グヮッス(月)山へ行ってきた…(^^;)

【日  程】2013年7月14日(日)     【天 候】雨でガス
【山  域】月山  
【行  程】8:55ネイチャーセンター -石跳川-装束場11:05施楽小屋11:20-12:15金姥12:40-13:00姥ヶ岳-13:25リフト13:35-14:05姥沢-14:55湧水-15:10ネイチャーセンター
距離11.5㎞ 総上昇840m
【メンバー】白峰会の皆さん(加藤幹事長、深○嬢さん、大○嬢さん、佐○嬢さん、太○さん、植○さん、キコリのkさん)一般参加でマロ7 計8名
最近の月山行き・本ブログの記録です 
2012.8/4  http://maro407080.exblog.jp/15921999/
2011.10/9  http://maro407080.exblog.jp/13780747/
2011.7/11  http://maro407080.exblog.jp/13100344/
2010.10/2  http://maro407080.exblog.jp/11368310/
2009.6/12  http://maro407080.exblog.jp/8451576/
 今回は白峰会さんのお山行きに参加させていただきました。
計画では、岩根沢登山口から清川行人小屋を経て月山山頂、本道寺コースを辿り地蔵森山を経て岩根沢登山口へ戻ります。ここは未踏のルートですからウキウキ(^o^)



岩根沢の本道寺は平静でしたが、宿坊は参拝者が宿泊しており盛況のようです。かってはここで一泊し早朝に白装束の行者達が列をなした道だそうです。ここには姥神様が見張っていました。


車道は特に荒れてはいませんが岩根沢から11㎞地点で二又になりますが、ここでストップ。右手は本道寺コースでロープが張られて進入禁止です。



左手は岩根沢登山口でバリケード、崖崩れで道路が崩壊しているようです。
この天候ですので、計画の2番に変更し志津に向かうこととなりました。


ネイチャーセンター入口にはまだまだタケノコ採りの車が駐車しています。
さあ、ガスですが何処まで行けるでしょうか。この玄海コースは古くからの三山詣で、今もコース途中には往時を忍ばせる数々の石碑が残っています。


石跳沢沿いの道を進むとまだ標高900mなのに残雪があります。
キコリのkさん、山菜ゲットですね。


晴れていれば左手には湯殿山の壮大な姿が見えるのですが、雨が強くなって合羽着用です。


タケノコ採りの方が何人か降りてきます。もう最終だそうですが、リュックは満タンです。(^o^)


沢は大雪渓となり、軽アイゼンを装着して辿ります。久々の6本爪アイゼンです。


雪渓の上には高校生の集団がおりました。


どこまで続く雪渓だろうか…ガスですから大雪渓に思いこんでしまいます。

やはり雪渓は切れていました。藪漕ぎをして登山道に出ます。


2時間ほどでブナ帯を過ぎ低木帯となります。沢は水嵩を増してきました。


装束場に着きます。ここは、行者達が新しいワラジに履き替えた所で、左手からは湯殿山コースが合流してきます。施楽小屋には鶴岡の高校山岳部30人ほどが休憩中で私らも休憩です。



このガスの中、外人ギャル二人が降りてきました。加藤幹事長…英語は話せませんがドイツ語なら大丈夫と言いましたら、私たちはドイツから来ました…って。(^^;)タジタジ


ガスは濃くなりますがさぁ前進です。
お目当てのキヌガサソウが数本ありましたので満足。


金姥の手前で昼食、ガスで何も見えませんが美味しいワラビ、カツオなどをいただきました。


月山山頂は敬遠して金姥から右へ、姥ヶ岳へ登ります。


チラリホラリと登山者が、このガスの中を頑張る背負子親子が微笑ましいです。


ふと、目についたピンクの花はエゾノツガザクラ、美しい花で月山でもそう多くはない花です。
月山が南限だそうです。


私にとっては今年初めてのコバイケソウ、ニッコウキスゲも満開です。。




姥ヶ岳山頂で…セルフタイマーなのにピンボケですみません。


姥ヶ岳からリフト上駅へ下るのは初めて、まだスキーの方々が頑張っています。


下りのリフトも楽チンでした。


リフト下駅から姥沢小屋…大風で飛ばされたそうでやはり無くなってた。



姥沢から玄海広場コースに降ります。
これまではなかなか辿れなかったこの道は車道をくだり右手の民宿手前から入ります。



ブナの巨木が生い茂りなかなかの雰囲気で秋もさぞかし最高でしょう。


急な木製階段を下るとやがて沼、野鳥観察小屋が現れます。
ちょっと寄り道して極上の湧き水をいただきました。(^o^)ウマイ


ネイチャーセンターに到着して、お疲れ様でした。


山神様からいただきました、本日の山菜です。
白峰会の皆さんありがとうございました。(^o^)


ルート図です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

岩根沢コース、残念でしたね。
私もここはそのうち歩いてみたいと思っていました。
それにしても凄いガス。でもキヌガサソウ見られて良かったですね。
お疲れ様でした。

No title

林道のゲートから登山口まで1時間ほどかかるんですよ。
天気がイマイチでしたし、石跳川に転進して正解でしたね。
まだキヌガサソウは白い花が見られましたね。

No title

1日早くマロ7さんは月山でしたか!私は15日にリフト乗り場まで下見に行ってきましたよ(๑≧౪≦)
月山湖付近までは超イイ天気でしたがリフト〜は小雨。でもこの日沢山の人達がリフト下がって来たのにはびっくりです。悪天候でも・・・・決行されてるんだなと。
月山はチラットしか拝めませんでしたが、手首回復したらトライしますね。

No title

石跳沢コース、まだ歩いたことがありません。まだまだ雪が多いですね。先日(6/5)ガイドさんにここを歩きたいと言ったら雪が崩れて危ないからと止められちゃった。
次の休日は月山を目論んでいます。花が楽しみです。

岩根沢コース、そのうち晴れたら実行するんでしょ?
やったら報告してくださいね。

No title

morinoさん
羨望の岩根沢コース、まだ見ぬ大雪城でしたね。
ガスと雨の、一人だったら行きません。(^^;)
いつかのようなキヌガサソウ群落はありませんでした。

No title

SONE さん
林道のゲートから登山口まで1時間がネックですね。
ガスの石跳川もいろんな花々が咲き始めました。
キヌガサソウは晩期のようです。

No title

tkさん
是非、石跳沢コース左手に湯殿山を見ながら歩いてください。
今年はどこでも残雪が多いですよね。
もう、雪は崩れませんから大丈夫ですよ。
月山は気軽に行ける楽しいやまですがグヮッス(月)山ですからね。
岩根沢コース、そのうちそのうちが今回になってしまいましたが、清川小屋に泊まる計画もありました。
そのうち、待っててね。(^o^)

No title

とむかの さん
1日違いの月山でしたか…!
梅雨の天気ですから晴れ間をねらうのは難しいですね。
ルートを外さなければガスでも安心できるコースですが雪渓は要注意。
白装束の出羽三山講の方々も頑張ってましたよ。
手首は快復気味ね。(^o^)

No title

 先日月山はいいやまだよ~と仙台の方から聞いたばかりで
私にとってはタイムリーな記事でした。
 山登りだけでなく、沢も雪も山菜もお花もあるんですね。
まだスキーの方がいるということは雪解け水も冷たいのでしょうね。
展望が広がったらどんな景色が見られるのでしょう。
東北はまだ梅雨明けしていませんでしたね。。
 今後の記事も楽しみです。

No title

雨の中、ドイツのギャルはスニーカーで登山ですか。ゲルマン魂を見習わねば・・・
来年こそは筍シーズンに石跳コース行きたいと思います。

No title

maychoi さん
そう、月山は花の山1年中楽しめる山(冬は敬遠ですが)ですよ。
天気がよければ老若男女和気あいあいで登っていますね。
雪解け水が冷たい分、喉の潤いには最適ですね。
展望は素晴らしい景色、東北の梅雨明け、よろしくお願いいたします。

No title

lc4advさん
そう、雨の中現れたドイツギャルのスニーカーに驚きです。
肉食と草食民族の違いでしょうか・・・(^^;)
筍シーズンだったら、山登らず採取だね。

No title

岩根沢コース登山口までの林道の分岐は右は通行止めの向こうは土砂崩れで人があるくのもやっとです。本道寺コースではなくて、サカサ沢に繋がるようですが、崩落していて、2年前に私は撤退しました。左はロープを外して東沢林道が岩根沢登山口まで続いています。路肩が崩落していますが、去年の8月は何とか車で往復できました。この雨でどうなったかはわかりません。歩いて行っても価値あるコースであることは間違いなしですね。

No title

HITOIKI さん
岩根沢コース登山口情報を有り難うございます。
今回の豪雨で山形の林道の状況が変わったみたいですね。
何れ、岩根沢と本道寺を歩いてみたいですが、清川小屋の泊まりもいいかなと。(^o^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR