泉ヶ岳へ午後の彷徨…

【日  程】2010年10月19日(火)     
【天  候】曇りでガス(>o<")
【山  域】船形連峰・泉ヶ岳
【行  程】12:35表コース登山口~13:00胎内潜り~13:15どうだん林~13:50泉ヶ岳山頂~14:00昼食14:30~泉ヶ岳山頂~14:45カモシカコース~15:05あかまつ~15:15岡沼~15:49道路ウサギ平入り口~15:55表コース登山口
【メンバー】マロ7・単独


所要が11時半で終わりまして、泉ヶ岳でも行ってみっかなと足を運びました。
表コースからの出発ですが、アレレ、やっぱり桑沼から大倉尾根には上がれないようですね。
ここからいつかは、三峰山あたりまで行きたいと思っていたのですが…残念。
この日の平地は晴れですが山沿いは曇りです
表コースを登って周回すれば4時間あれば十分な時間だよねぇ~。昨年は北泉の紅葉を見ながらうたた寝しましたがヘリの音で目覚めてしまいました。
今回は、山頂はガスのようですからうたた寝は望めそうもありませんが、さあ、行ってみましょうか。
根白石を右折すると泉ヶ岳は丸見え、秋はいつもこのコスモスを背景にパチリですよ。


いつもの見慣れた光景ですが、今日は空中遊泳のハンググライダーの方々はおりませんが、蜂がやってきました。




表コースはやはり1台もおりません。軽い準備体操をしてさあ、出発ですがアレレ、やはり桑沼からの直登は閉鎖のようです。
ウサギ平入り口に自転車を置いて、表コース登山口から周回する軟弱登山ですけど…。



やはり、桑沼急登は崩壊で閉鎖のようですね。大倉尾根には杭とロープで仕切りされているようです。早い再開をお願いします。



ここは何回も通過したけれど、初めての胎内潜りを体験です。ザックを背負ったままでは難産なようで駄目でして、胎内でザックをはずしましたよ。(^_-)


上から見た胎内岩だよ。



昨年は、どうだん林からがいい紅葉でしたが今年はやはりイマイチですね。



全ルート刈り払いしたようです。
山頂手前に草刈り機械が置いてありました。担当の方々の努力で我々も山歩きができます。
この場をか借りて有り難うございます。


やはり、山頂には誰もおりません。写真を撮って西側の昼飯場所に移動します。



北泉ヶ岳の見える場所で定位置ですが、今日は案の定、ガス山でしたので早く切り上げかな。



ラーメンを作り一時を過ごしました。私一人だけのお山かなと思っていましたら鈴の音が聞こえて来ます。一人は若者で三叉路から上がってきました。もう一人は山頂から降りてきたオジサン。よければ北泉ヶ岳まで行こうと思っていたなんて、えっ、もう時間はないでしょうと…。


山頂にユリの実がありましたよ。


下山はカモシカコースを辿ります。こちらの紅葉は表コースと比較してもイマイチですね。


「あかまつ」で、もしや松茸をと目を配りましたがそう問屋は降ろさない。
本日のキノコは見つけても採れるようなものはありませんでした。



岡沼ですよ。


スキー場トップから青年の家方向を目指します。ここは小屋から10mばかり下って左の藪に入り横断すると本コースに出ます。あとは、忠実に下るだけです。
青年の家方面に下って、左手に道路が見えたら左手に巻き道があります。巻き道を下って沢を渡ると道路に出ます。ここには小さな標識があります。

昨年に小屋の番人から聞いた話では、熊さんがスキー場を横断しているそうです。マロ7も大きな奴の物を見ています。
<注意>小屋の手前から上に上がり右巻きでルートが正規ですが、マロ7は左巻きに周回してしまい岡沼方面に出たことがありました。



デポしたズデンシャ<リンリン7号>で表コース登山口に戻ります。ここからは、登りの坂道でしたが何とか踏み切りましたよ。



帰りは、W-1に立ち寄りして8環とロープを購入しました。ヤッタ―(^^;)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

紅葉は未だに山頂付近がメインなのでしょうか。
ドウダン林まで下りていないみたいですね。
リンリン7号は未だに快調に走っていて流石です。
ますます錆が増えた様ですが・・・(笑)

No title

SONE さん
北泉の斜面の紅葉は今が旬のようでした。
昨年の同時期と比較したらもう紅葉はおありませんでしたよ。
あと1週間は楽しめるようですね。
型は古いがリンリン7号は快調ね。
あっ、ワックスかけないといけないすか・・・(倍笑)

No title

半日空いて山に行くなんて、SONEさん並の「重篤の山病人」になっちゃいましたね(笑)
それでもしっかりラーメン食うところは凄いです!今年は紅葉ダメかな…週末晴れたら船形のブナの光の道を歩こうと思っていましたが。

No title

一枚目の写真の場所、私もよくそこで撮ります。蜂はよく撮れましたね~スゴイ!
ズデンシャがあると便利なんですね。ねんき入っててこちらもスゴイ!(^_^)


No title

k4 さん
半日を有意義にって、リュックを車に忍び込ませてね山に行く気持ちは童心に帰ったんですね。
SONEさん膝元には及びませんが、えっ「重篤の山病人」まぁ、「奇特の山病人」にならないようにしますかね(笑)
この生ラーメン、美味いですよ。
今年の紅葉はもう少し味わえますよ…週末晴れのようですが。

No title

ナカシィ さん
ここの写真の場所はいいですね。
蜂は呼ばないのに寄ってきました。偶然でしたが、おっ、写っていましたなぁ~我ながらスゴイかなぁ~!
ズデンシャは下り専門なんですが、今回はちょっとの距離ながら登りでした。
リンリン7号は娘のズデンシャでしてクッションの車体なんですよ!(^_^)


No title

わぁ〜見慣れた景色だぁ〜(^^)/胎内くぐり!!意外に狭いですよねぇ(^o^;
あれ〜?8環!?スリング!?なにをされるのですかぁ〜?

No title

ちびM さん
見慣れた景色に安心でしょう〜(^^)
胎内くぐり、腹が閊えてなかなか進めなかったよ!!
8環、スリングは好奇心の衝動買いかぁ〜?
まぁ、ないもんで心の準備だす。(ーー;)

No title

時々、一緒に山に行くお友達が泉ヶ岳に行きたいと言っているので、そのうち泉ヶ岳に行こうと思ってるんですが。どういう風に歩いたらいいのか思案中なので、参考になりました。
山登りの体力は山登りでつけるのが良いと思っているので、なるべく沢山の山に行ければ…と考えているのですが。どこに連れて行っていいもんか、すごく悩みます。

No title

マス さん
泉ヶ岳は近場のお山で気軽に行けますね。
でも、「泉ヶ岳をなめんなよ」の看板もありますが。
夏道なら、水神コース~山頂~表コースがお奨めでしょうか。
車道歩きもありますがね。

No title

お疲れ様でした。普通の体型で胎内くぐりはできますか。私はいつもは水神コース、帰りは滑降コースからリフト下を歩いてきます。胎内コース歩いてみようかと思っています。毎年4月の山開きは行っています。あまり高くないのに侮れない山ですね。

No title

あおば さん
こんばんはー。
目田慕判定なもんで胎内くぐりは腹でつっかえましたよ。(ーー;)
胎内コースは私の好きなコース、あまり登山者には会いませんしなかなかいいところですよ。
ただし、展望は期待しないでください。
個人的に、熊笹平からSPBスキー場に通じる夏道があればいいのですが…(~0~)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR