吾妻・大滝沢で初泳ぎ…(^^)

【日程】2012年7月8日(日)【天候】曇
【山域】吾妻連峰・大滝沢
【行程】滑川温泉手前駐車場→入渓→F-1の滝→戻る→滑川温泉→尾根→大滝沢→大滝→戻る→滑川温泉手前駐車場
【メンバー】福島登高会・相馬散歩会・フィエスタの谷、指導者の皆さん9名
一般参加者8名  計17名

この夏に沢登りをやってみませんか!
この夏、沢登りをやってみたいが何からどう始めたらいいのかわからない方。
そんな方にうってつけの沢登り体験教室があります。
トラさんの呼びかけで福島登高会が主催します「吾妻大滝沢登り研修会」に参加しました。
一般参加は遠く川崎、東京、埼玉組と宮城組です。
何人かはブログでお見かけの方もおりまして…安心です。
装備はこれだけですが、初級対象ですから…(^^)マア、イイカナ
米沢から福島に抜けるR13は初めてのルートですが、板谷までは快適な運転です。
そうです今日は中古で求めた真車?の初運転です。なるほど、CVT(無段変速)は2千回転でも100kmを保っていますね。白石から飯坂インターへ、そして初のR13に乗ります。板谷峠口までは山道を感じさせない快適な道路でした。


R13から入ると鉱山の採掘場、なんと大きな油タンクが据え付けられていましたよ。



「峠の駅」の案内板がありましたので立ち寄りしてみることにしました。


急な坂を下ると広場に出ました。そして右手には「峠の駅」の歴史を感じさせる建屋があります。
ここはスイッチバック式で有名な場所だったのです。
入り口には山姿をしている二人の男性が、お話をしたら同じ沢登りに参加する方でした。
車の後ろには「南会津藪山滑降隊」のシールが、そうです山友のsoneさんも同じような、わかりました。ラッコさんでしょうと言ったら… )^o^( ピンポン


集合場所の滑川温泉手前の橋には参加者の皆さんは既に到着していました。
雰囲気が怪しいです。橋の上から眺めると昨夜までの大雨で増水、数時間で落ち着くでしょう、というので時間調整することとしました。


打ち合わせでは簡単に自己紹介して行動の説明がありました。状況に応じて行けるところまでだそうですが、それまでロープワークをします。


山岳ロープの結び方インクノット&エイトノットの講習。


トックリ結びと八の字結びを主にやってますと、先ほどまでの増水も幾分か落ち着いてきたようです。

さぁ、入渓ですが橋から降りて100mも進まないうちに立ち往生(+_+)
いつもは沢ずたいに歩けるそうですが、早速ロープを展張して17名が渡るとなると時間消費もすごいですね。



難無く第一の関門を突破すると前のグループが膝までつかり段々と腰が深みに…。






そして胸まで浸かったら平泳ぎです。あれぇ、ここは初級沢登教室だったのに、増水で一気にレベルアップです。マロ7は最初から泳いでしまいました。



これで二つの難関を突破しまして、F1の滝を詰めれば後は快適なナメだそうですので期待が膨らみます。


と、思ったら前グループが立ち往生しています。

なんと、落差20m近くはあるでしょうか、増水でここで断念することとなりました。



1㎞も進まなかったような、でもこれ以上はということで戻ることとなりました

…ということは、先ほどの泳ぎがまたあるのです。
沢のヘリを縁うように、落ちたらこの激流はすごいねと思い込んでいたら、やはり水中ダイブを敢行。落差は1mくらいでしたがすんなりと入水、這い上がろうとしたら激流に2,3回飲み込まれました。上半身は動けるのですが、下半身は水流で思うように動きません。小さい頃は、海水浴で波に「マゴロバされる<水にもてあそばれる?>」遊びをしたのですが、こちらは数段の上のランクでしょう。


たった数秒間でしたが、事前に説明<白い水は空気を含んでるので、人間は浮かない>
のあったとおり水流で白くなってる部分を実体験できました。東京から参加したA女史曰く、滝つぼに落ちて浮かぶのが大変だったようです。


そして、第2難関を泳いで、第1難関はロープで補助してクリアー、出発点に戻りました。


やはり、大滝を見ようということになって昼飯をとって滑川温泉から入ります。


10分位あがり尾根に出ますと大滝の全景が広がります。初めて見る自分はスケールの大きさに驚愕です。



尾根を下り沢に出て程よく歩くと目の前に滝が広がりました。
ナメ沢も水量が多く膝半分でもかなりの水圧で、膝上だったら耐え切れないでしょう。


みなさん、思い思いの気持ちで滝を堪能ですよ。



そして、滝に打たれる方も次々と出てきました。



やはり、滝神様にシェーを奉納です。(画像は、お山遊びさんからいただきました)



尾根にあがり帰路につきます。展望地で見納めをして滑川温泉へくだりました。


昔は硫黄鉱山があったそうで、名残がまだあります。そういえば、大滝下にはトロッコのレールがありましたよ。



駐車場に戻り、輪になって楽しかった今日の思いをお話しして解散です。


滑川温泉では二つの露天風呂を堪能です。
一つは木製風呂


二つは岩風呂


帰路は再度「峠駅」に立ち寄って名物のミックス餅(五色・小豆、胡桃、胡麻、ズンダ、納豆の力餅850円)を堪能しました。


一昨年の蔵王振子沢に続き2回目の沢登りでした。
途中で引き返しましたが初級どころか一気に昇級みたいな沢登りでした。
福島登高会および関係者の皆様、有り難うございました。
そして一般参加の皆様、初顔ながら和気藹々で沢を楽しみました。
また、お会いできるといいですね。トラサン(^o^)サンキュー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ~早く拝見したいぃ~(笑)。

No title

utinopetika2さん
待ってけさいん。
バッテリーが切れてしまぁい~(^^;)(笑)。

No title

昨日はお疲れ様でした!
大滝でのシェ~ 素敵でした。
また機会がありましたらよろしくお願いします!!

No title

昨日はお疲れ様でした。
スバラシイ泳ぎっぷりを拝見させていただきました。

ブツは、これから送ります。
楽しみにお待ち下さい。

No title

お~~@@
誰かが溺れてるぅ~~(~_~;)

No title

そいがさん
こちらこそお世話様でした!
魅惑の沢登りは計画通り生きませんでしたが十分満喫しましたよ。「大滝でのシェ~」あそこまで行ったらやらないとね。
こちらこそ機会を作ってよろしくお願いしますネ!!
ところで、そいがさんは??何班の…ヒントだけ(^_-)

No title

Mt.Racco さん
こちらこそお世話様でした。
スバラシイ泳ぎって、あのまま流されたら太平洋に流れず日本海だかれね。
無理言ってすみません。ブツは、楽しみに待っています。(^_-)

No title

papicom さん
昔はトビウオの金槌と…(>_<)ヨバレタ
今度の沢登りは浮き袋持参だな~(~_~;)

No title

ヒントは・・・
1班の女デス(笑)

No title

おっ、1班の美人さん。握手するのを忘れてしまった…デス(笑)
また、お会いできますことを楽ちみにしていますね。

No title

お世話になりました。
何度か山でお見かけしていましたがやっとご挨拶出来ました^^
ハードな沢教室でしたが和やかな雰囲気で楽しかったですね。
奉納シェ~ キマッてますd(⌒ー⌒) !!

No title

大滝でシェーを決めるとは流石ですねぇ。
シェー道も極った感じ・・・(笑)
まさかMt.Raccoさんと出会っていたとは思いもよりませんでした。
真車の調子はどうでしたか?

No title

今晩は、マロ7さんの華麗なる泳ぎ、堪能させて頂きました。
写真やビデオ、仙台に戻ったら場所ご連絡します。
今度はナメ沢歩きたいですね。

No title

真車にニューカメラ、さっそく大活躍でしたね。
激流も和気あいあいで楽しそうです。
これで沢まっしぐらですかー。(^^)

No title

odamaki さん
こちらこそお世話になりました。
何度か山でお見かけって、蔵王はわかりましたがあとは何処なんでしょうかな?
わたしもやっと会うことが出来て嬉ちいです(^o^)
初級で泳ぐなんて誰もが思わないですねぇ~。
「シェ~」の極意、伝受しますぜ(^_-) !!

No title

楽しい沢歩きでしたね。
気をつけて楽しんでください。

No title

SONE さん
宮城の大滝とは違い豪華な大滝でした。
皆さんのリクエストでシェーをやっちゃいましたぁ~。(笑)
Mt.Raccoさん、藪山ステッカーでわかりましたよ。
真車の調子は…100キロしか出してませんのでね(^o^)

No title

lc4adv さん
今晩は、2週間連続でお世話様でした。
「加齢なる泳ぎ」、もう少しでブクブク(^_-)
ビデオに撮られていたとは…。
是非、二口のナメ沢もいいですね。

No title

morino さん
慣れていないとまだまだ使い慣れがね。
カメラバッテリー切れて半分は携帯電話の画像です。
激流…いい体験ができましたよ。
大地と密着の沢に入りましょうー。(^^)

No title

yuji さん
まさか沢歩きをするとは夢にもでしたね。
有り難うございます。慎重に楽しんでみますね。(^_-)

No title

お疲れさまでした、1班の川崎人です
峠駅では、てっきり登高会の方が様子見に来られたかと思いました
帰りの力餅も食べれたし、次回はひょんぐり滝まであがりたいですね

No title

fwix さん
お世話様でした。
まさか、業務で繋がってるとは思いませんでした。(当方は貧し客ですが)
峠駅の情緒、まさに鉄道遺産です。
ひょんぐり滝まで行きたいね
fwix さんへのコメントが送信、試してみましたが??

No title

沢登りのおやじに変身~『シェー』凄いわ~

米沢の帰りにここを通りましたが・・・

大滝を見ないで来たのが心残りでした~

まさかマロ様の記事でお目に掛かれるとは・・・・^0^

やっぱり行ってこねどダメだわ~生で見たい!!

No title

お見かけしたのはイワウチワの咲く頃の蕃山と七つ森ですよ^^
ワンちゃん連れだったので分かりました。
デジカメ電池切れとの事、ネット上にアップしたのがあるので
ご所望ならメールでお知らせします。
(マロ様の華麗なる泳ぎの動画もありますよ~^^)

No title

気持ちよさそう♪
滝に打たれてのシェーはまた幅がひろがりましたね(^_^)

2年前に大滝沢登りました。
虫がいなかったので安心して楽しめました。

No title

papicomさん
沢おばさんの~『シェー』もいいですよ。
滑川温泉から吊り橋を渡り尾根に上がると展望地、ここから大滝沢に下り沢歩き(滑沢)をすれば目前に大滝が・・・
秋も最高だと思いますよ。・・・^0^

No title

odamaki さん
蕃山と七つ森でしたか。どこかでお会いしていたとは思っていたのですが、最近はお釜でしたね。
先代マロだと蕃山は数年前七つ森は先代だとこれも数年前、今年はマロⅡも行きましたが…あっ、蜂倉山で食事中だったかな。(^o^)コエカケテイタダケレバ
マロ7の華麗なる泳ぎ動画とは、もうすぐ撃沈でしたな。
(^^)所望いたしますのでよろしくです。

No title

ナカシィさん
まさか、胸まで浸かるとはね…初級沢登りだから参加したのですが超級でした。ドボンは気持良かったですよ♪
滝に打たれてのシェーはね、皆さんからおだてられて載っちゃいました。(^_^)楽しい沢登りでした。

No title

ご参加ありがとうございました!
泳ぎはありましたが、あれでも沢泳ぎとしては「初級」レベルですから、やはり初級の沢登り教室です(笑)
ともかく楽しく終了できたことが何よりでした。
マロさんや他の皆さんのお人柄にも助けていただきました。
また機会がありましたらご参加ください。
※記事にリンクさせていただきました~

No title

torasan-
お招きありがとうございました!
膝株くらいまで漕いでの沢登りかと思ってましたよ。
一気に沢泳ぎして満足、でも「初級」レベルとは奧が深いですね。(笑)
また、皆さんとお会いできたことが最高の収穫でした。
もちろん、機会があれば参加するどー。(^o^)ショキュウね

No title

うほお〜、楽しそう!!
滑川温泉、昔は露天風呂がなかったような…

No title

タッシー
みんな童心に帰って水遊びでしたよ!!
滑川温泉、露天風呂を堪能してきました…(^o^)

No title

暑いですね。
こんな日はこういう記事がとってもうらやましいです。

No title

tkさんも
あっちで、涼を楽しんできたようですね。
アップが楽しみです。(^o^)

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR