有屋峠・千年の古道を辿る

【日  程】2011年9月25日(日)     【天 候】晴れ
【山  域】神室山地・有屋峠  静かなブナ原生林と古道巡り
【行  程】秋田の大平登山口に車をデポ山形の入有屋まで移動。
入有屋登山口~鉤掛森~檜木森~948m峰~黒森~山の神~出穴森~大平登山口
【メンバー】Ebiyanさん/SONEさん/マスさん/マロ7・計4名

さてさて、今朝は3時起きでございます。外に出たら満点の星で、カシオペアやオリオンが見えます。あれっ、スバルは…視力低下で、何か見えにくくなったようです。(T_T)
道路の温度表示は8度を示しており今朝はヒータの世界になりました。
予定通り、5時に岩出山道の駅を出発し秋田雄勝町に向かいます。
秋田に入ると左手に神室連峰が、そして右手には本日のコースが見えます。
このコース、近世までは参勤交代に、太古には多賀城から出羽の国を通り羽後の国へ、軍事的な古道だったようです。景観は期待しないものの、千年前の古道を歩くことで満足なのです。

マロ7号とEbiyan号を大平登山口にデポしてSONE車で山形県金山町の入有屋登山口まで46キロを迂回します。




入有屋登山口は堰き止めからの出発です。すぐ、杉林に入り登りが続きます。


一旦、平らな所に、馬止めでしょうか…って推理しますが(?_?)


稜線に出れば左手に山々が見えてきました。なんと雪化粧をした鳥海山が見えて感激です。


それにしてもサプライズは雲海でしょうか。


標高600mから上は島々みたいに顔を出しています。遠くは弁慶山地、そして右手には1000m足らずの丁の山々が急峻な岩肌を出しています。峰の途中からみた雲海に浮かぶ弁慶山地にため息、いつかは丁山地の山々に行くドーってネ。(^o^)



つくしみたいな…キノコですが??



展望し台で休憩、神室連峰は雲に隠れていました。




鉤掛森


檜木森にて一服(^^)/~~~マスさんの手作りケーキは美味い。



楽しくこんな光景も…何してるのかなってブナの額縁。


ブナの大木には昭和一桁の刻印が…80年前のこと(T_T)




黒森にてお昼タイム。マスさんのアケビの肉ダンゴ?絶妙なお味でした。





山の神さんは探しましたが…見つけられませんでしたねぇ。
それにしても、出穴森秋田側の出穴森から大平登山口までは薮漕ぎ区間があるということでしたが、黒森手前からは藪藪でございました。(>_<)


大平登山口<薄久内> の手前で道を失いましたが、人間GPSのsoneさん、草をかき分けて出口をみっけ。熊に倒されていた標識を立ててきましたよ。



辿った稜線を眺めながらグリーンバレー神室<300円>で湯に浸かりました。
夕刻の鳥海山、そして丁の山々が鮮明に眺めることができました。


帰路は尾花沢にて評判の大南軒にて焼き肉ラーメンをすすってまいりました。



あっ、目当てのキノコですがそれなりにゲットし今夕の食卓にあがりました。
初めてみたブナハリタケ(トンビマイタケでした)は時期遅れでしたが。ブナの全周に張り付いていたのは驚きでしたネ。
【soneさんから→あの腐れキノコはブナハリじゃなくトンビマイタケでしたよ(笑)勿体なかったですね。】



軌跡図です。<新田さん、GPSデータありがとうございました(^_^)>


【追記】有屋峠は金山町有屋から神室山系の水晶森と黒森の鞍部を越えて秋田県雄勝町役内に出る難所で、軍事面で重要な役割を果たしてきた。
八世紀に多賀城から大野東人の東征から官道として用いられるようになり、中世までは出羽の南北を結ぶ主要道であった。
天正十四年(1586年)横手城主小野寺義道の配下で最上地方の領主、鮭延秀綱が山形城主最上義光に降伏したため、小野寺義道が勢力回復を図って有屋峠から攻め込んだ。緒戦では小野寺軍が勝ったが、数日後には義光の嫡男、最上義康率いる最上軍が反撃して小野寺軍を撃退した。これが有屋峠の戦いである。
江戸時代に入ると参勤交代などのため、羽州街道が整備されて金山から北上して雄勝峠を越えるルートが中心になり、有屋峠は間道となった。
だが戊辰戦争で有屋峠は再び重要な役割を負う。奥羽越列藩同盟の仙台藩兵が要衝である金山に進出したのを受け、新政府軍が秋田から南下し、長州軍が羽州街道の森合峠から、薩摩軍が有屋峠から金山の仙台藩兵を攻めたのである。二方向から攻められた仙台藩兵は混乱して敗れたのである。
平成五年、有屋峠と神室山の登山口にあたる場所に神室ダムが建設され、レクリエーションの場となっています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。
サンマのつみれ汁、大変美味しかったです。ありがとうございました。
最低車2台でないと峠越えが不可能でしたが、薮が濃い区間はあったのせよ、予定より早い時間で踏破出来て良かったです。
胸のすく展望はない山でしたが、歩いたあとでじわじわ思い出が滲んでくるいぶし銀の山でしたね。檜木森と黒森の山頂を踏めたのも最高でした。
しかしあの方面の山は奥深かったですね。

No title

SONE さん
またまた魅惑の山稜を味わさせていただき有り難うございました。
ほぼ下りの薮でしたから良かったですよ。
あの雲海と丁の山々を眺められただけでも満足。
古道歩きの醍醐味のある山でした。そしてキノコもいただいておっ家内も満足です。(^o^)

No title

山で味わうつみれ汁、とってもおいしかったです。
山形ではサンマのつみれ汁食べないこともわかってトリビアでしたね。
チチタケはよいおだしがでましたか?
出口近くで見た実はタチシオデでしたね。
保存が出来て飾りものに使えたらおもしろいんですけどね。
心強い山仲間と一緒でなんだ藪こんな藪乗り切れました。

No title

ebiyan さん
翌日も登山とは、タフネス(^_^)イャ、失礼。
サンマを山でいただくって、最近までは考えてもみませんでした。
そう、山形でサンマのつみれ汁を流行させて欲しいですねぇ。
チチタケはまだ、準備中、マスタケはフライでお肉みたいにゴクリ?
タチシオデの実はしなびてしまいましたが飾っています。
ウメモドキはツルウメモデキで町内にわんさと実をつけておろましたそうで、おっ家内は本日、高枝ハサミを使ってゲットしてきたようです。見た目では最上街道以上の量とか。
たまには藪も歩かないとね。(^o^)

No title

1000年の古道に藪漕ぎ、キノコ、グルメとは何でもありのナイスな山歩きでしたね。
鳥海に雪でしたか、朝日から雪は見えませんでしたよ。

No title

渋いお山でしたね。途中の写真、ありがとうございました。

ところでウチではサンマをつみれにして食べますぞ。たくさん戴いた時に限りますが。もっとも以前銚子に住んでいた事があったからかもしれませんが。ネギと「のげ海苔」を浮かべた秋刀魚や鰯のつみれ汁が好きです。

No title

morinoさん
朝日の快晴画像が送られてきておっ、とうなりました。でも、こちらの雲海を見てまた、おっ、とうまりましたよ。
今回の古道は、関山、軽井沢とまた雰囲気が違い1000年の歴史の差を感じました。
鳥海に雪でしたか、朝日から雪は見えませんでしたよ。

No title

みいら さん
渋いお山で、古道ながらかなりのアップダウンでしたね。
雲海の向こうに弁慶山地の画像は送らないとね。
んん、山形でも食べていたんですね。(笑)
月山で食味しますかぁ~。(^o^)

No title

今年初めてトンビの姿を見せてもらいました!
おしかったねえ〜

No title

タッシー
おらぁ、初めてトンビの姿を見たよ。
採ろうとしたらもう駄目だって。
おしいも惜しい。間違いなく採れるんだったらもう一度ここまでくるよ〜(^^)

No title

なんと渋い道でしょう、なんと渋いメンバーでしょう^^
テーマがある山歩き、いいですね〜
神室の秋味2,011バージョンも楽しみですね。

今日水引に行って、マロさんの標識撮ってきたよ〜^^

No title

k4さん
渋い道ながらも時々、展望ができたからね。
千年の昔に、多賀城から続いていた古道となると感じるものがありましたね。
神室の秋味もいいべな(^o^)アキアジトイウトビールナノダ。
水引の標識、なんか行ってませんでした。
フユモココニオクノカヨーッテ…^^

No title

おはようございます。
鳥海山、雪化粧なんですねー\(◎o◎)/!さすが鳥海っ
すばらしい雲海、私も見てみたい~

No title

ナカシィさん
今晩はーです。
鳥海山が雪化粧となれば東北の高山は続々と秋色冬景色なんですねー。
標高のない雲海でしたが、見て感動もんでした。
弁慶山地も見えたからね。(^^)

No title

雲海といえばソバ焼酎(チガウ!)薄久内(秋田側)は歩きましたが、神室ダムや古道も含め山形側は踏み入れてません。
丁山地、甑峠も風情があります。

私はやっと10月から山モードです。今年の紅葉はいかに。まずは2日の船形からです。

No title

tomさん
雲海を見ますと口ずさむソバ焼酎…雲海でございました。(^o^))もう、薄久内側は歩いていたのですね。
丁山地の山並みが良かったですね。
船形山頂は紅葉が始まったでしょうね。
山頂手前の艫の峰がお気に入りですよ。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR