蔵王振子沢へ…さわやか、沢ディー (~o~)

【日  程】2010年8月29日(日)     【天 候】晴
【山  域】蔵王連峰 中央蔵王  
【行  程】8:30賽の河原~9:05濁川~10:10振子滝~第2振子滝11:05~11:45ロバの耳下~12:30お釜・昼食13:00~13:50濁川~小滝~14:50大黒天
【メンバー】リャンさん・長○さん・山形さん5名、マロ7・   計8名

6月にmorinoさんと来た時にソロの男性が長靴で上がってきた。振子沢の話になって長靴で周回したという話になる。このルートは、以前から気になっておりチャンスはが訪れていたのである。先週、しばらく借りていた本(池田昭二著書・忘れがたい山)を返しにリャンさんの所へ行ったら次は振子沢ですよとの話に飛びついた。早速、アウトレッドにシューズの発注をおこなう。そして、長○さんのところに行きお墨付きをいただいたのである。

さてさて、リャンさんと同乗して車を進めるとワイパーを動かす気象条件である。でも、今朝方に蔵王カメラで見たお釜は晴れ渡っていたので天気の方は自信満々である。三階の滝を過ぎれば、おおっ、青空である。コマクサ平8時集合、大黒天に1台を置いて登山口の賽の河原駐車場へ到着である。丁度、ロバの耳に行く御一行がいて先行をお願いした。



8名のメンバーはよくみると女性陣をのぞいてマロ7がぁ…ひよどり越えまでは平坦地を下る。初めて履いた沢シューズはクッションが効いてフワフワである。


リャンさん・長○さんの雄姿だよ



真っ正面に本日のダイナミックコースが見えるもののはて、どこを登るのだろうかと……??





まずは、濁沢で一休憩、先のグループが休んでおり、今日は噴気口の野湯に入るそうであるが、…
混浴かいって。



ここから、即、振り子沢に突入します。
いよいよ沢シューズの出番である。真新しいもんで、もったいない気持ちがかすみ水に浸からないように恐る恐る進むが、面倒となり思いきって沢水に突入である。何と、気持ちのいい振り子沢であろうか。


長○さん、激闘…





沢の段差を越えて確実に高度が上がってる。出発地点の賽の河原が水平に見えたところで、振子滝に到着で、ここで休憩をとる。というわけで、ここからは携帯画像であるので辛抱願いたい。


振子滝は名前のとおり滝から流れる水が風の影響で右、左に触れるそうであるが今回は水量も少ないし、無風状態ときたもんだ。

なんと、先ほど我が愛すべきカメラが目の前で沢にボチャンしたのである。最近は、バッテリーがすぐに切れるようになり駄目もとで持って来たカメラがこんな形で終末を迎えたとは管理上申し訳ない。「サンヨーザクティ」ありがとうよ。



振子滝の左脇を藪こぎして第二振子滝へ、藪の中に沢山のシロタマの実がなっていたので口に頬張る。


大分、足場が悪いし、落石もあるので、8人を2パーティにわけて時間差で辿る。つめていくと今回で一番足場の悪いとこだろうか、左は崖下というより真っ逆さまに振り子滝へ落下だろう。


ここを、登りつめると緩やかな振子沢が姿を見せるのである。



光景はアルプスを彷彿(上高地しか行ったことがなが??)してしまう。
向こうの峰を、長○さんはヤギの耳となずけた。



足下を沢に浸しながら進めば5日前に訪れたロバの耳の下に到達である。


五色岳の斜面にはまだまだコマクサがチラホラ、来年の満開の時期が待ち遠しいくらいである。


地図上では水面上となるところでお釜で昼飯となる。



真ん前にお釜を見ながら、30分間の至福の一時を過ごす。




濁川を下ることとなる。すんなり濁川に入れば腰まで浸かるのではと、リャンさんのはからいで一旦、上がってから下り濁川に突入…



するところであったが段差を降りなければならない。安全策を取って全員降下終了である。


いつもは刈田岳へ通じるルートから見おろしている濁川であるが、他の所へきた感じである。
足下を濡らしながら小滝を一つくだれば大黒天が見えて来る。
上の遊歩道からは観光客が見てるが、我々を何と思っているのだろうか。


裸地斜面を登り切ると大黒天駐車場である。登り終えてみんなで記念ポーズ。





リャンさん・長○さん・山形御一行さん…楽しい沢登りと沢くだりをありがとうございました。(~0~)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あらっ、ここはなじみのある場所ですね。
ここの下の沢を登るんですか…下まで結構ありますから
フェルト減ってしまいそう(笑)

No title

タッシー
こんばんはー
そう、みなさんが馴染みのある場所ですよね。
フェルトの感触がこれまたいがったなぁ~(笑)

No title

振子沢は残雪期にピッケル片手に登っただけです。
スパイク長靴でも登れそうですね。
沢靴買われたので、てっきり船形の大滝上の滝を偵察に行くのかと思ってましたよ。

No title

SONE さん
こんばんはー。
おっ、残雪期にピッケル片手に振子沢とは凄いですね。
女子1名は長靴でしたよ。
あっ、大滝上の滝を忘れていたなぁ~なんて、先月行った方が熊の足跡が岩の上に…。
ここは一人だから、躊躇してましたよ。
足が冷たくて気持ちよかったですね。
童心に帰れそうです。

No title

お、なかなか本格的ですね!水はやや少なめですか?でも初沢靴だったら、きっと楽しかったでしょう。で、マロさんはこっち方面にきちゃうんですか?気をつけて登ってくださいよ、沢は複数で行ってくださいね^^ いつか大行沢、連れて行ってください…

No title

カメラ落としちゃったんですね(><)
ショックですね。
下山も沢だと緊張感たっぷりでしたね(^^)
この日は、ずっと雲の上でしたね〜
気持ちよかったですよね


No title

k4 さん
こんばんはー。
何々、沢靴だけであとはノーマルよ。工事用ヘルメットだしね。
水はもう、超少なめですよ。子供みたいに水遊び、初沢靴は合格だったかな。
夏はこっち方面がいいよ。そう、沢は複数だよね。
おっ、大行沢も行ってみたいねぇ…

No title

ちびMさん
カメラは2回修理しているしね、段々と衰えてきたみたいで自分から落ちて行ったのではと…(><)
下山の沢もよかったねぇ~(^^)
この日は、蔵王がよかったですね。

No title

いよいよ沢屋さん街道へ突入ですね。
でもこのコースが沢靴や長靴だけでOKとは、少し興味が…。
沢靴、ヘルメット、スリング、ロープ・・・、ウーン、一冬考えましょうかね(笑)

No title

morinoさん
おはようございます。
いやいや、沢屋街道は水際街道ですね。
このコース長靴さん1名おりますが沢靴がいいね。
興味を持ったら一歩前進よ…。
沢靴はアウトレッド、ヘルメットは工事用、ロープはありきたり・・・これでいいのだ(笑)

No title

山歩きだけではなかったのですね。怖そうな沢登りですね。落ちても遊べるところなら良いけど、これは見ているだけでも足が震えるなあ。

No title

沢デビューおめでとうございました。私も最初は振子沢でした。ここは滑らないので長靴でずいぶん歩きましたが、気にせず沢靴でザブザブ歩くのが気持ちいいですよね。今度危なくないトコで是非ご一緒しましょう!(世間を騒がせているように、沢は一番危ない遊びだと個人的にも思いますので・・)。

No title

あおば さん
こんばんはーです。
山歩きから一歩ですが路線を変えてみました。
そうです。気を抜けば保障なしですね。
少しは自己のレベルアップを考えないとね。

No title

加ト幹事長
いやいや、幹事長とトラ山さんの話を聞いていてね…。
いい気分で沢デビューをできましたよ。
振子沢はいいですね。満足満足でした。
沢靴から味わう水最高の味ですよ。
おっ、沢で危なくないトコってあるんすかね。
もう少しレベルを…┌|∵|┘

No title

ここは有名なコースなんでしょうか。他の方のブログでも見たことあります。危なくない沢だったら、あたしもいってみたいなぁ。
今年の暑さには、ほんとに まいってます。

No title

マスさん 
こんばんはーです。
ここは有名というより、その道のコースでしょうね。
最近、歩く方も出てきたようですね。
振子滝のところは危ないよ。
行くのだったら師匠とだね。
9月の暑さにも…まいってます。
さあ、冷房開始です。('-')

No title

ついに沢デビューしたんですか!
沢はなんといってもワクワクドキドキ感がいいですね。
気をつけて楽しんでください。

No title

トラさんのブログを見ていて、簡単なところはと…
ついに沢デビューは、蔵王の秘所をみて興味津々!
まだ、沢靴だけそろえましたので今からですね。
気をつけて楽しみましょう。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR