七つ森彷徨…

【日  程】2011年12月11日(日)【天 候】晴~曇時々雨
【山  域】七ッ森全山縦走(七薬師掛け) 
【行  程】8:30信楽寺登山口-9:00松倉山-9:50撫倉山-10:40大倉山-11:30蜂倉山-12:25昼食13:05-13:20鎌倉山-13:55遂倉山-14:25たがら森-15:10南川ダム北駐車場→車移動→信楽寺登山口→車移動15:40笹倉山登山口-16:30笹倉山-17:05笹倉山登山口

【メンバー】ナカシィさん/morinoさん/マロ7・3名

■震災から9ヶ月目になります。今回は、復興祈願「七つ森」七薬師掛けを挙行です。がんばろう宮城!…と、頑張ろう「おじ山道中」に紅一点のナカシィさんが同行です。
お馴染みの「七ツ森」は早春の花咲くころと紅葉の時期しか歩いていませんが初冬は初めてでしょうか。大和町にあるポコポコした山並はどこからでもよく見えお馴染みの山です。七ツ森とはその名前のとおり七つの山の総称です。各山頂には薬師如来石像が祀られており、その七山を一日で踏破するのが「七薬師掛け」です。
昔人は、無病息災・家内安全・五穀豊穣などを願い歩いていたそうですね。

■スタート地点は七ツ森の南東方向にあります信楽寺跡登山口です。Morino車を南川ダムサイトにデポしてマロ7車にて信楽寺駐車場に移動、すでにナカシィさんはお待ちかねでした。ここはアスファルトの広い駐車場と案内板があります。
七薬師掛コース入口の案内板もあります。ここから「七ツ森」に入山です。


■まず1山目は291mの松倉山(まつくらやま)。最初から直登で絞られますど。
山頂には○高校山岳部と先生がおりまして、今回は抜いたり抜かれたりです。一旦、稼いだ高度を下げ撫倉山に向かいます。


■2山目は359mの撫倉山(なでくらやま)。七ツ森(笹倉山以外)で最も高い山。展望も抜群です。


■そして天狗の相撲取り場は泉が岳・北泉が岳・船形連峰を望むことができます。眼下には七ツ森湖。



■…何か、大勢の甲高い声が聞こえてきました。(^o^)
そして唯一の鎖鳩梯子場を下りますと、某山会の御一行さまを通り抜けたら、声をかけられました。何と、マロ7を知ってるとは…あれっそう言えば、後烏帽子と今冬に北泉三叉路でお会いしましたT瀬さんでした。先に行って大倉山で待ってるからねって約束しました。


■3山目は327mの大倉山(おおくらやま)。小腹が減ったのでパンをミカンを食べていましたらソロの方が来ました。初めてなんですがおそらくはSONEさんところにコメントしておる方かなと判断し二言三言交わした次第です。T瀬さん、待ってましたが…(^^;)ゴメンナサイ


■山頂から西へ下ると朋友会の某さんが、外の皆さんは姥ヶ岳へ初滑りに行ったそうですが、主脈のこの天気は荒れているでしょうね。


■4山目は289mの蜂倉山(はちくらやま)。
登りはじめると時雨がやってきました。今日は白沢5山もと考えていましたがこちらで正解だったようです。山頂でははたまた、マロ7を呼ぶ声がしました。


■なんとひいきにしています汐○台の魚屋さんのNご主人、御一行様は船形山ブナを守る会の方々でした。なんだか、シェーを勧誘したのか、行きずりしぇーをやってしまいましたぁ~。(*^_^*)


■蜂倉山北側の急斜面はイワウチワが満開のところです。



■急斜面を降りて鎌倉山登り口の風の当たらないところで昼飯とします。
今日のメニューは特性morinoオデン、ナカシィロール、そして初めての焼きそばを作ってみました。うまかった~でぇす。 ここで○高校山岳部と先生が降りて来ましてバイナラです。


■5山目は313mの鎌倉山(かまくらやま)。薬師さまで唯一屋根がかかっているところですよ。


■6山目は307mの遂倉山(とがくらやま)。ここ山頂には火災監視塔があります。


■ナカシィさんがスルスルと登って行くと高所恐怖症はウソだったのかとmorinoさんが道連れ登坂です。


■遂倉山から辿るルートはかなり明瞭になっていました。


■そして7山目は232mの「たがら森」です。


■これで完全踏破ではありませんど!!! この7山目は4キロほど離れたところの「笹倉山」を入れた7山で七ツ森なんです。



■それにしても、たがら森から西に進む下りは凄い急斜面でした。玉の池に出るのでしょうが、薮漕ぎして県道に出ました。



■七ツ森縦走を終え南川ダムサイト下の駐車場に戻り信楽寺へ向かい笹倉山へと移動します。



■笹倉山登山口に到着。笹倉山は別名大森山とも呼ばれます。日没を覚悟してヘッドライトを持参です。



■展望地から夕暮れの七ツ森を望む。


■笹倉山山頂で…(^o^)シェーオサメ
松倉山・撫倉山・大倉山・蜂倉山・鎌倉山・遂倉山・たがら森、そして最後の1山、506mの笹倉山山頂。これで七薬師掛け完全踏破!(^o^)バンザイ


■夜景を見られるのも最後バージョンの楽しみでしょうか。
下山時、ガサガサと音がしましたのでスタコラサッサと下ります。


■すっかり真っ暗になりました。やはり七薬師掛けは出発時間を7時頃にすべきですね。
いや、夜景を見るのもいいもんです。そして、このお山ゆきで色んな出会いがあった。これも里山ならではの楽しみだネ。(^^)


コメントの投稿

非公開コメント

No title

行きずりシェーって、笑える!!
天気よろしく最高ですね!

No title

タッシー
行きずりシェー、良いでしょう!!(^o^)
シェーやると笑顔が倍増するのですよ。
天気は向こう側に時雨が走っていきましたよ。

No title

お世話様でした。
やっぱり七薬師掛けはキツイですねー。
翌日起きたら筋肉痛でしたよ。あっ、今もね。(T.T)
今回も出会い有りの楽しい山行でした。ありがとうございました。

No title

初めてコメントさせていただきます。
いつかどこかの山で、と思っていました。
大倉山でゆっくりすればよかったです。
そのうちどこかで会えたらと思います。

No title

300m前後のめんこい山ですが、変化に富んでなかなかたのしそうですね。シェーの後の13枚目の写真、ナカシィさんが今まさにスリップダウンするところでしたか?(^-^)

No title

morinoさん
久々の薬師掛けとなりましたが、数年前との体力差が…。
帰宅して一杯飲んで爆睡しましたぁ~。^^;
出会いの里山もいいもんですね。
また、ヨロピク(^_^)。

No title

yuji さん
お早うございます。
やはり的中でした。大倉でまったりすれば良かったですねぇ。
次の出会いを楽しみにしております。(^_^)

No title

みいら さん
300m前後ですが累積標高は大東岳を軽く超えますよ。
春夏秋冬楽しめるお山です。
ナカシィさんのスリップダウンもどきは、軽快に斜面を降りているところですよ。(^-^)ダッタカナ

No title

最後のお山は真っ暗になってしまいましたか。
国見崎からの夜景が見れて逆に印象に残る山となりましたね。
昔、お昼の12時に信楽寺を出発してたがら森まで7山駆け、南川ダムから七ッ森遊歩道を一気に戻った事がありますが、車に戻ったのが午後4時半でした。あの頃のスピードは今は全くありません(ダメダァ) 

No title

あー行きたかったなあ。古来の七薬師がけ+笹森(大森山)デポ車があると楽なんですよねえ。日曜は飛行機からお山を眺めて今日帰ってきました。gpsのログ見るとほんと7回もリセットして登り降りしてますもんね。

No title

SONE さん
真っ暗を覚悟で、国見崎からの夜景が良かったですね。
早朝に登った方は朝靄からいい景色を見たそうです。
お山は、スピードで歩く方法もありますが、景色見て、地形を見て花を見て、うまい物食べてね…(^^)ヤマガールツイカ 

No title

tomさん
出張お疲れさまでした。
古来の七薬師がけは2回目ですが、段々と_(._.)_ヘバッテ。
飛行機からお山の眺めては良かったですかぁ~。

No title

七薬師掛けで来年もバッチリ健康で登れますね。
漁業関係の方、ブナの会ではお世話になっています。

No title

マロさ~ん、お世話さまでした。
すごく良い旅でした。
私もやっとアップしましたが、マロさんの記事の写真を拝見して
そんなにお顔隠さなくても良かったのかしら~と・・・隠しすぎました(^_^;)
次回はいろいろ気を付けます。
今回もおいしいランチでしたね。

No title

utinopetika2 さん
七薬師掛けはボリュームありますね。
来年も健康を祈願してきました。
そう、ブナの会さんご一行、以前、冬の桑沼でお会いしていたでしょう(^o^)。

No title

ナカシィ さん
ヤングパワーに追いつくのが大変でした。(^^)
いろんなバージョンがある七ッ森ですね。
山は喰うために…真冬になるとまったりができませんから今がいいところかな。
あと半月ですが、どのお山行けるかな。(^^)

No title

久しぶりにコメントしますめ・11日は震災から9ケ月ですね・・
今私は・・震災地の海岸沿いの建物被害状況を我々の資格者100人体制で調査してます・・ボラティの要素が大です・・本当に自分の足で・ゼンリンの地図をみながら・一軒一軒・写真を撮ったりして調査しているので土日もありません・・2人で1000棟を歩き調査報告書も膨大でそれを依頼者の官庁におさめますが・その被害の甚大さは自分の足で見て周り・被害に会った方の話を聞いたりして・本当に心がいたみます・・
マロ7さんも今回の山行きは??
復興祈願「七つ森」七薬師掛けを挙行です。がんばろう宮城?・・だそうですから・・あのシェ-の姿は・凄く違和感あります・よ・今は心から災害地の片方の事を考えてアップしてほしいですが・・・いかがでしょうか・・体力あるなら・・山やサンたちで災害地のボランテシィにでかけたらいかがですか・・失礼な事コメントしましたが・・被災地の方も本当にがんばってますよ・・・

No title

マロ7さんも被災地の人で、いろいろたいへんな日常を頑張って乗り越えての山行きですよね。

No title

いつも拝見しております。
七薬師掛けご苦労様でした。私も何度かチャレンジしておりまして、七薬師掛けが体力気力のバロメーターにもなっています。
皆様、大震災を乗り越えられ、様々な思いで七ッ森を登られたのでしょう。
シェーですか、大いに結構だとと思います。皆様大人です。一時を楽しまれ、また現実の世界に入られる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私も皆様とご一緒できるのなら、山の頂でシェーをしたいです。
また山ブログの更新を楽しみにしております。

No title

いつも楽しく拝見しております。
投稿されたコメントを読みましたが、
たまたま来た仕事が被災地に関わったからといって、
①山で遊ぶならボランティアをしろ。
②ふざけた仕草はまかりならん。
というのは如何なものでしょう。
被災地に関わる仕事が忙しかったからといってボランティア気取りになることこそ慎みたいことです。対価は支払われるはず。安いというならそれは生活感覚・金銭感覚の欠如。
震災での仕事減に伴う賃金カット等々、様々な事情を持つ人が沢山います。そうした息抜きの山も否定するとは…。
①②を敷衍すると、スポーツや歌舞音曲の類はもちろん、あらゆる娯楽が否定されます。果たしてその行きつく先は?
この震災では誰もが何らかの被害を受け、また大変な状況を実感して心を痛めているのは当たり前です。
多分コメント(句読点がなく読みづらい)を投稿した人は山なんて行かずに毎週ボランティアへ行くのでしょう。いや、今度こそ本当に無料で行ってください。
マロ7さん、私のコメント気に障ったら消して下さい。
いつもの楽しいブログ期待しています。

No title

クーさん
それぞれの山、それぞれの坂、上り坂、下り坂、そしてまさかの坂の2011でした。
山頂でシェーをしたからって、被災地を軽視している訳ではありませんのでご承知ください。このブログ、楽しくやっておりますが皆様に不快な思いをさせたのではと…恐縮です。
今回のみかん3人組、それぞれ被災し自宅に損壊を被っており、その中での七ツ森行脚でした。違和感があるのはそれぞれですが、お山に来て神妙な顔をするよりも行き交う方々との挨拶、笑顔が大事です。
そして、この震災でいろんなドラマがありました。3/11の生死の境界線、余震と雪降る寒中、そして津波冠水は胸まで浸かりながらの不眠不休の出来事、何でと思いながらも俺たちがしなければ誰がするんだと思いつつ防人(サキモリ)達は奮闘しました。
瀕死の妹との絶句する再会もその一コマでした。まだまだ事後処理が続いています。そんな時に、束の間のお山歩きの楽しみ、手を合わせそして記念写真は決して私に違和感はありません。誰しもが今の被災地のことを考えているでしょう。震災により家を、仕事を、家族を失った方も沢山おります。震災により忙しくなった方もおり、まさに驚天動地です。(続く)

No title

体力あるからって、災害地へのボランテァもそれぞれ、私は自宅の自力復興に数年の目標を掲げていますので残念ながら手が回りません。アカネズミさん達のように隣県から毎週のように寸暇のなか駆け付けて活躍している方には大変に頭がさがります。
被災地の方も本当に頑張っています。でも、足かけ程度のボランティア、私はやりたくありません。先日は、福岡から大型バスでボランティアに来ていました。被災地で記念写真を撮るかたも沢山、夜は忘年会だそうですが・・・おおいに結構です。この見分を持ち帰り伝授し次の対策をしていただければ幸甚です。
被災地に人が来なくなったならそれこそ大変なこと、すたれるばかりでしょう。

No title

福井さん
冠水して大変でしたね。「津波てんでんこ」で、復旧、復興もいつしかはそれぞれが自力のてんでんこ。でも、みんな頑張っているてんでんこ。お山で笑顔が私らの元気です。

No title

初めまして さん
はじめまして…(^o^)
このようなブログ、見ていただき有り難うございます。
「七薬師掛け」本当に体力気力のバロメーターですね。前回も今回も最後の笹倉で(ヘロヘロ)でした。
そうです。それぞれが、大震災を乗り越えてのお山歩きです。すべての七薬師様は手を合わせて復興を祈りました。そんな中でのシェーが違和感だとしたら、とらえ方の尺度、世の中すべての違和感だらけ、すべての山歩きは山伏修行みたいな行脚にしなければなりませんね。
ぜひ、ご一緒して山頂シェーを楽しみましょう。

No title

貧乏山好き さん
いつも来ていただき有り難うございます。
様々な考えもありますが、私は前述のとおりです。
ご意見を有り難く賜りました。

No title

はじめてコメントします~♪
『七座掛け』おめでとうございました~(^_^)v
私は三座と四座に分けましたが、年内七座達成して
自分なりに満足感を感じております(*^_^*)
熊に吠えられた経験も貴重な危機管理能力の向上と
前向きに捉えています~(^_^;)
来年も慰霊登山できたら良いな~☆

No title

papicom さん
ようこそ、いらっしゃいです。
『七座掛け』寄る年波にはなんとかです。(^_^)v
無理して七座登らなくても、そう分けて登れば充実感もありますね。それにしても、熊に声をかけていただくとは貴重な経験ですよ。私もそれなりに何回も唸られましたよ。
一番はカモシカ温泉のところでタックルをしかけられました。その熊さんは近眼で私の手前を素通りしていきました。
来年は春の花満開の七ツ森を訪ねてくださいな。
『シェー!』…決まっていますね。(^o^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR