硯石から不忘山…南屏風へ

2009.8.1(土) 宮城・不忘山/南屏風岳1705m・1810m  天候:曇・晴  
 同行:登り 横浜の辻さん<南屏風まで>
コース  【9:10硯石登山口~11:55不忘の碑~12:20不忘山13:10~13:30鞍部~13:50南屏風岳~14:10鞍部~14:25不忘山14:35~14:45不忘の碑~15:12鉄板の破片~16:10硯石登山口】

8月の山始めは、天気が悪いので、どうしようかと…。
朝、お釜ライブカメラを見たら決定、これでは不忘山も行けるなと。
平地の曇り空とは対照的に1500m以上は…ほぼ青空~でしたなぁ~(^o^)
宮城・過去5年間は8月の梅雨明けだそうで…やっぱりキノコの時期に入りましたかなって。
それにしとも、このキノコはじめてみましたがトリフみたいだと思っちゃいましたがね。


さてさて、初めての硯石コースですが期待と不安です。
期待はB―29の(機体)一番機の墜落地点はどこか…
不安は初コースなのだし、この暑さに耐えきれるか…なんちゃってネ。
原尾(南洋パラオ諸島からの帰還者)開拓地から不忘山の展望。草地もトウキビ畑になっていました。



硯石登山口の手前で若者が降りて来ました。もう、下山したのかな??なんて…
仕度をしていると、硯石を見てきたとのこと。横浜からで昨夜はやまびこ吊り橋の下に幕営…でここまで歩いてきただけでも凄い。


先に行ってなんてなかなか追いつけない。若者は私の半分以下~の年齢なのである。んん、恐るべし。
オニユリの出迎えです。


樹林帯を抜けるとガレ場です。なんと、ここからは山頂までジャコウソウとシャジンが咲き乱れていましたよ。



登山口から3.5㎞もうすぐ不忘の碑ですが…息づかいが荒く汗が吹き出します


不忘の碑に到着、辻さんB-29の墜落事故にフムフムと…


不忘山頂に到着です。刈田峠からと白石スキー場からの方々でした


トラノオ山と呼びたい山頂は満艦飾でした。



鞍部に降りて花々と不忘山の一コマ、6月のハクサンイチゲは一欠片もありません。
南蔵王花街道はまだまだ続いていました。




マルバブギと蝶々…最大ズームでパシャリ  何とか撮れたな(^-^)



南屏風岳に到着・熊野岳が雲の彼方に、半日を共にした辻さんとはここでお別れです。
彼氏は、今夕熊野避難小屋に泊まり翌日は樋ノ沢避難小屋、そして面白山へ向かうそうです。
御健闘を祈ります。(*^_^*)


アイハギの峰と不忘山


そう、フウロも満開でしたよ。


6月の時とは違った雰囲気の不忘山ですネ


不忘山頂から北屏風岳水引入道を望みます。正面奧は後烏帽子岳。



野いちごが沢山、口に含みますと苦い酸っぱい…でも、この暑さには最適かな


硯石コース1367m地点に鉄板のかけらが、そしてコンクリートの目印が(T_T)
…とすればここがBー29一番機の墜落地点でしょうか????

別ブログでは…赤茶けたガレ場に出ると墜落したB29の破片があった。
1945年3月10日吹雪の夜、3機墜落した一機目がここに。
そして他の2機も蔵王の山中へ34名の命も消えた。
原因は操縦ミスと…3機も墜落したのは何故でしょうか。
やっぱり、ここだったんだと確信です。



曇りの16時ともなれば薄暗い、なんですが、30分前に不忘山頂まで行くという中年男性に遭遇…
下山はもう、真っ暗、凄い方々がいるもんだと驚きです。後で知ることになりますが、別ブログに投稿
しているトラさんであることが判明しましたよ。それにしても韋駄天のトラさんですね。


登山口駐車場に到着、7時間の行程、総上昇は1179m、歩行13㎞ 20070歩、でした。
孝の湯(300円)につかり19時の帰宅となりお疲れ様でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マロ7さん
 一寸懐かしい映像も有って、私もあそこに居たな!って。
それにしても読むだけでどっと疲れが出てしまいました。
マロ7さんって未だ未だ辻さんには負けませんね。
毎週の登山が若さの秘訣なのでしょう。
綺麗なお花に疲れも飛ぶ事でしょう。歩けるって本当に普通では知らない世界が待ってくれて居るのですね。素敵な写真有り難う。

No title

koyo aさん
今日は青空になりました。
山行かずで、畑仕事ですよ。
懐かしい山容でしたか。
読むだけで疲れたって…すんません。(^.^)
辻さんは思い荷物、若さの素晴らしさに感激ですよ。
今頃は笹谷峠から山形神室、二口峠に入ったかな。
天気を心配しましたが何とか持ちそうですね。
いい南蔵王花街道でしたよ。

No title

蔵王のウェブカメラ確認してから行ったのかな?
良い天気だったんですね。でも標高的にギリギリでしたね。
週末毎の天気の悪さで高い山に登るモチベーションが無くなっていますよ(苦笑) 早く梅雨が明けて欲しいですね。

No title

SONE さん
今晩ハーです。
いつも蔵王のウェブカメラと鳥海山と磐梯山を確認してから行きます。
そう、1500m以下は暑い雲で標高的にギリギリですよね。
2週続きで蔵王に行ってしましまいしたよ。
七夕様だし、来週は何とかして欲しいですよね。

No title

天気も良くたくさんの花も楽しめて良かったですね。
それにしても、スゴイ若者ですねぇー。1人で蔵王縦走なんてスゴイ。
マロ7さんは硯石からのコースクリアで、次はいよいよコガ沢幻のルートでしょうか?

No title

morinoさん
お早うございます。
この梅雨空で天気も良かったのは儲けものでした。
4年前の8月に登っているのですが、当時は花に目が届きませんでしたからね。
あの若者さん、昨夜は樋の沢小屋宿泊なんですが泊まれたかなぁ~。
予定では面白山に抜けて下山なんですが、せっかくだから一駅で山寺だからとお勧めしました。
蔵王縦走ねぇ、いつかは刈田から笹谷まで抜けて見たいと思っています。
コガ沢幻のルート、あれは増水時のルートでしょうか。対岸を歩く方は見えませんよね。ここは、お預けしておきますかな。(^o^)

No title

硯石コース・・でしたか・長い道のりですね・・
Bー29一番機の墜落地点を一度は探索したいと言ってましたね。
達成したのかな?・
昔刈田岳から笹谷部落まで縦走しましたが・・
9時間ほどかかりました。朝刈田岳4時過ぎご来光観ながらの・
下りだったので、名号峰・・南雁戸・北雁戸・笹谷夕方5時過ぎでした。
ジャコウソウとシャジンが咲き乱れてましたか・綺麗ですね。
フウロウも・・若者流石ですね・・東北の山に魅了されたでしょうね。
大東方面までも・・その後無事に戻ったのでしょうかね。

No title

誰もトップのキノコに喰い着きませんねえ(笑)
キモチ悪いのか? 野イチゴ見てるとアゴが酸っぱくなりますね。

No title

この暑い中皆さんよく歩く。
でもこの花々・青い空を見ることによって、汗も吹き飛んだでしょう。
トリフってごつごつしている黒っぽいはず。私食べたことありますの。
ほほほ

No title

ク~ さん
今晩ハーです。
硯石コース初見参・・・長い道のりでしたが、白石スキー場の荒道からみれば最高ですよ。
Bー29一番機の墜落地点、色々と見方があるようでしが何とかここかなぁってね。
刈田岳から笹谷部落までの縦走・・いつかはですね。
若者辻さん・・予定では下山ですが1日余裕をみているようですよ。

No title

タッシー
今晩ハー。
トップのキノコ、美味いのにね誰も喰い着かないとはね(笑)
ふと立ち止まり、下をみたら視界に飛び込んできましたよ。
随分かわったキノコだなぁって?
野いちご美味かったな(^O^)

No title

山ちゃん
そうだよね。この暑い中、家でエアコンかけてればね。
でも、何も得られない。花々・青い空、見知らぬ方との会話が山の魅力だかもね。
トリフってごつごつしている黒っぽい。何々、食べたことがsるとは。美味かったかいな(^.^)

No title

そう言えば冒頭のキノコに喰い付くの忘れてた(苦笑)
この脳味噌状の不気味なキノコはシャグマアミガサタケと言いまして、食べると下痢、嘔吐、痙攣などの中毒症状を起こしますよ(こわぁ~)

No title

SONEさん
今晩ハーです。
キノコ博士に食いついていただき光栄ですよ。(嬉笑)
シャグマアミガサタケですか。
下痢、嘔吐、痙攣などの中毒症状だなんて、やっぱりキノコはナメコと椎茸でがまんすっかな。(^。^)

No title

途中ご一緒しました 辻さんから 昨夜メールが入りました。
不忘山から北上し秋保温泉に泊まったそうです。
山での道のりは思っていたようには進まず、面白山までは断念したとか。
東北の山旅、また来てくださいね。(ヘ。ヘ)

No title

冒頭のきのこ、いしづきが太くて少しドコモダケに似てるかも。
soneさん御教示のシャグマアミガサダケをぐぐったら、欧米では「ロルシェル」といって毒抜きして食べてるそうですよ。
ttp://www.ippon.sakura.ne.jp/kaihou_ippon/ippon_kiji/no13_09.htm

ナメコと椎茸でがまんせず、次回は毒味レポでも・・・。

No title

みいら さん
お早うございます。こちらは霧雨の朝です。
ドコモダケ探しもましたらハハァ、ありましたね。(ヘ。ヘ)
シャグマアミガサダケ、毒があぅても毒抜きしてしまう食文化は凄いですえぇ。毒味レポねぇ、みんなで食べれば恐くない…でも・・・。(・_。)

No title

こんにちは、こちらではお初になりますね。
私も先日「B29墜落の謎と東北空襲」を読んでちょいと興味をもってしまいました。この中に出てくるYSさんが見つけたジュラルミンはケチャグラ沢ではなく、権現沢でした。墜落場所とは反対ですねぇ。長い年月を経ていろんなトコに散らばってしまってるのでしょうか。現在どんな案配か今度会ったときに詳細を聞いてみますので、そんときは慰霊しにご一緒しましょうか。

No title

加ト幹事長
今晩ハー、ついに見っけられましたね。
スズ7ことマロ7になります。
「B29墜落の謎と東北空襲」を読めばね。
YSさんとはお知り合いでしたか。
興味津々ですね。
慰霊登山、声かけてくださいませ。
幹事長の健脚に追いついて行けるかが心配ですが。
「マロのページⅡ」ヨロシクです。(^o^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR