祝瓶山は朝日連峰の南端の独立峰…

【日  程】2010年9月26日(日)     【天 候】晴
【山  域】朝日連峰   祝瓶山 1,417m
【行  程】8:10祝瓶山荘登山口~8:15カリクラ橋~8:50桑住平~11:10祝瓶山山頂12:15~分岐~鞍部~分岐~桑住平~~カリクラ橋~14:55祝瓶山荘登山口
【メンバー】morino・maronn・マロ7・ 計3名(ー2名)

今夏、行こうとなっていましたお山は朝日連峰の南端にある、東北のマッターホルンといわれている「祝瓶山」です。



 自宅を午前4時30分に出発、途中、morino・maronnと合流して一路東北道へ、山形道を進み山形中央道上山ICで降ります。南陽を通り長井市を通過して長井ダムから登山口に当たる祝瓶山荘前の駐車場には7時50分に到着です。ここまで3時間20分、170㎞の道程です。画像は菅野ダム、昭和20年代後半に造られたそうで顔を出していました。



 車は私たちが5台目、ちょうど女性3名が出発していきました。山荘前にはテント泊の方もいるようです。


 祝瓶山荘の前を8時10分に出発、杉林の林道から吊橋のカリクラ橋を渡ると、道が狭くなります。morino さんの後をついていたので表情は撮影できませんでした。


野川本流の分岐を左に進み、崩壊地を上に巻くようにロープをつたいます。沢近くに下ってアップダウンの少ない登山道が続きます。
 8時20分、木の間に祝瓶山が目に入りました。青空はそのままです。




8時50分、桑住平に到着。左・祝瓶山、右・大朝日岳の分岐になります。 
3回ほど小沢を渡るとブナ林のヌルミ尾根を登るようになります。

 
空は青空、心も軽くですが、もう、急登・急登の連続の始まりです。これから延々と登りが続きますが、山頂での展望が残っているようお祈りしながら…




ブナの稜線から右に帰路の尾根が見えてきました。
樹勢が低くなり、左が切れた登山道になります。
左が開けてダム方面の展望が広がりますが、注意しながら踏み跡を辿ります。



 10時25分、やっと隣の大玉山のピークの奥に大朝日岳が姿を現しました。
今日はこれが見たかったのです。進行方向に祝瓶山のピークが見え、先行の女性グループの歓声??<よほどの展望なのでしょうと想像>が聞こえてきました。




 両手を使って登る部分が出てきました。 
10時55分、再び周りが開けて背後を見ると吾妻連峰が雲上に浮かんでいます。段々と足が重くなってきました。 最後の岩場の急登が始まります。ロープを伝わり手がかり足がかりを探しながら赤ペンキを追います。
11時15分、登山者数名のいる山頂に到着です。


前走の女性グループの歓声はとmorinoさんが聞いたら、何と蛇が出てきたそうです。
360度全方位展望のなかランチタイムに突入です。
本日は海鮮、三陸沖の秋刀魚のすり身(ツミレ)です。そして、maronnさんからお豆腐カマボコをアレンジして美味しくいただきです。



山頂で地図を広げて山座同定です。双耳峰の磐梯山、黄金の庄内平野の向こうには日本海が…最高です。





 
12時20分、1時間を越える長居、そして展望を満喫し撤収です。




西日さす影祝瓶山を見ながら帰路は小国側に下り、途中から右にカクナラ尾根を下ります。振り返ると違った形、三角形の祝瓶山が目に入ります。あとは大朝日岳を見ながら下るだけです。


 
長々と続く下山路、カクナラ尾根最低鞍部では標高1000mを切りました。ということは、一気に400m降下です。



ここから少し登り返して、13時25分、大朝日方面と祝瓶山荘への赤鼻の分岐点です。
大玉山へ1300m地点まで登らなければと、思ってましたが100mくらい登っただけでしたから万事休すです。



道は明瞭ですが、所々に鎖、ロープが設置されておりここを登らなくて正解と…。




展望が開けて祝瓶山が目に入ります。かなり下ってきたようです。



道はいったん平らになり、ブナ林の下降です。涼しい風が吹きぬけて気持ちが和らぎます。
沢を渡渉して桑住平、 登りの登山道との分岐点であとはほぼなだらかです。
つり橋はmorinoさんよりお先してシャッターチャンスをねらいましたよー。




あとはほぼ平らな道を戻るだけで、15時丁度駐車場所に到着でした。
お山は晴れれば印象が強いものです。360度の大展望とあればなおさらです。
本当に印象に残るお山でした。
 


帰路は長井の桜湯(300円)で、山頂でお会いした米沢のkさんと山談義です。



そして夕げは「ゲソ天ラーメン」いただきです。



だいたい  登り3時間、下り2時間40分 計5時間40分


※ 登りの東尾根は鎖、ロープが一本もありません。
※ 祝瓶山荘までは木地山ダム以降は未舗装となるものの、それほど荒れてはいませんでした。どこかの岳山林道とは大違いですな。


オマケ…ラーメンやさんにあった看板。この意味は???

                                                 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

祝瓶山iに登ってきましたか・・
遠いですね・2度ほど登りましたが・
長井山岳会の小屋も利用させてもらいました。
天気も良くて最高の登山でしたね・・
工事はもう終わってましたか・・

No title

キノコはダメでしたか…まだ早いのかな。
イイ天気にイイ汗、イイざんしょ(笑)

No title

ク~ さん
祝瓶山へ2回行ってましたか・・
初めての祝瓶は遠かったですがいいお山でしたよ。
おっ、長井山岳会の小屋も利用とはいいですね。
天気も良くて朝日の主稜線が展望できて最高でしたね・・
工事はもう終わってたようですが・・なんの工事かな???

No title

タッシー
キノコは不作のようですかね…。
ブナの葉が落ちていますから、地面も乾いているし環境が整わないのかなと素人判断(笑)

No title

いいですね~!!maronnさんも完全復活ですね!吊り橋と山頂直下の急斜面は皆さん問題なく通過できましたか。結構多くの記録で、この登り危ないって書いてあるので二の足を踏んでいました。私も紅葉の時期に行こうかな、でも遠いなあ~^^;
あと、メンバーが計5名となっているので、一生懸命ichikoさんとおっ家内様を探しましたよ~(笑)

No title

k4 さん
いいですよー~!!
maronnさんはスタコラサッサと山頂から降りました。
おじ山部隊は追いつけませんでしたよ!
吊り橋と山頂直下は楽勝だったよねmorinoさん。
そう、この登りは気を緩めたら奈落の底だね。
私も紅葉の時期もいいですが、山頂下はヒメサユリだそうですよ。
すみません。メンバー計5名は訂正よ~(笑)

No title

「祝瓶山」は、東北のマッターホルンって言われるんですね!!
急登、急登、登りがいがありますね〜うらやましい!!
山頂の景色はすばらしいですね(^^)/
つり橋もいいですね!!降りてきてからだと
足がガクガクでたいへんでしょうか?
朝日連峰あこがれの山のひとつ。
行きたいですが・・・ちょっと遠いかな〜(>.<)
こちらの山頂からは、岩手山、姫神山、早池峰山が
めずらしく3つきれいに見えましたよ〜(^^)/♪

No title

山頂と桜湯で2度もお会いした米沢のkです。また、どこかでお会いした時はよろしくお願いします。天気もよく、満足な登山でした。

No title

祝瓶のヒメサユリは見事ですよ。
30年前に初めてヒメサユリを見た山でした。
当時は荒れた長い林道でしたが、最近は走行し易くなったみたいですね。

No title

お天気に恵まれて良いお山でしたね。久しぶりに空気もひんやりして気持ち良く登れたのでは?

No title

ちびM さん
祝瓶山は、登りながらほぼ山頂をあおぐことができますね。
まさに東北のマッターホルンね!!
宮城のマッターホルンは太白山??
急登、急登、でおじ山たちはヒイヒイね〜!!
朝日の稜線と360度の展望はいがったよ(^^)/
つり橋は3割の確率で足がガクガクに????
、岩手山、姫神山、早池峰山が見えたかぁ〜(^^)/♪

No title

米k さん
山頂と桜湯で2度もお会いしたのは何かの縁ですね。
東北の山を満喫してくださいな。
コメント有り難うございます。
また、お会いしましょうね(^^;)

No title

みいら さん
調査隊、お疲れ様です。
空気もひんやりして気持ち良く登れましたが汗はたっぷりかきましたよ。
このお山は最高でした。

No title

SONE さん
祝瓶のヒメサユリに羨望です。
林道は合格点ですね。
でも、ダムの工事車両が平日はあるかもね。
鈴振尾根を見てきましたよ。

No title

お世話様でした。
おかげさまで東北のマッターホルンを満喫できました。
それにしても絶景でしたね。
山形の3人グループはすたこらとピストンでしたが、あの急斜面の岩場は下りたくないですね。周回コースで正解でしたよ。
それでも急斜面の連続のおかげで今朝も筋肉痛でした(T.T)

No title

祝瓶山お疲れ様でした。今年は行きませんでしたが、2年続けて、「ヒメサユリ」の咲く6月と9月に登りました。好きな山ですがあまりにも行程が長く、帰りは飽きてしまいますね。依然登ったときは大朝日からの縦走者2名の高齢者と出会いました。

No title

日帰りで遠くまで行かれましたね~!
お豆腐カマボコのアレンジは水ようかんみたいに固まった状態のようですが・・・?
私は山へ持って行くおいしいもののレパートリーが少ないので
ぜひおすすめを教えてください~(^_^)



No title

おとうふかまぼこ、あたしも大好きです。初めて食べた時、おいしくてびっくりしました。
今日はmaroさんどこ行ってるんだろうねー?morinoさんと一緒に祝瓶かも?まさかー?なんて言ってたら やっぱり一緒でしたね。

No title

行きも帰りも同じ木に大当たり・・ナンデ~
鈴振りからの登頂と某ツアーで1度山荘からのコースを山頂直下でUターン、今回はリベンジで無事クライミング楽しめルンルン。山頂では毎度まうい~の「マロさんランチ」ゴチになりランラン下り・・・
ホント!いいお山でした。体にもきっく==(>_<)
なして誰も看板の謎解きしないんだべ~(^_^;)

No title

あおば さん
いい祝瓶山でした。
2年続けてとは、「やはり羨望のお山ですね。
今年はヒメサユリさんい会えないで終わりました。
帰ってから地図見たらヒメサユリ尾根だったんですね。
吉永小百合さんまだ会っていません。(関係ないすか(^^;))

No title

ナカシィ さん
浜から片道3時間でしたが高速利用だからね~!
お豆腐カマボコ、塩釜だけだと思ってましたら閖上産でしたよ。
丁度、豆腐がなかったもんで・・・バッチリよね。
レパートリーですか、昨年はボッケ汁をやっちゃいましたよ~(^_^)
風とか、寒いときはじっくり食べてられないからね。

No title

マス さん
山形におとうふかまぼこは…ないかぁ。
あの、ふんわりした感触がいいですね。
発祥は塩釜だったんですよ。是非、御地でもひろめてくださいな。
祝瓶、読まれていましたね。(^^;)

No title

maronn さん
そう、行きも帰りも同じ木に大当たり・・ナンデ~って2回も目撃してしまいました。
あの木は大木金太郎って名付けましたよ。大木金太郎さんは、プロレスラーで頭突きが得意でしたよ。(関係ないか(^^;))
リベンジ完遂でお見事、無風の山頂で一時間もの贅沢は最高でしたよ。
あの秋刀魚のすり身・・・俺も美味かったと手前褒めしました。
そして、お豆腐カマボコさんもね。
下山は追いつけずスピード違反すね(>_<)
看板の謎解きってだべ~、あっ、ラーメン屋のね。
おっ家内もわからなかったのだ。
今、NHKで和歌山ブルースを古都清乃さんが歌うよ。
知らないよね。s43だからよ

No title

morino さんの動機づけがないと遠くまで行けないすね。
有り難うございますた。
東北のマッターホルン、1回勝負では満喫できないな。
今度はヒメサユリロードw歩きたい。そう、下山コースですよ。
そうしたら、駐車場も近いしテン泊もいいかなぁ~なんてね。
まだ、筋肉痛すか。おらはもうぜい肉痛でしたぁ~(T.T)

No title

天気に恵まれよかったですね。
私達が登った時は霧雨の中、急な登りからの眺めも見ることが出来ず「怖い」と感じることも無く歩いてきました。
マロさんの写真で「こんな風な眺めだったんだ」と今更感心してます。
すり身汁美味しそう。最近頂上でのクキングご無沙汰してます。

No title

山ちゃん
今朝は良い天気ですね。
やはいお山は天気に恵まれると楽しさ倍増ですな。
急な登りからの眺めも高低差と大朝日連峰、そして頂上を見ながらで絶妙でした。
今回は蔵王ホルモンから三陸すり身汁にしてみました。
クッキングがあると山の楽しさも最高ね。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR