泉ヶ岳前衛峰群…小屋森山を周回

【日  程】2013年5月5日(日)【天 候】晴
【山  域】泉ヶ岳前衛峰 小屋森山(386m)・めもり山北峰1・めもり山北峰2周回 
【行  程】小屋森林道起点~林道ゲート~小屋森山南山麓~小屋森山~めもり山鞍部~めもり山北峰1~めもり山北峰2~林道~林道ゲート~小屋森林道起点
【メンバー】マロ7・おっ家内  2名

昨年4月1日に、小屋森山からめもり山を経て日向山を周回した。根白石から見た泉ヶ岳山麓群でも低山に属するがなかなかの雰囲気がある山で再訪したい山のひとつでもあった。この日は山仲間と朝日連峰の高安山に行く計画であったが夕方どうしてもはずせない用件が入ったのでやむなく涙を飲んだ。(-_-;)


前回の記事 2012,4,1  http://maro407080.exblog.jp/14965658/
長倉林道から右へ100m進むと駐車場がある。
路面はわだちと段差がありますので普通車はお腹をこすりますよ。


送電線鉄塔に立ち寄り泉ヶ岳を展望。



作業道から杉林のヤブに入ります。


そして正面のガレ場から右へ進んでみましたら石組みがありました。
そうです。ここは小屋森石が切り出されたところです。その作業道跡でしょうか。


山頂を目指して行くと黄色い花の群生がありました。
帰宅後に調べたら「ヤマブキソウ」でした。
「ヤマブキは樹木」に、「ヤマブキソウは草」に分類されるそうです。



現れた、採石場跡…これだけで小屋森石が産出されたとは思えないのですが…。
【説明】          
 昔は石材採掘をした小屋森山 (386m)だそうです。
 仙市泉区根白石朴沢地区の北端、西小屋の背後に聳(そび)えるピラミット型の小屋森山は、堅牢な安山岩の岩山で中腹以下が民有でその上は国有林になっています。
岩質は加工しやすい軟質の安山岩で建造物の礎石や社寺の石段、石塀や墓石などに利用された。
その採掘方法は、人が命綱に身を縛ばり岩壁を鑿(のみ)で削って角材にして切り出す時代的手法で行われたようで、搬出には荷馬車が使われていた。
 昭和になると機械力が加わり搬出もトラックに変わって事業は飛躍したが、秋保石や野蒜石に押され需要が激減して昭和20年代には廃業となり、小屋森石も忘れられてしまったそうであります。


ここから山頂までは岩が露出しており落石の危険がありますので注意ください。
山頂を巻くように東へ進んで行くとありました。見事な採石場跡ですがなぜか自然石にも思えるような岩肌でした。


急登ながらもちゃっかりと、採取はかかさないおっ家内です。




小屋森山頂は花が咲き出しました。


小屋森山頂藪がうるさい尾根を北東側へ下ると鞍部にでます。
以前ここを訪れた時には、バイケソウがちらほら出ており雰囲気のいい場所でした。
今回は見事な群生となり、ニリンソウと共演しています。


ここで昼食にしていましたら、morinoさんから高安山登頂メールが届きました。(^o^)イイナァ


鞍部からめもり山尾根に取り付き西へ進みます。小屋森山が南に位置します。


臼藪ですが、なかなか雰囲気のいい尾根です。
何とここにも山名板があり「めもり山北峰」とお馴染み早地根クラブさんの手作りでした。
次の尾根にも同じく「めもり山北峰」とありましたので本ブログでは「めもり山北峰1・めもり山北峰2」と表示しました。


めもり山北峰2からは藪が濃くなり急斜を下ると林道へ出ます。
ムシカリが咲いていました。


林道に出て南進すればゲートに出て駐車場です。
ミニ周回でしたが山菜をいただき、春を味わったお山歩きでした。


ルート図。(青線は前回のルートです)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
おっ家内が採取はシドケですか!?
大好きですよ〜

No title

高安山にご一緒できなくて残念でした。あの景色を見せたかったですよ。
この山のヤマブキソウは素晴らしい群落ですね。
藪を漕がないと見れないお花畑だと思います。
山菜もゲットできてよかったですね。
しかしめもり山北峰とは、そこまで山名板を付けなくても良いと思います。

No title

タッシー
こんばんハー、ピンポンですよ。
初採取のシドケはおひたしで美味かったです。
また、別な食べ方もありましたかな。

No title

SONE さん
自由になったと思ったら用件がぶつかって残念。
次の機会を待ちます。
ヤマブキソウ群落に驚き、なんの花かわからず帰宅してから調べましたよ。
山菜は、シドケ、アイコ、コゴミ、タラノメ、コシアブラとメニューが豊になってきましたよ。
めもり山北峰以外にも何かの名前はなかったかなと…。

No title

私も高安山は秋田で指をくわえておりました。秋田はまだ寒くてコゴミが盛期でした。売るほど採れました。アイコ、シドケは今週末取りに行こうか思案中(^-^)コシアブラはすでに3回たらふく頂きました。

No title

tom さん
そうですよね。なかなか行けない高安山は、指をくわえるしかなかったね。
あらら、コシアブラは3回もたらふくですか。(^_^)
まだ、採った気分がでてません。

No title

シドケもコシアブラも皆さんのブログで知るのみで、食べた事のないとむかのです(苦笑)
私も鳴子の胡桃ヶ岳帰り道、でフキノトウ採りに夢中になりながら下った人なのでもう数年経てばおっ家内さんカテゴリーに入れると思います(大笑)

No title

去年周回して林道を歩いた時、「めもり山へ行けそうだね。」とみんなで言っていた尾根が北峰2へ続くところなのですね。
それにしても山菜タップリ、ウラヤマスィー(^^)

No title

とむかの さん
私らもシドケもコシアブラも後から知ったのですよ。
シドケは山菜の女王と本には書いてありました。(笑)独特の味
フキノトウは蕾を摘んでしまいますが、茎をキンピラにするとウマイ。
んん、数十年経てば…ではなかったかい(笑)
デトックス効果ですね。でも、わしは、しおれてしまいました。_(._.)_

No title

morinoさん
去年周回したとき鞍部のバイケソウを見たくて行ってきました。
今度はバイケソウの花咲く時に訪れてみたいです。
尾根は雰囲気が良く、半日登山の時にはいいですね。
山菜はまだまだ満足していないのですー(^^)

No title

めもり山(372m)という山だったのですね!

北にピークが二つありますがそれも目盛り山だったのね~

φ(..)メモメモして目盛りを付けておきます(笑)

小屋森山頂に祠があったのですね~

どんな山でも山の神様が鎮座して居るのですね~

今年はバイケイソウの咲く年回りですね!



No title

papicom さん
泉ヶ岳山麓群は古の文化が埋もれていますよ。
今ある林道は定義参りするのに使われた道だそうですよ。
小屋森山頂の祠様に沢山の願いをしてきました。
あそこのバイケイソウは見事でしたね!

No title

春が来て、緑が増えていき、花が咲き、山菜がゲットできる楽しい山歩きでしたね。いいなあ・・・と指くわえて読ませていただきました。
あらためて春の美しさを堪能させていただきました。

連休後半からいろいろとヤボ用で、山へ行きたくてうずうずしています。
若いころは午後に用事があっても半日登山を精力的にできたのですけれどねえ・・・。

No title

tkさん
春紅葉がいいですねぇ~。
山菜は満足できるゲットには達していません。(^o^)
今冬からは県内の山だけでまだ、千n越えをしていないのですよ。
そうです。ヤボ用も大事な用件ですからね。(^o^)

No title

おはようございます。
急登で獲物を捕らえるおっ家内さん、カッコイイです~!

No title

ナカシィ さん
こんばんハー。
下り坂の週末ですなぁ~。
急登で獲物を捕らえるおっ家内、ただ、顔を隠してるだけなんですがぁ~。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR