オボコンベ…晩秋の裏街道を辿る

【日  程】2012年11月25日(日)     【天 候】晴れかな?
【行  程】 8:50栃原・尾根ルート登山口―滝倉沢 ―西の森沢 滝 ―10:30止め滝 ―10:50・589ピーク ―10:55オボコンベ・マンモス岩11:15 ―鞍部 ―11:45熊の昼寝坂 ―12:15桐の目山13:05 ―13:30鉄塔13:35 ―14:15林道・作業小屋14:20 ―14:30オボコンベ山登山口 ―14:40栃原・尾根ルート登山口
【メンバー】 soneさん/マスさん/morinoさん/maronnさん/shihoさん/マロ7   計6名

寺の沢山に行こうかとなって集合場所では仙台神室方面は暗雲でしたので転戦、 soneさんの提案で兼ねてから懸案となっていた「オボコンベ裏街道」に決定です。
「オボコンベ裏街道」とはマロ7が勝手に命名しました。
このルートは栃原の染色家「由季」さんの所から沢を遡上し585ピークに辿りオボコンベに至ります。深野稔生さんの著書1999発行「宮城産土の山を行く(山でタコに合う)」でこの沢の遡上を書いていますが、これを読んでからいつも脳裏にありました。


駐車場に着くと既に2台の車が、あれつ、どこかで見覚えが……。
そうです、某有名料理店の名シェフと蔵王振子滝でご一緒しました山形のお二人さんでした。山形のお二人はmaronnさんとも知り合いでした。(^o^)山の偶然はいっぱいあるのです。


駐車場から南に進むと渡河です。
そして、新人の山ガールのshihoちゃんは、佐渡の山を皮切りに今回が2回目の山だそうです。(^^;)
いきなり、おんつぁん達とB級の藪山に突入とは、これで山から遠ざかったら責任もありますな。


[私らはスパイク長靴の装備ですが、shihoちゃんだけ登山靴なので、お助けロープを持参、ここは最低2カ所でお助けロープを必要とするのです。
#IMAGE|a0127015_1851323.jpg|201211/27/15/|mid|800|600#]


最初の二俣は、ここを左俣に入ります。
Soneさんの説明では、右俣は直接オボコンベに突きあげており、最後は超急峻な土壁に阻まれてしまい、尾根に抜けるのはかなり危険だそうです。


ナメの沢は続きます。
各所で土砂崩れが起きていて、倒木の乗り越えに苦労するところも出てきました。


マスさん、長い足でも長靴の深さは足らなかった。^^;おら方では、ケッパラモチ…といいます。


ダンダンとワイルドになってきましたど。


行く手を阻む倒木が多いが、通過はできます。



キノコはないなぁ~と思ってたら少しばかりのナメコがありました。


調理のオジオバさんが洗ってお昼の出汁にいたしますね。(^o^)


滝は枯れ状態、



源頭近くに10mと6mの滝が連続して出てきました。
高巻きすれば簡単に通過できるが、最初の10m滝が登れるので、右壁から登って立木にロープを巻いて後続を引き上げます。



最後の滝は直登不可能なので左岸を高巻きそのまま薮を漕いで尾根へ辿ります。



589m独標に登りつめると、その途中でオボコンベの岩塔が梢越しに望めます。



尾根へ上がるとオボコンベのヘリが見えて、地図上の589mを過ぎるとみたことがある地形、そうです。昨年の三森山から下りてきたルートの分岐でした。


ヤブがあるからこのルートを登れるけれど、掴むものがなかったら登れないと…(T_T)


木を掴んで攀じ登ると尾根コースに合流、もう少しで全方位展望のオボコンベに到着です。


山頂には山形4人組の男性登山者が休んでいました。
展望の良い山頂から四方を見渡す。脊稜山脈には雲がかかって、雁戸山、仙台神室、大東岳、面白山などは山頂部を雲に隠していた。一番目立つのは端正な三角形をしている桐ノ目山である。


北側の展望が開けて、2週間前に縦走しました鷹ノ巣山が大きく見えます。
画像は、仙台神室へ通じる相ノ峰方面です。


まだ昼食には早い時間なので、山頂では記念写真を撮っただけでマンモス岩へ。



マンモス岩から、一旦鞍部に向かい桐ノ目山へ辿ります。


急坂を登ると展望のない桐ノ目山です。



山頂は寒い南西風が吹き抜けているので、少し北西側に下がったところで昼食にした。


ここで待望のお昼です。
maronnさん手作りホッケのつみれ汁にはとりたてのナメコを(^o^)オイチイ。



そしてマスさんお手製の和菓子:あじさい&銀杏と、マロ7のすき焼き風肉豆腐は汁が多くて…(?_?)シルナイ。(笑)



沢山食べたあとは、北西側に下って行きますと大東岳の展望地点です。



主峰の連なりの果てに、雪をかぶった中面白山が特徴的な山容で見えます。



また一段と崩壊したようなガレ場を過ぎれば鉄塔に到着。


鉄塔に出て少し休憩。送電線の彼方に雁戸山も見えてきた。



morinoおじさんは、寝転んで…


ここからは山の中腹を下る道となり、粘土質の道は滑り転ばないように下ります。


急な斜面を下ると沢に出て、あらら、吊り橋がご覧のとおりでした。


林道に出れば一安心。



オボコンベ登山口を過ぎて、東に30分弱歩くと駐車地点に戻りました。
滝倉沢から西森沢コースは一般ルートではありません。
道標は一切なく道はもちろんありませんし、一部で滝を登り、倒木地帯を数か所越え、落石の危険性もあります。読図やルートファインディングに長けた方の同行が必要です。
帰路、南蔵王の夕焼けを堪能しました。


ルート図を作ってみました。



shihoさんは2回目の山歩きで満足だったでしょうか……。
私には長年温めてきた羨望のこのコースは何もかもが満足するコースでした。
積雪期を前に、里山歩きの集大成コースを味わうことができsoneさんはじめ皆さんに感謝です。(^_-)マタネ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マロさんまでおぼこんべですか・・・
レポートお待ちしています。

No title

utinopetika2さん
おぼこんべは付録の山で、そこまで至る行程がメーンですよ・・・
今夜は溺れていますのでレポートは「明日」という字は「明るい日」と書くのね…。

No title

ご無沙汰です。
なんだか楽しそうなトコ歩いておりますね。今度連れて行ってください。
私は今亘理地塁を課題にしておりまして、検索してたらマロさんとこに引っかかりました。
アシがないので槻木駅から歩き、土曜日やっと深山に辿り着きました。つーのは何度も道を外して激ヤブでリカバリーをすること数度(コンパスを忘れて・・)。南下するほどに道は良くなってきまして鹿狼山がやっと見えてきました。あとはマロさんのブログを拝見して、なんとか行けるかなぁと思いましたが、来週からバイトが連続するので年内は無理かな・・・。
オボコンベ周辺は最近開拓者が多くこの時期楽しみなエリアになってきましたね。がむばってください!

No title

オボコンペは行ったこと、あるんだけれど、ここはまた、マニアックなルートですね。
オボコンペも尖っていて急な山ですが、桐の目山も見てくれのいい山だわ。でもものすごく大変そうだ。
マロさん、最近はヤブ開拓の山専門ですね。私でも行けそうなところ、そのうち教えてください。

No title

まさに野性ですね!!

サフャリパークのライオンより野性味溢れる行動です!!

オボコンべのオヤジか・・・・カモシカかどっちもいい勝負です~☆

No title

加ト幹事長
こちらこそ、少しご無沙汰ですね。(^^)
ここは温めていたコースでした。
亘理地塁山地とは…ここは主脈が行けないときは残った深山以北を狙っていましたよ。
何々、槻木駅から歩いただけでも凄い。
ここ深山以北は里山ながらも部分部分の繋ぎでしょうから大変ですね。
鹿狼山が見えて…(~o~)ヨカロウ  バイト、ガンバイット・・・。
オボコンベ周辺、種馬軍団がきて、猪と熊さんは待避したそうな。
堆肥だけ残ってるって…_(._.)_!

No title

tk1さん
オボコンペの主ルートは大分入るようになりましたね。
ここは柴崎徹さんの著書でH4発行「宮城の名山」に紹介されています。
マニアックなルートながらもいいコースですね。
桐の目山はビーナス山で素晴らしい曲線の山容ですね。
ヤブを歩く楽しさは最高、登山道に出た時には(^o^)ヤッターマン
TKさんも行けますよ。

No title

papicom さん
…の、野性行動には脱帽ね!!
サフャリパークのライオンよりは餌が○○○です!!
オボコンべはいつ行ってもいいですね。
そいいえば、ここでカモシカは見たことがないねぇ~☆


No title

お世話様でした。
深野稔生さんの「宮城産土の山を行く」にあったのですね。忘れてた(^^;)
でも、楽しいところ歩けてよかったですね。
↑以前、沢コースから尾根道に入ったところでカモシカに遇いましたよ。
又よろしくお願いします。

No title

急に山を変えてしまいましたが、逆に結果オーライだったですね。
中の森沢に入らずに左俣を遡行すると伏流になってしまいます。
2本右に三森山に突きあげる小沢がありますが、最後は急峻な泥壁でしたよ。
例の謎の個所は深野さんの記述通りで、そこから先は薮で沢の遡行ができません。
左の尾根を登ると三森山の東峰に出ますが、あまり行く価値はない感じでした。

No title

morinoさん
いい時期の、羨望コースで、お世話様でした。
深野稔生さんの著書を読み直しています。
カモシカはワタシから遠ざかるみたいです。
熊さんは近づく…(>_<)。

No title

SONE さん
寺の沢は登ってましたから、即座に了解でしたよ。
小沢のゆくところが急峻な泥壁では手も足もでませんね。
「謎の個所」先は密薮でしょうね。
あまり行く価値がないとなると…しきり直しだ(^o^)。

No title

今度オボコンベに登るときはこのコースからにしてみたいですね。
キノコが無かったとはワタクシと同じですね。
山のあっつとこっつですから状況は似ているんでしょう。
さてさて雪の季節ですよ~
その前に里山をもう2~3本ですかね。

No title

オボコンベは2回行きました、
1回目は、キノコ目登山で、桐ノ目東面、沢、藪を登り、ナラタケget,
2回目は、ロープ持参でマンモス岩のてっぺんに立ちました、
穏やかで楽しい山域ですね
最近、ヒルの季節は民家の畑にまで進入してる話を調査員から聞きました、その季節には、ヒル対策を・・・

No title

torasan
こうしてみると、オボコンベ周辺はいろんなコースがとれますね。
このコースは、癒されますよ。
フッフッ、山のあっつとこっつだね。だからキノコはなかった。
雪の季節、固まってから挑みますよ~
里山は春までつきあうね。(^o^)

No title

マナステ さん
あれつ、ナマステさん
似ているようで違う名前ですが…改名すか(^^;)
桐ノ目東面の沢、藪ではかなりの急斜でしょうね。
マンモス岩のてっぺんの画像をアップしてくださぁ~い。^^;マネデキナイ
穏やかで楽しい山域ですね
昨年は三方倉山で昼間にヒルにやられ、悪い血を吸っていただきました。
ヒルが出てきたってひるみません。(^_^)/~

No title

超楽しかったぁ~・・けど、ケガのおまけ付きでしたね。細胞が若くて再生が早く良かったよ~
帰りのドライブ楽しかったかな??
いきなりのおんつぁん達と藪漕ぎ、ワイルド歩き洗礼され、疲れたようでしたが、またお願いします!との事でした。
フォローありがとうございました。

No title

それにしても、りゃん亭さんにお会いできた、ご挨拶をと近づいたら、なんと!今夏槍に同行だった新庄のお二人が・・・ビックリしました。
さらにmaro7さんと山にも行っていると・・縁は意外がもんですね~~
嬉しかったです。

No title

maronn さん
ワタシが心して待ち望んでいましたコースでしたよ。
ケガは尖りに負けてしまった。そう、細胞だけが若くてもう完治よ。
帰りのドライブは(^o^)バッツリ
初めてのような山で、大変だったかな。
新庄のお二人さんとはビックリ・・・いろんな巡り会いがあるんですね。(^o^)


No title

こんにちは。ヒルの季節っていつですかー?!
タコにあいましたかー(^_^)

No title

ナカシィ さん
寒くなってきましたねぇ。
ヒルの季節は…梅雨時~?!
三方倉では同行者が首とすねを吸われました。
知らないうちに吸われており手をやったら血がついてわかりました。
ワタシは吸われない…ということは、うまくない。(>_<)
タコは、閖上から来た行商の方が染色家の方にいてタコを見せられた話しです(^_^)スダゴスキデス
参考  http://www.tele.co.jp/ui/leech/index.htm

No title

オボコンベ、昨年登っていないし、行ってみたくなりました。
最近みなさんがアップされていますね。

No title

ヒルいるんですか。噂には聞いていましたが。
やっぱ晩秋~春先専門の山ですね。

No title

yuji さん
わたしもオボコンベは震災以来です。
ここはいつ行っても癒される山です。
本砂金川も遡上してみたくなりましたよ。(^o^)

No title

lc4advさん
三方倉では手のひらを這われました。(^o^)
私的には体内毒を吸ってもらえばいいかなって…。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR