吾妻大滝沢のリベンジ…(^^;)

【日  程】2012年7月28日(土)【天 候】晴
【山  域】吾妻山・大滝沢
【行  程】8:55滑川橋駐車場→9:10F-1滝→9:30大滝→10:20巻き終了→ネコノ沢→11:25ヒョングリ滝→12:55吊橋→13:25桶木沢・13:30登山道13:45→15:00滑川温泉
【メンバー】福島登高会・河○さん、小○さん、トラさん、マロ7   計4名


20日前の福島登高会が主催しました「吾妻大滝沢登り研修会」では大雨の余韻で目指すはF-1の滝でストップでした。沢は中断し登山道から大滝に辿りましたが、その名瀑のスケールに驚愕でした。いつかはリベンジをと思っていましたら早くもリベンジ企画が参りました。
応募多数のなか?、マロ7が代表選考に選ばれまして??…(^o^)ヤッタデェ~。
前回の増水からみて滑沢に変わった訳ですが初級沢登りはどこへやら…。
自分では遙かに上級沢登りに感じていましたど…。


今回は、福島登高会さんの精鋭3名にポツンと一般参加はマロ7のみが参加です。
トラさんと合流して滑川温泉へと向かいます。
白石から桑折インターへ、久々に飯坂温泉街を通りR13に乗ります。
集合場所である滑川温泉手前の橋に到着、今日は前回と違い青空だし沢の水量も落ち着いていました。



入渓ですが、前回は橋から降りて100mも進まないうちに立ち往生したのですが(+_+)今回はスムーズに進みます。ここはロープ確保で泳いだところです。



前回の水量は半端ではありませんでした。今回は泳ぐこともないしたった10分でF-1の滝に到着です。



右岸からの取り付きですが、あらら、マロ7にはそう簡単にはいかないど。







F-1の滝を上がると快適な沢登りが待ち受けていました。



滑の沢は快適に土踏まずが大地をつかんで進みます。




入渓30分で大滝が見えて来ました。

前回の水量からみれば子供みたいなもんです。



おっ、今日は多数の若者たちが大滝で戯れていますよ。


地下足袋にワラジを装着した地元高校山岳部の皆さんでした。早速、「シェー」を強要した訳ではありませんが…。


大滝から急斜面を登るルートがあるそうですが、一旦戻って尾根にあがり登山道を辿ります。
中腹から大滝を眺めたら…若者達がスリルを味わっていましたぁ~。
登山ルートから外れ藪こぎ状態でくだります。
沢に降りると、そこは大滝上部でした。
何とまぁ~、下を見ると「スグダマル<体が縮こまる>」ような臨場感です。
<画像は後でアップ>


さぁ、ここからは「ヒョングリの滝」目指して沢登りをいたしますが、トラさん曰くこれが沢遊びとか。


マロ7も便乗して…テゥポウウオ~オジサン(^_-)



いくつかの滝を越えて、どこがどこだか分からない…。




時には、全身沢に浸って…トラさんはフリーハンドで凄いですね。





今日、大滝沢には我々のほかに若者二人のパーティ、山形5人組の若者達の3組が入渓していました。オジサン1組に対して、若者2組があるとは嬉しい気持ちになります。
ロープワークしてこの滝をつめます。


滑落防止のプルジック結び。


この結びは…何だったっけ??




今日ほどリーチが欲しかったことはないでしょう。両手両足を伸ばすのですがお腹の出っ張りも邪魔するのです。1ヶ所はロープを流してもらい初めから泳ぎました。


お山では眺めのいいところで1時間も昼飯休憩をするのですが、沢登りは各人それぞれに…。




上を見上げると、老朽化した吊り橋が見えてきます。S40頃まであった硫黄鉱山の名残だそうです。


これほどの数の滝を登ったのは初めてでした。


計画通り桶木沢から登山道へ辿り楽しかった沢登りは終了です。


滑川温泉へ向かう登山道は下刈がされたばかりでした。快適に、沢登の余韻を残しながらくだります。


下山すると、元気になるマロ7でした。


予定時間より早めに駐車場へ戻りました。


今日は五色温泉で湯に浸り沢登の汗を流しましたよ。




福島登高会の皆さんにお世話になりました。
3回目の沢登りですが、魅惑とスリルたっぷりでした。
ありがとうございました。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

下界は猛暑で。
涼しそう! 気持ちよさそう! でも大変そう!!
確実にしっかりした泳ぎの技術が無かったらヤバいですね。ここ。

No title

tkさん
梅雨から一変して下界は猛暑でしたか。
3回目にして満足な沢登りを楽しみましたよ。
泳ぎの技術は…浮くだけです…(^o^)

No title

もう少しでタイのショック気を付けて、年金震度バットもらえなくなりますよ?

No title

これは羨ましい姿ですな。
気持ちよさそう!!うらやましいぃ~~~~(笑)

No title

地上の干し柿さん
あと8ね。十分謳歌しますよ。

No title

kuma仙人
これぞ男の遊びを見つけてしまいましたよ。
この気持ちよさ、続けたいね~(笑)

No title

お疲れ様でした。
見事な泳ぎを見せていただきました(^。^)
記録アップ待ってますよ~
こちらは日曜日に炎天下の熱き男達の闘いを無事終了。
これからブログを書き始めます。

No title

torasan-
お世話様でした。
ただ浮いていただけなのですが、カメラマンが良かったね。
本PCが病院にいきましたので記録アップ遅れるかな。
「男達の闘い」入賞おめでとうございます。
祝勝会はさぞかし豪快だったでしょうね。
ブログ、待ってますよ。

No title

スゲエ! 笑える〜
気持ち良さそうですねえ!!

No title

タッシー
笑ってよ〜足が着かなくて大変だったのだ。
これが気持ち良いいのは入った方しかわからないねぇ!!

No title

同じ日に我々より先行していたパーティーの動画がありましたよ。
時間差があったので見かけませんでしたが、同じところまで遡行しています。
http://www.youtube.com/watch?v=MFK9RF_3le4&feature=g-all-u
マロさんの車も写っていますね。

No title

torasan
同じ日には4組がいたのですね。
先行パーティーの動画を見ました。
あらためてあのような所を歩いたのかと感心です。
我が古い新車ね。(^_-)
その翌日、山形組のひとかたとお山で会いましたよ。

No title

こっちが正解だったなあ。
防水カメラ大活躍ですね。

No title

lc4adv さん
今頃は飯豊の何処かなとトラさんと話していましたよ。
防水カメラ、安心して使えましたよね。(^_-)

No title

気持ち良さそうですね。
この暑さで尾根歩きは辛いだけですよ。
新しいデジカメ、なかなか良く撮れますね。

No title

SONE さん
気持ち良く沢歩きを楽しみましたよ。
尾根歩きもよさげですが…。
新しいデジカメは、押すだけですから良く撮れます。(^o^)

No title

オー、素晴らしい沢登りでしたね。
これでますます沢に嵌りそう。
たまには普通の山に付き合ってねー。(笑)

No title

リベンジ企画参加したかったなぁ~・・・・無念過ぎる。
それにしても水の量が全然違いますね。F1まで10分ですか!は~。

我が家は2週続けて関東地方の沢に入っていましたが、やはりスケールが違いますね(関東地方でもスケールの大きな沢はあるのでしょうが、そこは実力が付いてこない?)

来年の登山教室に今から期待しています。

No title

こりゃ痺れますね。
沢には豊富な水がありませんとね。
かなり良い思いをされたのでは・・・。

No title

マロ7さん
はじめまして(*_ _)?
先日の吾妻大滝沢、そして御釜で声をかけて頂いた者です!
随分奇遇な話もあるなぁと思った直後、前からブログを拝見していたマロ7さん御本人だったと知って大いにテンションがあがってしまいました!
 それにしても、土曜の大滝沢は最高の天気でしたね(* ^ー゚)
 私も2回目の朔行でしたが、すっかり虜になってしまいました(笑)
 せっかくのご縁ですので、これからはちょくちょくコメントさせて頂きます! 
登山の経験値をあげますので、いつか御一緒して下さい^^

No title

morino さん
養生は完了ですかな。
3回目にして、素晴らしい沢登りとなりました。
そう、暑いときこそこれに限るです。
マロ7、普通の山が基本ですぅー。(笑)

No title

Mt.Racco さん
リベンジ企画での再会を期待していたのですが。(^_-)ザンネン
F1まで10分はジャブジャブとね!ヒッ~。
前回があったから今回がさらに素晴らしく思えるのですね。
関東の沢も良かでしょう。
この日の大滝は霧雨状態でした。
来年の登山教室、前夜祭付きでお待ちしますね。(^_-)

No title

utinopetika2さん
ほかは知らないのですがここはいい沢歩きができますね。
でも、私の技術ではここがいいところかな(^^;)
禿では水がなくて岩登り状態でしたか、痒くて大変ですね・・・。

No title

ぽちょむきん さん
ようこそいらっしゃいませ(^o^)
駐車場で似た方がいると…お釜では沢の話が聞こえてきましたのでもしやと…まさかですよね。(^^)/ビックリ
また、本ブログに来ていただいて有り難うございます。
まさか、マロ7本人だとは…ビックリさせてしまいましたね。
沢初心者の私でも大滝沢の魅力は尽きないですね。(笑)
コメント大歓迎、色々と情報などをお聞かせください。 
登山の経験値はまだ数年ですから、それなりに楽しみましょう。(^^;)ソノウチネ

No title

口からぴゅーっと水を噴いてカッコいいですなあ。私は泳ぎが駄目です。暑い尾根歩きで修行してきます。

No title

みいら さん
口からぴゅーっと火を吐けば龍神ですなあ。
えっ、泳ぎが駄目でも浮けばいいのですよー。
以東の尾根歩き、晴れればいいですねえ~。

No title

参加出来なくて残念でした~
天気最高~!こんな日に泳いでみたかったです~!

No title

odamaki さん
お待ちしてたのに…(^^;)ザンネン
沢登りには最高の天気でした。
海で泳ぐのと違い、真水が飲める~(^_-)!ウカンデイタダケ

No title

連日の暑さで『ガオッテル』よ~(~_~;)
山より沢遊びですね!水ごねして遊びたいね~

それにしてもすごい!沢登りですね~
この滝を見に行かねば~素通りしていたのが勿体無い事でした

No title

気持ち良さそう♪
子どもに戻りましたね!

えっ、戻ってない・・・いつものマロさん?!(^_^)

No title

papicom さん
懐かしい言葉『ガオッテル』(^^;)。
本当、水ごねだったねぇ~。
この滝は滑川温泉から尾根越えすれば大滝沢に下りればすぐです。長靴OKよ。

No title

ナカシィ さん
こんなにいい遊びをいままでしていなかった何てね。
マロ7はいつも童心ですよ。
あれっ、慟心だったかな!(^_^)

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR