FC2ブログ

北面白山から

北面白山…
【日  程】 2020年6月7日(日)    【天 候】晴
【行  程】 駐車場→天童高原キャンプ場→長命水→ 三沢山→北面白山→ 三沢山 →長命水→天童高原キャンプ場→駐車場
【メンバー】 マロ7、おっ家内   2名
出発時は快晴でしたが山形へ入ると今ひとつの天気、最上の姥様へ会いに行くか迷ったのですが…。
今回は、山頂から4月に歩いた道程の確認と、「中世の関山古道」のルート推測です。
新緑も深まりましたがまだコシアブラも手ごろにはいるのだろうと…キタイ…でしたが、大きくなってたぁ~。
P6070251_R.jpg

続きを読む

キノコ祭り…いぇ…ナメコ祭り2019

11/16(土) 登山よりも実益優先とキノコ狩り…もう、ムキタケはいいからとおっ家内。
関山トンネル手前のパーキング、2台の車が止まってた。寒風山へ行ったのかな。
DSCN9912_R.jpg

続きを読む

キノコ祭り2019

1か月もお山へ行かない。行かなかった。行けなかった。どうでもいいか。
今日は3連休の初日…俺は毎日連休だが、おっ家内はキノコと聞いて同行。
作並の鎌倉山、国道脇にクライマーらしき車が多数駐車…。
DSCN9172_R.jpg

続きを読む

翁山「やまびとヨシゾウ」に想う


【日  程】2019.9 /7(土)     【天 候】晴/曇
【行  程】  ハリマ小屋~ 翁山山頂 ~クルミ平分岐(昼食) ~不老長寿の泉~クルミ平~ハリマ小屋
【メンバー】 船形山のブナを守る会の皆さん…23名だっけかな
「船形山のブナを守る会」の自然観察山行で「翁山」へ。
「翁山」はしばらく前にヤマユリの花咲くころに来て圧倒されました。
今回は、時期的に花は望めないものの一つの望みがありました。
それは昭和30年代に遡ります。当時の少年雑誌には「船形山には仙人が住む」という記事でした。
少年の心には、興味津津…でも船形山へは行くことができず遠く奥羽の山並みを眺めるだけでした。
高校で山岳部に入りましたが、すでに「船形山には仙人が住む」いうことは脳裏にはありません。
そして、時間が経過し新聞にこんな記事(手続きが済んでいないのでリサイズしていますのでご了承を…)が掲載されました。
今から32年前の記事になりますが、投稿者は最上町出身の後藤利雄(1922~2001、誠実を貫いた学者、歌人)さんが寄稿しています。
書き出しはこうで、「30年余りも山ごもりをして、人間界との接触を避け、言語も捨ててしまった男がいた。山男(山人)のヨシゾウであった。
入山当初は宮城県の魚取沼のほとりに小屋をかけて住んだがあとは御所山(船形山)の山中を転々と移り住んだもののようであった。<以下省略>」
そして、8月に訪れたブナの森作品展に展示されました冊子をめくると、「やまびとヨシゾウ」に呼び出されたようにページをめくった。題名は◎船形山の「山男」 語り手は宮崎山岳会会長の猪股氏である。
船形山には二人の山男がいると話す。昭和10年代宮崎町の某法印で羽黒派修験の荒修行を積んでいたという。
もう一人は、魚取沼でテツギョを食べていたという。押切村の住人片倉某という男で雪の無い時分だけ何年か住んでいたという。
両記事とも、片倉の苗字では符合したが詳細な部分でそうではない。
前者の後藤利雄さんは自分の幼少の頃にヨシゾウが訪れ詳細なことを記しているので間違いはないだろう。
後者の猪股氏は伝承なのだ。
「山人とヨシゾウ」は間違いなく実在の人物…、そして里の人々は船形山の仙人と語ったのだろうか…???
そんな想いを抱いてで翁山へ足を運んでみることにした。
img045 - コピー - コピー

続きを読む

楠峰で新緑を味わう

【日  程】2019年6月8日(土)  【天 候】晴…曇
【山  名】 楠峰(1210.4m)
【メンバー】maro7,おっ家内…
【コース】観音寺コース登山口~粟畑~水場~楠峰北尾根~楠峰…往路~観音寺コース登山口
3週連続で天童高原へ…ありましたよ黄色のストックが、有難うございます。
P6090015_R.jpg

続きを読む

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR