川崎町の立石山~的場山は隠し所・

【日  程】2011年2月13日(日)
【天  候】曇り~晴~小雪
【山  域】宮城・川崎町  立石山666m・的場山720m 
【行  程】雷神社-9:40駐車地点-10:15立石山東取り付き-11:10立石山-11:35林道-12:00的場山取り付き-12:15稜線-12:40的場山-13:05昼食休憩13:40-14:00林道-14:25立石山西取り付き-14:40立石山-15:10林道-15:40駐車地点-雷神社

【メンバー】みいらさん/ ebiyanさんmorinoさん/マロ7・計4名

連休三日目は、南蔵王の南西側となる上山市の二つ森の計画でしたが、折からの三ッ玉低気圧のお陰で前日の宮城も雪模様…ってことは山形は大雪なのです。
たまにはみいらさんも山脈越えて宮城の裏通りへいらっしゃいということでして、山形にも近い川崎のお山がebiyanさんからノミネートされました。以前、立石山とシシナゴ山をマロと一緒に登っているから知ってましたが、的場山は知らなかったね。まあ、行くところまで行くべぇ~って野上の雷神社脇に集合です。


ここから我が愛車で雪上を遡上する訳ですが1㎞くらいでギブアップでした。小雪の舞う林道をシシナゴ山登山口まで辿ります。


どうやら女神様がいたみたいで(笑)青空も垣間見られる雰囲気です。


シシナゴ山登山口の手前から左手の尾根に入ります。


熊だなもありましたよ。(起きてこないべな(@_@))


ラッセル隊は入れ替わり立石山の山頂を目指します。


山頂に到達して、ここで記念写真、それぞれのハイポーズ(^^;)。遠く仙台湾も見えてお空はご機嫌よろしゅうなってまいりました。


やはり、正面にそびえる的場山は気に掛かります。とにかく行けるところまでとなりました。



立石山登山口までは滑りながら到達、いつかマロと来たときに私だけ山頂に登ろうとしたらワンワン吠えて追い掛けて来たなぁ~。そんな思いを巡らしながら的場山登山口をリサーチします。


昨年秋に登った、泣面山が対面します。


南東の尾根から上がればいいのですが、林道に倒木がありましたので、ここから急登にアタックですが、かなりの斜面に手こずりながら尾根に到達しました。マロ7の欲張りなルートでごめんさい。(渋笑)(;_;)


緩やかな尾根にあがり右手に見える石上山とシシナゴ山、そして仙台平野を垣間見ながら的場山の山頂を目指します。



山頂ルートは雪庇がありウキウキ気分です。



的場山の山頂は北峰で樹木がありイイ展望ではありませんが、ちらりと雁戸山が見えました。
ここに赤テープが巻かれました。




山頂は突風でしたので、日溜まりを探して昼飯ポイントを選定です。


ebiyanさんからとても美味しい「味噌チーズスープポトフ」料理をご馳走になりホッカホッカになりましたよ。(^^;)


下山は忠実に尾根を下りますが、それでも急斜です。ここで方々に分かれました。


マロ7は先ほどショートカットで登ったので、正規の登りの尾根はどうであったか、確かめたいのでありました。スノーシュを脱いで坪足…滑ら~ずでした。


出会いで皆さんと落ち合い立石山を目指します。
的場山に別れを告げるebiyanさんmorinoさん。


先ほど簡単に下った立石山の斜面に結構苦しんで山頂に到達です。


ふと上空を見たらお月様が顔を出していました。(みいらさんは久々のお月様ではないかと思った次第です。)


林道に到着した時には、みいらさんの体に枝が巻き付かれていました。(^^;)


登山口に着いた時には充実感でいっぱいなのです。(嬉笑)


今回歩いたトラックログ。(ルート図です)



コメントの投稿

非公開コメント

No title

杉林の中の急斜面は、登りでは私も大丈夫なので、ちょっと冒険
してる気分も味わえて楽しかったです。
下りでは3コースに分かれて好きな所下ったりと楽しさいっぱいの的場山になりました。

No title

miyagiさん
杉林の中の急斜面は、無理させて御免なさい。(-_-)
下りでは登りとなるコースを確認してみました。やはりここがベストですね。
的場山の景観は思い出になりました。(^O^)

No title

的場山は未登の山ですよー。
ミニ屏風岳風の魅惑的な山容の山ですね。
この方面から大森山に周回も考えられますね。

No title

マロさん、こんばんは。的場山知りませんでした。でも2007年2月にebiyanさんが「気になる720m峰が…」って立石山頂で呟かれておられるのを思い出しましたよ。帰途、立石に登り返したのは、林道の雪崩が不安だったから?いい山です。近いうちに行きたいと思いますがどうなることやら^^; またまたベテランブロガーさん大集合でしたね。

No title

SONE さん
未登の的場山でしたか。
そうです、雪庇があってミニ屏風岳風そのものでしたね。
この方面から大森山だとかなり…でもいいコースになるね。
なかなか味のある山塊が増えてまいりました。(^_-)

No title

k4 さん
三連休の待機、ご苦労様でした。
的場山はわたしも知りませんでした。
いま、ebiyanさんブログをのぞいてきましたよ。
「気になる720m峰が…」は私も立石山頂で見てましたが、登ろうとは考えもしませんでしたよ。
行く場合には南東尾根から登ってくださいませ。^^;

No title

お世話になりました。
いや~素敵な展望でしたね。急登を登った甲斐がありました。(爆
冬の里山の魅力たっぷりの山行でした。

K4さん、はじめまして。
林道回避は仰る通りです。この日は弱層がはっきりしたとても嫌らしい雪でした。それに、雪があっても林道歩きはどうも苦手でして。(^^;

No title

お世話様でした。
冬の里山をたっぷりと楽しみましたね。
天気は良くなるし、展望も素晴らしいし、汗もたっぷりかいたしで、帰宅後のビールの美味いこと美味いこと。
こんな山ならいつでもOKですよー。

No title

良いところですね! シシナゴから奥に行ったことありません。
ebiyanさんのスープ、ものすごく旨そう!!

No title

みいらさん
こちらこそお世話になりました。
宮城の裏通りにもいいお山があって安心しましたね。
急登…お疲れ様でした。(嬉爆)
また、来てけさいん。(^o^)

No title

morino さん
こちらこそお世話様でした。
冬の里山でしたが主脈と里山の端境を味わうことができましたよ。無理して主脈に行かなくても展望の素晴らしさは申し分なし。
ビールは、はがいったすか~。(~o~)

No title

タッシー
そう言えば、シシナゴから滑ったのですよね。
ebiyanさんのスープは、まだ喉に味が残ってるよ!!(^^;)

No title

雪のお山でもスゴイお料理ですね\(◎o◎)/!

No title

ナカシィさん
今晩ハー。
美味しい料理はebiyanさんのご馳走でしたね。
寒い中、舌鼓を打ったですよー。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR