大白山の謎の石組み

【日  程】2012年4月28日(土)【天 候】晴
【山  域】青葉丘陵・太白山
【行  程】駐車場~第4登山口~杉林~尾根~大岩~太白山頂~謎の石組~第2登山口~林道~駐車場
【メンバー】マロ7単独
16時過ぎに講座が終わったのでこのまま帰宅するのはもったいないと、一山を味わってみることにしました。
そう、山頂から見る落日もいいかなと、手頃なのは震災後に行ってない太白山です。
今回の目的は①未踏の北ルート探訪、②謎の石組みの確認です。
大岩もありましたよ。

さてさて、北側ルートの入り口はどこだべな…と、踏み跡を見つけたのはここです。
<画像と地図で判断してね>ゴミ不法投棄禁止の看板があります。



杉林を北側に登って行くと尾根に、ここを右へ進みます。カタクリは一輪だけでした。


尾根を左に折れてトラバース気味に進むと十字路が、おそらくこの下からも登って来れるのでしょう。破線で表示しています。
ただの急斜面ですが、左手に目印となる大岩がありました。


この大岩からは、蕃山とこの冬に歩いた太白山裏街道が見渡せます。


シェーはできませんでしたが、(^^;)


このルートはどこに出るのかと胸ワクワク、やっぱり祠の北側にでるようです。
赤布を目印に巻いてきましたよ。


山頂からの仙台港方面、山吹が咲いていました。


山頂にはこんな表示がありました。登山者が持ち込んだ甘柿の種が生育したようで、複雑ですねぇ。あと9年後には太白山の山頂で柿が収穫できますどー。



さてさて、どこに降りようかとまずは西側に進んで左側に巻きます。
ここの下りは、相当な急斜面ですから自己責任ですよ。



今日の第2の目的は、謎の石組の確認です。
ありましたぁ~、見事な組石となっています。
あるブログでは、人工的なもので昔は建物があったとか…。
見事な組石ですが、三方倉山の石組みも同じかなぁと思いましたが、私はこれ以上解析できません。


このような花も咲いていました。


あっという間に第2登山口へ降りたら、ここは危険で通行禁止だそうでした。




西日に照らされる山桜が目映いですね。


第3登山口…。


奥羽の山並みに落ちる夕日の想定でしたが、時間が合いませんでした。


本日のルート図。



第1から4までのルート図です。太白山は震災の影響が残っていますので登山は自己責任で御願いいたします。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

山を知り尽くした男!・・・そんな写真ですね。
渋いっす!

No title

太白山探検、ご苦労様でした。
いろいろなルートがあるのですねー。
里山に目覚めた私ですが恥ずかしながら未踏です。(汗)
近々行こうと思いますが、あてにしないでくださいね。

No title

utinopetika2 さん
返事がおそくなりました。(^^;)
山は一つを知ると次は二つ知りたくなる欲張りなおんつぁんです。(^_^)

No title

morino さん
太白山4ルート、アップしましいたー。
里山は標高よりも歴史の奥行きがあり楽しいです。(笑)
1時間あれば十分周回できますから、奥山に行けない時に気晴らしに良いかも。

No title

ピンクの花はウグイスカグラですね。
あの石垣状の上は平らなんでしょうかね。平らなら何かしらの建物が建っていた可能性があり人工物。
急斜面のままなら柱状節理の風化バージョンかもしれませんね。
今年太白山を歩いたときに林道から分岐する山道がありましたが、あの道が北ルートと納得できましたよ。

No title

SONE さん

ピンクの花はウグイスカグラでしたか。(^^)アリガトウゴザイマス
石垣状の上は確認しませんでしたが、ほったて小屋程度の建物はできますね。
そう、柱状節理の風化でしょうが、太白の歴史を語るお方には起こられますね。今度は組石の上部を確認しましょう。
4ルートを全部辿れば2往復できますね。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR