最上古道と蕃山

【日  程】2012年12月15日(土)     【天 候】雨
【山  域】 青葉山丘陵
【メンバー】 ジュンさんほか古川の御一行様/マロ7   計7名
【行  程】9:30青葉山駐車場→最上古道→10:00ゴルフ場→堤→10:10道祖神社→10:20郷六御殿跡→三居沢発電所導水路→10:35宇那禰神社→10:45郷六城跡→11:30尾道ラーメン12:10→建武の碑→12:20西館跡→13:10番蕃山頂(開山堂)13:23→14:00大梅寺

東北大学附属植物園内に最上(山形)への古い街道が残っています。
今回は、ここ植物園から山越えして折立へ抜けて蕃山を周回するジュンさんの企画で、街道交流会のメンバーも参加とか…でも、折からの雨で私らだけの行動となりました。


享保八年(1723)の『仙台萩古地誌』には、仙台城の虎ノ門あたりから植物園の正門付近を経て愛子方面に通ずる最上古道があったと記され、秋保、二口を経て最上へ通じる街道で関山街道以前のものだそうです。
園内にある蒙古の碑はその沿道に建てられた道しるべ石でもあったと言われており、また残月亭跡附近に、後で北山に移された青葉山寂光寺があって蒙古碑はその門前にあるそうです。
そして蒙古の碑から残月亭跡を経て西に進むと尾根伝いの道が見事に残されているそうで、周辺の植物景観を背景に、往時に思いをはせ楽しむ事が出来る…、9時になっても開門されず場所移動となりました。
 

何と楽なことでしょう駐車場から入り踏み跡を下ります。


うす藪を抜けると右手に広い道路が、そして木製の電柱がありレトロな雰囲気、この電柱は三居沢発電所で発電した電気の送電用だとジュンさんの説明にフムフム。


コンクリートのピットがありましたがここに生活ベースがあったのでしょうか。


西道路トンネルを抜ける車音を尻目に進むと右手には打ちっぱなしのゴルフ場が見えてきます。


さらに下り二つの堤を通過すると民家が。


鳥居には同祖神社と…。


立派な方々がお並びでした。(>_<)


西道路の下を潜り抜けると右手には郷六御殿跡の標柱があります。


その昔、伊達家のお姫様たちは青葉城からここまでの数十分の距離を往復して遊びにきたのでしょう。
今は、古びた井戸だけがその名残をとどめています。


郷六御殿跡から広瀬川に進んでみると堰堤があり、ここから三居沢発電所までの導水路が引かれています。レンガ造りは近代遺産を感じさせますね。



途中には古碑群落もあります。



宇那禰神社境内には塩釜塔の石碑もあります。


郷六城跡は畑となっておりみごとな 野菜が植えてあります。
郷六城跡には建武5年の板碑など3基があり、近くの大梅寺の板碑、蕃山の山すそにある弥勒寺の板碑、
ここから太白区(秋保)の二口街道に沿う枇杷原ー国久(クニギュウ)ー中野ー大雲寺と板碑が続きます(『仙台市史板碑編』。やがて藩境で道は山伏峠を通って山寺へ行く道と清水峠越え高野宿(コウヤ)への道に分かれるとか。



さて、2時間ばかり歩いています。
腹も減ってきましたのでおり久さんをのぞいてみましたら30分待ちだそうです。
尾道ラーメンの、きわみや食堂まで移動します。暖簾を掲げたところへ入店です。


カツオ出汁がたっぷり効いた味でした。



「腹くっつぐなって(^o^)」これから蕃山へ移動です。
リュックを背負った7人のグループは町中では異様に見えるかもしれませんね。


登山口にある西館跡は愛子平野を見下ろせる最高の展望地です。


栗生中コースは、はじめてですが進めば里山でも登りはさらにきつくなります。



鉄塔は下から覗きたくなりますなぁ~。


山頂到着(^^)


あとは下るだけ…(^-^)ラクチン



やっぱりあのお墓に行って手をあわせました。(-_-;)


羅漢さんたちをみると、みんなが誰かには似ていますね。


ヒヨクヒバは、ヒノキ科の常緑高木で、サワラの園芸品種で、糸のように長く伸びて垂れ下がる枝と小枝があります。その形からイトヒバ(糸檜葉)という別名があり、スイリュウヒバ(水柳檜葉)とも呼ばれているようですね。何か聞こえましたか…(^^)


植物園からは歩けませんですたが、ほぼ目的を達成です。
皆さん有難うございました。


ルート図です。ここ歩きましたら教えてくださいね。(^o^)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

また、いいコースを教えていただき、ありがとう。
うんちくも記録と一緒にこの後書いてくれるよね。?

今年はあと、どこに登るのかなあ。報告楽しみです。
まさか今年の〆の歩きではありませんよね。

No title

tkさん
近場のいいコースだと思いますが、まだ植物園の核心部分を歩いていませんので、末永くお待ちください。
もちろん、うんちくは私なりに書きましょう。(^^)
今年はあと、二つは行きたいね。そうするときりのいい数字です。
週末は晴れさせてくださぁ~い。^^;

No title

へえ〜、こんなコースがあるんですね!
ラーメンも旨そう!!(夕方の空きっ腹時にはキビシイ・笑

No title

タッシー
この辺りはは縦横無尽にコースがあるようですね!
愛子ラーメン街道もまだまだ序の口でございます!!(笑)

No title

古道歩き、良いですねー。
思わずタイムスリップしそうです。
>愛子ラーメン街道
本当。いつからかラーメン街道になってしまいましたね。
やっぱり山歩きとラーメンはセットでしょう。(笑)

No title

morino さん
冬場は里山に加えての古道歩きもいいですよ。
タイムスリップしてお姫様達に会いそうになりました。
愛子ラーメン街道、まだまだ数店なんですね。(笑)

No title

雨天決行なところがさすがです。
歴史はわかりませんが、
ラーメンは美味しそう♪

No title

ナカシィ さん
里山ですし、皆さんこうもり傘を持ってきましたよ。
雪なら良かったのですが、やはり冷やされましたね。
歴史はそのうちに段々と…噛めばかむほど味が出るよ。^^;

No title

雨の中なので、かえって古道歩きに味わいがでたでしょうか。
しかし植物園の中に最上古道が存在するとは想像もできませんでしたよ。

No title

蕃山歩かれましたね。仙台近郊のいいところです。

No title

SONE さん
最上古道は愛子から秋保に抜けて二口へ通じるそうです。
白沢の峠もそのひとつだそうですね。
植物園の中の最上古道はお楽しみとなりました。(^^)

No title

yuji さん
蕃山いくと、山頂からの南の尾根に目がいきます。
いつか行きましたら途中でヤブになりましたので…。(^o^)ヤメ

No title

いろいろな楽しみ方があるのですね、
福島市飯野町にUFO会館ってあるのですが、その近くの神社にも、りっぱな息子達が並んでて、暗い気持ちになって、死にたくなりました(笑い)

No title

おはようございます♪

凄いですね~古道レンジャー部隊ですね!!

おやじ達は史跡や古道~歴史的に貴重なものをよく御存じですね

そしてその道を辿る・・歩く・・・尊敬します~☆

ワンコは『アセンズ動物病院』に月一で通っていますが

郷六がお姫さま達の別荘だったとは!

なるほど広瀬川河畔で避暑地だったのでしょうね

Pとしては道祖神にコメントしないと『らしくない』と思われるでしょう?

実は・・(キンタ マカオに着いた)の記事投稿しちゃったのだ(笑)

No title

二口から秋保、そして愛子に抜けていた・・・。φ(..)メモメモ

山伏峠はもう駄目ですね。10年前は何とか歩けたのに。寂しい限りです。

No title

ナマステさん
雪山は落ち着くまでとして里山を堪能しています。
何々UFO会館の近くの神社にもあるのですか。
私がこれまで見た強烈なのは金精峠でしたかな。
まだ17歳でしたから沈黙しました(笑)

No title

papicom さん
今晩ハー♪
鼓動がなるなるオジサン部隊ですね!!
おやじ達は街道交流会メンバーさんですから着いていくだけです。
『アセンズ動物病院』は近くだったね…ということはこのあたりかな。
郷六御殿跡にはお姫さま達がそろってお迎えに出ていました。
うむ、広瀬川で水遊びとは…ソウゾウ^^;
P=道祖神?(笑)
金太の大冒険、見てきました。こんな世界があったのですね。(^^)/

No title

みいらさん
山伏峠って、清水峠方面??
藪漕ぎすれば目的は可能と思いこみが激しくなりました(^_^)。

No title

マロさん、先日は小雨降る中最後までお付き合いいただきありがとうございました。植物園内は来年も当分の間、災害復旧のため通る事ができそうもないと思いますので私なりに過去訪れた記憶を元にマイブログに行程をアップしましたので参照願います、又、来年の2月にその先を探訪踏査する予定ですのでお楽しみに

No title

civil_eさん
小雨降る中でしたが、古道あるきは鼓動ですね。
蕃山登れて良かったです。
植物園内は災害復旧の事情でしたか。
来年2月の探訪踏査も楽しみにしています。(^_^)
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR