サイカチ沼/いよいよ年末登山も押し迫って

【日  程】2010年12月23日(木) 
【天 候】曇~雨~曇
【山  域】月山池サイカチ沼周回・親ノ倉山244m?サイカチ山250m二岩山235m
【行  程】10:20月山池駐車場→10:50親ノ倉山→11:05トンネル→11:20橋→12:00無名山(?サイカチ山)→12:10鉄塔→12:20林道→12:45戻る→12:55鉄塔→13:05二岩山→13:35月山池駐車場
【メンバー】マロ7単独
前日の暴風警報の名残もあるなかどこかのお山に行くべぇとなった。沿岸は晴れているが山沿いはまだまだ荒れているみたいだ。それでは、天気の端境あたりということで、まだ行ったことのないサイカチ沼周回と決定する。行程はSONEさんがこの春に周回しているので参考にさせていただきました。
 
自宅を9時過ぎに出て約1時間の道のり、やはり蕃山までは青空であるが以西はどす黒い冬の雲である。駐車場には1台の車であるが散歩みたいであり、雨がぱらついてきたが少しだけでも周回しようと時計で行くことにした。



最初の登りは堰堤から池の縁を回り込み尾根に入る。要所に看板があるので迷うことは内コースである。



高度を上げると、錦ヶ丘の団地が見えてきた。団地の近くにこんないいコースがあるとは思いもよらぬ。霧雨の中から西側に虹がアーチを描いて見えた。

この日、県内各地ではいろんなところで虹が見えたとニュースで流れていたのである。



最初のピークは親ノ倉山、駐車場からは100mの高度差である。


いったんピークを下ると池の淵を回り込む。何々、トンネルがあるの‥でも雨水で通れないって、こちらはスパ長なんで行ってみようかい。



やはりトンネルは水浸し、水かさがあり登山靴ではだめですなぁ~ってジャブジャブ漕ぐ。ここ、水を抜けるようにすればいいのかなぁ



あれれ、なんとキノコが、みれば食べられそうなのでゲット。おっ家内はこれ、わからないから食べないってよ。ザンネン(^^;)


やはり昨日の豪雨はすごいですね。
やがて、サイカチ橋に到着、サイカチ沼と月山池は段差があり水の流れが凄い。それにしても濁った池で魚は釣れるのかなと自問自答。



橋を渡るとすぐ尾根に入ったが間違いでもあり、別な所へも行けたのである。岩元山へはもう少し行って林道から入るのが帰宅後に知ったのである。


尾根をつめるとヤブにさしかかったがそのまま直進して下がると林道に出た。岩本山の表示があったのでこのまま林道を進むと前方に鉄塔が見えたのである。


左手の尾根を上り詰めると山頂らしきものが、でもここは岩元山ではないみたいなので、勝手に?「?▲サイカチ山」と決め付けたのである。



鉄塔は№  送電線が続いているようなのでこのまま下ると、先ほどの登り地点に出た。


岩元山はあきらめて林道を東進しサイカチ沼に辿るルートを模索するが‥‥。



おっ家内から指示を受けた「サンキライ」の実を見つけたのでいただく。これで、面子がたったな。



あらら、沼を過ぎて荒れた林道を下ったらR48号が見えてきたので…仕方なく引き返すのである。



それでは、尾根に登れば何とかなるかと鉄塔巡視路に入った。


№  の二つの鉄塔を過ぎると尾根にわずかな踏み跡が…辿ると二岩山235.5mの四等三角点があった。ここは北麓の大岩地区にある熊野神社からも入れるようだ。いい路が上部の遊歩道まで続いている。帰りは、登ってきた二岩山山頂から北の送電線ルートに下山し林道に出ればいいだろうか。


二岩山からさらに東進するとサイカチ沼散策路に出た。SONEさんの行程ではこのままサイカチ沼に降りたようですが、駐車場まで東進できそうなので進む。ところどころに猪の掘り起こした跡があった。
降り口に石碑が…。お馴染みの馬頭観音ですが他の2基は神様である。



駐車場近くのサイカチ沼が見渡せる東屋を通れば終了である。
東屋の前にベンチが置かれ沼を眺める事が出来、寒い風の日となりましたが、ベンチ腰掛けて風景を楽しみたい場所でもありますね。向こうのお山は大倉山です。


3時間半の周回はミニ尾根と藪、林道と大都会の団地に脇にこんなすばらしいところがあるものとは思いもよらなかった。萌の頃と紅葉にもう一度足を運んでみたいと思ったのは言うまでもあるまい。



次のような伝説もあるようですね。

 1400年頃の戦国時代、葛西(石巻)、伊沢(岩切)の連合軍と斯波(しば)氏が戦っていた頃の出来事です。伊沢氏の家来が御殿山に柵を築き、この柵の東に諏訪神社を祀り戦勝を祈りました。
 葛西・伊沢軍は、敵の大軍に敗れ敗退し、その時の家来達はいつでも葛西氏のために集まることを誓って、山頂の諏訪神社の前にサイカチの木を植えたそうです。
 サイカチの木は、再勝=葛西の勝ち(カサイの3文字も含まれている)の意味になり、葛西氏の再興のシンボルとして仙北の地方に広まりました。 その後、御殿山の麓を流れる川をサイカチ川(斎勝川)と呼んだそうですが…。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マロさん、あの天気でも行きましたね!昨日ちょうどマロさんの下山時に、ラジオで「さいかち沼」付近で土砂崩れ発生!ってニュース入ったので、無事だったかなあと心配していました。SONEさんコース、なかなか渋くていいですね~。

No title

k4 さん
おはようございます。
雪になってしまいましたぁ~。
予定では何処かへでしたが躊躇です。
そうです。私もラジオで「さいかち沼」付近で土砂崩れ発生!
下山後に通り抜けようとしましたが吊り橋方面に黄色のテープが張ってありました。
心配していただき、有難うございます。
SONEさんコースを跡追いしますね。

No title

ホワイトクリスマスになりましたねぇ。
今日は家でグダグダしておりますです(笑)
GPSのログ拝見しますと、かなり悪戦苦闘して彷徨しているのが分かり面白かったですよ。
北側の岩元山や二岩山方面は送電線巡視路、作業道、遊歩道、林道、そして踏み跡が交錯するので、地形図を持たずにGPSだけで突っ込むと迷いやすいのかもしれませんね。でも何が出てくるのかワクワクしながら勝手に歩けるのも里山の良さだと思います。
キノコはエノキタケですね。

No title

SONE さん
ホワイトクリスマスはコタツクリチミマスですよ。(笑い)
私もコタツで1年間尾整理をしていますが、飽きてしまいました。
そう、中盤以降は彷徨でございました。やはり、大きな地図を広げて山測りしないとねでもこれが藪の面白さですね。
やはりキノコはエノキタケですね。当たってましたが自身はありませんでしたよ。

No title

サイカチ沼あたりも歩くところがありますね。
のんびり散歩にいいところかも。おまけにエノキタケをゲットできれば言うことなし。味はどうでしたか?

No title

morino さん
遠かったサイカチ沼はもう市街地なんですが藪漕ぎできる魅了あり。
偶然に不安定な足元えおみたらキノコが…これは食べられそうって持ってかえりました。エノキタケは晩秋から早春にかけて発生するそうですよ。味は油炒めで美味かったですよ。

No title

夏場に行った時は、渇水で池のなかチョロチョロでした。
あおのトンネルルート、行かなかった…
今度行こうっと!!

No title

タッシー
夏場はニョロニョロがいるから敬遠したいね。
渇水で池のなかチョロチョロなら大鯉は見えなかったすか。
トンネルルートは通年水浸しだろうね。
今度行こうっと!!
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR