笙ヶ岳は鳥海山の西の端

【日  程】2015年5月23日(土)   【天 候】快晴
【メンバー】マロ子、おっ家内、maro7
鉾立(1,150m)→秋田・山形県境→賽の河原(1,500m)→長坂道分岐→三峰→二峰→笙ヶ岳→二峰→三峰→御浜小屋(1,700m)→河原宿→秋田・山形県境→鉾立(象潟口)
鳥海山は出羽富士とも呼ばれ、日本海からそびえる成層火山です。
富士と呼ばれる円錐形の美しい山容ですが、奥深い懐は、腹式火山特有の複雑な地形となります。
今まで見過ごしていた笙ヶ岳は、西鳥海と呼ばれる山域にあり周囲の御浜や扇子森、鍋森は初期に噴出した火山であるそうです。
ここ西鳥海山域は日本海の冬の季節風をまともに受けるので雪解けとともに、初夏から盛夏にかけて素晴らしい高山植物群落が見られるようで、時期は早いと思いながら足を向けました。
麓から長坂道を辿って笙ヶ岳山頂に至るの本来の登山ですが、今回はお昼まで下山の予定(午後は山麓の彷徨)です。
20時に自宅を出て鳥海ブルーラインの鉾立に午後零時半到着し車中泊となった。
鉾立駐車場から影鳥海が見られるかと期待したのですが…。
S1740013_R.jpg



続きを読む

新庄の杢蔵山を辿るマロ子

【日  程】2015年5月23日(土)   【天 候】快晴
【メンバー】マロ子、おっ家内、maro7
【コース】 山屋口~一ノ滝分岐~二股~杢蔵山荘~杢蔵山・山頂(休憩)杢蔵山・山頂発~杢蔵山荘~三角山~登山口
 
杢蔵山(もくぞうさん)は山形県新庄市に位置する標高1,026mの山、神室連峰の南端に位置しますが、これまで未踏の山なのです。
神室連峰を神室山まで縦走する登山道の入口で、新庄市民に親しまれている気軽に??登れる山ということで登ってみました。
登山道の入口には山屋キャンプ場、杢蔵山へ向かう途中にある峰、前杢蔵には「杢蔵山荘」という山小屋があります。山荘からは美しい新庄市街の夜景を楽しめるそうです。
途中、青田の水面に映る船形連峰。
DSC08110_R.jpg

続きを読む

船形連峰・残雪の長倉尾根を辿る

【日  程】2015年5月17日(日)   【天 候】快晴
【メンバー】tomさん、shigeさん、maro7の計3名。
【コース】旗坂平キャンプ場→鳴清水→旗坂平→一群平→三光宮→不動石→瓶石→草原→蛇ヶ岳→三峰山→熊の平→水源→北泉分岐→大倉山→氾濫源

北泉からつ三峰山につながる長倉尾根は私の青春ロード、もう二度と訪れることはないだろうと思った日々。
ひょんなことから昨秋40数年ぶりで、おっ家内とキノコ採りしてあらためてこの長倉尾根の素晴らしさを味わった。
この時、燃え盛るブナの紅葉を見て、来春は萌の紅葉を見ようと待ち望んでいたところ。おっ家内は、足指負傷(私に蹴りをいれたのだが…)で自宅待機(謹慎)。
こんなにタイミングの良さはあるまい。駐車で…アレッ、tomさん。新しい新車でねぇすか。(笑)
私は三峰へ行くのだが……おら方さいぐべで二人を道連れ。
DSCF6153_R.jpg

続きを読む

ワラビ採り

朝5時に起きて、台風来なくて良かったな…と裏の雨水タンクの溜まり具合を見に行った。
東の空を見たら異様な雲が南から東の空へ繫がっている。
これこそ地震雲だなと自己判断、パソコンに向かって編集中に久々に携帯の地震アラームが鳴った。
津波も被害もない地震で良かったが、あの地震雲を撮影しておけばと悔やむ。
【日  程】2015年5月10日(日)     【天 候】晴
【行  程】 宮城北部のお山―宮崎の湯ー二ッ石ダム―田代高原キャンプ場―旧宮崎町―帰宅
【メンバー】 マロ7とおっ家内 
軽トラに乗って、県北の某山へワラビ採り、おっ家内とドライブを兼ねる。
今朝の。朝ラーはこれで決まり。
DSCF6075_R.jpg

続きを読む

新緑の関山徘徊

【日  程】2015年5月9日(土)  【天 候】晴
【行  程】 愛子の伊藤商店―関山の沢―東根で用足し―旧R48・永唱橋―関山墜道―戻る
【メンバー】 マロ7とおっ家内 

10時半から東根市内で用足しがあるのでその前に何とか…。
朝飯は作らないっていうので、愛子に朝飯食うとこあるからと誘ってみた。
DSCF4544_R.jpg

続きを読む

ゴール澱ウィーク

世の中には29日からお休みの方もいるようですが、私は2日から5日間のお休みでした。
2日(栗子山)、3日(長倉山)とお2回お山にいけました。
4日、5日は孫曜日で翻弄されましたよ。(・・)
6日の最終日、今朝はお山に行こうと仕度してコタツに入ったら撃沈してしまった。
まぁ、お山は逃げないからと自問自答して家の片付け作業に邁進です。
今日計画ののお山は秋保鉱山に行って反時計回りで奥新川岳を周回しようと思いましたが、秋にいたしましょう。
画像は、代ヶ崎浜のカメイ広場で鯉のぼりと戯れる孫たち。
カメイ広場は昭和初期までこの地に石油タンクがありました。
その後、石油タンクは曳き船に乗せられて塩釜に移されます。
この当時、鉄の接合は溶接ではなくリベット止め(鋲打ち)なんですね。
昭和の終わりごろ、このタンクを現任していますが見事な接合で、漏れはありませんでした。
このような技術が、日本の造船技術を発展させたのでしょうか。
今夜は、10時から潜水艦伊号の特集があるんです。
DSC07966_R.jpg

長倉山大周回

【日  程】2015年5月3日(日)  【天 候】晴
【行  程】 駐車地点―作業道―ガレ場―東峰―長倉山―西峰―沢渡渉ー林道―駐車地点(小夜森山登山口)
【メンバー】 マロ7とおっ家内   
2015長倉山_R


以前の記事はこちら
2014.3.29  http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-434.html
2010.5.15  http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

続きを読む

万世大路と栗子山を辿る

山歩きをするようになってから、山形県の初代県令である、三島通庸が作った「関山隧道」を知ることができた。
そして、関山隧道の3倍もの長さがある栗子隧道も三島通庸が完成させたことがわかった。
米沢から福島に抜ける栗子隧道、今回お目にかかることができた。
雪解けのチャンスをねらって山形の近代遺産にもなっている、文明開化となった明治初期の技術の粋を集めて造った栗子隧道にたどり着いた4人。
DSCF4426_R.jpg

続きを読む

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR