焼石連峰フロ沢・名残の夏シャワーを浴びる…

【日  程】2012年9月2日(日)  【天 候】雨~曇~晴
【山  域】 焼石連峰  尿前川からフロ沢遡行
【行  程】 7:45中沼駐車場→8:10尿前沢→8:35フロ沢→11:10袋小路→岩壁を這う11:50→1000m地点12:00→13:05・1115m地点→昼食→14:05草原→藪漕ぎ→14:50登山道1300m地点→15:25銀明水15:35→15:50分岐→16:05上沼→16:20中沼→16:45中沼駐車場
【メンバー】 <白峰会>・L佐○さん/SL早○さん/加○さん/深○嬢さん/ドM新人さん/田○さん/管○さん/マロ7  計8名
 
金曜日は深夜の津波注意報発令で寝不足となって土曜日の朝を迎えました。それで土曜日のお山は中止でおっ家内に付き合うことになった。私は某店で待ち合わせで待機(涼んでいた)、あれよ先週小松原沢でご一緒しましたドM新人さんではありませんか。( ^)o(^ )シメタ
 明日の予定はとお聞ききしましたら焼石連峰の尿前沢だという。マロ7の心臓はレッドゾーンに、「良かったら連れてってください」と年甲斐もなく懇願してしまいました。
 夕方、リーダーの佐○さんから参加OKのメール、そして・田○さんから合流のお知らせメールが入りもう焼石に沢登りモードに突入ですどー。
 日曜日、宮城の天気はイマイチなようですが岩手はマズマズ…でしたが、北上すると雨の洗礼は中沼登山口まで続きました。中沼登山口駐車場は数台の車が駐車、なかには札幌ナンバーもあり、小雨降るなかパッキングして出発です。

尿前沢出合までは刈り払いされた登山道です。途中、二人の若者が下山してきました。L佐○さん、前日情報を入手です。
金明水に至るルートは以前からねらっていたのですが、こうして沢歩きで尿前沢からの入り口を確認できると思いましたが、崖崩れもあって誰も確認できませんでした。(>_<)


『尿前沢』何となくマイナスイメージの名前ですよね。。。。(^^;)
ですが、この尿前沢、実は美渓の東北美人の沢で3級のクールビューティーだそう!
尿前沢は入ったとたん、曇りですが明るくてきれいな感じで雨もあがったようです。
なんか、行けるのかなぁって思いつつも、志願兵ですから引き下がる訳にもいきませんね。
出発も遅いし、L佐○さんはルートを変更し右岸の風呂沢を登り詰めることとしました。
最初から滝が出てこれは巻くことにします。。


今回は経験豊富な白峰会の皆さん、そしてL佐○さんはこの業界でも名の通った方なので私一人くらいはなんとかしてくれるでしょう、という他力本願全開です。



「あると安心」お助けロープが出てきたりで軽快に進みますが、もう横回りで進みます。(謝謝)。


懸念していたゴルジュでしたが泳ぐ場面はなくホッ、でも浸かりたかった。


いろんな滝出てきます。。けっこうな迫力。


@格闘中




小休止して先に進むと、
出てきました、何と袋小路と左岸は15mの枯滝。
今日のハイライトでしょうか。


L佐○さん、若いときに来たことがあるそうですが記憶は蘇りません。岩肌は角礫でポロポロで軟弱なんですが登摩開始、ハーケンを打ちながらあっという間に上部へ到達です。



バイルを器用に使いながらドM新人さん。


そして登攀系マダムの深○嬢さん追随。。底なしの体力とモチベーションを持つ美人クライマーさんです。


そしてマロ7、プルジックで確保しようとしていたら、田○さんがこれ使ってと…有難きかなこの幸せ、安心度が倍増して登摩できました。(^^;)アリガトウゴザイマシタ


上がってみると、このバンド、思っていたよりは岩場がありスタンスがとれるので、なんとか私でもすべらずに通過することができました。



今日は懸垂降下なしです……。。
でも、こんなにロープを使って登る沢は初めて(5回目だけど)。
毎回が新鮮な場面で興味津々、やはり基礎学は大切だと思い来週は「学問のすすめ」講習会参加ですよ。


この後は、癒される小滝が続きます。一服が美味そうですね。


お日様が出てきましたようで、高感度3倍増しです。




読図こそ基本、支流にぶつかると選択します。


小沢ですが最後のナメに癒されていると、藪の始まりです。


段々と沢は細々となり藪も出てきて、振り返ると、おっ、夏油の山々が見えてきましたよ。


あそこまで行けば藪は何とかなるだろうと…しかし問屋はおろさない。




藪漕ぎは急斜ですから掴めるものはなんでも掴む、ジタバタもがき滑りながら高度を上げていきます。



またもや振り返れば、東側に鋭鋒の経塚山と夏油の山々がここ存分と顔を見せてくれました。



そして誰も踏み入れていないお花畑があり感激です。


チシマザサの藪は進行方向をさえぎっているのでかき分けながら進みます。


地図上では沢が消えてから1時間は藪漕ぎしなければならない勘定でした。
藪好きなマロ7ですが一向に出口のない藪にはいささか閉口気味だったかな。
でも数百m先におぼしきながら登山路の窪みを見つけて皆さん元気がでます。

 
ようやく登山道に出て一安心です。ドM新人さんは山歩き11週連続で、もうアルプスもこなしています。
お年は半分なのですが、沢歩きはマロ7の先輩なり。(^^;)


かわいい避難小屋、銀明水でお休みしていた花巻の御夫婦がここに泊まるそうです。(^o^)イイナァ


銀明水で一呼吸、美味しい水は小岩井ミルクのステンレス柄杓がなお一層の味を引き出しているようです。



絶景の中沼はトリカブトが咲き乱れていました。湖面に映る焼石を期待したのですがこの次ですね。
ナナカマドが色づきはじめましたね。



ヘッデンを覚悟した沢登りでしたが明るいうちに登山口に到着です。
藪はしんどかったけれど、それを差し引いても、硬軟あれこれ盛りだくさんで、めちゃくちゃ充実した沢でした。完登できたのも、白峰会様のおかげです。(^^)/


帰路の高速はワイパーが効かないほどの大雨、カラカラの大地は美味そうに飲み込んだことでしょう。
画像は日本の田舎に選ばれた旧胆沢町、虹が二本立てでした。


鶴巣パーキングで喉を潤し(マロ7は牛乳よ)て皆さんとお別れです。
そして、L佐○さんほか白峰会の皆さん、緊急参加を快諾いただきありがとうございました。
これに懲りず、また機会がありましたらよろしくお願いいたします。<多謝>




コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日は初のお手合わせありがとうございました。それも「沢」でっていうのも珍しいなぁ・・マロさんのナイスな根性を目の当たりにして見習わなくてはいけないです。困難を前にするとついため息が出てしまうんです、ストレスで。いつもの筋肉痛が出てきました(泪)また来週よろしくです。それと、アップ頑張ってくださいね(爆)

No title

加ト幹事長、「カトカンさん」で呼ばしてくださいな。
ずっと暖めてきた出会いでしたが、ついに彦星同志がお会いできましたね。山道を想定していたのですが、「沢」っていうことはさわやかでしたね。
新人・・マロ7を導いてくれて有り難うです。
今日は、贅肉がギシギシと軋みをあげていますよ。(苦笑)
来週は今回の補修ですね。平常点くださいな(^^;)

No title

昨日はお世話になりました。地図が載っていたので、白峰会の掲示板で紹介させていただきました。ご了承ください。
今度はぜひ本流に行きましょう。ちなみにこの沢の名前は「フロ沢」です。アップ楽しみにしております。

No title

沢登教室以来逢えそうな所で何故か逢えないですね~
今度の日曜はご一緒出来ると思いますよ~、ヨロシクで~す^^

No title

Yoshiki さん
こちらこそ、無理なお願いを快諾していただき有り難うございました。
地図はどうぞご利用ください。
尿前沢本流、気になってきましたよ。
まだまだ学習しなければならないと思っています。
てっきりクロ沢だと…耳が遠くなってしまいました。(>_<)
「フロ沢」ですね。アップはもう少しですが、画像みても何処がどこだか(??)。

No title

odamakiさん
そう、沢登教室以来ですね。
今度の日曜は楽しみにしておりますよ。
工事ヘルメットとおさらばしましたからね。(^^;)フクロコウジ

No title

イヤァ、沢登教室以降激登が続いてますね…(^-^;
その根性を見習わなくてはm(_ _)m

No title

Mt.racco さん
秋が来ないうちにと機会があれば行き経験を積みたいですね。
今度も、蔵王の沢登教室に参加して何かをつかみたい…(^-^;
その根性は根っこの無い根性ですから…(笑)

No title

いや~凄いです(^o^)
この2ヶ月の短期間で、沢登り教室→大滝沢→小松原沢→風呂沢と正常進化してますね!
たちまちマロ7さんも沢屋さんの仲間入りですよ。
ワタクシは尿前沢&風呂沢は登ったことがないので、行ってみたいです。
マロ7さんに案内を頼もうかな?
今度の日曜日の丸山沢は「学び」ですかね。
そろそろおっ家内さんも山に行きたいのでは?(^◇^;)

No title

torasan今晩ハー。
お陰様で別な愉しみかたを発展途上で学習中です(^o^)
まだまだ、奥行きもあるし、お助けロープがないと駄目ですよ。
そういえば、沢登り教室→大滝沢→小松原沢→風呂沢と満喫できて何よりですね!これも、皆さんのお陰ですよ。
まだまだ案内ができません。着いて行くだけの沢登りですよ。
日曜日の丸山沢は、どんあ「学び」がでるのか楽しみですね。
おっ家内は、贅肉を貯金しましたので動けないようです。(^^;)

No title

こんばんは~。
すごいですねー!・・・・・・・・・・藪こぎっ!(^_^;)
沢でみんなで写真撮るのに憧れています。いいですね~♪

No title

沢づいてますなあ。とっても楽しそう!

クールビューティーの尿前なんていうと余計にドキドキしたりして。(爆

No title

もうすっかり沢のトリコですね。
もう少し夏の高気圧に頑張ってもらいたいです。
・・・中々行けなくて・・・う~む、楽しそうだぁ~。

No title

白峰会の沢山行にどんな経緯で参加されたのか不思議に思っておりましたが、成程納得のお話でありました。
そこで頼み込んでOKを得るなんてマロ7さんの人徳の賜物ですね。
しかし沢に魅せられてしまいましたね。
薮漕ぎ1時間は結構きついですね(*_*;

No title

ナカシィ さん
お早うございます。
今日も残暑ですねぇ~。
藪こぎっ、やってみたら大変ですが、登山道に出たときの開放感は最高!(^_^;)
沢でみんなで写真撮るの、嬉しい顔になりますよ。

No title

みいら さん
はじめての県外の沢でしたが、趣がありましたね。
檄に楽しくやらしていただきました!
クールビューティーの尿前、沢水がいい色をだしていましたよ。(^o^)

No title

utinopetika2 さん
段々と沢の坩堝にはまってしまいそうですね。
月半ばまでは夏の高気圧も頑張るそうです。
そのうち・・・手ほどきをお願いいたします。(^o^)

No title

SONEさん
白峰会の沢山行き、いろんな結びつきで参加ができました。
マロ7のズーズーしい場面であったかと(^_-)ハンセイ。
沢はいままでになかった、山が歩きが凝縮されていました。
薮漕ぎ1時間は楽しかったです。
出るまで不安でしたが…。

No title

こんにちは~♪
今夏は連日真夏日なので登山も行ぎだぐねがったもの~
こんな時は沢や滝なんだね~
やったら絶対首までハマるから見るだけにしとくわ~

柄杓~秋田駒の阿弥陀が池端の水場にも同じものがありました
牛乳を分ける時に使うものかしら?かなり頑丈で重い柄杓でしたね

ちょっと残念なのは・・・ドボンしなかったのね~(-_-;)

No title

papicom さん
今晩ハー、真夏日は17日ですかぁ~♪
ん~、今夏は神室連峰でグロッキーになりましたから絶対に沢だよね。
もちろん、首までハマッタラ、ろくろ首で耐えしのぐのだど~(^o^)
おっ、柄杓~小岩井さんが作ったのですねステンレスがいいですね。
何々、ドボンを期待していましたか。一人はしましたが…すれば良かったかなぁ~(^^)メノマエナラ…

No title

焼石岳の沢とは、なんか魅力的!
もうすっかり沢屋さんですね。
私は山形の川で鮎と戯れてました。

No title

完全に沢にドッポンと嵌ってしまいましたねー。
でも楽しそうですよ。
滑りそうな斜面とあの高度感を見ると私はブルブルしてしまいます。

No title

lc4adv さん
焼石岳の沢、いつかは目的だった尿前本沢を遡上したいですね。
まだまだ、5回目ですから新人ですよ。
鮎は大漁でしたか。(^^)

No title

morinoさん
皆さんが忘れていた遊びですよ。
小さい頃のよく水遊びしましたよね。
それが思い出したようにドッポンです。
滑りそうな斜面とあの高度感がこれまたいいのです。
(^^)

No title

常連のメンバーとご一緒出来てよかったですね、
だんだん病気ぽくなってきました
藪山、得意ですか、私も基本は〔道の無い山〕志向です、

No title

いやあ〜、すごいなあ!
写真だけで股間がサワサワします(笑

No title

ナマステ さん今晩ハー。
お陰様で、メンバー拡大でございます。
そうですね。ヤマイ沢という新しい病に取り付けれたようです。(^^)
藪山、得意までいきませんがこだわりません。
どうぞよろしくです。

No title

タッシー  
サクラは元気ですかぁ~。
いやあ〜、こんな所には行かないと思っていましたよ。
やはり股間は縮ますね…(笑)

プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR