蔵王・ロバの耳と山の女王さま…(*^_^*)

『山の女王さま』お出迎えの山旅…。
どちらがって…そりやぁ~年数では(^^)/~~~


【日  程】2011年7月9日(土)     
【山  域】蔵王連峰・ロバの耳からお釜周回・刈田岳周回 
【行  程】7:20賽の河原駐車場-8:05濁川-8:30カモシカ温泉跡地-8:45新噴気口-11:00-ロバの耳11:20-11:50お釜手前昼食休憩12:35-13:50刈田岳-14:25大黒天駐車場
【メンバー】morinoさん/ taku-oさん/マロ7/おっ家内
6月の南蔵王花街道に続いて今回は、山の女王さまでありますコマクサに会いに行きます。目玉は…
①ひよどり越えから仰ぐ中央蔵王東側の荒涼とした山肌
②カモシカ温泉跡地は、おっ家内が○十年ぶりに訪れる
③新噴気口の野湯は如何に
④ロバの耳から見たネコの耳とは…
⑤コマクサはお山の女王花
⑥お釜周回…と、盛りだくさんの試みです。
さてさて、今回はmorinoさんの仕事仲間であるtaku-oさんが加わり総勢4名は大黒天に集合し、デポ車を置いて賽の河原に向かいます。

賽の河原からはアスファルトの道路を北進しヒヨドリ越えの起点に着きます。


一同、まだまだカモシカ温泉の荷役に使った施設をみて往時を忍びます。


正面には、振り子滝が呼んでいます。


途中、いつもは数輪のヤマオダマキですが、群落をなして迎えてくれたのは驚き。


濁川のアルミ梯子はなくなり、渡ると沈み込む板橋が置かれていました。
ここから、カモシカ温泉に辿るみちは草木がウッソウと生い茂り、初めての方は不安になるでしょう。


カモシカ温泉は、「羚羊温泉」です。おっ家内は中学の時に学校行事でここに泊まって翌日は蔵王に登ったというから、粋なことをやっていましなぁたと感心。
今も白雲山荘が健在でありましたなら、宮城の登山事情は変わっていたでしょうね。
【羚羊温泉】1980年2月6日に、熊野岳東面にある丸山沢上部で発生した表層雪崩は丸山沢を一気にかけ下り、丸山沢の麓にあった羚羊温泉白雲山荘を一瞬のうちに破壊、飛散させた。誰も予想だにしない大雪崩でありましたが、この時。小屋番のDさんはたまたま、所用で麓に下っていて、運良く難を逃れたそうです。《引用・宮城の名山 柴崎徹著より》



一路、新噴気口を見ようということになりました。以前にはなかった割れ目もあるようで、これも震災の影響かと…。まぁ、野湯に入りたいところですが、次回ということで、ロバの耳の取り付きに向かいます。


野湯もいいでしょうが、今回はまだまだ難路がありますので仮入浴ですど。



morinoさんは長湯になっちゃいましたよ。


このコースは、以前から通行禁止ですから、まず自己責任ですよ。
まずは、危惧してましたガレ場を登り切ると爽快な展望が待っていますが、今日は真夏の直射日光をオジサン達に襲いかかり、オーバーヒート気味となりしばしば冷却水を補充します。


ロバの耳へ向かうには、道が不明瞭な藪を通過しますが、ピンクテープと踏みあと、そして正面に見えるロープ場と上の標識を見逃さないこと。岩肌に辿り着くと昭和35年のレリーフが埋め込まれています。




ここを、登り切ると正面にはロバの耳が見えます。なだらかに見えますがオジサン達はフゥフゥ…圧巻きの急登は照りつける熱射でオジサンたちはワルサーグロッキー(^_-)。


先を行く、おっ家内パワーは恐るべし




瓦礫地帯に入るとmorinoさんの声「コマクサだぁ~」急に足取りが軽くなります。



ロバの耳に到達すると、熊野から降りて来ました大河原の竹○さんご夫妻がいました。もう、70歳というから、俺もその年で頑張りたいな。(^o^)


さてさて、冒頭であげたネコの耳は何処かな…やはりそれらしきものは見あたらないが正面の露岩かなって??



あっという間に、丸山沢にガスがかかりましたのでここからお釜へ向かいます。


いったん、熊野岳方面へ登り途中から左折、何と矢印での表示がありましたが、ここのガレ場は要注意ですよね。




今日の画像は、お釜とコマクサを一画面に収めること…何とか(^_^)


ガレ場を降りたところで、昼飯です。ここは、隠れたお花畑でお気に入りの場所、冷たい沢水がとにかく美味しい。よく見たら、コマクサの群落が広がっていました。


そして、喉の消毒…ではない。潤いを(^o^)


この頃、冷やし中華が多くなりましたよ。大はmorinoさん、小はマロ7ですど。(^^;)



taku-oさんはお釜が初めてとかで周回することにしましたよ。




やっぱり、釜淵でもしないとね。(^O^)


沢を下ろうかと思いましたが、登山靴なので刈田岳経由で大黒天に戻ることとしました。


大黒天で、今日の登山に「シェー」



とにかく、熱射登山でした。半袖になってしまい、色白の腕は真っ赤に…(^_^)/でも、満足のお山でしたね。
ロバの耳コースは結構歩かれる方が増えてきました。
カモシカ温泉からの登り口を改善すればよろしいのでしょうが。(T_T)
通行禁止となっていますので、今回の軌跡図は省略させていただきます。
参考としたい方は、どうぞ申しつけください。

帰路、閖上に立ち寄り、あらためて津波の壮絶さに…。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日10日に振子沢を登ってきました。
ロバの耳に4人パーティーの姿が見えたので手を振って、もしかしたらマロ7さんかもとメンバーと話していました。
なんと昨日だったのですか。
他にも2名がお釜へガレ場をトラバースしてまして、結構来る人が増えたんだなと思った次第です。
皆さんコマクサに会いに来たんでしょうね。
それにしてもこのあたりの景観は、蔵王が「若い」火山であることがわかりますよね。

No title

お世話様でした。面白いコースでしたね。
藪、温泉、急坂、岩、ガレ場、花と何でもありで楽しませてもらいました。
今度は沢を下りましょうかね。

No title

torasan-
おっ、今日、振子沢へ登ってきましたか。
昨日は、誰もこちらへ来ませんでした。
ヒヨドリ越を降りて沢を登りたくなりましたよ。
ロバの耳の4人パーティー、もしかすると私の知ってる方かもネ??
お釜へのトラバースはペンキ表示がありましたよ。
もう、メジャーコースになるんでは…^^;
事故さへ起きなければと、思っています。
蔵王のコマクサは、岩手山、秋田駒とまた一味が違います。蔵王は生きていますね。

No title

morinoさん
数ある蔵王のコースでもなかなかいいコースでしたでしょう。
今度は沢を下り、登はどうすかね。(^o^)
野湯もこなさないとね。

No title

猫の耳の謎、気になりますね〜(笑) 登りで飲んだ冷却水は泡ものだったんじゃないの?おっ家内様の健脚ぶりに惚れ惚れです^^
釜淵のシェーは最高!

No title

k4 さん
「猫の耳」は宮城の名山に記載してありました。
登りで飲んだ冷却水は純水でございますよ。(^o^)
泡は、じっくりと昼飯でいただきました。
おっ家内は健脚、持続したかなぁ~。
釜淵はやはり、冷ェーです。(>_<)

No title

もしかしてKちゃんは山ガールの先駆者だった?
月山へキヌガサ見に行くとばかり思っていましたが・・・やはりまだ県越えは無理なのかな・・・
変化に富んだ行きたくなるコースでしたね。

No title

マロさん、一日違いで私は家内と金曜日に熊野岳にコマクサが見頃との情報があり行きましたが、生憎山頂付近は雲の中にすっぽりと入っており地蔵岳で引き返してまいりました。非常に残念でした。どっこ沼も人っ子一人いなく涼しい湖面が寂しそうでした。唯一「源七の湯」だけが満足の行くところとなりました。貸し切り露天風呂で極楽湯でございました。

No title

おつかれサマ〜(梅雨明けって事で/笑)
入り口から下りのルート、崩れてなかったんですね。
今年はあきらめていたんですが、風呂入りに行けばよかった(笑)

No title

ご一緒したかったです~(体力追いつきませんが^_^;)
コマクサばっちりでしたね!
野湯も立派で驚きました。

No title

今年は震災の影響で落石の危険があったため、かもしか温泉行きは見合わせていたのですよ。
でも御釜周辺の状況を見ると、地震の影響はそれほどでもなかったみたいですね。
かもしか温泉の源泉は夏場は暑くて入れなかったですか。やはり春と秋の限定なのですね。

No title

maronn さん
あらら、お出でになると思ってましたよ。
もしかして…Kは山姥だったのさ…(^o^)
月山のキヌちゃんはもう秒読み段階ですど。
県越えはOK牧場・・・(^_^)

No title

civil_eさん
おっ、たまには御家内さん孝行ですね。
熊野岳のコマクサは佳境ですね。
地蔵岳で引き返して残念でした。
おっ、「源七の湯」に入ってきましたね。
貸し切り露天風呂では極楽、極楽。(*^_^*)

No title

タッシー
早い梅雨明けでしたね。何か、しっとり空が懐かしい(笑)入り口から下りのルートは変わりなしでしたよ。
ただし、渡河すると刈り払いがされていません。
野湯はバッチリ、待ちかまえていますよ…(笑)

No title

ナカシィさん
何々、ご一緒って…おんつぁん達だよ。
体力は、もう限界、限界で這い蹲って歩いていますよ。
コマクサ、いいチャンスでしたね!
野湯は、この次に右周回ではいりますよ。

No title

SONEさん
どこかに落石の危険があるかなと思いましたが…ないようで。
かもしか温泉付近は過密な茂りでした。
新噴気口は地震での新たな割れ目を見つけましたよ。

No title

遠い昔、ロバの耳コースをやりました。がけ崩れを起こしてからは、登れないものとあきらめていました。
素晴らしい報告をありがとう。
写真が、ああ・・・なんていいんでしょ。蔵王、大好き!

No title

tkさん
遠い昔って、凄いなぁ。
ロバの耳の名前はどなた様の命名なんでしょうか。
それよりも昔は遠刈田や青根から登ったそうですね。
大好きな蔵王は色んな顔がありますね。(^o^)

No title

土曜日はお世話になりました&ご馳走様でした!
今回のコースは変化に富んでいて楽しませて頂きました。
隠れ花畑も最高でした。
雪渓からの沢水が涸れないうちにもう一度行きたいですね。

No title

女王様いいですねえ。
梅雨も明けたし今週末の海の日連休はどこも混みそうなので18-19の一泊二日でどこかさまよう予定でいます。ヒメサユリロードかなあ。

No title

taku-o さん
オジオバ道中にご一緒いただきありがとうございました。
ロバから熊野に上がる選択もありますが今回のコースがいいですね。
隠れ花畑、雪解けはキンコウカが咲いていますよ。(^o^)

No title

tom さん
岩手山のボリュームあるコマクサ。秋田駒の砂礫に群生するコマクサ、蔵王は数が少ないけど可憐なコマクサがお釜に栄えますね。
おっ、小屋泊まりですか。ヒメサユリロードいいでしょう。

No title

少し前、かもしか温泉からの登りの途中、落石がありました。
遠かったので大丈夫でしたが、しっかり見える場所です。
気をつけてくださいね。

No title

ナカシィ さん
毎日が暑うござんす。(^o^)
かもしか温泉からの登りのルートを南側の樹林帯に切り開けばいいですがねぇ~。
あそこは、落石に十分注意ですね。

No title

小屋番のDさんって、懐かしい・・彼の下で一夏働いてました。全壊の二、三年前に雪崩で半壊して、その撤去作業がメインでした。暇なときはひよどり越えタイムアタックダッシュでいじ(め?)られてました。それと運搬機に乗ってみろとか(恐)

No title

加ト幹事長さん
懐かしい白雲荘でしたか・・
今となっては半壊から全壊までの生き証人ですねぇ(^^;)。
ひよどり越えタイムアタックダッシュが今の元気に繋がっているんですね。
運搬機に乗った方はいるんでしょうね(見たい)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR