有屋峠・千年の古道を辿る

【日  程】2011年9月25日(日)     【天 候】晴れ
【山  域】神室山地・有屋峠  静かなブナ原生林と古道巡り
【行  程】秋田の大平登山口に車をデポ山形の入有屋まで移動。
入有屋登山口~鉤掛森~檜木森~948m峰~黒森~山の神~出穴森~大平登山口
【メンバー】Ebiyanさん/SONEさん/マスさん/マロ7・計4名

さてさて、今朝は3時起きでございます。外に出たら満点の星で、カシオペアやオリオンが見えます。あれっ、スバルは…視力低下で、何か見えにくくなったようです。(T_T)
道路の温度表示は8度を示しており今朝はヒータの世界になりました。
予定通り、5時に岩出山道の駅を出発し秋田雄勝町に向かいます。
秋田に入ると左手に神室連峰が、そして右手には本日のコースが見えます。
このコース、近世までは参勤交代に、太古には多賀城から出羽の国を通り羽後の国へ、軍事的な古道だったようです。景観は期待しないものの、千年前の古道を歩くことで満足なのです。

続きを読む

木勘坊は…私のオアシス(^o^)

木工クラフトや手作り品、輸入玩具などのギャラリーを兼ねています。
温もりのある雰囲気の店内には木製のイスや棚、ガラス・エッチングやかご等が並びます。
ナン生地のポケットにソーセージやチーズを入れて焼いた『ソーセ-ジ・タッシェ』や『チーズ・フォンデュ』がおすすめよ。
素朴な木工製品が並ぶログハウスのレストランは、マロ7が通って吸年がたちましたよ・


名称レストラン木勘坊 (レストランキカンボウ) .
所在地〒989-1502
宮城県柴田郡川崎町今宿道下19-8
.交通アクセス山形道笹谷ICよりR286経由、仙台方面へ3分


続きを読む

北屏風から周回…(^o^)

【日  程】2011年9月18日(日)     【天 候】晴れ
【山  域】南蔵王・北屏風岳
【行  程】刈田峠駐車場→前山→杉ヶ峰→芝草平→秋山沢分岐→北屏風岳→水引分岐→北屏風岳→秋山沢分岐→ろうずめ平→股窪→見晴らし台→金吹沢→聖山平駐車場→刈田峠駐車場
【メンバー】マロ7単独+山・川さん

3連休のうち2回はお山行きをと考えましたがぁ~初日はイマイチの天気でした。中日は晴天となったようで何処かへと模索(長倉尾根)したら、やはり蔵王だった。
今年の蔵王コースでポカッと穴が開いたのが今回のコース、しばらくぶりに刈田峠から歩いてみることにした。

聖山平駐車場
ここに軽トラをデポして原付で刈田峠まで向かうことにした。ここからの登山者は皆無、そうしているうちに南相馬からの釣り人がやってきた。大物ねらいだそうがいるのかな。


続きを読む

荒雄岳と荒湯地獄で身洗い…

【日  程】2011年9月14日(水)     【天 候】雨・ガス 
【山  域】荒雄岳984m
【行  程】片山コース登山口→荒雄岳山頂→八森登山口…荒湯地獄
【メンバー】マロ7/おっ家内/計2名

山と渓谷社で発行(第一刊)している文県別ガイドには宮城の52山?が掲載されている。これまで意識もせずに登ってきたが、マーキングをしてみたら残すところ数山となっていたのは昨秋であった。しかし、この震災のこともあり意識は遠のいていたのが、ふと、思いついたのは前日であった。


続きを読む

仲秋の名月

9/12…夕方から土砂降りの雷雨となりました。
帰宅時に、海辺から登るお月様のシャッターチャンスをねらいましたが挫折(>_<)
晩酌タイムを終えるとお月様は出てきましたが…瞼も朧気(おぼろげ)です。


続きを読む

蔵王カモシカ温泉の贅沢三昧…(^_^)/~

【日  程】2011年9月7日(水)   【天 候】晴 
【山  域】蔵王・熊野岳~名号峰~カモシカ温泉
【行  程】11:25蔵王リフト駐車場→12:00馬の背→12:15熊野岳→13:00自然園→13:40追分→13:55名号峰→14:10追分→15:00カモシカ温泉跡地→15:15新噴気口15:50→16:00カモシカ温泉跡地→16:40渡河→ひよどり越え17:10→17:25賽の河原→17:45蔵王リフト駐車場
【メンバー】マロ7/おっ家内/計2名

天気がいいからではありませんが、夏休みは9月中に取得しなければなりませんから健康診断に併せて夏休みとなりました。
健康診断、一番のりと思って行きましたら、残念二番手でしたが7時半開始でしたので8時過ぎには終了です。耳と目は一級品で「飛耳長目」といいたいところですが、加齢に伴うガタは確かに来ています。
例年の健康診断の後は泉ヶ岳に行ってましたが、今日の快晴は逃してはなりません。やはり主脈に行けなければなりませんよね。
といことで、蔵王を選びました。蔵王は今年、南蔵王2回、中央蔵王1回、北蔵王1回ですからやはり趣向を変えてここに行かなければなりませんなぁ。急遽、最終目的地はカモシカ温泉の新噴気口ということで、熊野岳から名号峰に下る時計回り楽チンコースに、おっ家内は喜んで同意でした。
賽の河原の駐車場にバイクをデポします。いつもはズデンシャのリンリン7号<命名権者・タッシー>ですが、今回は登りで区間が7㎞ありますので軽トラに積んで高速を走ってきましたよ。

続きを読む

ゲロゲロ隊と松島四大観…被災地巡業

【日  程】2011年9月4日(日)     【天 候】曇り
【山  域】松島四大観と被災地を巡る  
【行  程】10:30今泉IC→11:20大高森12:10→12:30富山12:45→13:05扇谷13:30→14:30多聞山15:00→15:40壷の碑15:55→16:20今泉
【メンバー】千葉ゲロゲロ隊/マロ7/計4名

予定では一切経山とその周辺であったが、大型の台風12号は四国に上陸し日本海に進んでいた。「千葉ゲロゲロ隊御一行様」は吾妻高湯の出湯にどっしりと浸かり、お山は荒天なので被災地へとやってきた。
今泉インターで待ち合わせて一路、奥松島インターへ向かいます。高速からは被災地の状況がよく見えずわかりませんでしたが、野蒜へ入って「ゲロゲロ隊一行」は消防出張所が骨抜きになっていて絶句します。(T_T)
宮戸島へは一本の道ですが当時は陸の孤島となったようです。昨年11月に利用した奥松島観光汽船の発着所は跡形もありません。早くカキが食べたいな…再興を望むものです。


続きを読む

台風12号が来ていた時の…過ごし方(^o^)

夏祭りといえば、金魚すくい????というわけではないんですが。。。
金魚にもドジョウにもなれないマロ7、ホームセンターで小さな和金を11匹求めてきました。。。
次々と仲間が昇天し残ったのは3匹のみよ。。。
ええええーーーやっぱり小さいな。
大きさ3センチくらいの和金のことを小赤、5センチくらいの和金を姉金といいますが、このこ達は、まちがいなく小赤クラスです。
今日は、、水槽にいれてあげて住み心地を良くしてあげましたよ。
金魚の原産地は中国です。
中国の鮒(チイ)の突然変異種である緋鮒(ヒブナ)を改良したものといわれています。 
通常30cm程度まで成長し、59cm、体重3kgという記録もあるそうです。また、金魚が生存可能な水温は0度~41度で、寿命は10年~15年、中には40年以上生きる個体もあるそうですな。。。


続きを読む

プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR