名号峰周回で…薮を這う…(>_<)

【日  程】2011年6月5日(日)     
【山  域】宮城・北蔵王  名号峰周回 
【行  程】8:35峨々温泉→9:30猫鼻→10:30湿地→11:30三叉路→11:15名号峰11:30→12:50三角点1236ピーク→13:35八方平避難小屋14:25→15:30大ブナ→15:40渡河→16:10ブドウ沢駐車場
【メンバー】morinoさん/ マロ7/おっ家内4名

何と3週間もお山休み、5月14日以来のお山歩きである。
今回は北蔵王に足を向けることとする。morinoさんと川崎コンビニにて7時過ぎに待ち合わせ、一路、ブドウ沢駐車場にデポ車を置いた。
窓を開ければ~この景色は想像していませんでした。


ブドウ沢から峨々温泉まで30分間の距離である。
青根温泉から紅葉台にはいり峨々温泉前の登山道入り口に置く。すでに1台の車がありましたよ。




すぐに階段となっている登山道をあがります。左手には峨々温泉の日帰り露天風呂の建物が見えますが、日帰り湯はパンフレットにはないこの場所での入湯となります。以前、800円で入りましたがもうコンクリートの露天風呂でした。(T_T)


道は急登となりツツジの花が満開となっていました。やがて向こうから若者の一団が降りて来ます。何と高校総体の舞台が中央蔵王だったようで救護班の方でした。これはギンラン。



道は沢を渡ります。白いチゴユリの花が群落で咲いておりました。


「猫鼻」で一休憩です。ここは紅葉台から繋がる分岐ですが、またもや一団がやってきました。石○高の山岳部と引率の二人と談笑です。引率の先生はお聞きしますと我が母校の顧問だそうで、もう一方は卒業したばかりのOG、重そうなザックは20㎏かなと持ち上げてみました。いくら装備が軽量化したとはいえこのような重いザックは背負いたくないですねぇ。(^_^;)



緩やかなアップダウンを繰り返して登りに、コシアブラがやたらと目立つようになってきましたよ。



今度は仙台白○合高、姫たちの一団です。「おじさん願ばってぇ…」と、40も年下の女子高生からの声援です。そして、思いも寄らぬサンカヨウが真っ白い花を咲かせて待っていてくれました。サンカヨウロードが続きます。(^_^)ナンカヨ~



雪解けの沼には、モリアオガエルが産卵していました。




左手にはダケカンバが群落をなしています。今日の展望はイマイチですが不帰ノ滝が垣間見えました。



北蔵王縦走路に到着、ここから目的の名号峰は数分の距離です。
蔵王連峰で唯一、花崗岩で覆われる名号峰です。もうすぐコマクサの花が咲き乱れるでしょう。



まずは、本日の目的地で「シェー」です。


小腹がすいたので風を避けて南雁戸山を見ながらパンを頬張り、これから1時間半の予定で、主稜線を辿ります。


一路、八方平小屋まで県境となる尾根を辿ります。藪が激しいかなと思っていましたら刈り払いがされており快適に下ります。ミネ桜が満開でした。あっ、こちらは姥ザクラ(^o^)



シャクナゲ、ツバメオモト、シロヤシオ、レンゲツツジが咲き乱れています。




そして、ブナの花の乱舞…


途中から思いもしないルートとなってきました。登山路にはかなりのブナの木が倒れて行く手を阻みます。迂回したり、跨いだりとかなりの体力を奪われていますどー。(;_;)


もう、ここは歩伏前進しかありません。そういえば、先ほどお会いした山形の男性は名号峰まで行くそうですからこの倒木地帯を往復するとは大変だなと思いながら進みます。


それのしても、コシアブラが探さなくとも採れるようになってきました。倒木にもコシアブラがあります。八方平小屋手前のガレ場からは熊野岳が一望ですがぁ~。


八方平小屋に2時間で着きました。「バンザイ」これで休めるどー。


水場があれば最適な小屋でしょうが、でもここはお気に入りの小屋ですよ。
窓を開ければ~雁戸山が見える~。


今日の乾杯は、アレレ…酎ハイはどなたですどー(^o^)



小屋からは一直線に下山口へ…。


昨秋にキノコを採ったところを思い出しながら復習です。


アスナロとブナの木で覆われるブドウ沢急登、ならば登りたくも下りたくもありません。何故なら、今日は左足が痛い。<左足は靴下2枚・右足は1枚の差でした?>


それにしても、ここのブナは凄い。はかって見たら幹廻りは3.6mありましたね。


難なく徒河して(最初の時にドボン(>_<))駐車場へ戻りました。


林道に出ればデポ車が待っていました。完歩のシェー(^_^)


峨々温泉に戻りバンザイ。(^_^)v


北蔵王ルートの中でも、唯一残されていたのが名号峰から八方平小屋まででした。
ようやく歩くことができて満足、満足です。
残ってるのは、山形神室から二口峠までが未踏、あっ、小東から南面白山までもそうです。

本日の収穫は「コシアブラ」(^o^)


コメントの投稿

非公開コメント

No title

山菜取りのために、こんな難行を?
いつも登山道のないマニアックな山登りの記録を、感心、あきれはてて、うらやましく拝見しています。
家へ帰れば厳しい現実が目の前に広がっていますから、こうして山へ出られてよかったですね。
山で英気を養って、また頑張っぺ!

No title

tk18412004 さん
今晩ハー。
いえいえ、ここを通らねば目的地に着かないのです。
迂回も出来ないし、ジャンプもできないし、悲鳴に近い薮這いなのですよ。
山菜はありましたですぇ~。
マニアックな山登りは何故か、登山道を見失うのでそう見えるのかな。
2月に北泉に行って以来、しばらくぶりの千m台のお山でした。いがったね。(^o^)

No title

えっと、2月から1000以上行ってなかったとは!マロさんらしいね。
一体どこ歩いたんでしょ。これはmorinoさんのほうがアップ早いかな〜そういえば土曜日私もコシアブラいっぱい見つけましたよ。

No title

k4さん
1000以下のお山でも十分満足してましたな。
震災もなければ状況が変わらなかったのでしょうが、足止め状態だから近場のお山になるんですね。
主脈はコシアブラでしたよ。やはり遅いんだよね。

No title

昔・昔の事になりました。
熊野から笹谷部落までの縦走・・
この小屋に立ち寄って休息・
その後ブトウ沢から登ってゴトクを置いてきた事を
思い出しました・

No title

早起きのク~ さん
お早うございます。
次は熊野から笹谷峠まで計画していますが、あの倒木では大変です・・
ゴトクなかったねぇ~。マウンテンさんの画像にも写っていませんでした。
ブトウ沢、いいコースで初冬に行きたいです。
その前にキノコもね。

No title

お世話様でした。
お土産付きの山はいいですねー。癖になりそうです。(^^;)
霞んでいたため景色はいまひとつでしたが、沢山の花々に出会えて満足です。
南蔵王花街道はもうすぐですね。楽しみー!(^^)

No title

山へ行けて良かったですね~!
3週間ぶりにたっぷり歩かれて筋肉痛になりませんでしたか(^_^;)

No title

コシアブラ、いっぱいありましたね!
今期最後かな? モリアオガエル…なるほどコレが本物か。
うちの裏庭のブツとは全然違いました(笑)

No title

morino さん
こちらこそお世話様でした。
主稜線に入れば少しは採れるかなと思っていましたら残雪の悪戯で草花も遅れていましたね。(^^;)
秋に向けてお土産山も検討しないとね。
南蔵王花街道、ハクサンイチゲが咲き始めましたよ。

No title

ナカシィ さん
3週間ぶりのお山へ行けて満足、満足ですよ~!
フッフッフー、筋肉痛よりも眠りに入ろうと…(^_^;)

No title

タッシー
コシアブラ、採り放題とはこのことすね!
今期最後でしょう。モリアオガエル…木から卵が垂れているから単純にそうだとね…。
タッシーの裏庭のブツは、何カエルすかな(笑)

No title

お土産付き山行いいですねえ。おっかないさんのへなかは、お土産袋だったのですね(@@)
南蔵王の花街道よさそうですね。

No title

tom さん
おっ家内のへなかは、ポーターなんです。
南蔵王の花街道、ハクサンイチゲ、ハクサンコザクラが咲き出したそうですね。

No title

雁戸を周回したときにブナやダケカンバの倒木&枝折れが酷い状況でしたが、名号~八方平も同様の状況でしたね。今年の豪雪が災いしたと思います。
以前、今の時期に蔵王ダムから八方平~名号峰を歩いていますが、コシアブラ多かったですねー。
景色が見えない地味な稜線ですけど、山菜採れると楽しいですね。

No title

SONE さん
倒木&枝折れは豪雪でしょうね。はじめは熊かなと思っていたらあまりにも量が多いので…。
蔵王ダムからの周回もいつかはですねー。
地味な稜線でしたが、花を楽しませてもらいました。

No title

マロ7さんが縦走路でスライドした男性、私のブログにコメント頂いた方でしたよ。
http://web.me.com/shunfujii/topics/top.html

No title

SONE さん
今日は雨降りで明日は晴れるでしょうね。
今、辿ってきましたよ。間違いなく縦走路でスライドした方、登山口には山形ナンバーの車でした。
スライドしてからこの倒木尾根を往路するのは大変だなと気遣っていました。

No title

峩々温泉の登山道入り口にあった1台の車(デミオ)は我々のデポ車ですよ。
マロさん達は北蔵王でしたが、我々は南蔵王でした。
名号峰から峩々温泉までにコシアブラの木を見たら頂芽が採られた後のものがありましたが、マロさんだったんですね~
名号峰からは八方平避難小屋の方を眺めましたが、その時マロさん達はちょうど歩いていたんですね。
見えませんでしたが(笑)
自然園の手前ではミネズオウが咲いていましたよ。

No title

峩々温泉の登山道入り口のデミオトラさんご一行のデポ車でしたか。
我々の倍は歩いていますね。
んん、コシアブラの頂芽は残しておいたんですがネ。(?_?)
名号峰からは伏せの状態で前進していましたから見えなかったでしょうね。(笑)
ミネズオウは南屏風で見て参りましたよ。(^_^)/

No title

maro様
HP拝見いたしました。
途中でお会いしました山形のHITOIKIです。
楽しいHPですね。今後ともよろしくお願い申し上げます。。

No title

HITOIKI さん
今晩ハー。先日は騒がしくしまして失礼しました。
小屋で1時間待ったのですが、あの尾根をピストンするのは容易ではありませんね。
また、どこかでお会い出来ることを楽しみにしております。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR