鳥海山・残雪と百花繚乱のへ

【日  程】2011年7月31日(日)
【天  候】晴・ガス 
【山  域】鳥海山 2230m・ 湯の台コース
【行  程】6:20滝の小屋駐車場→6:35滝ノ小屋→7:30河原宿8:05→10:15伏拝岳→11:10七高山11:35→12:10新山→12:40大物忌神社13:35→13:50外輪山→14:00伏拝岳→14:25小雪渓→14:50大雪渓→15:20河原宿→16:10滝ノ小屋→16:25滝の小屋登山口
【メンバー】morino さん/maronnさん/ichicoさん /マロ7/おっ家内/計5名

4年ぶりの鳥海山です。またいつかは機会をと狙ってはいたのですが、天候と機運が合わない。でも、この日はなぜか鳥海山域だけが陽当たりスポットです。morinoさんから声がかかり行ってきました…。
名山と呼ばれるには色々見地がありますね。「山容秀麗という資格では鳥海山は他に落ちない」深田久弥さんの一節が強く心に響く「大きな山」です。
蒼い夜明けです。
暖かい日差しはまだまだ届かず、張り詰めた冷気が漂い雲海はまだ山あいでまどろんでいます。
湯の台口は鳥海山の登山口では最も高い標高地点(1205m)にあり、山頂へ最短で登れる。と、いっても標高差は軽く一千メートルを越えるのです。

伏拝岳手前で会った9歳の少女…駐車場で見かけたと思ったら、もう下山してきました。


湯ノ台温泉から曲がりくねった車道を走ると車道終点は駐車場となっています。
若者達が集まっていた。屈折望遠鏡で何を見ていましたかと尋ねたら「水瓶座流星群」だそうである。



日の出前に見えていた山頂は秋田側から雲が流れ込み風が出てきました。残念ながら、前に見た天の川と朝焼けは見られず残念です。



赤丸が今日のルートです。


はじめは灌木につつまれた穏やかな坂道を歩くと、ディゼル発電機の音を唸らせている滝の小屋に着きます。


今日は先行して河原宿でmorinoさん一行を待っている計画です。出発して20分後に駐車場に着いたとメールが入った。あ~待ってれば良かったかな。


小屋の先で白糸の滝直下の雪渓に出る。途中から左に折れ笹が茂る八丁坂からは本格的な登りとなる。ハクサンシャジン、トウゲブキ、フウロ、とくに朱色のクルマユリが目につく色彩豊かなお花畑が斜面いっぱいに広がっている。


時折、振り返り日本海と月山の切れ目を見る。ここからはもうお花畑が延々と続きます。


八丁坂を登りきると沢音が聞こえ広い台地状の河原宿に出ます。赤い屋根の河原小屋は施錠されていました。小屋前に腰掛けて、朝飯をいただきながらmorinoさん一行を待つことにしました。


そしてmorinoさん一行が到着すると、急に視界が開けて山頂が見える。ここからの光景は言い表すとまさに「極楽浄土」の光景ではないかと…。




分岐で千畳ヶ原への道を分けてゴロゴロした大きな石の道を行くと「心字雪渓」の末端に出ました。雪渓の冷気に覆われてここから直登を開始します。(西側の夏道を利用がベター)



雪渓を最後までつめないうちに右手のガレ場から薊坂に移るとここもお花畑で遅咲きのチングルマが群落となっていた。






階段上の薊坂は急坂のつらい登りですがハクサンシャクナゲとチョウカイアザミが盛りを迎えている。画像は、今年初のダイモンジソウ。



急坂を上り終えると外輪山の一画となる伏拝岳に出ました。丁度山頂が見えたと思ったらすぐにガスで覆われた。




尾根を吹く涼しい風が心地よく花を見ながら七高山へ向かう。




外輪山の火口壁には特産種のチョウカイフスマが可憐な花を咲かせている。あまり目立たない花なので大方の登山者はそれとわからず通り過ぎているのではないだろうか。




途中で会った、ラテちゃん。



七高山への梯子場をいくつか辿ると、深山がひょっこら顔を出した。


新山からはバンザイの連呼があり相当頂上は賑わっていたようである。


七高山は秋田県矢島山岳会の町民登山で70名の方が山頂で美味しい昼食タイムを過ごしていた。我々もここで一旦休憩、



大物忌神社へ下ることとしたが、何の動機かみんなザックをデポして新山へ足が向いてしまった。



やはり新山山頂は入れ替わりで、ここで「シェー」を決めないとね。


西側のピークにも行って、ひとり「シェー」を楽しみましたよ。


そして、向かいの新山ピークにおりました埼玉ガールに以心伝心、彼女たちも「シェー」を楽しみます。


新山から下って「泡タイム」絶賛のお味でございました。



大物忌神社から外輪山へ辿るコースでは地元の小学生が一泊だそうで数十名で登ってきました。


外輪山へ上がり、伏拝岳の分岐から河原宿へ往路を戻ります。



心字雪渓ではガスに巻かれましたがやはり頼りのGPSでしたど…。


河原宿で休憩して駐車場へ向かいます。あれれ、今朝ほどここで会いました方が降りてきましたよ。聞いてみたら、新山から小浜、千畳敷、月山森を経由して欲張りコースを歩いて来たとのことです。



滝の小屋駐車場に着いた時には満車の駐車場も閑散としていました。やはり、欲張りコースの○○さんも「シェー」を堪能です。


鳥海荘の湯(500円)に浸かって、酒田で美味しいラーメンをいただいて帰路につきます。でも、寒河江でダウンしてしまいました。帰路、山頂が顔をのぞかせていました。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱり、今の時期の鳥海山は、素晴らしいですねー。
シェーのポーズ、みなさんますます磨きがかかっていますね。
西側のピークのシェーは、最高! これを写した人の腕も最高!

私は30日に御浜まで登りました。花、いいですね。豪雨と連続の雷。怖かった~・・・。夏山真っただ中だというのに、ほんとにおかしな天気です。

No title

tkさん
今晩はー、鳥海山は、噴火の後に登ってからのおつき合いですねー。
シェーのポーズ、すまして撮影しても…何かポーズを、で始まりました。今度、お会いしましたら、伝授しますよ。
西側のピークのシェーはですね。写した人はいません。
タイマーちゃんの連写でした!
後ろに落ちれば脳天くい打ち…もちろん前におりましたよ。
近くにおられたのですね。雷は凄かったでしょう。
本来の夏山は午前中の勝負ですが、なぜか夕方までになっていますよねぇ。

No title

すご~い!!素晴らしい!!あっちを見てもこっちを見ても感嘆符の連続でしたね。
何種類もの赤・白・黄色・橙花々のお出迎え・・その中でも初めてお会いしたチョウカイフスマ感激でした。
汗を滴らせての快足、快シェー快眠調子良かったね~
私も車中は爆睡でした。

No title

青空ですねーーー!
心字雪渓がちゃんと「心」の字になってるのが見えます(^_^)
シェーがまたまたレベルアップしてますね。
どこまでいくのでしょう・・・

No title

maronnさん
鳥海山はそれぞれのコースに味わいがありますね。
完全に晴れませんでしたがそれなりに核心部分が見られたと思います!!
チョウカイフスマは質素で目立たず、ガスの中でもいい味を出していましたね。(^o^)

No title

ナカシィさん達が行きました翌日ですから、天気は回復。
夜明け前、山容が見えていたと思ったら秋田側から一気にガスが流れてアララ(>_<)
シェーがレベルアップしましたか、もう限界だね。フッフッ(^_^)

No title

知っていればそっと岩陰から狙ったのに、惜しいことをしたわ。
シェーも多くの人を巻き込みながら日本海側進出しましたね。
でも「ひとりシェー」は怖すぎ。
ハラハラしますよ。
皆さんで花を楽しまれたようでよかったです。
またの機会に、地雷に手榴弾を準備しておきます。

No title

ひとりシェー、コエエ〜 股間ざわざわする(苦笑)
極楽浄土、最高だなあ…行きたい〜!!

No title

早朝は横手から鳥海山見えていましたよ。
時折ガスが去来する夏山らしいお天気でしたね。
夏の鳥海山は何度も行っていますが、花の多さでは東北随一と思っています。今回も花の共演を楽しめて良かったですね。
西側のピークでひとりシェーは危なさすぎー!(笑)

No title

あねさん
拙攻部隊は知らず知らずのうちに行くのさ(^^)
フッフッ(^_^)シェーで、友好親善…ついに日本海を見たど。
「ひとりシェー」は、快感でしたよ。
次の機会には、地雷対策に高下駄、手榴弾対策にタモ(網)を準備すっかな…。(*_*)

No title

タッシー
ひとりシェーもいいもんだよ。(^_^)
国会でみんながシェーやれば、事も円滑に決まるんだがね。
股間ざわざわかぁ~誇管ねぇ(苦笑)
まさにお山は「極楽浄土」。
曹洞宗の開祖、道元様は現世こそが極楽浄土と言ってましたよ。

No title

SONE さん
真昼山地に行ったと聞いていましたが、さすが早い判断でしたね。
夏の鳥海山も最高、前回は8/15でしたから今回は花の多さに満足でしたよ。
西側のピークは誰も行かないから思う存分にひとりシェー…。
(笑)

No title

いやいいお山でしたねー。鳥海山は山形から登った事がないので、そのうち登ってみたいです。月曜のお山はガスガスで楽しさ半減でした。

No title

お世話様でした。
花イッパイ、雪渓イッパイ、見所イッパイの極楽でしたね。
さすがにあの雪渓で尻滑りは出来ませんでしたけど、次回チャレンジ?
おかげさまで大満足の山でした。またよろしくお願いします。

No title

tom さん
秋田、山形からのルートはそれぞれの持ち味がありますね。
月曜のお山はガスガスで涼しかったのでは…。

No title

morino さん お世話様でした。
極楽、極楽コースでしたね。
新山に行けたしガスの中での晴れ間もあり良かったです。
百宅コースも視野ですよ。

No title

マロさん、日帰りで山頂ピストンはシルバー軍団ではもう無理ですね。一日遅れで1~2日にかけて総勢8名で大名登山をして来ました、予想以上に色んな花に出会えて雲上の楽園を楽しんで来ました。それにしても人気の山ですね、月曜日だというのに山頂小屋は満杯で一畳に2人寝!おかげでロクに寝られず次の日は疲労困憊で7時間かけてやっと下山しました。

No title

4枚目のお茶目な写真と、山頂の一人ポーズがいいですね。マロのページは、こういう写真がなんとも言えないです(笑) 一人シェーは右側に傾いているのと足場がとんばった岩の上にあるので、このあとどうなったんだ!と思わせます(笑)

No title

civil_さん
シルバー軍団よりもゴールド軍団まで頑張ってよ。
もうすぐ、仲間入りしますからね。
大名一行は、雲上の楽園を楽しんで半畳に寝ましたか!
何と、に寝られなかったのは隣のお方では…。
7時間かけての下山、千畳敷は最高でしょうね。
ここ、一日で周回を欲張りコースというそうですよ。(^o^)

No title

k4 さん
お茶目とは…自分も気づいてはいなかったが…そう見られますとその気になるね(*^_^*)
山頂の一人ポーズは苦心しましたよ。
みんなが下山したのを見て、ソロリとやっちゃいましたら、新山から見られていました。(笑)
一人シェーは、前方の狭い着地足場を確保して尖った岩の上にあがり前方に重心をかけてね…連写ですよ(^^)/~~~

No title

4年ぶりの鳥海山?
私「これから鳥海山に行って来ます」見た記憶がありますが、とゆうことはお知り合いになって4年はたったことになりますね。
なかなか深くは進みませんね。(笑)
以前にも一日で往復でしたよね。そのときも「すごいな~」と思ったものでしたがこん回もまだまだ健脚。
私は鳥海山は一泊のコースになってます。
沢山の花々と青い空・雪渓最高の山歩きでしたね。
ご褒美の泡で乾杯。

No title

山ちゃんと蔵王でお会いしたのが2011.8/5でした。
そうです明日でちょうど4年ぶりですね。
私「これから鳥海山に行って来ます」って…凄い記憶ですね。
織姫と彦星でも1年に1回は会うのにね。(笑)
いやいや、今回のコースは皆さんが日帰りですよ。
前回は健脚…気味でしたが4年の体力低下はマザマザと_(._.)_。
いいお山は一泊するべきですよね。(^o^)

No title

味わい深いお花の写真もさることながら、
ひとり「シェー」には感服いたしました。
「シェー」は以心伝心するものなのですね。
それにしてもマロ7さんは、
並々ならぬバランス感覚を持ってらっしゃいますね。

No title

Y7さん
そう、花の鳥海山を満喫いたしました。
ひとり「シェー」、見られてしまって伝染させてしまったね。
「以心伝心」…少しながら増殖中かな(^o^)
バランス感覚??胴長短足の持ち味ですよ。^^;

No title

こんにちは、新山からは一人シェーが丸見えでしたよ!
見事に以心伝心しましたね。
あの後夕方の山頂小屋付近は見事に晴れ渡り、
外輪山がくっきり見えました。
翌日はガスガスでした。

No title

埼玉ガール さん
その時はお見苦しい点がありまして…。
あらら、新山から一人シェーが丸見えでしたか!
今更になって、はずかしいね。
おっ、夕方の山頂小屋付近は最高でしたか(^o^)
翌日はガスで影鳥海は残念でした。
またの再開を楽しみにしております。
ブログには、遊びに来てくださいね。(^_^)

No title

マロさん
すっかり遅〜くなっちゃいました。
最後の「シェー」に飛び入り参加のすぎでした。鳥海山良かったですね。
中尉の三角点、場所わかりましたよ。
ちょうど気になってるエリアでしたが、なかなか林道が通れないのが難点で。でもそのうちに行かなければ。
ほんとあちこち動かれてますね〜。またご一緒しましょう。

No title

すぎ さん
先日はお世話様でした。
「シェー」を強制させて申し訳なかったです。
でも、楽しかったでしょう。
鳥海山は何でもそろってますから最高のお山ですね。
白瀬中尉の三角点、場所わかったのですか。
残雪時期だと行けますが三角点見つけるのに大変、夏道は藪で大変(>_<)
目安がつきましたならば連れていってください。_(._.)_
ほんとあちこち〜。今日も行ってきました。


No title

とても見やすいブログです。アップも早かったし。
メール送信先が?で・・・
埼玉ガールさん達は影鳥海残念でしたね。
グレープフルーツご馳走様でした。
また、ご一緒したいです。

No title

Mt.STONEさん
今晩はー、鳥海ではお世話様でした。
メール送信先は。別HPに「マロのページ」がありますよ。
まだ影鳥海にお目にかかっていませんので、そのうちねらいたいですね。
グレープフルーツ少しばかりでしたが…。
今度はどこでお会いいたしましょうか。(^o^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR