亘理・深山~四方山で手をあげた…(^^)

【日  程】2013年2月11日(月)     【天 候】晴のち曇
【山  域】亘理地塁山地・深山(287.2m)瀧浅山(197.9m)・明通峠(130m)四方山(272m)
【行  程】9:10深山神社駐車場~9:50深山10:05~展望台~228ピーク~10:55瀧浅山~11:20明通峠~12:00四方山12:35~12:55水神神社~13:00神社駐車場
【メンバー】morinoさん/maronさん/tomuさん/おっ家内/マロ7/5名
亘理地塁山地は(2009.11)の小斉峠から鹿狼山まで歩き、(2011.2/26)には小斉峠から深山まで繋いでおります。今回も続編として亘理地塁山地を北上し,いつかは阿武隈川水辺まで繋ぎたい願望です。
今回は、下山口の八幡神社境内にデポ車を置いて、深山駐車場からのスタートです。
ロウバイが膨らんでいましたよ。(^_^;)ワシハ周章狼狽

深山駐車場から、たまには変わったコースとして亀石コースを選びます。


どうみても亀さんには…???(>_<)ミエネェ


40分で深山山頂です。
山頂ポーズですが、乱れてしまった…な。(/_;)


深山東屋ではmaronさんから美味しいイチゴを御馳走になりました。


ここで、寄り道(^o^)説明
亘理地方は県内でも温暖でイチゴ栽培が盛んです。
角田丸森方面の盆地性気候と東側の亘理郡一帯の沿岸気候を分けるように南北に長く伸びる亘理地塁(ちるい)山地は、地層の両側が断層でずれ落ち、硬い中央部が帯状に残った姿であり、東西の気候を分断する壁となります。この時期山頂では、北西からの冷気でたちまちいたたまれなくなるが、一歩東斜面を下り始めると途端に体が火照(ほて)ってくる程、東西の気温の違いが実感できるのですネ。

今日の展望台はイマイチ、未踏の次郎太郎山が見えていましたよ。


展望台から尾根をくだります。


今日の間違いやすいポイントは…Y字路になりますが多数決で右に行ったら怪しくなった。やはり戻って左へ進みます。<ルート図参照>
瀧浅山の三角点は展望なし。


下ると県道に出ます。ここが明通峠(アキドオシ)と、散歩中の御老人と談話です。そこへランナーが四方山方面へ駆け抜けていきます。


四方山への曲がりくねった車道は短縮しようと藪漕ぎをすることになりましたが、茨の道とは知っていましたが、最短となると勝手に足が向いていました。初めはヨイヨイでしたが、上に向かうとヤバッチかったナ。(;_;)


道路に出ると、ここが角田と山元町の市町境、アジサイが咲いたなら見事でしょうね。そこへ、先ほどのランナーが四方山から戻ってきました。(^^)スゴイ


小雪が濃くなって、見えていた鹿狼山も展望不能です。


四方山は名前のとおり四方の展望は最高です。車で来れるし元旦は最高でしょうと…。


展望所で一休み、コーヒタイムをして下山することにしました。


展望台から降りたら、ホールドアップ。
そして、「バーン」ってやられてしまった。。!(^^)!人生節目のシュクホウ



黒森一等三角点はこの次にお預けしてデポ車のところへ下山します。
イノシシの捕獲用ですが、真ん中の棒に触れると両側のドアが降りるようになっています。



八幡神社から、深山駐車場までは5.5km歩けば1時間弱ですね。


今日のお目当てはここ、亘理ときわや食堂ですが昨日(実は昨日ものぞいたのだ)も今日も休み…。
近所の方に聞いたら休日は閉店だって…(^^;)知らなかった
【そこで某客の言葉】食べている物を横目で見てそれに習ってラーメンとカレーを注文、すぐ持って来てくれました。出てきたラーメンを食べるますと、これは旨い、わざわざ来た甲斐があったと感激感激です。煮干ダシ系の味がして、さっぱり系の中華そばです。カレーもカレー粉から作った感じの、旨いカレーでございました。日曜日は休みで、その他は12時から16時くらいまで営業、スープが無くなり次第終了とのこと。土曜日は13時過ぎに終わってしまうかも‥。
次は岩沼の麺組に向かったのですが40分待ち、出てきた方は1時間10分だそうでしたが満足顔でしたがパス。


やむなく、某中華飯店へ腹いっぱいいただいたことには間違いありませんが、画像はなしよ。
今回は割山峠まで行く考えもありましたが、時間のことと、美味いもの目指しましたので、四方山と割山峠間を残しました。2回は必要ですね。皆さん、お疲れさまでした。
ルート図です。


【おまけネ(^o^)】
宮城県南の角田盆地と亘理・山元の沿岸地帯を区切っているのは亘理地塁山地と呼ばれる山々です。地塁山地とは、ある地層の両側で断層がずれて落ち中央部だけが残ってできた帯状の山地をいい、南端は阿武隈山地の天明山から最北端の七峰山まで全長は30kmとなりそこには高さの同じような山並みが整然と一直線に連なります。<柴崎徹著・宮城の名山より引用>

日本では、木曽山脈、比良山地、生駒山地、鈴鹿山脈、六甲山地、笠置山地、嶺岡山地、阿武隈山地、亘理地塁山地、対馬などの例があるそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マロ7さんとは1週間ズレの深山でしたね。亀石コースってのもあるのですか!どらどら・・・宮城の山確認!ありました!
私はノーマルな駒返しコース、下りは鷹うちコース、帰りに民家前の畑で迷子になりました。皆さんのブログでも読んでたので自分もハマった!と思いました(笑)
一昨日は雪の泉ヶ岳に行ってきました~(#^.^#)最高でした~★

No title

お世話様でした。
段々と繋がりますねー。
最後の七峰が辛そう。でもお楽しみ。
楽しい誕生日山行になったようで何よりです。(^^)

No title

四方山からの脊稜の大展望が見えなかったのは残念だったでしょうが、あの荒れた天気でも楽しく遊べる阿武隈の山は貴重ですね。
原発事故以前は南相馬以南の山に良く行きましたが、今は行けない山になってしまいました。

No title

マロさん、前日の日曜日、私も家内と来週の24日に実施予定(逆コース)の下見に行ってました。明通峠は路面が凍結していて怖かったですね。ときわ屋食堂のラーメン食べれなくて残念でしたね。この時期はやっぱり「ホッキ飯弁当」が美味しいですよ!来週は、福寿草・ロウバイ・白梅・蕗のとう等が見頃&食べ頃ではないかと楽しみにしております。

No title

とむかの さん
1週間ズレの深山ということは、段々t近くになってきましたね。
鷹うちコースに木工屋さんありませんでしたか。
見てて楽しいところで木器を買っちゃいました。
民家の前だと犬に吠えられませんでした。
雪の泉ヶ岳、いいですね。今年はまだ標高500mを越えていませんよ。

No title

morinoさん
こちらこそお世話様でした。
主脈に行けない時は、残った半分を歩きましょうかねー。
最後の七峰は、情報収集してからでお楽しみにしましょう。
楽しい誕生日山行を有り難うです。(^^)

No title

SONE さん
四方山からの脊稜の大展望は次に期待しましょう。
車で行けるのがいいですねぇ。
困った時の阿武隈の山は、有り難うですね。(^o^)

No title

civil_e さん
お先に行かせていただきました。
そう、明通峠はツルツル路面でしたね。
ときわ屋食堂のラーメン、1回しか食べてません。
平日ねらうしかないかな。
福寿草・ロウバイ・白梅・蕗のとう等が見れればいいですね。(^o^)

No title

この度もまた勉強させて頂きました

阿武隈山系からの連なりだったのですね

そんな事を思って『次郎太郎山』の稜線歩きをしてみたいですね

人生の節目もホールドアップでしたか~(笑)それでいいのだ~~^0^

『御家内バンザイ!』と言っているようですよ^^

No title

お世話様でした。ラーメン今度単独でトライしてみます。月に1度は亘理に行っているので・・・
お山のリサーチもね^^;

No title

papicom さん
阿武隈山系の北端になりますね。
『次郎太郎山』は今が旬、だって車道がありますから。
おっ御家内、山頂に着いて登りから解放されたからバンザイですよ!

No title

tom さん
こちらこそ、お世話様でした。
ときわ屋ラーメンは平日でも行列ですから、トライお願いしますね。
お山のリサーチと美味しいところもね。

No title

あっけなく歩いてしまったけど、ラーメンが待っていたから、
ちょうど良かったね~平日じゃないと食べられないんだね(ときわや)
いばら道?から解放されて、これからはパラダイスでっせ!
またご同行よろしくお願いしま~す(^_^)/

No title

maronn さん
ラーメンなければもっと歩いたか。
土曜日だったら、でも麺切れだと早い時間で打ち切りだね。
いばら道?わたしゃ人生の茨道から解放されたいな。
今度は大砲で打たれそうだな(^_^)/

No title

Birthday登山でしたね~おめでとうございます!
どうして『亀石』なんでしょうね
亀石さんが名付けたのかな・・・^m^

No title

ナカシィ さん
今日は荒天ですねぇ。明日は晴れさせてくださいませ。
ウヒッ(^o^)Birthday登山、有り難うございます!
亀でもない亀、やはり亀石さんが名付けたんですかな(^O^)
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR