「但木土佐の生涯」お勉強快…

雪だぁ~、予定では午前中は里山に行って午後からお勉強だったが…。
この雪でな、なじょにもなんね。_(._.)_



まずは、会場近くで腹ごしらえ。
全国的にも有名だそうな一風堂、東北に三店舗ある中の一つが大町にある。。
とんこつに香味油・辛みそを加えたもので、まろやかなとんこつのスープに細めのパリっとした麺そして、辛みそ、油感がちょうどいいす。



私は赤丸新味。


おっ家内は白赤丸新味そのまま食べるのもいいが、前にある薬味を加えて味変させるのも楽しい。
一風堂さすがですなぁ~。



おっ家内は、番ブラで私はお勉強会場の戦災復興会館へ。


テーマはこれ、(^^;)歴史のお勉強なのです。
仙台藩士会公開講座「伊達学塾」は農民の私でも参加できるのです。


第一部は、伊達家墓所のこと…。明治になって伊達家は神道に代えたようですね。
二の森墓所は与兵衛沼の南側にあるそうですよ。


第二部は「但木土佐の生涯」を榎戸さんが講演した。


但木 土佐<ただき とさ>

□仙台藩の佐幕派の中心人物として活躍。藩内の尊攘派藩士・遠藤允信らと対立を深め、抗争の末に藩政の中枢から彼らを排除することに成功する。
□但木は大槻磐渓の影響を受けた開国派でもあり、保守的な立場を取りながら、仙台藩の栄華のために開国政策を目指す。
□戊辰戦争では、奥羽越列藩同盟の結成を成功させ、仙台藩を同盟の盟主に就かせた。だが、戦局の挽回はかなわず、仙台藩が新政府に降伏すると、但木は官軍に捕縛され、斬首された。

<辞世の句> 
雲水の行衛はいつこ武蔵野の  たた吹く風にまかせたらなん  七峯樵夫(終生の号)

七峯とは七つ森をさしているそうです。


殆ど毎月あるそうで、なんか病みつきになりそうです。(^O^)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

随分積もりましたね~今朝はいいお天気ですよ~☆

歴女ブームですが・・・御家内様も歴女なのですね~☆イイゴダ二人で!
皆さん真剣に聞いている様子・・・寝でる人いねんだね~(笑)

No title

papicom さん
今朝はいいお天気…朝照っかりでしたかなぁ~って、主脈は吹雪いていたようなので穏やかな所へ行ってきましたよ☆
んん、御家内は番ブラ女なのね~☆
寝でる人はいねぇ、みんな年輩者で目を輝かせていましたよ~私もその一人(笑)

No title

「民間事故調 官邸初動を批判」
福島原発事故で当時の菅首相の対応を実直に批判した。
国の№1として現地に赴く菅首相をテレビで見ていて、大将がが戦地のまっただ中に行くなんて何処の世界にもないと思った。
あれから1年、民間事故調査委員会の一人でもある但木敬一氏はズバリもの申した。あれよ、たしか、但木一族は埼玉の方に移転したと…。やはり、そうでありました。
但木敬一氏はまさに、仙台藩首席家老である但木土佐の末裔でした。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(2012/02/13 10:32 UTC 版)より

但木 敬一(ただき けいいち、1943年7月1日 - )は、日本の弁護士(森・濱田松本法律事務所客員弁護士)。元検察官。2006年から2008年まで検事総長。埼玉県出身。
幕末の仙台藩伊達家筆頭家老・但木土佐の末裔。

このニュースを見ていて、150年前も先祖はズバリ世の中を見ていたと…。世の中、このような方がまだまだいるもんだと酒がすすみましたよ。(^o^)

No title

いいお勉強なさいましたね。
土生先生の写真、ありがとうございます。お元気なお姿が見れてうれしい!
じつは、高校の時の担任でした。伊達家の研究では、第一人者ですよね。

しかし、六ケ所村の核燃再処理工場の建設にはやむを得ない、というか賛成はやむを得ないという論調だった記憶があります。遠くない昔、あのあたりの村は餓死者や、娘の身売りがあるほど貧しかったと。

No title

tkさん
また、雪雲ですねぇ~。
土生慶子先生は恩師でしたかぁ、なかなか味のあるお話でした。
伊達家の二の森墓所は震災後そのまま放置されているようで早い回復を願っていました。
歴史の中に、人々は生きる方策をくまなく思考したきたけど、原発は将来に向かって全廃すべきですねぇ。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR