花立峠から花淵スキー場…錦秋とキノコ満喫街道

【日  程】 2010年10月24日(日)     【天 候】晴れ
【山  域】 神室連峰  花立峠~小柴山~鍋倉山~大柴山~花淵山 
【行  程】 7:25花立峠登山口~9:20小柴山~10:05鍋倉山~11:25大柴山12:35~14:35花淵山~16:10鳴子スキー場
【メンバー】 Soneさん・morinoさん・maronnさん・ichikoさん・おっ家内・マロ7  6名
【アクセス】 鳴子スキー場に1台をデポして、花立峠登山口から縦走するロングランコース。


鳴子ダムの荒雄湖の西側にカギカッコみたいに囲んだ山域がここである。花立峠の北側にそびえる禿岳は人気のある山であるが、南側のルートはあまりブログでも聞こえてこない。3年前にここのルートに目を見張った。そして2年前にebiyanさん御一行が辿っている。いつ行けるかなぁ~って思っていたらこのプランがsoneさんから提案あり、飛び付いたのは言うまでもない。
旧鳴子スキー場に6時半集合、ここにsoneさんの車をデポして花立峠へ25㎞の道のりである。
画像は鳴子街道から眺めた花渕山、帰路はここを下ることになる。



花立峠から眺めた鬼首の環状盆地は宮城県でも牧歌的光景がある。
さあ、今回は南に鳴子の旧鳴子スキー場まで辿る縦走路で、地図上ではなだらかな稜線歩きと思ったが…そうは問屋が降ろさなかったのである。6時半の待ち合わせまで鳴子峡を見てきた。
上のお山は花渕山である。



花立峠は北へ向かうと禿岳の道がある。今回のコースは、南へ小柴、鍋倉、大柴、花渕山を経て鳴子スキー場に至るロングコースであるがここを辿る方は希な部類でありましょうネ。


登山前の顔



少し上がると禿岳が見えてきた。



そして、左手には鬼首盆地が手に取るように展望が開ける。右手奥には先週に水蒸気爆発?を起こした地熱発電所の水蒸気が上がっている。



そして、早速、sone教室の開催、キノコの見分け講座の始まりである。ヽ(`◇´)/ナルホド
soneさんのキノコサーチは凄い。まるで赤外線いや千里眼の目であるかのように見つけるのである。




ブナの小道は延々と続く。



そして、お饅頭みたいに張り付いたホコリタケが大きくなっていた。



クリタケを鷲掴み、喜び合う二人は童心にかえる。



トップゲレンデの鍋倉山まで90分、ここで腰をおろして休憩です。



ゲレンデを下って行くと、見回りの4駆車が登ってきました。この4駆車に向こうの大柴山まで乗せてもらいたい気分ですが…。



樹間から見えた禿岳、今度は中峰コースからだよね。



鞍部に降りると今度は登らなければなりません。200mのアップダウンでしたね。



小柴山に到着、ハァハァ登って行きましたらハイヒールの方が、テレキャビンに乗ってきた方々です。寒いからいそいそと帰っていきました。片道?00円だそうですからもったいないですねぇ。ここでの、有視界は蔵王、船形、月山、葉山、鳥海、山伏、虎毛、須金、栗駒でしょうか。



ブナの道は真っ黄色、そう錦秋街道なのです。




大柴山に到着、お昼前ですが待ちの昼食タイムです。


今日のメニューは、、採ってきたキノコをいれての山形風イモ煮、ハラコ飯、チャーシュー等々、そしてichikoさんの誕生日をmaronnさんが用意したチーズケーキで??回目の頂上誕生会の始まりです。





Soneさんの採った上等なクリタケを焼いて賞味ですよ。



このやぐらは、体重制限が???登っては行けませんが知らないうちにヤァ~って…お転婆、じゃじゃ馬でもありませんがまだまだ若い…気持ち。




1時間の休みをとってさあ、南進すればsoneさんがちょっと待ったです。行ってみると、ムキタケがわんさとありましたよ。ヽ(`○´)/



立木にもこのとおりムキタケの派生です。


いよいよ、道中も半分を越えました。地図上にはありませんが、右は中山平へ通じる道ですが明瞭に歩けるかどうかは不明です。そして、またアップダウンを繰り返します。



花渕山へ至るシロヤシオコースは今が錦色です。シロヤシオの純林といっていいほど、5月中旬は白い花道となるそうであるので…見たいなぁ~。



花淵山は宮城県に十数か所あるそのうちの一つである花渕山の一等三角点です。みんなでタッチ。



これより鳴子スキー場を下りますが傾斜が相当なもので、下山口まで標高差600mはたっぷり体重を感じましたよ。



下ると、本コース唯一の「雄沼」が静けさを保って待っていました。祠があり屋根が落下していましたので元通りにしました。


スキー場を横断しススキ原を過ぎてブナ林に入ります。



ブナ林を通過中、なんか音が聞こえてきます。



はじめは陸羽東線の列車の音かなと思っていたのですが、左手に目を転じましたら鳴子ダムの放流でした。<15倍ズームで撮影>


スキー場からは鳴子の街が手に取るように見えます。


ヤッターバンザイ、縦走路をこなしました。
GPSは15㎞、累積標高差1,110mを記録していました。


ここから、デポ車に乗って花立峠へ向かいます。最後尾に乗っている方は護送されているように感じましたが、まさに婦警さんの警護付きでそのとおり…(>o<")
暗くなった花立峠にて…満面の笑顔でお疲れさんでした。


マロ7家に持ち帰ったキノコは2.5㎏、食卓も段々と秋色に染まっていきますね。ヤッタ―(^^;)


コメントの投稿

非公開コメント

No title

一人反省会って、晩酌のこと?(笑)

No title

タッシー
お見込みのとおり一人反省会は一人晩酌ですよ。
今度、二人反省会しますからおいでください(笑)

No title

あー、いいコースですね。ハード過ぎないロングの縦走って憧れますよ。皆さんキノコ達人の道まっしぐらですね。ランチ、ますます大変なことになってますね(笑)いいなあ~

No title

15km、標高差1100mも歩いていたとは自分でも驚きました。これは宮城県内では有数の縦走路になりますね。
スキー場部分を除いて、ほとんどブナ原生林を歩けるコースは貴重ですね。
天気と展望とメンバーに恵まれ楽しい山旅でした。
はらこ飯美味しかったですよ。

No title

k4 さん
いいコースですが、われわれはこのあたりまでのロング縦走がいいところですね。
キノコ道はヌカルミにはまりそうね。
ランチは吹雪くと出来ませんから今のうちね(笑)

No title

SONE さん
お世話さまでした。
またもや、記憶に残るお山でそれも大量のキノコ付きですからもう、たまらないですよ。
結構の縦走路、最後の花渕山の急斜面は結構のもんでしたね。
シロヤシオの頃はどんなもんだか、どんなだろう・・?(・・*)。。oO(想像図)

No title

こんばんは
私は同じ日に秋田のお山でした。朝の鶴巣の温度表示板で7℃!寒!しかもすっきりしない天気でふと見えた花淵山に逃げようかなと思いましたが予定通り県境越えました。キノコの種類はsoneさんに教えてもらいました。
ところで鳴子スキー場って花淵山スキー場のことですか?もうやってないんですよね。営業していた時分、国体コースだかの急斜面が部分的に全層雪崩してたことを思い出しました。

松尾芭蕉もシロヤシオを愛でたんでしょうか。

No title

お世話様でした。
楽しいロングコースでしたねー。
キノコもどっさり取れましたねー。
今度はシロヤシオの咲く頃ですか。いや、その前に禿縦走ですね。
私は明日アップ予定です。

No title

うわっ、楽しそう\(◎o◎)/!
ワイワイ登るのに憧れます。(私、ひとりが多いもので)
お山の上で、はらこ飯とかチーズケーキとか・・・スゴイ

No title

tom さん
はじめまして、そしておはようございます。
おっ、秋田のどのお山でしたか。
鶴巣通過ということはこちら方面のお方でしょうか。
どこかのブログで秋田がゆかりの地と聞いたような!
花淵山は1000mに満たない山ですがかなりの急登ですね。
そうです、鳴子スキー場は花淵山スキー場ですね。なんちゃって今度覚えたばかりですが。昔のスキー場情報では花淵山では積雪何mでしたよね。
松尾芭蕉さんは花よりも、地域風情だったのでしょうか。隠密だとの一説もありますしね。

No title

morino さん
こちらこそ、お世話様でした。
楽しいロングコースは思っていたとおりでしたねー。
キノコは冷凍しましたよ。
そう、シロヤシオの咲く時もいいしね。禿縦走は花立峠はいつ閉鎖ですかね。アップを楽しみにしています。

No title

ナカシィ さん
楽しいでしょう!
以前は私もシングル登山でしたが、ブログをしていますと仲間が増えていきますね。
お山は登るよりも食うことと採ることに主眼を置いているグループになっていましたかな。
(*>ω<)o"喰う

No title

今回は長丁場でしたね。いろんな山ページみてもこんな縦走ないですね。どうでしょうか、金☆堂書店あたりから、山案内の本でも出版なさったらいかがでしょうか。山ランチも今回も豪華ですね。山の上ではらこ飯にきのこ入り芋汁は辛い歩きも一気に吹き飛びますね。お疲れ様でした。

No title

ご婦人がたが、キノコに目の色変えてたって 後から聞いて面白かったです。ツキヨダケは、わんさと見たことあるんですが。ムキタケって見た事ないんですよー。採ってみたいもんです。
この頃は、キノコ料理の研究家です。

No title

あおば さん
長丁場でおっ家内は大丈夫かと思いましたが、この前に月山の石跳コースを歩けたから太鼓判押しましたよ。
SONEさんがいるから歩けるようなもんで、いろんなプランが突如として出てきますよ。
山ランチは計画なしでパッと出てくる、やはりキノコはたまらないよ。

No title

マス さん
ご婦人がたは、収穫物があると…そう、特売みたいにネ。あっ、こんなこと言ったら次はやばいね。
小さいツキヨダケとムキタケは同じに見えてましたが、違いがわかってきたどー。
ムキタケは食い応えがありますね。
キノコ料理はそこまで来ているかな。

No title

大勢だと笑顔が絶えなく楽しそうですね〜♪
ロングコースでもなんなく、あっと言う間でしょうか?
それにしても今回もキノコは大量ですね(^_^)
だんだん山は冬に向かっていますね。
今日は、エコーラインで雪が降ったようですね(>0<)

No title

ちびM さん
山に入ると笑顔になるおじ山でござりす。
ロングコースもこのくらいがいいところでしょう。
キノコ大量で、来秋が待ちどおしすね(^_^)
山は一気に秋から冬へね。
山は夏と冬しかありません。春と秋の山は儲けものかな。
さあ、明日は週の半ばになっちゃいました。ヽ(`○´)/

No title

花立から花淵までは以前あるきましたが、
旧鳴子スキー場は行った事ないっすね。
あのルート、キノコわんさかですよね(よかった良かった)
こんど反省会お願いしますね!(笑)

No title

タッシー は先駆者でしたね。
花立から花淵までピストンでしたか??、
旧鳴子スキー場の傾斜は相当なもんでした。
あまり踏み入れないルートですからキノコは満足。
反省会は盛大にネ(笑)

No title

丁が延期になったこの日でしたが、個人的な宿題を優先させて頂きました。穏やかな秋の一日でしたね。

今朝は瀧山が真っ白です。

No title

みいら さん
こんばんはー。
幻の影丁は次に期待します。
神室は補習なしのゴールでで良かったですね。
もう、冬山になっちゃいましたか~(◎-◎)


No title

キノコ満載の山行でしたね。楽しかったぁ~
ムキタケはバッチリ学習しましたよ!
収穫の重さをずっしり感じながらの急降下に慎重、緊張でした。
初物はらこ、とても美味しかったです。
ありがとうございましたぁ~

No title

maronn さん
11月になって、行く秋が惜しいと思っているのは私だけだろうかな。
キノコ満載の山行は重かったべぇ~。
おっ、初物はらこでしたか、今度の初物はなんだべなぁ~。(~0~)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR