歩きを楽しむって、良い一日の過ごし方ですね。
2月に歩いた時、アルミ梯子は3段くらいしか露出していませんでした。
そのうち山形側へ抜ける歩き方をしてみたいです。

峰渡り

大和町のチバさん
宮城から山形への旧山道は何本かありますね。
私的に、升沢から山頂を経て観音寺に抜ける今のコースはかなり古いと思います。
山歩きをしていていろんな楽しみ方がありますが、景観は見えなくてもいいから先人の足跡が見えるとそれで嬉しい。
関山峰渡り、もっと何かが出てきそうだと…思ってます。(楽笑)
そう、藪山歩きの若者との出会いもありました。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR