FC2ブログ

蕃山の下鳥屋沢

今日もいい天気ですね。
2021.2/13(土)快晴…単独
松倉登山口→松倉沢→松倉滝(戻る)→下鳥屋沢→赤岩→下鳥屋滝→ヤブ→作業道→不法開発の爪痕地→萱ケ崎山→立石山神社→馬越石トンネル→松倉登山口
DSCN3205_R.jpg
おっ家内と孫は市内で下車、何と料理教室に参加らしい。
DSCN3208_R.jpg


私は13時半から講演会があるので、2時間で歩けるお山を選択、やはり蕃山ですね。
松倉沢を辿ります。
DSCN3209_R.jpg


松倉沢を遡上しますと分岐、今日は左の下鳥屋沢を選びますが、少しばかり松倉沢を遡上します。
DSCN3212_R.jpg



これが蕃山案内図にある「松倉滝」昨年は2回歩きましたが、記憶が蘇らないので再確認です。
ここから戻り、下鳥屋沢に入ります。
DSCN3214_R.jpg


下鳥屋沢は水量も少ないですが蕃山の沢では、石や流木があり歩きにくい沢です。
DSCN3219_R.jpg


傾斜が増してきます。
DSCN3221_R.jpg


歩きにくいので、左の尾根へ逃げようとしましたがもう少し行ってみましょうか。
DSCN3227_R.jpg



右手には「赤岩」ここの地層では珍しい赤みを帯びていました。
DSCN3229_R.jpg


このまま何もないだろうと思ったら、何と滝が出てきました。
高さは5メートル、登りごたえがありそうです。
DSCN3232_R.jpg


倒木を頼りに登りそこからホールドを探しながら登りました。倒木も滑りますので高巻きしたほうが賢明ですね。
DSCN3233_R.jpg

滝を登り終えて俯瞰。
DSCN3240_R.jpg


やがて源流からヤブ漕ぎ10分くらいで作業道に出ました。
DSCN3242_R.jpg


作業道を辿ると、あらあら懐かしい不法開発の爪痕地に出ました。
DSCN3243_R.jpg


泥んこ道を辿り萱ケ崎山へ。快晴ですが霞がかかっていました。
DSCN3245_R.jpg


送電線鉄塔に誰が刺したのかガマの穂??
DSCN3247_R.jpg


蔵王から大東まで展望できましたが、送電線がね。
DSCN3249_R.jpg


13時まで下山の予定でしたが、間に合わない。パンを食べながら下山です。
DSCN3253_R.jpg


太白山展望。
DSCN3254_R.jpg


13時15分に下山、予定より15分遅れです。
DSCN3256_R.jpg


里山なんですが、萱ケ崎山からの下山はかなりのアップダウン。
DSCN3258_R.jpg


仙台郷土研究会の講座には10分遅れで入室。
貞山運河クラブの遠藤源一郎さんが講師を務め「沿岸部のにぎわいづくり」と題してお話しされました。
新浜地区は、大津波で人口の1割(58名)が亡くなって大打撃を受けておりますが、復興に向けての活力が感じとれました。
田んぼにメダカを放流しての米づくりには感心です。
DSCN3259_R.jpg


先に帰ったおっ家内を乗せて帰宅。せわしい1日でしたが、山にも行けたしそれなりに回転できました。
DSCN3260_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

又またマニアックコースでしたね。
違法伐採地から萱ヶ崎山は泥で滑りやすかったですね。
私は下りなので大変でした。
そのうちマロ子ちゃんと歩きましょう。

No title

morinoさん
低山里山ながら、ここは方々に楽しいコースがありますよ。
違法伐採地も少しは草木が生えてきましたが傷跡は残りますね。
マロ子はお腹がツルツルなのでお山はもう少しです。。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR