深山幽谷で花の競演を味わう和賀岳

【日  程】2012年7月22日(日) 【天 候】晴
【山  域】真昼山地<和賀・朝日山塊>  和賀岳1440m
【行  程】8:15駐車場→8:35甘露登山口→8:55ブナ平→9:20沢→10:05倉方→10:55薬師岳→11:10薬師平→11:30小杉山→12:15小鷲倉→12:50和賀岳13:45→14:45小杉山→薬師平→15:15薬師岳15:25→倉方→沢→ブナ平→17:00甘露登山口→17:25駐車場
【メンバー】morinoさん、maronnさん、マロ7   計3名


岩手県、秋田県にまたがる和賀山塊は女神山しか登っていません。以前から和賀岳を筆頭に高下岳、真昼岳、羽後朝日岳には興味を示していたが、ようやく登ることができました。
奥深い渓谷とうっそうと茂るブナの原生林を抱き尾根のお花畑と山頂のニッコウキスゲには満足でありました。自宅は4時15分の出発、morino号は快適に北上し林道に入るが主脈には雲がなだれ込んでるど。。

登山口近くになって一人の方が降りてきて「駐車場は満杯だからここに置いたほうがよいというアドバイスである。案の定、凄い満車でありある方はこの駐車場の開設以来の混雑だという。
何しろ今日は晴れマークは東北地方では何故か秋田県だけが晴れマークなのである。みんな天気予報どおりに集まったのでしょうね。その中に、見覚えのある車がいた。最近、月山山頂でお会いし、先週は中蔵王で直近におられた。今日はピストンコースだから往路を戻れば必ず会えるねと期待する。


甘露登山口へは林道をまっすぐ行くと標柱が左側にあり美味しい水が流れている。
ここから左の杉林に入り高度をあげるとやがてブナ林へと変わる。



ジリ天に加え、昨日は親戚の法事で飲みすぎシールを貼ってしまったのでスタミナがない。(>_<)


ブナ平を過ぎると唯一の水場である沢で口を潤し渡河する。伏流水なので冷たくて美味しい。



歩いて1時間半で倉方に出る。ここからは幾分展望があり花もありで右手には大甲山が顔を出してきた。


蜂さん花びらに入ってからなかなか出てこない。



左巻で高度を上げると薬師岳の祠が見えてきた。山頂へは右へ数メートル上がると山頂である。
気がつくとクガイソウの季節になっていましたね。



薬師岳から360度の展望は言うことなし。



薬師平の花々に魅了されながら今日の和賀岳が招いているが、もう、ここで十分すぎる花々を堪能した。



主流はトラノオ、フウロ、ニッコウキスゲ、シャジン、ギボウシだろうか一面に続くお花畑には来て最高の思いが走る。




それにしてもこれから和賀岳までのアプローチはすごい距離に感じられる。この暑さの中、無理して行かなくて楽しようかと…感情が先走った。(^^)


藪漕ぎは好きな方ですがここの笹薮は腰まで、されど刈取りがないので足元が見えないのである。


小杉山からはゆるやかなアップダウンの繰り返しである。もう、6時頃に登った登山者が降りてきている。どっぷりと腰を降ろして休むと動くのが嫌になるくらいでありました。ここだけだったクルマユリちゃん。


ソネさんとマスさんが降りてきた。メールを入れておいたのですが見なかったようで、ビックリしていた。これから十文字ラーメンを食べていくそうです。


和賀岳山頂に近づくにつれて山頂が黄色見える。やはりニッコウキスゲが一面に咲き誇ってるようで心が躍る。



山頂には沢山の方々が全方位の眺望を楽しんでいた。


秋田駒は雲の中でしたが岩手山が雲海から顔をだしていた。
そう、早池峰も焼石も見られることができました。
羽後朝日岳が目映くこっちにお出でと言ってました。


やはり今日はこれに限りますよ~。



ガスが立ち込めてきたので名残惜しく山頂を退きます。
そうそう、秋田の山男に「シェー」を伝受しましたよ。(^_-)



あとは緩やかなアップダウンのある下りですが…。フウロ(^o^)


私らが山頂ラストだったのに2名の方が腰を降ろしていました。
お聞きしますと足を吊ったとのことです。
maronnさんの所持品から応急処置をして…先を行くことにしました。
この日、下山できたのでしょうか。



小杉山の見晴らしのいいところで薬師平を眺めます…が…アレレ勧告がありました。
morinoさん曰く、そろそろ年貢時では→そう、このリュツクは沢用に使います。→



再度、薬師平で花の競演を見て薬師岳山頂へ。


まだ、すっかりと溶けてはいませんでしたシャーベット。夏はこれに限るです。


薬師岳から一直線に下降しますがかなりの距離ですよね。


以前、計画していた大甲山が真横に



ミルクをかけて食べたくなります。


ブナ林を過ぎて沢で空になったボトルに甘露水2リットルを補給しました。
焼酎の水割り用です。(^^;)



晴天に美しい花々、雄大な景色、そして出会い・・・
この日も山の面白さがたっぷりの一日となりました。


左から、落陽前の真昼岳と女神山です。
出会った皆さん、maronnさんドライバーのmorinoさんありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もしかしたら、morinoさんといっしょのところ?
山の上は暑かったわよねー。かき氷、おいしそう!!

No title

tkさん
もしかして、そうでした。(^^;)
早池峰が見えていましたよ~。
かき氷はポットに入れておけばいいですよ。

No title

ニッコウキスゲの時期ですね。
しかし、偶然が二度続いたのでしょうか。みなさん集中するのですね。

No title

また一日違いで全員集合でしたね。
一日前はどんでもない強風でした。登るのは楽でしたが。
薬師岳から見る和賀岳は距離感じますよね。

No title

この時期のホットスポットなのですね。
う~む、実にうらやましい。

No title

携帯のバッテリーが危うかったので電源切っており、頂いたメールに気がつきませんでした。
今まで和賀岳は3回登りましたが、こんなに人が多い状態は初めてです。
やはりニッコウキスゲの花見で集中するのでしょうね。
しかし天気と花の両面から楽しもうとすると、どうしても同じ山になってしまうみたいです。

No title

去年8月頭に行った時はガスの中でした。涼しかったですが大展望が得られませんでした。マロ7さんたちにリベンジ代打してもらった感じです。暑いときはシャーベットですよね。ほんと暑いときは生き返ります。(^^

No title

yuji さん
お山でニッコウキスゲを見るとホットしますね。
何しろ、初めて覚えた花の名前です。
この日は秋田だけが晴れマークなので集中しましたよ。
偶然ですね。でも、今週は…。(^^)

No title

lc4adv さん
吸い込まれるように和賀岳に来ました。
宮城にはない光景をまんきつしました。
薬師岳で、もういいかと…でも和賀岳まで行って良かったです。

No title

utinopetika2 さん
この日、たいした入山者はいないと思ったら満車には唖然としましたよ。
まさに秋田のホットスポット、下山の時はもういいかなと思いましたが、また行きたい山のホルダーにいれましたよ。(-:-)

No title

SONE さん
秘境の和賀岳、すごい人気の山なんですね。
ニッコウキスゲとほかの花々に癒されました。
遠い秋田でしたが、晴れマークはここだけでしたからね。
いいお山でした。(^o^)

No title

tom さん
昨年はガスの中でしたか。でも、ここの大展望稜線は見られないで惜しかったですね。
リベンジ代打できた良かったです。
暑いときのシャーベット、生き返ったよね。(^^)

No title

二日酔い登山、お疲れ様でした。(^^)
花が楽しめて良かったですね。
私は来月の第一日曜までお預けです。

No title

みいら さん
何々、二日酔い登山…。(^^)
宮城にはない稜線が続く花々がいがったですね。
おっ、来月の第一日曜は晴れマークですよ。

No title

お世話様でした。
急坂と暑さで大変でしたが、凄い花でしたねー。
あんな景色を見られれば遠いとか辛いとか文句なんか言えません。
「いやー、いがったねー!」しかありませんね。
又よろしくお願いします。

No title

うま~い!冷たーい!頭カキーン!!イタタタ・・生き返りました~
憧れの頂上の花畑、そしてそこからの羽後朝日岳、雲海の岩手山の眺め・・チョー気持ちいい~~!!                        数年前甘露水登山口引き換えしだったので、ようやくリベンジできました。満足度120%でしたぁ!(^^)!ご馳走さまでした~

No title

morinoさん
長時間の運転お疲れ様でした。
あの花々で疲れが吹き飛びましたよねー。
宮城では味わえない花街道でした。
「いがった、いがった」(^o^)

No title

maronnさん
薬師岳で生き返りましたかな~
山頂の花々も見事でしたね。
羽後朝日岳、雲海の岩手山に点づけになりましたよ。
リベンジで満足度120%で、い~がすた!(^^)!

No title

前略
昨晩『八甲田山画像彷徨』からやっと生還しました
今朝マロ様の記事を拝見してまず驚いたのが
深刻幽谷の表現!!実は私も幽観と表現してみたからです
お~~~!!っとちょっと感動しました!!
私は松島四大観から頂いたものですが・・・

景色を表現する能力は全くありませんからパクリです
和賀山塊も奥が深くてまさに日本のヒマラヤですね~

後半の画像が消えているのは私のPCエラーかしら?

No title

papicomさん
おっ、青森から生還ですね。
何々、マロ7の表現は思いつきですよ!!
感動とは…嬉ちいなぁ!!
和賀山塊、人がいても数人だろうと思ったら船形並でしたよ。
後半の画像は見えているのですが…何でだべ。(>_<)

No title

画像が全部見えました@@

午前中はPCまで彷徨していだ~(笑)

エ~~看板抱えて『シェー』とは・・・・ワカリヤスイ!!

ザックお疲れ様ですね~ケツ圧が高いのね~(笑)

No title

papicom さん
おぅ~全部見えたかぁ~(^_-)
撮影を頼まれたからすまして撮るよりも『シェー』と・・・・すぐ合意しましたよ!!
身長VSケツ圧…どっちが高いかな~(笑)

No title

ごぶさたでした~。
和賀岳、気になっているのですが4時半に出発ですか(◎o◎)
体力だけでなく気力も必要ですね。

No title

ナカシィ さん
お帰りなさぁ~い。
そのうち、見聞録をお願いいたしますね。
ミニナカシイも、一団と大人になったでしょうね。
和賀岳、いいお山でしたよ(^o^)アツカッタ

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR