前船形山へ秋色を求めて雨具彷徨…(^o^)

【日  程】2012年10月21日(日)     【天 候】雨・ガス
【山  域】前船形山・夕日沢コース
【行  程】8:15夕日沢登山口P→9:30前船形山分岐→10:00前船形山10:10→前船形山分岐→10:30鏡ヶ池10:40→前船形山分岐→11:55夕日沢登山口P
【メンバー】morinoさん/maronnさん/itikoさん/おっ家内/マロ7/5名
【林道ダートコースの状況】水芭蕉の森~鳴渓小屋まで11.8km、所要時間:45分
 途中道が荒れているとの表示あり、段差のあるところを丁寧に走ればOK数か所の道端崩壊があるも手入れ入れされ、まずまずの林道状況である。
いつかは、いつかはと思っていた船形山夕日沢コース。
そして、数年ぶりの前船へ。
船形山は何回も訪れていますが、北側は未踏の部分、そのなかで唯一の夕日沢コースは私の空白域でもあります。何か、雲行きが怪しいな。




船形連峰の北東面に位置するこのコースは、長年温めてきたわけですが、キノコ採りを兼ねて辿ることとしました。



土曜日は孫行事で日曜日に決めていたのですが、天気はヤバイ、お隣の山形県は雨雲で雷雨注意報も発令、メーンはキノコですから行くとこまでと…。
登山口は登り坂の一番高い所、ここからすぐ下ると左手には数台が駐車できるスペースがあります。


早速、雨合羽を着込みまして出発です。


登山道の入口付近は、籔っぽいササ道ですが、すこし入るとぶなのトンネルが続きますが、数年はササを刈っていない状況ですが道のりは明瞭ですよ。


入ってまもなくすると、倒木を発見ありました少しだけですがブナハリありました。
そして先行のmorinoさんが森の宝石であるナメコを発見、幸先のいいスタートです。


それにしても山形からの雨が流れ込んで天気予報どおりの雷が鳴り響き鏡ヶ池まで行ければいいかなと思ってしまいます。


宮城側は明るく、時には日差しが出てきます。左手前方にはこれから向うであろう前船形山の山稜がみえました。
登山道に沿いきれいなブナ林が残されています。コブシ、ナナカマド、山桜がブナ林間にみられ急坂も3ヶ所(うちロープ1ヶ所)ありますが息をきらすほどではありません。



ここを登りきると船形山の裾を巻くように左手には大滝川見て鏡ヶ池分岐まで続きます。
大滝川はスパ長でも遡上できそうです。


キノコモードの目ですが、出てくるのはツキヨダケばかり、目あてのムキタケは蕾程度のみ発見でした。



前船分岐に到着、やはり登ることにします。
微かながら鏡ヶ池を俯瞰できましたがガスに隠れました。稜線は凄い突風とガスでもう寒いくらいです。
画像は5月末のものです。



前船形山は五葉松が多くドウダン、シャクナゲも見られます。



山頂手前30m位でヤブです。マロ7だけが三角点を確認ということで光藪を歩ふく前進です。
2007.6/17に山名板を取り付けたのですがいくら探しても見つけることはできませんでした。かわりのかすかな山名板はありましたが



この時の山名板の取り付け状況です。、


三角点には赤布をつけてきましたよ。


スタコラサッサと前船から降り鏡ヶ池に立ち寄りました。



計画では沼周囲を藪漕ぎしてキノコゲットを企てましたが数mの視界ではどうしようもありません。



円形の湖面は火山湖で大滝川の水源となっていますが落とし口がないのも珍しいそうです。モリアオガエル、トウホクサンショウウオが生息していますがこの日はさざ波だけでした。
トムカノさんの寝床は発見に至らず、ここで一晩を過ごすとなるとクマさんがウロツイテおりますので大変な恐怖だったのではないでしょうか。微女軍団(^o^)


鏡ヶ池から東へ進むと大滝からのコースにあたり船形山山頂へ辿りますが天気がいい場合ですね。
分岐の標柱は無惨にも…5年前の標柱です。


帰路は2組3人のキノコ採りの方と会いましたがこれから収穫とのことですが…どうでしょうか。
ここは登り1時間、下り45分のコースですが倒木を見つけるとアッチこっちへ行きます。今日の行動時間は4時間でした。あっ、キノコは隠れていましてね_(._.)_



駐車場から坂を200m下ると鳴渓小屋です。
5坪ぐらいのかわいい小屋、しかし現在は使用禁止となっていますがドアはガタガタで開きません。


夕日沢コース概要
累積標高差:630m、沿面距離:3.8km、行動時間4時間30分です。
泉が岳程度弱かな、残雪がある若葉の頃に来たい所ですね。


Maronnさんが芋煮会ということで準備してきました。
荒沢自然館に立ち寄り昼飯をかねて、もちろん採ったキノコも入れましたよ。


本物には会いたくないですよね。

ここの担当者にお聞きしました。いわゆる大滝キャンプ場の登山道にある「ナグサメの滝」の表示のことです。ジャジャン…やっぱりでした。保野川を遡上して緩やかな斜面の滝もどきがあります。なぐさめ…程度の滝ということでこの名前がついたようです。(^_^)
それにしても、3年越しでの探索が結論づけられました。
おおよその覚悟はしていたのですが、謎が解けて納得したものの、心の奥ではずっと謎で良かったのではと…。


そして、廊下に貼られていた滝の写真の所在をお聞きしました。
指差している所は幻の大滝です。
前森山付近にあるそうでこのあたりでは豪快な滝だそうです。


前森山には風穴もあるし、これまた興味津々でございます。


ルート図です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雨雲に向かってGO!GO!だったけど、見事なブナ林の黄葉目にして気分上々でした。
その上、数年越しで行きたかった前船形にも登れてルンルン(^o^)
三角点にタッチしてないので、今度は新しい山名板持って再来しようね~ありがとう!よろしく!

No title

お世話様でした。
天気は悪かったですが、夕日沢コースを歩けて未登の前船形山へ行けて楽しかったですよ。
そして素晴らしいブナ林と黄葉を堪能できて大満足!
心配していた熊さんの痕跡は登山道には見当たらず、分岐標柱ぐらいでしたね。
荒沢自然館も楽しくて、また歩いてみたいところです。

No title

一週間で黄葉随分進みましたねえ。林道走行が長いですが良いブナが多いところです。
前森は廃林道のようなものを結構たどれますが行けるのは5月後半から6月頭でしょう。風穴は私も行ってみたいですけど、どこでしょうか?

No title

maronn at さん
晴れると信じて雨雲に向かってGO!GO!
でも、天気予報の大当たりでしたね。
見事なブナ林の黄葉目、新緑も最高だろうね。
前船形、羨望してましたか、4等三角点は私を待っていたようです。
ノコギリも持参したのですが、突風に負けてしまいましたよ。
新しい山名板は作っておきますね!

No title

morinoさん
お世話様でした。
天気は悪くても登るこの意欲、でも季節柄限界ですね。
夕日沢コースは何にもないコースですが未開のところが良いね。
大滝沢を遡上しても良いかなと思ってきましたよ。
荒沢自然館、宝物がありましたね。

No title

tom さん
また、一週間すると黄葉から紅葉でしょうね。
前森含めてこの山域に目がいってしまいます。
風穴はブナ会でも行ってるようですね。

No title

21日は安達太良に行きましたが・・・とんでもない暗雲がモクモク
一人はこんな時撤退しかないのですぅ~~
中央分水嶺は南北全て暴風雨だったのかもね!
雷雨のキノコ採り根性ですね~!!
新しい山名板丈夫そうですね!!それに判り易いのが一番です
クマ除けスプレー掛けて来ましたか?
鏡が池の標柱のように熊さんに食われるべか~(笑)

No title

paicom さん
お早うございます。
21日は安達太良も暗雲でしたか。
福島は天気が良いとおもってましたが。
雷雨のキノコ採り、樹林帯だからね~!!
トップ画像の山名板は2007に山頂に取り付けたものです。
丈夫に作ったから長持ちするだろうと会いに行ったのですが!!
ここは熊さんの宝庫ですので間違いなく食われますねぇ~(笑)

No title

えー? せっかくの山名板が、熊さんの餌食ですか?
残念ですね。また作って持って行っても、エサを提供するようなもの?
やっぱり、ここは熊のすみかなんですね。
たくさんの写真ありがとうございます。 行きたいところが増える一方で。

No title

ナメコ、良かったねえ!
こちらはまだお目にかかってないです…
山名板、さすがです!!

No title

tkさん
山名板は5年間のうちに無くなりましたが、熊さんなんでしょうかな。
厚板で作ったから朽ち果てた訳でもないしねぇ。
夕日沢は熊の住処にはまちがいありませんよ。
行きたいところが増えて、嬉しいでしょう。(^o^)

No title

タッシー
少しだけのナメコでしたが、胃のなかにおさまりましたよ。
ムキタケの前にナメコでしたから、森の宝石にビックリです。
山名板、新調しないとね(^O^)

No title

雨が降ろうが槍がふろうが突き進むキノコ魂よくわかりました!(^^)
塩竈神社は晴れてましたよ。

No title

お~舟形
日曜日に私は旗坂から升沢コースで・・・
またも、ニアミスですなあ、
舟形ブナ林恐るべしです!

No title

ナカシィ さん
お山は快晴の方がいいですが、雨の時の風情もいいですよ。
槍だと突き刺さるので避けますが、雨はシワを流れるだけ。
キノコ魂、ムキタケ大量の夢は幻になりそうです!(^^)
あらら、塩竈神社は晴れてたって…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

めguro さん
今晩はー。
日曜日に旗坂からでしたか。
ニアミスが続くというとソロソロ遭遇ですなあ~(^o^)
舟形ブナ林、大事に残していきたい財産ですね!
楽しみにしています。

No title

昨年の秋には朝日沢に入ってました。黒滝?巻いて歩きました。
前船形山の山名板、ずっとありますように。機会があれば行ってみます。

No title

やはり雨でしたね。日曜日に雨が降られるとお手上げですが、森の逍遥なら快適に歩けますね。
夕日沢からのコースは林道状態が懸念していて未踏だったですが、これなら行けそうな感じですね。

No title

スーパーテレビジョンはしのき さま
お早うございます。
「脱走するワンコ」から普通のワンコに戻りつつ…??。
後ほど連絡させていただきます。(^o^)

No title

yuji さん
朝日沢、夕日沢の響きがいいですね。
「黒滝?」ですか、荒沢の管理人さんは「」白滝沢」と呼んでいました。
前船形山の山名板、新調しますね。
山頂三角点までは藪ですが、道筋がうっすら残っています。

No title

SONE さん
雨が上がる念力をかけましたが弱かったですね。
ここはブナの原生林がのこり本当に森の逍遥です。
林道状態はオフロードなら大丈夫、軽トラは1回、アゴが接触いたしました。
この辺りは、ゾクゾクの山容ですね。(^_^)

No title

5年以上前に鳴渓小屋までバイクで行ったことがありました(^^ゞ
やはりキノコモードになると、少々の悪天ではめげませんね。
こちらの沢登りは雨で中途退却でした。
翌日も沢登りがひかえていたもので、無理してもねって感じになりまして。

No title

torasan
5年以上前だと、お山をはじめていないときですかな。
バイクなら鳴渓小屋までラクチンでしょうね。
この日も、ライダー2組、数台が出てきましたよ。(^^ゞ
キノコは駄目でしたが紅葉が良かったです。
連ちゃんで沢登りとは、雪が降ってもやめないでね。

No title

マロさん!鏡ヶ池遭難者「トムカノ」です、
池に行った際に思い出してくれたこと、今朝知ってもの凄く嬉しかったです(*´∀`*)
しかもあの時に必死で製作した寝床も探してくれて・・・ありがとうございます。
昨年以降 どこかの記事にあの寝床を見つけてくれた人がいないもんかとリサーチしてたんです(もの好きですが。。。)
でも無い?!!
大滝キャンプ場から入り分岐を曲がり、藪こぎして辿り着く道の脇に作ったのですが。倒木が飛ばされるのは判りますが、池周囲の大小の石をたっくさん拾って作ったあの二人寝できる大きさの寝床。
自然に葬り去られるのは考えにくく、処理されたのでしょうか。大きな石に名前まで書いて来ましたから・・・。やはり自分の目で見に行きたくなりました。
先ずは何よりこの記事に感謝です。サンクスです!

No title

とむかの さん
鏡ヶ池遭難者「トムカノ」とは,ド派手でございます。
想定外野宿者「トムカノ」さんですね。そうなんだ。!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
鏡池で思い出し、どのあたりかとサーチしましたが、ガスは数メートル先しか見えませんでした。「トムカノ」さんの寝床、池周囲の大小の石がわかれば探しやすい…かもですね。!!
石は処理されないでしょう。ひょつとすると1年のうちに草に埋もれたでしょうか。
大きな石に名前まで書いたとすれば、記念石を目印にすればいいかなぁ~。
紅葉が終わらないうち、いや、終われば見つけやすいか。
リベンジ企画をお待ちいたします。
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR