小山田新道<宮城版>と関山旧道へ

【日  程】2011年5月8日(日)     【天 候】晴から雷雨で曇り
【山  域】宮城・奥羽山脈  小山田新道と関山旧道   
【行  程】①桂沢駐車場~尾根~戻る~桂沢駐車場
②関山旧道駐車場~峰渡交差~関山隧道~尾根~関山隧道~峰渡交差~関山旧道駐車場
【メンバー】  じゅんさん/横山さん/morinoさん/マロ7/おっ家内・5名

先週は関山峰渡りを歩き、今回はその、南側の小山田新道を垣間見る行程です。
小山田新道は昨年の11月に山形側を歩いていますので、是非、宮城側を歩きたいと兼ねてから思っていました。
小山田新道の発掘者である東根市の浅井さんが同行の予定でしたが所用で都合つきませんでした。よって、5人で桂沢から登り、小新川山を経由して関山隧道経由で国道48号線に戻る計画なのです。画像は、作並の鎌倉山、萌が覆っていますね。


一旦、関山旧道駐車場にデポ車を置いて桂沢駐車場に戻ります。
ここからの取り付きは先週、浅井さん同行で下調べしておりますので難なく登ります。


お山はまさに花ロードです。まるっきり人が遠のいています山域ですから花々は自由闊達に咲いています。




1時間かからないで尾根に到達すると、北沢林道からの表示がありました。まさにここは小山田新道なのです。猪野沢と表示したありますが小山田新道ですど。(^o^)


ここは刈り払いされていて快適な尾根道なのでしたがすぐに薮道に変わりました。そして今朝は晴天だったのに、雲行きが怪しくなってゴロゴロ様が聞こえてきました。



道は途切れていましたので、ロープ展長で通過です。


大粒の雨となって、合羽を着用して待機、なぜかじゅんさんはテントモードに…何してるかな。


30分くらい待機したでしょうか。雷雲ですから、時間が経てば天気は回復するでしょうが、未踏でもありここで退散と決定です。画像は面白山。


雨上がりの皆さん。


尾根をショートカットしたらブナ大王様がおりました。


そして、桂沢駐車場に到着しました。









小山田新道を引き返したのですがやはり不完全燃焼かな。時間もあるし関山隧道まで行って見ませんかと提案しましたところ「異議なし」の声(^o^)早速、関山旧道入り口に向かいます。


個人的に、この旧道はワクワクモード(^_^;)に入りました。
前にも述べたように昭和44年の夏休みに4泊目となった山形の狩川駅を早朝に出発し、ここ関山隧道を通過して帰宅するのです。今とは違い車の往来もなかったし、トンネル天井から落ちる水滴が背中に入りました。真夏ですから気持ちのいいと思いますが、当時は幽霊騒ぎで新聞も賑わしていたので冷や冷やもんなのです。


早速、ガードレールをまたぐと慰霊碑が、昭和41年に若き男女が不慮の事故死ということでした。裏面は、交通安全を祈願した碑文となっていましたので、合掌して碑前の立木を排除しました。


旧道は崖くずれ、倒木、立ち木があり歩けるのがやっとです。そして廃棄物もあって(/_;)


先週歩いた峰渡りを交差して遅い昼食です。見事な石組は何故か昨年みた小山田新道の水分の石組と同じように見えましたが昭和12年に改修されているところからこの時代のものでしょうか。





ここからはほぼ平坦な道路ですがやはり難路です。左手下を見たら転落車が見えました。昭和30年代の車でしょうが懐かしさを感じます。




やがて、左手に大きく曲がる道を進むと目的の関山隧道が現れました。


宮城側は鉄格子ですが山形側は木製の格子のようです。平成20年に経済産業省の近代化産業遺産に登録されたようですが、宮城県側はなんの表示もありません。これは、幕末、明治維新から戦前にかけて日本産業の近代化に貢献しました建造物などを登録したようです。


トンネル内部は澄み切った水が貯まっていました。


さてさて、本来ならば小山田新道からここに降りる計画でしたので、尾根まで登って見ることにしました。結構の急斜面でしたが尾根に到達するととても歩きにくい藪でした。


降りる途中に見つけたキノコですが、わからないので…でも、エノキタケ??。


待機していたじゅんさんとおっ家内は隧道前で山菜を採っており、満足の関山隧道になったようですよ。


帰路はスムーズに車に戻って今日の旧道歩きに感謝です。
小山田新道と関山旧道はほんのわずかな期間の差で完成しています。山形県令の三島は先に着工していた小山田新道の北側に、関山道に手をかけて完成したのが明治15年です。



トンネルを掘れば標高差も稼げる、そして技術開発の腕試しもあったようですね。
見事な石積みは昭和12年の改修の時のものでしょうか。594mの標高は小山田新道よりも約200mは低く、長さ298mの隧道は、40数年ぶりに再開に来た私に、山形側からよくぞお出でなったと風を当てていました。





コメントの投稿

非公開コメント

No title

せっかく行ったのに雷雨とは残念でしたね。
県境はかなりな密薮と聞いていますので、残雪利用の方が成功率は高いルートでしょうね。
秋にキノコでも探しながら歩いてみますよ。

No title

SONE さん
お見込みとおり晴天の霹靂でしたね。
でも、雨上がりの萌がまたきれおでしたよ。
そう、県境は密薮でしょうね。残雪利用の方がたやすいでしょう。

No title

お世話様でした。
あの後の未知の行程(藪、崩落など)を思えば、雷雨はひょっとすると恵みの雨だったかもしれませんね。下見と思えば大変有意義だったと思います。
SONEさんも言われるとおり残雪期がベストですね。来年再チャレンジしましょう。

No title

マロ7さん、今晩は。はじめまして。
関山峠周辺で山歩きを楽しまれている方が意外といることが分かり、嬉しくなりました。
これから藪も濃くなるので、今シーズン最後のチャンスだったと思われ、雷雨でのがしてしまい残念でしたね。
小生は昨年、マロ7さんが今回戻られた一寸先の部分(810m~769mの尾根周辺)を国道側から登って道を探したことがあります。残念ながら藪がひどく道の形を見出すことができませんでした。
最近は、48号線から見える山や尾根を歩くことが楽しく思えるようになり、地図と睨めっこしながら、ルートを検討しています。
まずは、車から目に付いた山を登っています。
7日は、中崎山?に登りました。

No title

morinoさん
そうですね。藪、崩落などを思えば、雷雨はそう判断させてくれたのですね。
雨上がりの萌はまた格別でした。
来年まで待ちますか。(^O^)

No title

tobusan さん
色んなお山を歩いてるみたいですね。お早うございます。
関山峠周辺は道路条件もいいしなかなかいい味がありますね。
本当に今回の雷雨は晴天の霹靂でした。でも、進むにつれて面白山の雲行きが怪しくなってついに雷鳴が…。
中崎山からの大倉ダムの眺めはいかがでしたか。
このお山、取りこぼしておりました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

No title

マロさん、お疲れ様でした。それにしてもブログアップ速いですね、速攻の編集能力にいたく関心しかりです。civil_eにはとても真似の出来かねる事であります。浅井さんには一応探訪踏査の様子をご報告しておきました。尚、今年の晩秋か来年の4月初旬の残雪期にリベンジの案内役お願いしたところであります。今後とも宜しくお願い致します。

No title

civilさん
今晩ハー。ブログアップは翌日ですが忘れないうちにと思いですね。
浅井さん、元気だったでしょうか。晩秋か来年の4月初旬の残雪期を楽しみにしております。
もう、明日は週の半ばですね。(^o^)

No title

先月の小山田新道に引き続き関山古道、そして先日の小山田新道と関山旧道の古道ロマン、お疲れ様でした。じっくり拝見しました。有り難うございました。
歴史探求と山歩きの抱き合わせだけでなく、花や山菜までも堪能されたようで…
羨ましい限りです。

No title

Y7さん
関山周辺、味が出てきましたよ。
いろんなルートが組み合わせできますが、まだ、薮の実態が??
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR