奥羽山脈のどまん中

【日  程】2017年3月4日(土)  【天 候】曇
【山  域】 奥羽山脈のどまん中 
【行  程】 10:05国道48スノーシェルタP→10:30坂下境目番所跡→11:05旧国道交差部→11:40旧関山隧道→12:30主脈12:40→往路戻る→13:30旧国道交差部→14:05国道48スノーシェルタP
【メンバー】  マロ7、おっ家内  2名

定義のお山でもと思ったが、夕方に山形で飲み会なもんで、国道48号線沿いをねらった。
熊ヶ根駅発山形行きは15:40なので15時までは山を降りたいことから、雪の関山隧道は如何なものかと…。
いつもの場所に駐車、ワカンとアイゼンを2組背負う。
DSCN6095_R.jpg

続きを読む

関山のダットサン(その3)

3月4日、夕方から山形市内で飲み会なので、どこかお山と選択しましたが、雪の関山もいいかなぁ~と足を向けました。
興味は、旧関山隧道内のタロヒ(ツララ)はあるのか…。
脊梁山脈の雪庇はどうか…。
大峠(江戸期の名称)からの主稜線の展望は…。
サプライズとして、関山のダットサンはこの雪の山中でどうなっているのか…。

関山峠のダットサンについてはこれまで下記のとおりアップしていますが…。
①関山峠のダットサン2016.3    http://maro70.blog.fc2.com/category20-1.html
②関山のダットサン2016.11(その2)  http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-690.html
これまでの経過では…スクラップ車両とか、事故車両だとか推察しましたがどちらであるか、色々な見方があるのでいまだに判断がつきません。
また、いまから50数年前に(S30年代後半)発生した一家5人事故に結ぶのでは…と、見方もありました。。
でも、最近になってある文献から、発生場所がここではないということで確認できました。
雪に埋もれたダットサン、今後も静にこの山中に眠り続けることでしょう。
DSCN6116_R.jpg

関山隧道から大峠・関山峰わたり

【日  程】2016年11月23日(水)  【天 候】曇、雪
【山  域】 奥羽山脈のまん中 
【行  程】 9:00国道48スノーシェルタP→9:05坂下境目番所跡→9:20旧国道交差部→9:55旧関山隧道→主脈→関山キレッド→竜の背骨→やらいみはりしょ→12:15関山・大峠→12:50大ぶな→旧国道交差部→13:05国道48スノーシェルタP
 【メンバー】 関山フォーラム等の皆さんマロ7・ 計10名

関山フォーラム協議会主催の「峰渡り」行事のルート調査として参加です。
愛子から小雨、作並で小雪…アララ。
天童の浅井さんから貴重な資料をいただきましたよ。
DSCN3959_R.jpg

続きを読む

小網取山

【日  程】2016年4月30日(土)
【天  候】晴れ突風
【山  域】船形連峰・大倉 小網取山824.5m
【行  程】 御伊勢沢橋P~~~小網取山~~~~~~御伊勢沢橋P
【メンバー】おっ家内・マロ7  2名
旧宮城町誌によれば、奥羽分水嶺が宮城・山形両県の県境を連互し、主峰の船形山を始め、白髭山、三峰山、北泉ヶ岳などの諸峰が聳えている。これらの諸峰から派生する支脈は延延として山並み東方に延び、深山幽谷をなし。大倉・作並・新川などの山岳地帯を形成している。
その支脈となる大倉には、高倉山(901m)、綱取山(962m)、大富山(1024m)、深沢山(825m)、間倉山(975m)の5山があり「大倉5山」とも呼ばれている。今回は、その5山に含まれないが、国道沿いの駐車場にデポしてすぐ取り付きできる小網取山を選んだ。
カメラとGPSを忘れました。今回の画像は、携帯電話の撮影ですのでガマンください。
CA3I0274_R_20160502055816abb.jpg

続きを読む

関山峰渡・関山街道フォーラム探訪会<第5回>

【日  程】2016年4月29日(金) 【天 候】曇/強風・雨
【行  程】 関山P~坂下番所跡~~峰渡り交差点~旧関山隧道~戻る~峰渡尾根~関山・大峠~羽前の国展望所~いつぷく平~永晶橋P
【メンバー】 「関山街道フーラム探訪会」約30数名

明治15年に開通した関山隧道(宮城側)と明治初期まで「峰渡り」と呼ばれた敷山古道の探索に参加しました。作並温泉の岩松旅館に集合して一路、関山トンネル・宮城側旧道入口に向かいます。
募集は20名でしたが、80名近い申し込みがあったそうです。
同じ山域に3週間連続(実は翌日も関山山域へ)で通うのも稀であるが、最近では安達太良の迷い沢へ4週間連続で捜索に行った以来である。
毎年一般募集されます探訪会が、超人気のようで当選の確立は25%、参加者は今朝までの荒天から回復気味の天気に笑顔が溢れていた。いつも顔を覗かせる大東岳は雲隠れ。
DSCN7733_R.jpg

続きを読む

プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR