大地森は栗駒山の前衛峰

【日  程】2012年4月30日(月)【天 候】晴・黄砂
【山  域】栗駒山域・大地森1150m
【行  程】7:45世界谷地駐車場-8:10第二湿原-8:55変則十字路付近-10:30山頂11:30-12:10変則十字路-12:40第二湿原-13:30世界谷地駐車場
【メンバー】soneさん、morinoさん,マロ7・計3名

大地森は栗駒山の前衛峰、いわかがみ平の西側、御沢の真上にある積雪限定期の山である。
夏道もいつかは辿りたいと思っていたこの大地森、辿るチャンスがやってきたのです。
6時にまほろばホールに集合しsone車に乗せていただきます。
鶴巣からみた七つ森、菜の花が鮮やかになってきました。


岩ヶ崎から見た栗駒山…田んぼに水が張ってあれば山容が水面に映るのですが。



世界谷地駐車場から出発です。


このコースと、御沢、裏掛コースは通行止めですが積雪期間ということで山神様に許可をいただきましたよ。(^o^)


世界谷地の第2湿原に入ると、今年初の水芭蕉が出迎えです。


そして、ここから仰ぐ栗駒山の姿に惚れて早くもシェー…ですど。


これから辿る大地森山頂からの景観はどんなものか胸ワクワクです。


栗駒山南斜面の雪形も駒が見えてきましたよ。


ブナ林に入り200m前方に黒い影が、奴かと思ったらカモシカでした。


それにしても、ブナの巨木群には圧倒されます。特に大きいこのブナは周囲5m以上でした。


空洞のブナは、この前の暴風で結構の倒壊がみられました。


変則十字路を左に進み沢を越えます。ここから傾斜がきつくなっていきます。



高度を稼ぐと南には3年前に登った揚石山が眼下におさまります。


急斜ながらも心地よい汗をかきながらブナ林を過ぎると西側の尾根にでます。


soneさんがおおっと歓声を、西側には鳴子から山形、秋田方面の展望が待っていました。


虎毛山をズーム、山頂小屋がわかりますか。


そして展望に酔いしれながら、尾根をつめていきます。


3人で立ち止まり、あまりの景観に唖然としているところです。


ん~む、身近な栗駒山だけに方角の違う展望に満足。


山頂から北側斜面で至福の大休憩となりました。


えっ、月がでた出た(^o^)山頂で萩の月をいただきです。


1時間以上休んだでしょうか、ここを離れるのが惜しいくらいでした。



山頂に布を結びました。ここは、また来たいところですね。


満足度200%のmorinoおじさん(^o^)



下山は足取りも軽く…。


あれぇ、morinoおじさん雪の風呂に入ってるのかな(^o^)


変則十字路で休んで世界谷地第1湿原まで水芭蕉を見に行くことにしました。


向かう途中に水芭蕉がありましたものの、第1湿原には花一輪もありませんでした。


無事に下山、帰路はラーメンを食べていくことに。(^^)/~~~


築館の「みよしラーメン」です。


スープ自体は比較的透明感もありあっさりしていますが、表面にはしっかり油が浮いていて、かなり濃い目に醤油が効いています。
「麺は中細の縮れのある麺。具は厚みのあるバラ肉チャーシュー、メンマ、カマボコ、海苔。
チャーシューはふっくら含み応えがあり、(^_^)/~バンザイ。



ルート図はmorinoさんのコピー<ジゴショウダク>です。
soneさん、morinoさん素晴らしいお山歩きでしたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れさまでした。
予想以上に栗駒山の展望抜群の山でしたね。
宮城県の山にもまだまだ素晴らしい山が隠れているものですね。

No title

行ってみたくなりました。
様子を見て考えます。

No title

お世話様でした。
いやー、凄い展望の山ですねー。
積雪期の山は魅力いっぱい。前衛峰も魅力いっぱい。
山は奥深いですねー。

No title

SONE さん
お世話様でした。
主峰よりも前衛峰の素晴らしさに愛着がでてきますね。
宮城県の山の素晴らしいすさ、まだまだ捨てたもんではないですよ。(^o^)

No title

yuji さん
ジッと待機ですかな。
ここは世界やいから真北に左の尾根にのれば…迷うことはないでしょう。残雪期のお奨めのお山ですよ。

No title

morinoさん
栗駒に行くと気になっていたのが虚空蔵山と、大地森でした。
今度は夏道を堪能すればこの山域の素晴らしさが倍増しますね。前衛峰ツァー、次はどこかな。(^o^)
お世話様でした。

No title

えっ、駒(馬)の形の残雪から「栗駒山」なんですかー?!
世界谷地他、いろいろな名前の由来が気になってきました。
今度ひと山登りながら教えてくださいね(^_^)

No title

ご無沙汰しております。

大日屏風ですね~。

2012シーズンもいよいよ始まりました。今季も良いシーズンをお送りください♪

No title

ナカシィ さん
駒(馬)の形の残雪から「栗駒山」なんですよー。
水引は入道さま、泉はうさぎ、里の方々の伝承は暮らしに役立っていますね。
今度は、いつになりますかな。
教えるまでならないがつぶやきだけは…(^_^)

No title

栗駒シンプルーズ さ~ん
お元気ですかぁ~こちらこそご無沙汰しております。
大日屏風、いいでしょう~。
栗駒の南西側を味見していませんでした(^o^)♪

No title

おばんなりすた~♪
雨になりすた~

先日の太白山につづきここも目印の布を残して下さって
ありがたい事です
素人の私は地形図を読めないし~踏み跡や印がたよりです
いつか登って見つけたらそこから手を合わせますね~合掌(笑)

No title

栗駒を眺めるにはベストな山のようですね。
近いうちに行ってみたいのですが・・・この雨で雪は消えちゃうかな。

No title

また素敵な写真と素敵な場所の紹介をありがとう。
夏には道がなくて歩けない山に登るにはいま、なのねー。
あ、マロさんは夏のやぶこぎも得意でしたっけね。

No title

papicom さん
おはいすた~♪
誰でしょう、ゴールデンウィークに雨を降らせたのは…代かき待ちのお百姓さんは喜んでおりすた~。(^o^)
目印の布はここぞというときにだけですかな。
読図は普段から~眺めているだけでもいいでしょう。
踏み跡を頼ると獣道だったりして油断はなりませんよ。
手を合わせ心におわすお山さまね~晴れてくれぇ(^^)/~~~(笑)

No title

utinopetika2さん
趣のある栗駒を眺めて参りました。
雪がとけたら山頂は密藪のようです。
ゴールデンウィークいらない雨でしたねぇ~(^_^)/~

No title

tkさん
ここは貴山岳会にお奨めいたしますよ。
今だけのお山、この言葉がいいですね。
藪こぎは得意というよりも藪埋願望症ね。
藪からルートに出たときの感動が最高す。(^o^)

No title

イイっすなあ〜 春山っすなあ〜 行きたいなあ〜(笑
こちらはサクラとうろついてましたよ。

No title

タッシー
春山は、萌色になってきましたど〜。
あれっ、鬼首はまだ冬山だった(笑)
サクラとランデブー、いいですね。
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR