白髭山は超快晴…(^◇^)

【日  程】2016年5月29(日)  【天 候】快晴
【行  程】観音寺コース岐駐車場→粟畑→ビューポイント→白髭山山頂→ビューポイント→粟畑→観音寺コース岐駐車場
【メンバー】マロ7・おっ家内  2名
先週に引き続き同じ山域に入りました。
柳沢小屋から2km進むと観音寺コース入り口があります。30分歩いて十字路のある粟畑まで行けば、あとは30分で白髭山頂まで行ける。往復2時間に山菜収穫の時間を1時間にすれば十分かな。
4年前は山と山菜とソバと温泉付で組んだ行程ですが、コシアブラをいただき早く下山できるお山だけを選んだ。
画像は黒伏山南壁、高度差250m、傾斜60~70度に切れ落ち幅600mは柔和な東北の山々のなかで異彩を放っている。
DSCN9206_R.jpg

続きを読む

コシアブラ

腰油【コシアブラ】採りのマナー
この前のことですが、根こそぎコシアブラを採っていた方がいたのでお願い申しあげました。
てっぺんは採らないで、下の葉っぱを採ってください。これでは、コシアブラの木が死んでしまいますよ。
かえったてきた言葉が、「脇から芽がでるからいいでしょう」って、その方は相変わらずてっぺんまで丸裸にしていた。絶句。
登山道脇はこのとおり。
DSCN9259_R.jpg


山菜の本から抜粋しました注意点ですが 
① 同じようなところに漆の芽なども生えているので、採取した際かぶれてしまう人もいるよ。
② 木が柔らかくしなりやすいのですが 体重をかけて乗ったり致しますと落ちてしまうことも多いため 注意。 
③ 木は柔らかいので炭にもできない為 あまり人が入らないところなどは大きくなっているため 採取が難しいこともある。
 そのためか 切り倒す人も多く 地下でつながっているコシアブラは親がしっかりしているとたくさん周りに出てくることも多いため 木々は切ることは避けるべきだと思います。
④ 時期に霜が当たったコシアブラは 木についているときは問題ありませんが 採取してきますと葉っぱが溶け 凄い匂いでごみ に困ります。採取ですが 必ず2~3芽は取らず 残しましょう 木が枯れてしまいます。
 先に取った後 残っているようでしたら そのままにするということを心がける 
⑤ コシアブラが出てきたころ 実は大変多くのクマに遭遇します。活発に動き始めるころですね 冬眠から出てきましたら 毒の水 芭蕉を食べ 残フンをすべてだし 新芽などを食べまくる時期なんでしょうね 注意してください

怪峰・仙台カゴ

【日  程】2016年5月22日(日)  【天 候】快晴
【山  名】 仙台カゴ(1270m)
【メンバー】日本山岳会の皆さん、maro7,おっ家内…計31名
【コース】10:16観音寺コース登山口~10:55粟畑11:00~11:15山頂分岐11:20~11:50レリーフ11:55~12:15仙台カゴ12:25~12:45レリーフ・昼食13:15~14:20観音寺コース登山口

仙台市青葉区と山形県尾花沢市との境には「仙台カゴ」、山形県尾花沢市と東根市との境には「最上カゴ」と呼ばれる1200m級の峯が存在します。カゴとは加護を意味し、修験道の道場であったそうで、船形山の周囲はかつては羽黒派の山伏による山岳修験が盛んに行われており、黒伏山,黒伏山神社)、観音寺など山岳修験にちなむものが多く残っています。
ちなみに、仙台カゴには日の神(天照大神)を祀る山だそうで、最上カゴ(1210m)には月読命を祀り、五所山の一掛所として尊ばれた山だそうで、爽快な気分にさせる展望を持つ山であります。。
マロ子は行けないのね…とグレ気味。
DSCN9011 - コピー_R

続きを読む

宮城県北に取残していたツツジ山…

【日  程】2016年5月21日(土) 【天 候】曇時々雨
【山  名】 大田山(684.8m)・大森山(769.3m)・室根山(894.7m)
【メンバー】マロ子、maro7,おっ家内…計2名と一匹
【コース】 林道十字路~八人ばらし巨岩入り口~東金台~二国峠~防火帯~大田山~二国峠~大森山~林道十字路戻る
      「室根山はおまけ」

主脈の天気はイマイチだし、徳仙丈山のツツジも見頃だろうから、混雑のない大森山へ行ってきました。
大森山は徳仙丈山の北西に位置し、新・分県別ガイド宮城県の山(2004初版)ではツツジの山だが花の種類の多い山として紹介されています。30分の時間で山頂まで行けるしあまり興味の無い山でしたが、分県別ガイドの58山のうち、登ってないのがこの大森山と花山の大森なのです。今回はツツジの時期を選び大森山としました。
北上すると栗駒山が見えます。
DSCN8828_R.jpg

続きを読む

緑の道とワラビ採り

【日  程】2016年5月15日(日)  【天 候】晴
【行  程】 宮城北部のお山→陶芸の里→田代高原キャンプ場→箕ノ輪山→屏風岩→上野々スキー場→鳴子滝の湯→帰宅
【メンバー】 マロ7とおっ家内 
前日の金華山の余韻を残しながら、県北の某山へワラビ採り、おっ家内とドライブを兼ねる。
北泉から船形山へ延びる長倉尾根もねらったが、出足が遅い。今朝は集会所の掃除当番だったので急遽ワラビ採りになる。
DSCN8733_R.jpg

続きを読む

黄金花咲く 金華山

【日  程】2016年5月14日(土) 【天 候】晴
【山  域】南三陸牡鹿半島・金華山 443.5m
【行  程】鮎川港→7:10金華山港→7:50黄金山神社→8:50清水石→9:00大函尾根→9:15山頂9:45→10:00天柱石→千11:00畳敷11:50→二の御殿峠→13:00営林署小屋→13:15廃ホテル→13:55金華山港→鮎川港
【メンバー】メンバーは、soneさん/マスさん/morinoさん/utinopetika2 さん /うめさん/田○さん/トムカノさん/山形のモンキィさん/tammyさん/ マロ7/ 計10名です。
【アクセス】鮎川港→金華山港までは定期船かチャーター船となるが、今回は、チャーター船(一人3000円)を利用しました。
鮎川港は復興の道半ばというより、まだまだ時間がかかるのでしょうね。
DSCN8406_R.jpg



続きを読む

「第18回二井宿峠古道ハイク」-歴史と自然の道を辿る-

【日  程】2016年5月10日(日)     【天 候】快晴
【行  程】 二井宿地区公民館~恩碑~古道~松陰の森~高梨利右衛門刑場跡~一の坂~二の坂~大滝川不動尊
(二井宿地区公民館で山菜汁、山菜料理等の昼食会特製手作りソバとコ-ヒ-にて懇親会)
【メンバー】 マロ7、おっ家内  約40名
萌黄色の新緑を浴びて、古道歩きに参加しました。
二井宿峠は山形県では最も古い峠です。高畠町にある5500年前の押し出し遺跡や多くの飛鳥時代の遺物等の出土から、文化交流路としての二井宿峠の存在が伺え、明治期にはあの三島鬼県令が二井宿新道開発に着手します。
二井宿の皆さんは、ゲンジ蛍とカジカ蛙愛護会を主催しており、この活力も、第18回を迎える二井宿峠古道ハイクにつながっています。前夜祭の余韻を引きずりながら、歴史を垣間見ての古道歩きと…おっ家内は山菜づくしのお料理も魅力です。
協力:二井宿地区公民館
後援:三宿地域連携協議会・羽州街道交流会・みやぎ街道交流会・とうほく街道会議・ふくしま街道交流会・高畠町・高畠町教育委員会・高畠町観光協会  
お泊り先の朝食、お代わりしました。
DSCN8208_R.jpg

続きを読む

小湯山石神石仏 ・観音岩 とまほろばの国で宴だよ

【日  程】2016年5月7日(土)【天 候】雨・曇
【山  域】高畠町・小湯山石神石仏 ・観音岩
【行  程】二井宿地区公民館到着~ 「わくわくプロジェクト」蕎麦処~ 小湯山登山口~ 小湯山登山口ゴール~ 観音岩登山口~ 観音岩登山口・ゴール~ 高畠太陽館(温泉入湯300円)~ 旅館エビスヤ~手打ち蕎麦の伊澤~ 旅館エビスヤ帰着~幹事部屋にて二次会
【メンバー】高畠町の皆さん、みやぎ街道交流会の皆さんとマロ7・おっ家内
毎年恒例となりました二井宿古道ハイクに参加して来ました。
前日は新田企画によります小湯山と観音岩のハイクで汗を流して、夕げは宴なのです。
マロ子は高畠町、初登場です。挨拶とミーティングして、さぁ出発ではなくソバやさんで腹ごしらえしましょう。

DSCN8031_R.jpg



続きを読む

小屋森山と山の恵み

【日  程】2016年5月5日(木)【天 候】晴
【山  域】泉ヶ岳前衛峰 小屋森山(386m)・めもり山北峰1・めもり山北峰2周回 
【行  程】小屋森林道起点~林道ゲート~小屋森山南山麓~小屋森山~めもり山鞍部~めもり山北峰1~めもり山北峰2~林道~林道ゲート~小屋森林道起点
【メンバー】マロ7・おっ家内  2名

小屋森山は根白石から見た泉ヶ岳山麓群でも低山に属するがなかなかの雰囲気がある山で再訪したい山のひとつでもある。
この日は山仲間と奥羽山脈縦走の計画であったが、この天気で中止となった。(-_-;)
そこで、雨でも行けると近場のお山へ行ってきました。
天気予報は当たって、主脈は不安定だから、山麓だったら何とかなるだろうかなって。
DSCN7929_R.jpg

続きを読む

七ヶ宿彷徨

5/3は県南の七ヶ宿へ、途中の北原尾からなげめる南蔵王、ここは私のお気に入りのスポットである。
話は中学のころ、父のトラックに乗ってここに毎週来ていた。青麻山の裏手から切り出された杉丸太を運ぶ仕事である。
夏場は八宮から入ったが、冬場となると降雪なので遠刈田から入り途中でチェンをかけて土場に入った。
DSCN7862_R.jpg

続きを読む

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR