迷い沢 <その4>

【日  程】2013年6月30(日)【天 候】曇
【山  域】安達太良山域鉄山西側、迷い沢 
【行  程】国道駐車場~木橋~木橋~水場~迷い沢~現場~アマ沢~廃口~<ピストン>
【メンバー】ナマステさん、管○さん、チャリマさん、キコリのkさん、utinopetika2さん、マロ7 計6名

先週の日曜日で、ピリオドを打てず決行です。
私ら6名に加えて友人と親戚の方がそれぞれ加わり8名となりました。
捜索範囲は大分、絞り込まれてきましたが密藪をローラー作戦できたわけではありません。
土湯峠まではワイパーを動かしていましたが、トンネルを抜けると…ガスながらも路面乾燥です。
打ち合わせをして迷い沢に向かいます。


1時間で迷い沢の現場へ…というよりここは「迷い平」と言って良いほど平坦地なのです。



今回は気になっていた硫黄沢の支流である、アマ沢の斜面を捜索します。
「迷い平」から枯れ沢を100m降下するとアマ沢になります。



沢の斜面も檄藪、ネマガリタケを掴み自己確保ながらトラバースします。


読図はかかせません。


あまりの檄藪に沢に降下して遡上。


ボタ山らしき所をあがってみましたら…。


トロッコのレールが頭を出しており、ここは鉱山施設だと判断です。


もう、ウラジオヨウラクが咲いていたと気がつきました。
ここから数百m遡上して藪に入りましたので戻ります。


少し戻り、本流のアマ沢よりも水量の多い左側の支流を辿ることにしましたが…。


ここは支流ではなく廃坑口、多量の水が流れ出ておりました。


沢もかなりの赤布が目立つようになりました。


急登の枯れ沢を登りつめれば「迷い平」に出ます。


「迷い平」に出て、一息、お天道様が顔を出してきました。


ブナの木の下はザックの置かれていた場所です。
本人が採取したと思われるタケノコがまだあり、無念さがのこります。


昼食をとって「迷い平」を跡にします。今度は、いつ来れるでしょうか。


何の手がかりないままの下山になりましたが、我々。やるだけはやった気持ちだと思います。
[#IMAGE|a0127015_6593517.jpg|201307/、2/15/|mid|633|377#]

「迷い沢」はブログで見ていて、スキーの方々が通るところ、名前のとおり迷いやすいそうだ。
登山道のない所に、私は行けるはずもない。行くはずもないと思っていました。
ナマステさんのブログを見たら、ここで行方不明者がおり捜索しているという。
そして、同僚の関係者であることがわかり手をあげさせていただき捜索に入りました。
自分の山史、「遭難捜索」は想定外でしたが、今、自分にできることはこれしかないと判断。
刈り払いされた山道からいったん藪に入ればそこには今までにはなかった異次元の世界がありました。
かすかな期待を込めて難路を歩きましたが、何の手がかりもありません。
でも、沢山の山男<女>達が何のためらいもなく捜索に入り、遭難者発見すべく汗をかいたことに我ながら感動です。

【ナマステさんの言葉をお借りします。<事後承諾ということでご了承ください>】
懸命の捜索の感謝致します
30日、気がかりなところがあるとの会員の声に賛同して6名で捜索に行きました、
29日も仲間3名が捜索に入りました、進展は有りませんでしたが、これで打切りに致します、
感動が伴う感謝です、本当に有難う御座いました。

これまでのルートです。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

4回目の捜索お疲れ様でした。
GPSの記録を見ますと、我々よりもう少し上流まで登ったのですね。
これほど捜索しても見つからないとは、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか…
でも皆さんやれるだけのことはやったのではないかと思います。

No title

マロさん、捜索大変お疲れ様でした。
何も力になれずにすみません。

No title

捜索おつかれさまでした。
枯れ沢の脇にある斜面を29日に歩いてじっくり遺留品などが無いか探しましたが何も見つからずどこを通ったものか見当がつかない状態でした。
ザック周辺は親戚の人たちが捜索されていましたが私が下山した時にはすでに撤収してお会いすることができませんでした。

No title

torasanこそ、お疲れ様でした。
今回は沢の斜面を中心にですが、傾斜のありヤブはそれなりですね。
本当にどこにいるのか知りたいです…・。
初めての捜索活動ですが、手がかりなしだけが心残りです。

No title

たいへんご苦労さまでした。
一体どこへ・・・昨日地図を眺めては考え込んでいました。
捜索は難しいものですね。

No title

yujiさん
こうしてみると、初動体制がどんなもんだったかわからないから、情報も錯綜してしまいました。
色々とアドバイスを有り難うございます。

No title

pon さん
一人での沢捜索こそおつかれさまでした。
遺留品も何も無い、少しでも一歩は進みたかったのですが。

No title

utinopetika2 さん
お疲れさまでした。
昨日地図を眺めては…同じようなことをしてましたね。
透視能力が欲しくなりましたよ。

No title

3週間にわたる捜索活動お疲れ様でした。
これだけ捜索されたのに見つからなくて残念でしたね。
これで捜索を打ち切るとの事ですが無念でしょうね。

No title

SONE さん
4回行き、地形図とにらめっこですから迷い沢の地形も段々と覚えてきました。
捜索はローラー作戦ですが、あの密ヤブですから人間の限界がありますね。
無念ですが、心の中で捜索を続けます。

No title

マロさん、ご苦労様でした。
結局見つからなかったのですか~?

夏油の話ですが、お風呂で一緒になった山女グループ7人は、焼き石の方から夏油へ縦走して、避難小屋に一泊後夏油に到着したそうです。
神奈川や東京から来たそうですよ。

No title

sidu-hahaさん
あのヤブでは、砂浜でアリを見つけるような環境でした。
消去法で塗りつぶしましたが、前に進むことはできませんでした。
おっ、夏油へ避難小屋一泊で…憧れますね。
元気なうちにそうしたいです。

No title

幾度もの捜索、本当にご苦労様でした。
不謹慎な言い方かもしれませんが、何かの拍子にでも見つかることを願っています。

No title

morino1さん
この地域に入山する方は秋までいなくなります。
そうです。
何かの機会で見つかればいいですね。

No title

何度も懸命な捜索お疲れ様でした。
前回ご家族の悲痛な表情を目の当りにして言葉を失いましたが
みなさんの「何としても見つてやる!」という心意気はご家族に届いたと思います。

No title

odamaki さん
おはようございます。
月は変わりましたが、心はまだ迷い沢です。
odamaki さんこそお疲れ様でした。



プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR