千貫山へ…マロⅡは1ヶ月ぶりのお山(^o^)

【日  程】2013年1月30日(水)     【天 候】晴
【山  域】 岩沼市千貫山(せんがんやま)標高186メートル
【行  程】 千貫山からグリンピア岩沼周回
 小学校の遠足だったろうか、親爺のトラックに乗っていた時か記憶はない。あそこの一本松は船の目印…と。子供心に灯台でもないのに何で目印?と思って半世紀、海原からみれば最高の目印なんでしょうね。
千貫山は岩沼の象徴的な里山で、蔵王山や阿武隈川を一望できます。 “千貫” の名は、この山の山頂に自生している松の大木が航海時の目印として金千貫の価値があるとの故事に由来しています。
 グリーンピア岩沼を基点にした散策のための新しいルートも開設され、現在ではレジャーと健康づくりの両面から多くの人々に親しまれています。<画像は仙台市若林区園芸センター付近>

いつも4号線を通過していて登っていない里山、午後から時間ができたのでおっ家内、マロⅡと行くことにしました。当初は、金蛇神社からグリーンピア岩沼を周回と考えましたが、やはり未踏の千貫山に行かなければなりません。



ズデンシャをグリーンピア岩沼の第4駐車場に置いての周回です。
清掃センターを起点とすると登り坂でペダルを踏むこととなるので、五間堀川の麓から破線ルートを登ることとしました。マルゴさんの地図ではトイレの脇からとなっていますが標識は立派でもご覧の笹薮です。藪嫌いの方は敬遠してください。


グランドの片隅には古くなったブルドーザーがありますので、ここを目印に藪に入ります。


このまま直登すれば電波施設へ出るだろうと…作業道を横切り進みます。



藪漕ぎが終わって作業道に出ようと思ったら…スルスル_(._.)_
マロⅡが喜んで一目散に山頂方面へ走っていき見失ってしまいました。(―_―)!!アララ


コラッ待てぇ~との制止もかまわず…。坂道だから引き離されるばかり…見えなくなってしまった。
ミニボールの音を鳴らしていたら数分経って、小熊もどきがこちらを向いている(^_^)/~シメシメ


射程距離にいたので、エサで呼び戻してキャッチ…一安心です。(>_<)


千貫山の山頂だと思ったらここは一本松と祠があるだけでした。展望はありません。


西に進むと、今までは見たことない表示が…。


大昭和電線ルートを北側に少し入ると三角点がありました。


ベンチの南側には炭釜地区からのルートがあるようですね。


ここから下るとT字路を右へ進みます。1級の山道は年金施設の豪華絢爛の時代に作ったのでしょうか。
複雑な気分で風が吹き付けるなかを進みます。


2キロばかり歩いてグリーンピアを眺める所まで来ました。
期待していました、蔵王展望ルートは微かに山容が見える程度です。



ここから東側に進み 小高い所は赤松展望台、そこからわずかな隙間だけど水平線が見ます。
展望地は樹間から太平洋が垣間見えるだけです。


グリーンピア岩沼の施設内内に入り休憩(^o^)


第1展望地は最高のロケーションが待っていました。


ズデンシャのデポ地点まで行き、マロⅡは徒歩で降ります。
私はひたすら車のデポ地点まで4㎞の道のりをペダルを踏んで15分で到着です。


南側に流れる阿武隈川対岸の鳥屋山をみて、いつかは亘理地塁山地を繋げねばと…^^;。



途中、マロⅡが待っていて回収です。


登山が終われば抜いていた昼飯ですが、お目当ての岩沼「麺組」本日完売で閉店。_(._.)_
国道4号線沿いにある「円部」でいただきです。


まずまず美味しいラーメンで、薀蓄でもありませんが、結構まとまった味のラーメンでしょう。^^アジガコイネ
この時間、店内の私らだけで、味もそこそこの店でありました。


今回のコースで約5キロ。2時間でした。落ちる(^o^)


落ちそう…(^^)



ルート図です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へー、結構整備されたところですね。
これもせっせと払った私のお金で・・・(^^;)
マロⅡちゃんも久しぶりにお山遊びができましたね。

No title

morino さん
高速並の整備ルートでしたが、登り口はおすすめしません。
そう、わからないうちに払った私達のお金の使い道、堪能いたしましたよ・・・(^^;)
マロⅡは今が旬かも知れませんね。(^o^)

No title

冬場は薮漕ぎさせてもダニが付かないので、安心してマロⅡちゃんを連れだせますね。
でも逃げ出したことろを見ると、そうでもないかな(笑)
千貫山周辺は丹念に歩くと新しい発見がありそうですね。

No title

そうか。変な所に使ってと言わずに楽しめばいい訳だ、ってか。(^^;;;

No title

SONEさん
近くで遠い里山だった柴田岩沼丘陵 も見所がありましたね。
ダニの心配はありませんがマロⅡの逃避行…(^o^)。
ロープを離すと船のアンカーみたいに地中にささるとか…ありませんかな。

No title

みいら さん
そのような考えもありますね。
こちら日が差してきましたよ。
これから出羽路へ辿ります。(^o^)ヨロチク
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR