最上古道と板颪峠でソバ三昧(^o^)

【日  程】2013年2月9日(土)     【天 候】晴
【山  域】 青葉区宮城町
【行  程】 諏訪神社→サイカチ沼→グレート仙台ゴルフ場→板颪峠→境野公民館
【メンバー】 ジュンさん他古川の皆さん4名、岩○さん、おっ家内、マロ7   計7名

主脈は荒れているでしょうということで、ジュンさん企画に参加です。
先に青葉山から最上古道を蕃山まで辿りましたが、今回はその続きとなります。
今回は詳しい設営は省かせてくださいね。
諏訪神社に集合して、7人のうち4人はサイカチ沼方面に歩きます。
残員はデポ車を下山口の境野におくことにしました。
サイカチ沼は水位が低下していましたが、ワカサギ釣りの方は熱心に頑張っていましたよ。

こんなところで猫の声…あららいましたが、先を急ぐので_(._.)_


作業道らしきですが、間違いなく最上古道、そう言えば数年前にここを歩いてましたよ。


ふと見ますと、コシアブラ君が待ちかねていたようです。


コーヒーで馬力アップ、このコースは戸神山まで繋げようと思ってました。


ゴルフ場の横断道路から上がると見晴らしのいい展望地。


ここはゼオライトの採取場でした。


大倉ダムのところの高柵山が見えていましたよ。


いつも気になる小屋はなんだったろうか。一升瓶とラーメンどんぶりが目立ちます。


板颪峠で…その昔には往路賑わいだことでしょうね。



秋保境野までは下るばかりでラクチンコースです。




先行者の「おっ」との声が、2連丸鋸の装置は???


おそらく、秋保石の裁断だってのかと…推測ですがもう、近代遺産ですね。


水神様の石碑に黙ってしまい…。


蔵王大権現に手をあわせ


何で海の金比羅様が山の中に…


やはり、一押しは塩竈様でした。先に紹介しました二口の塩竈様と同じですね。


今日の昼食は秋保のおソバ屋さん。


三角あぶらげそば。


私は正当、ざる蕎麦で…。


あらら、先ほどの山の中の鋸歯と同じでした。

お聞きしましたら、秋保石の裁断に使っていたとか。

帰路は、近代遺産の眼鏡橋をようやく見て感心し。


太田豆腐店で食材を求め…。


二十人町で加藤畜産のおいしいシュウマイを求め…。


懐かしい瀬戸物屋さんが頑張ってるエネルギーをいただいて帰宅です。



おまけは、前の車の荷台の中から残滓物をカラスが食材をさらっていきました。


ルート図です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この日は写真展でジュンさんとお会いして、マロ7さんご夫婦と一緒だったことを知りました。
ピークは踏まない山行ですが、歴史の重みのあるお山でしたね。
蕃山から戸神山をつないだら、物凄く長い縦走路になりますね。

No title

マロさん、お疲れさまでした。わたしゃ「壷足歩き」の連続でいやはや疲れましたよ、やはり歳には勝てませんね。それにしても同行者の皆様の健脚ぶりには恐れ入りました。昨日は今月末の亘理(深山~明神峠)ハイクの下見に行って、美味しい「ホッキ飯弁当」を食べ、丸森の「斉理屋敷」のお雛様を愛でてきました。

No title

SONE さん
ソバを食べてお別れしてからジュンご一行は写真展へ行ったようですね。
戸神山から西側にも目がいってます。
放置された石材機械が、近代歴史を物語っていました。
(^o^)

No title

civil_さん
お世話様でした。
「壷足歩き」といっても、最後は元気になっていますよ。(^^)
今日はその、亘理(深山~四方山)の先行下見にをしてきましたよ。
ルートは異常なしでした。(^o^)

No title

歴史をめぐる旅ですねー!
いろいろな山歩きがあるものだと思い、
やっぱり山っていいなぁ~。

No title

ナカシィ さん
お山を歩くと古碑に目がいってしまいますね。
今回はやはり塩竈大明神に感激、同じ書体が二口峠にあるのですから、これが山形にありましたならなお感激すねー!
山はいろんなことを教えてくれる集大成ですなぁ~。(^o^)

No title

往時の人々の暮らしに思いを馳せて歴史を感じる・・・。
古道歩きはイイですねー。
古碑は人々の切実な祈りの形なのでしょうね。

No title

morinoさん
往時の人々は生活のための道。
我は汗かいて美味いもの食べての道。
石碑が判読出来たときには嬉しいですね・・・。(^o^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR