寒成山にも・奴はいたのだ…

【日  程】2010年5月30日(日)     【天 候】晴
【山  域】宮城・南蔵王  寒成山621m
【行  程】飛不動尊駐車場~虎岩公園~虎岩~尾根ピーク~山頂~石祠~林道登山口~下戸沢林道のゲート~飛不動尊駐車場
【メンバー】マロ7/おっ家内・2名
【案  内】白石市小原にある山が寒成山です。 国道113号線を西に七ヶ宿に方面に向い、小原温泉を過ぎると正面に片側が鋭く削れた三角形の寒成山が見えます。 国の天然記念物『材木岩』の南側にそびえる山で、北東部が半円形に崩壊した鋭鋒の姿をしており前から興味をひいていました。
 馬蹄形の山頂部は崩壊しており、崖下には幾つかの風穴群があり、 風穴には年中冷気が流れ、独特の植物や高山植物が自生しているそうです。明治時代には風穴冷気を利用した氷室が作られ養蚕に使われたそうです。


続きを読む

往年の名レスラー…

24日の朝、ラッシャー木村さんの死亡を告げるテレビニュースに唖然…。
 私が、高校の頃は、テレビ朝日系でアントニオ猪木率いる『新日本プロレス』。TBSでは、ストロング小林やラッシャー木村さん、今は娘のアマレスで有名になったアニマル浜口などをかかえる『国際プロレス』。ご存知御大・ジャイアント馬場の日本テレビ系、『全日本プロレス』と、ゴールデンに週3本もプロレス中継をやっていました。
野球は見なくともプロレスだけは、私らが育った昭和は、そんなだったんです。
今は、プロレスは新日本の深夜1本、録画だけになってしまいました。
世の中が悪い方向に進んでいるのは、きっと野球とプロレスをゴールデンにやらないからだと、昭和のおじ山は勝手に思うのですが…。


 当時の私は、どちらかといえば馬場さん。でも、割と質の良い外国人レスラーが来日するのに、非常に地味な感じの国際プロレスが、安心して見ていました。初代タイガーマスクのデビュー戦の相手で、あの試合が無ければ演劇で終ったであろうタイガーを、一気にスターに押し上げたダイナマイト・キッドも、最初は国際プロレスに出ていました。ビル・ロビンソン、後のアンドレ・ザ・ジャイアント、晩年のルー・テーズ。懐かしいですなあ~。

 経営が成り立たなくなり、ラッシャー木村さんら国際プロレスのレスラーが、新日本プロレスに移る事になるのですが、1981年田園コロシアム、新日に乗り込んだ国際プロレスのラッシャー木村・アニマル浜口等々。猪木とラッシャー木村の対戦を要求して、アニマルが吠えまくるのだけれど、「ラッシャー、お前も何か言えってやれって!」
 マイクをとったら、ペコリとお辞儀をして、「こんばんは・・・」
 有名な、『こんばんは事件』ですが木村さんの性格がにじみ出ていましたね。。
 後に、全日本プロレスに移ってからのマイクパフォーマンスは饒舌となりましたが、金網デスマッチの鬼は、愛すべき人だったように思います。
 68歳ですね。昭和という時代また遠くに離れました。
 ラッシャー木村さんのご冥福を、お祈りいたします。
―――― 合掌 ――――

糸岳~小東岳へ・二口山塊「おじ山道中」…なんちゃって

【日  程】2010年5月22日(土)     【天 候】晴(薄曇)
【山  域】①二口山塊  糸岳・山王岳・小東岳m
【行  程】8:30白糸の滝登山口→9:40臨潭→10:50糸岳→12:45小東岳→12:55小東峠・昼食13:30→14:20樋の沢出合→16:15本小屋
【メンバー】morinoさん・マロ7・2名
【アクセス】本小屋から二口林道を西進、姉滝、水場を過ぎ磐司岩展望地を過ぎれば風の道橋でゲートがあり車両は進入禁止、山寺へは抜けられません。風の堂橋手前から白糸の滝登山口となります。今回、驚いたのは本小屋駐車場の杉林が伐採されて明るくなったこと。そしてほぼ全線アスファルト舗装になったことです。なお、6月より道路工事がなされ制限があるようですが、土日は通行できるようですよ。



続きを読む

2010の百姓…田巡り…

田植えして5日目、毎朝、毎夕、田巡りをおこなう。
早く根付けばと思うがそれは自然の世界…。
連日の朝は靄が続く、今日は30度(実際は26度でした)近くになるそうだ。
靄がとれれば、真っ青な空になるだろう。

さあ、今年の百姓をアップです。

続きを読む

芝倉山は朝日連峰の北側に鎮座…

【日  程】2010年5月16日(日)     【天 候】快晴・彩曇
【山  域】山形朝日連峰・芝倉山 1250m
【行  程】左京淵ダムP→西尾根→ピーク→鞍部→長倉山→鞍部→芝倉山→鞍部→ピーク→西尾根→左京淵ダムP
【メンバー】Soneさん/マスさん/morinoさん/マロ7/・4名
【アクセス】大鳥池に向かう泡滝ダム手前の京淵ダム、ここから左の尾根を…
画像は、上高地の梓川っぽいでしょうが…そんなに遠いところに行けるはずはないんですね。
朝日連峰の北端のお山へ、そう、朝日軍道の一部を垣間見てきましたよ。



続きを読む

泉ヶ岳山麓の長倉山彷徨…

30分で登れるからって言ってみたものの…あれれ。
登った山頂は西長倉山だった。
よし、本山へ突入せよと行ってみたのだが。


朴沢の古碑群



続きを読む

湯殿山へ

【日  程】2010年5月8日(土)     【天 候】超快晴
【山  域】 月山・湯殿山1500m
【行  程】自然博物館駐車場→石飛川→尾根取付→湯殿山頂上→自然博物館駐車場
【メンバー】morinoさん/maronnさん/マロ7・3名
【アクセスなど】後でね(あとでとお化けは出ないそうだな)


ゴールデンウイークも終わり、2日稼いでまた休日となりました。
morinoさんは湯殿山をリベンジしたい意気込みを持っていましたが、残雪を利用できるのはもう終盤かなと、アタック隊を編成です。

山形県月山の西側に鎮座する湯殿山…2月末にアタックしようとmorinoさんから声がかかりました…
しかし、はるか地球の裏側からやって来た津波によりマロ7はドタキャン。
morinoさんはアタックはしたものの、荒天で山頂は到達せず。
この思いはなかなか捨てきれなかったようでして、虎視眈々とこの日を(*бoб)ノ~''待ってたようです♪
マロ7も、いつしかは行きたい山のひとつでしたので荒天が好天となり、ついに行ってまいりました。(~o~)


とにかく、超快晴。今回はmorino号に乗車させてもらいました。山形道に入ると雁戸山が真正面に、“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪


続きを読む

南蔵王の前衛峰…蛤山へ

【日  程】2010年5月5日(水)     【天 候】晴曇・薄黄砂
【山  域】① 南蔵王・蛤山1020m
【行  程】10:45青少年旅行村南側駐車場→10:48蛤山登山口→11:35青少年旅行村分岐→12:16   →13:00最高峰1,014→13:10蛤山頂上13:50→ピーク→14:35林道→15:35県道→15:45青少年旅行村南側駐車場
【メンバー】マロ7/おっ家内・2名
【アクセスなど】蛤山は、七ヶ宿町関の北にある山で、横川渓谷をはさんで不忘山と対峙しています。山腹から見える不忘山が素晴らしく、登山口は、横川集落の『南蔵王旅行村』南側の林道(林道入り口にチェーンが張られている)か、旅行村内から道があるそうです。関宿から見ると貝を伏せた姿に見えるので蛤山と呼ばれるそうですが、県内には笹谷のハマグリ山もあります。
地形上のピークと石祠のある山頂、二等三角点の位置がそれぞれ異なった場所にある珍しい山で、石祠は葉山神社が奉られ、フスベ山の林道から中腹に通じる道もあるというそうですが…。

ゴールデンウィークの最終日は未踏の蛤山へ行って来ました。
それにしても暑い…今朝はご飯を食べたのに…シャリばて???
汗かきの自分、水の補給がうまくいかなかったのか、ヘロヘロのマロ7がいました。

さてさて、以前に聞いた話ではカタクリロードがいいよって聞いたのですが。
カタクリは食傷気味でしたが、また趣のあるカタクリが咲いていました。

5日は、全国的に晴天が広がり気温が上昇、岐阜県の神岡で真夏並みの最高気温32・3度を記録するなど、各地で気温30度以上の「真夏日」となりました。連休中は全国的に晴天に恵まれ、気象庁は「東京で1日に5ミリ以上の雨が降らなかったGWは02年以来8年ぶり」としています。
気象庁によると、長野県の上田32・2度、穂高31・8度などを観測しており、こちらも相当暑い日となりました。遠刈田のこけし橋からです。



続きを読む

泉・高倉山で威嚇される

【日  程】2010年5月4日(火)     【天 候】曇・黄砂
【山  域】①泉ヶ岳山麓・高倉山854m  ②七ツ森・鎌倉山305m
【行  程】①10:55下の林道登山口→11:50高倉山頂上12:00→12:30下の林道→13:00下の林道登         山口
        ②14:45南川ダム駐車場→15:00ムーミン谷→15:40鎌倉山頂上・昼食1600→16:20ダム          サイト→16:30南川ダム駐車場
【メンバー】マロ7/おっ家内・2名
【アクセス】①南川ダムの中間にある七ッ森大橋を渡り左折すると金取南地区である。さらに西進し南川ダ         ム造成の為に斜面を削られた赤崩山下を通過して下ると下の林道と上の林道分岐である。こ         こから見る上の林道は路面が削れているので下の林道を選びさらに西進する。道路は紆余曲         折しながら高度を増し上と下の林道分岐(鋭角)駐車場に着く。
        ②略

【説明】高倉山は、泉ヶ岳から東に下る山々の中にある山です。
     高倉は高く尖った山の意味で各地に同じ名前の山がありますね。
     近い所では、秋保二口の馬場にも高倉山があります。
     高倉山へ登るには、南川沿いにある林道を利用しましたが、悪路でオフロード車だなければ、我は     軽トラでしたよ。
     上下2本の林道のうち、下の南川に沿って走る林道を進んでピンクのリボンがある690m地点で駐     車できます。 
    かなり高度を稼ぎ有頂天でしたが、藪藪を1時間、途中2箇所の広場的なものがありスプリングバレー    スキー場が見えました。
    今日は晴れでもなくうす曇、天気予報では黄砂だって、何も見えないよー。。????ヽ(`○´)/


画像は七ッ森湖に架かる七ッ森大橋のたもとからです。 
右から・お椀を伏せたような丸い赤崩山・そして三角錐の高倉山と、そして3月登った欄山の山並が続いて見えます。ようやく、この三山に到達できました。次は、大畑山、そして蘭山から黒森周回とプランが…。
七ッ森大橋から仰ぐ泉ヶ岳山麓の前衛峰群、今日は黄砂で展望が悪い。


続きを読む

注連石と鬼のカケハシ…庄内のお山へ

【日  程】2010年5月2日(日)     【天 候】快晴・雨・晴mix
【山  域】山形・弁慶山域  注連石・鬼のカケハシ
【行  程】8:05駐車場所ー8:15林道終点・沢へー8:30滝ー8:40尾根取り付きー9:15鳥海展望ー9:45尾根ピークー出会10:10注連石10:25-11:35沢-12:15柱状節理ー鬼のカケハシー昼食-15尾根ピークー出会ー14:55林道終点ー15:05駐車場所
      

【メンバー】ミイラさん /ebiyanさん/maronnさん/ichicoさん/おっ家内/マロ7 6名
【アクセス】国道344号線上青沢から白玉林道へ


すべてに恵まれて、沢歩き、急登、藪、滝、残雪、コゴミ、ワサビ、コシアブラピラフ、コゴミ汁と贅沢三昧でした。そして、鳥海山の母なる姿に圧倒です。

古くは月山と並ぶ修験道の山だったという注連石である。
昨年、葛城山に登った時にお誘いがあったのだが参加できなかった。
そこで、みいらさんからお声がかかった。
今回のメンバーはミイラ隊長とマロ7の2名が男、あとは昔もレディース4人の6人のメンバーである。
道の駅むらやまで待ち合わせをして、一路、車2台で目的地へ向う。

白玉林道から左に分岐した林道は悪路、所々残雪が残り急斜面からの落石がごろごろしている。
マロ車は幅があるので途中に置いて、軽4駆のみいら車で行ける所まで、これで往復1時間半の貯金が出来た。落石箇所で車を停めて歩きスタートだ。


続きを読む

プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR