絶景の展望

編集中です。
旧・分県登山ガイド「宮城県の山」(2004発行)には58山が記載されています。
特段、気にもしないで山を登っているのですが、数年前から2山を残していることに気がつきました。
昨年はその1山に登りましたが、やはりこの辺でケジメをつけようかと。
低山里山なのですが、急登からは終始ヤブ歩き、展望なし、水なし、生き物なし、花なし(多少はありましたが)…これぞ山歩き…だったような。(#^.^#)
気を取り直して、向ったのは深山牧場。
いつしか、揚石山、櫃ヶ森を登ってここからの展望を楽しんだことがありました。
今日は、おっ家内にその景観を見せたくて…。
栗駒山をバックに…。(^-^)/
DSCN0234_R_20170425073333dbe.jpg

薬莱山 で雪を愉しむ

【日  程】2016年1月17日(日)  【天 候】曇/晴
【山  域】 薬莱山
【行  程】スキー場P→鳥居→鳥居→姥地蔵→ 薬莱山山頂→東尾根→スキー場→スキー場P
【メンバー】船形山ブナを守る会の皆さん計28名   

「船形山ブナを守る会」さんとのお山歩きはこれまで(割山大滝・ブナ平・七ツ森3山・達居森)と同行させていただき。今回で5回目です。9時に薬莱山スキー場に集まります。
大和町鶴巣から見る七ツ森です。
DSCN5198_R.jpg

続きを読む

龍ノ口山・低山ながら苦闘

【山  名】龍ノ口山81.5m / 三等三角点
【日  程】 2015.12/26(土)    【天 候】晴
【行  程】9:40登山口~鳥谷坂~9:45天皇社~9:50子安観音堂~墓地~9:55ヤブ~墓地~10:35作業道~ヤブ~10:55龍ノ口山~11:00龍口神社~11:30龍口寺~11:55登山口
【メンバー】 マロ子、マロ7 、おっ家内
旧河南町は2005年の平成の大合併で石巻市となります。その石巻市の最西端に位置する龍ノ口山は、仙台平野の北部に位置する加護坊山・箟岳山丘陵と旭山丘陵の間にある南北に細長い山…というより、丘陵地です。
DSCN4302_R_20151227094033ea6.jpg

続きを読む

栗駒山・裏掛コースを辿る

【日  程】 2015.9/23(水)    【天 候】快晴
【行  程】6:45いこいの村跡~新湯沢渡渉点~8:10草地1200ピーク~ 8:40ドゾウ沢の土石流発生場所9:05~産女川源流~9:50磐井川源流~10:10東栗駒コース分岐~栗駒山~11:00天狗岩~11:15栗駒山11:50~12:00東栗駒コース分岐 ~東栗駒山~13:20新湯沢~13:50いわかがみ平P    【メンバー】 マロ7単独 
最近行った栗駒山は4年前の表掛コースの登山で、しばらく遠のいていました栗駒山です。
 裏掛コースは湯浜コースと取り残しておいた二つですが、是非とも歩きたいと思ってから、岩手・宮城内陸地震が発生しそのままとなっていました。
画像は耕英開拓地から見る栗駒山
DSCN1159_R.jpg


 

続きを読む

船形連峰・残雪の長倉尾根を辿る

【日  程】2015年5月17日(日)   【天 候】快晴
【メンバー】tomさん、shigeさん、maro7の計3名。
【コース】旗坂平キャンプ場→鳴清水→旗坂平→一群平→三光宮→不動石→瓶石→草原→蛇ヶ岳→三峰山→熊の平→水源→北泉分岐→大倉山→氾濫源

北泉からつ三峰山につながる長倉尾根は私の青春ロード、もう二度と訪れることはないだろうと思った日々。
ひょんなことから昨秋40数年ぶりで、おっ家内とキノコ採りしてあらためてこの長倉尾根の素晴らしさを味わった。
この時、燃え盛るブナの紅葉を見て、来春は萌の紅葉を見ようと待ち望んでいたところ。おっ家内は、足指負傷(私に蹴りをいれたのだが…)で自宅待機(謹慎)。
こんなにタイミングの良さはあるまい。駐車で…アレッ、tomさん。新しい新車でねぇすか。(笑)
私は三峰へ行くのだが……おら方さいぐべで二人を道連れ。
DSCF6153_R.jpg

続きを読む

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR