オボコンベ山の山頂で…↑(^^_)ルン♪

五月に雨で中止した山行き復活の案内が先月、I喜幹事長から到着した。
秋山は何処にすっぺな。何しろおんつあん達は久々の山なのである。
では、手軽な山へとオボコンベ山に決めて葉書を出した。
10/4その日がやって来た。
まさに快晴、うわぁ~主脈もイガッタねぇなんて言ってみたが、この山でナイス。(o^^o)

葉書は絵心のないマロ7の苦心作であるよ。(▼▼)
マロ7の初登山は栗駒山御沢コースである。当時、夏休みの初日はクラブに属してない(ルンペン=帰宅部)生徒を対象に単位の取得である。一泊二日の行程は、今はない駒ノ湯に泊まり翌朝ここを出発する。
丁度、いわかがみ平まで道路が急ピッチで造られており、これを尻目に山中に突入する。
そして、表コースと呼ばれる御沢は石飛八里とも呼ばれ沢をつめると御室の大雪渓に出る。

一昨年の真夏ここを訪れた時は満艦飾の花畑であったが、当時の記憶は皆無、暑さの最中、氷ミルクを口に入れたのが山の味を噛みしめることとなる。

自転車で東北一周を無事終えた夏休み明け、クラスの山岳部員の勧誘が始まった。
条件は、月1回の定期登山、アルバイトはOK、きつい練習もないし神社の山中で遊ぶ、「だから来てみないか」。
そうして集まったのは10人位いただろうか。4人の現役1年生に10人も入部したのだから先輩はホクホク、初日だけは甘い汁だったが、人員整理の絞り込みが続いた…(T_T)。

あれから39年、まさかこんな登山を夢見ただろうか。ここ、数年続いている新年会で山へ行こうとなった。
5月に北泉ヶ岳を企画したが雨天で中止、めでたく秋山は実現となった。
さて、初回の山はどうしょうか。みんなの体力はどうかな。マロ7より頑丈な方々だったから大丈夫だろうぜ。

メンバーは チーフリーダだったS康さんは某山岳会のメンバーの韋駄天。
カメラ担当だったS真さんはたまに登山するという元気印。
I喜幹事長はザックとスパッツを新調し、渋いニッカズボンで登場(*_*)
      そして当時は鍋担ぎ専門のマロ7
4名の一行である。




10/3は満月…親分、明日は快晴だに、マロも行きたいなぁ~(^^;)


沢、尾根、急登、ピークありの当時は知られていない復活登山はオボコンベ山にしよう。
親分は39年ぶりに仲間との登山だって、まずは使用前の撮影だに。


早速、沢を渡河します。かなり、水が少ないですよ。



深みに魚影が…尺物のイワナも見えましたなぁ~。



途中、ナラタケが…マロ7は通り過ぎましたが、2人はキノコ博士、早速、いいところいただきますたよ。



沢から尾根を急登、みんなハァハァ~です。昔の杵柄は何処へいったのかなぁ~何てネ。



さあ、マンモス岩がぁ。やはり、マンモスですね。
<宮城野区出身で力道山門下生のマンモス鈴木というプロレスラーを知ってますかな。これとは関係ないなぇ。_(._.)_>


オボコンベ山頂は誰も無し。一番手はチーフリーダーのS康さん。


山頂メニューは美味しい蔵王ホルモンです。村田の「みんな野」で毎回仕入れしますよ。



フライパンでジュルジュル、採ったナラタケとミズの葉を入れていいあんばいです。(^o^)



オボコンベ山~、端正な桐の目山はまだ色づきはなし。


一路、マンモス岩に戻り鞍部から桐の目へ辿ります。


一つだけ色づきがありましたが、漆でしょうかね。


急登の桐ノ目山頂に到達、3人の杵柄さんは、ちょつとしんどいかぁ~(>_<)


鉄塔へ下り桐ノ目山を振り返ります。
低山ながらこんな急登があるとは思ってみなかったでしょうね。



登山路にはなかったリンドウが林道(ヘ。ヘ)に咲いていましたよ。


休憩入れて5時間の山行き、駐車場に戻り使用後の撮影(^_^;)


夜毎のお月様マロの田んぼですがマロ、見えますかぁこれから親分は打ち上げだってね。(^o^)


美味しいビールで話の花が咲き、次はS真さんの別荘からいぐだってがぁ~(^_^)v


コメントの投稿

非公開コメント

No title

おおー、あの沢から突入ですね。
春は山菜がいっぱいありましたよお!
レポお待ちしております〜

No title

タッシー 今晩ハー。
全方位の山頂はいつもいいですねぇ。
あの沢には蛇2本とイワナ2匹いましたでぇ。
キノコも少々ありましたですよ~!
レポは今から晩酌して…潰れたりしたら明日の心だぁ〜

No title

昔の仲間達と登る、何時もと違った山歩きでしたね。
男同士で登る山も楽しいものですね。
ナラタケ、覚えましたか? 結構美味しいキノコだったでしょ?

No title

SONE さん
今晩ハー。
昔の仲間はこれを待っていあmしたよ。
今回の山歩きは採る、見る、喰うでしたね。
飲むもありましたな。
誰もいない男同士で登る山は昔に返ったかな。
ナラタケ、なんとか覚えましたが、今度はわかるかな。
今晩も美味しくいただきですよ。(ヘ。ヘ)

No title

こちらにも楽しい会話が聞こえて来そうな山行でしたね。
そうそう、級友と呑むと決まって同じ話題で盛り上がるのですが、何で同じ話が飽きないのかしらん。

No title

当時を思い出してお話に花が咲くのは男性も女性も同じですね。
若いころの記憶はまだすぐそこにいつまでも鮮やかに残っていますね。
最近の記憶は曖昧になってきているのにね。(って私だけか?)
「みんな野」の蔵王ホルモンおいしそうですね。
今度買ってみます。

No title

心は39年前にタイムスリップ心意気がとても感じられ楽しい思いが、良く伝わって来てます。

同じ時を一緒に過ごした仲間は最高です。

ところでマロ7さん一度しか会ってないので段々記憶が薄れてきました。
確かイケメンでしたよね。でも皆イケメンに見えます。(笑)

No title

みいらさん
男のくせしてだべりながらの山行きでした…が。
急登になるとうめき声(ヘ。ヘ)
何で同じ話が飽きないの…私はすぐ忘れるから同じ話しの繰り返しなのかな???

No title

miyagi1305 さん
オボコンベは当時コースがなかったからね、でも、大東が見えた時はオツーlってね。
この頃、中間の記憶がないんだよね。(って俺もか?)
「みんな野」の蔵王ホルモンはお奨めね。
角田市での製造ですよ。夕方だと、品切れになるようだね。(ヘ。ヘ)

No title

山ちゃん 山ちゃん  台風が来るでぇ。
心は夜の反省会だけが目の前にありましてね。
おんつぁん達の思いが伝わりましたかな。

マロ7と一度しかだもんね。記憶が薄れてきて、いがったな。
私は今度あっても美ズンの山ちゃんに声かけられるよー。
確かに活け面、日本のおんつぁんだわさ。
ありがとう(ヘ。ヘ)

No title

オボコンベ山、恥ずかしながら未登です。
たのしい山(と仲間)の雰囲気が伝わってきましたよ。
不忘山の帰りに「みんな野」にも寄ったのですが「蔵王ホルモン」見逃してしまいました。今度(って、雪山シーズンになりそうですが)帰りに買ってみます。

No title

morinoさん 
今晩ハーです。
オッ、オボコンベ山未踏でしたか。
5年位前の12月に急遽登りました。
山頂は30センチの新雪でしたがアイゼンを持参していたので登りました。
いい天気の、南蔵王周回でしたね。
「みんな野」はいろんなものがあって楽しみに寄りますよ。
「蔵王ホルモン」は売り切れゴメンだそうですから早めにということです。今年の蔵王はおしまいですかね。(ヘ。ヘ)

No title

昔仲間はなんだかホワンと安心してしまいますよね。
蔵王ホルモン+ナラタケ+ミズ=旨そう!!
あの沢沿いは宝庫ですもんねえ。

No title

タッシー 今晩ハー。
昔仲間はね十代が凝縮されていますからね。
蔵王ホルモン+ナラタケ+ミズはバッチリ最高でしたよい!!
あの沢沿いは宝庫のイワナちゃん、健在でいてねえ。(o^^o)

No title

こんばんは、久しぶりにPC開いたら、イケメンパラダイスですね。
おいしそうな「蔵王ホルモン」とビール最高!!
写真を見ながら、山に行った気分にひたっています~
おいしい情報うれしいです

No title

万歳娘 さん
いい天気の、こんにちは…。
昨夜は遅く、今、開きまし、遅くなりました。
何々、イケメンパラダイス…というよりおんつぁんパラダイスだね。
「蔵王ホルモンに入れたキノコがマッチしてビールとからみ最高でしたよ!!
その後は、山に行ってないのですか~。
紅葉が遠ざかって行くよー。(・υ・)``ホォー
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR