最上海道の秋味を汁…満艦飾のいにしえ街道(^.^)

2009.11/8(日) 宮城県漆沢から山形県銀山温泉  天候:晴れ  同行:soneさん ebiyanさん、morinoさんmaronnさん、マロ7、おっ家内の6名だよ

【7:55加美町漆沢・最上街道登山口~8:45高畑山9:00~9:25長沼林道合流~10:25林道分岐~最上街道看板~湯殿山碑~小沢渡渉~軽井御番所跡~県境(軽井沢峠)~13:05天沼~13:45尾花沢上ノ畑林道・最上(仙台)街道終点】


今年6月に「最上街道:軽井沢越え」の計画は雨天で中止になっていました。
1ヶ月前にSONEさんからお声をいただきましたので、「ヤッター」です。
今回のメンバーは、山仲間のsoneさん、ebiyanさん、そして一緒に新庄神室と北泉ヶ岳を縦走しましたmorinoさんとmaronnさんが参加、おっと我が、おっ家内も久々登板でございます。
都合あって参加出来なかったタッシーさん、ミイラさん、itikoさん皆さんとこのアップで楽しんでくださいね。
そして、今度はご一緒に歩きましょうね。(^^)/~~~

 ん~、最上街道は宮城県加美町漆沢と山形県尾花沢市銀山温泉を結ぶ古道であります。
 今から約1300年前の奈良時代に多賀城に在任した、大野東人鎮守府将軍が軍用路として切り開き、現在の国道347号線が開通する明治25年まで地域の政治・経済・文化に大きな役割を果たしてきた街道なのだそうです。
 大野東人鎮守府将軍は日本三古碑の一つである多賀城の碑に名前が出てくる。これは多賀城を修造した時の記念碑なようなものであるが、この碑は砂岩質でもろいことから真贋論があり近年、ようやく本物と定着したところである。
 時の副将軍、水戸光圀公も大日本史を編纂する時に家来に命じて確認させたそうで、その後訪れた芭蕉も曽良と涙を流したそうであるが…。
 多賀城には市川に五万崎という地名がある。当時、五万の兵隊を集めたということであるが、soneさんの五千の兵隊が妥当であろう。この街道は利府に入り勿来ダムから板谷峠を経て吉岡に至れば色麻に通じることになる。そんな、いにしえの街道を踏むとなるとワクワクドンドンである。
 あっ、脱線してしまったがそんな多賀城からのルートとなれば一入である。色麻からのルートはsoneさんが詳しく記載しているので参照してください。(一部soneさんの原文を引用させていただきました)
 このコースは船形山と翁山の中間にありますが、晩秋の奥羽脊梁山脈越えがこんなに素晴らしいものとは思いませんでしたよ。

 それにしても山仲間は狭いもの、今回急遽参加になったmorinoさんとmaronnさんはsoneさんと以前、秋田の高松岳で会ったそうである! 当時の状況が一致して和気藹々のスタートです。(嬉笑)




□山神社脇の「最上海道の看板」に目を奪われる。Soneさんの説明によれば山形から宮城に向かえば海に  通じる道だそうだ。なるほど、納得で荒れた林道を登る。
 

□杉林に導かれる。少しジグザグに登っていくと顕著な尾根になった。
 この時、馬のいななくような声が最後尾のマロ7に聞こえた。蔵王の時と同じ声だァ。
 (▼▼)奴は近いなとつ  ぶやきながら紅葉が綺麗なコナラの雑木林を辿る。


□それにしても、運の尽きがいいのかな。今までは数コが限界だった奴の物も今秋は事情が違う。
 至る所に登山道上に見られる。今年は山の幸も豊作年というから、来春は子沢山の山になるだろうか。


□緩登が終わる頃、「石舟」という標識が…でも、それらしい確認はできなかったな。


□50分で高畑山に到着、ここは石碑があり小休止とする。
 三角点北側のあるがGPSでは山頂がこことはちと、違うようだな。
 石碑は「高畑大明神」と刻まれている。いよいよ「いにしえ」の雰囲気となる。



□尾根に上がれば緩やかなアップダウンを繰り返す楽な行程となる。
 それにしても、奴の物も多かったが、熊だなも沢山目立つ。
 

□それにしてもsoneさんの千里眼、キノコを見つけると颯爽とゲットするのだ。(ヘ。ヘ)
  
 

□林道出会いに入ると軽トラが1台、室内には2匹のワン公が吠えていた。
 6名の姿を見てここから出してくれと吠えていたかな。主人は、キノコ採りなのだろうか。
  

□それにしても林道の水たまりというより小川となっている。
 小川の根元となっている「助小屋跡」に到着し小休憩、小腹がすいたので「太田屋の大福」を皆で食べる。
 

□ガスから曇りベースとなったが高い山はどこにあるんだろうか…と思うほど。
 南側の展望が開けた場所はこのとおりの景観。
 

□平坦な名月平にある土盛りした湯殿山碑に到着、文化の年号(1804~1817)が刻まれている。
 今から200年前である。
 
  

□名月平をすぎると緩やかな下り、葉山の奧に雪をかぶった月山が眺められた。
 

■そして女性陣が何かをしている。
 maronnさんが筋力トレーニングかと思ったほど…。
 んん、懸垂を○○回、何とebiyanさんが手を伸ばしてゲットで、見事な連携プレーでムキタケをゲットである。
 

□相変わらず、奴の気配が感じる特有の堆肥臭気はワクワクドンドンである。見事に高枝が折れている。
 


□伏流水の沢があったので女性陣はゲットしたキノコの水洗い、いよいよ昼が近づいたどー。(ヘ。ヘ)
 
 

□半森山に近づきました。目指す軽井沢番所はもうすぐです。
 「ツルウメモドキ」と「まゆみ」があり、女性陣の目先が変わりましたでぇ~。
 
 


□ 軽井沢御番所跡は山形県境の半森山南麓に位置します。
  伊達政宗公が治めた晩年の寛永5年(西暦1628年)に仙台藩の関所がおかれました。
  この地は冬期間は積雪の関係から御番所を門沢御場所に移したそうである。
  そして御番所跡には役所・神社・墓地・宿場跡などが残されており当時の面影を残していた。
  石の鳥居はいつのものだろうか。
  
  

□軽井沢番所で昼食となり、みんな輪になって笑顔ですよ。
 ebiyanさん特性のムキタケ汁には何と肉がたっぷりで超旨。
 そしてこの秋の定番となった蔵王ホルモンは講評でありました。
 

□あれっ、缶ビールに蜂公が入ろうとしていました。そのまま飲んだら唇刺されて「いかりや長介」だったかな。
 


□みんなで記念写真は、セルフタイマーで自分のカメラを直視です。
 アラアラ、soneさんフライイングかな。
 


□番所からは悪路が待っていましたよ。
 でも、山ブドウを頬張りながらもいい秋味でした。
 



□天沼青蛙の生息地の標柱、県境はこの辺なのです。そう言えば、赤面症の青蛙を探していたんだがね(▼▼)
 

□そして天沼、なんとご褒美でしょうか。
 ツルウメモドキが沢山で、またもや女性陣の目色が変わりましたよ。
 今度は木の葉のこ、ノコギリ持ってくっぺぇ。(o^^o)
 

□カラ松の中に名残の紅葉が、その黄金に輝く紅葉は秋の終わりを感じさせますね。
 


□県境から天沼を過ぎれば緩やかな下り斜面である。
 杉林を抜けるとあっという間に山形県側の仙台街道標識へと到着です。
 途中岐路があります。迷いそうなところもあるので十分にご注意頂きたいと思います。
 ここ、熊鈴は必携ですよ!!
 

□この時GPSを確認したebiyanさんは、歩いた距離は全長11.5kmです。
 私のは16㎞、何でかというと停止していても距離が走るのですよ。何処かの設定かな。
 どなたさんか、教えて~(;゚゚)ワーッ!
 

□漆沢に向かう途中の二ツ森が目をひいた。


□ 漆沢・登山口の銀杏の彩り、少しばかり銀杏をいただいてまいりました。(^.^)
てな訳でございまして、たっぷりと先人のご苦労もかねて、いにしえの体験でした。
今回のブログはいままでの長編かな。とりとめのない文になって、つじつまが合わない。
でも、読んで合わせてねぇ。ヾ(^_^)BYE

後で、地図をアップしますね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホルモン&ムキタケ汁っすか…
食べたかったー、行きたかったーー!!
またの機会にヨロシクです!

No title

タッシー
久々に会えると思ったのに、今回は残念でしたよ。(^^
ホルモン&ムキタケ汁がマッチして…満足の最上海道でしたよ。
次の機会を楽しみにしていますでぇす!

No title

マロさん!神様に引き合わせてくれてありがとうーでした。
氾濫源縦走に続き、またホルモンにありつけるとは・・
何回食べても「まうい~~」です。あんこいっぱいの大福も「まうい~」
目をサラのようにしてたのに、おっ家内さんには敵わなかった、うめもどき発見!ハンターの眼力ですたね~
マロンは皆様に出会えてホントに幸せですた。楽しい嬉しい美味しい1日に感謝!合掌!マロさん、ステキなおっ家内さんありがとうございました。今年一番の山旅だったっちゃ~ヤッホーー

No title

maronn さん
お早うございます。
みんな知り合いだったのよね。
soneさんとは1月にお会いして雄勝の山、朝日の葛城山、村田の谷山、西会津の山と今回で5回目です。
山に精通し味わいのある山に連れて行っていただいてます。
蔵王ホルモンも厭きのこない、いい味ですね・・
大福は塩釜の太田屋で、お萩もこれまた「まうい~」(o^^o)
そうか、おっ家内は「うめもどきハンター」だったのかぁ~
今年の山旅…まだ50日あるでぇ~ヤッホーー

No title

野暮用が入ってしまい参加できず残念でなりません。
やさしいおっ家内さんとは葛城山でもお会いできませんでしたので、今回楽しみにしていたのですが・・・。
今度私も蔵王ホルモンをご相伴にあずかりたいですなあ。

No title

楽しい出来事満載のアルバムに仕上がりましたね。
細めに加工していただいたようでうれしい限りですよ。
太田屋さんの大福、大きいですね~。
食べれるか心配でしたが(ほんと~か?)おいしくてぺろっといただきました。
力のつく大福でしたね。
前記事の熱湯コマーシャルのカモシカのようなおみ足はお色気よりもちゃめっけで楽しませてもらいましたよ~。

No title

みいら さん
久々の再会を待っていたのですが残念でしたよ。
何々、やさしいおっ家内とは…実情を知りませんね。(▼▼)
次回を楽しみにしててくださいませ・・・。
蔵王ホルモンはうまいすよ…。
ガッテン承知の助よ(^○^)ホオルモン山

No title

ebiyan さん
お墨付きを頂いたから、今度は気兼ねしなくてガンガンですね。
ブログの先人からお誉めを頂くとは…有頂天。(^^
太田屋のお萩もそのうちね~。。
何々、カモシカと反対の短足はいくらかでも脚長が欲しいよ~。

No title

マロ7さんご持参の太田屋の大福、蔵王ホルモンとても美味しかったです。
山以外にも食へのこだわりが感じますね(笑)
おっ家内さんも元気に歩けて、久々にお会いできて嬉しかったです。
こんな穏やかな山を楽しい仲間達と歩くのもいいものですね。
次の山ではマロに会いたいですよ。

No title

歴史の道ですね~。ただ山を歩くだけじゃない。歴史たどりながら、山の幸をいただきながら、そして、出ました! またまた蔵王ホルモン(~o~)
の豪華ランチ。 いつか誘ってくださ~い(^_-)-☆
前日のカモシカ温泉も絶景の極楽の湯にもいってみたいな~。 

No title

いやー、おもしろかった。
さすが山の達人達です。すっかり楽しませてもらいました。
大福、ホルモン、ムキタケに熊さんの落し物やらウメモドキやら話題満載の山歩きでしたね。
「マロの米」美味しくいただきましたよ。ありがとうございました。
又どこか行きましょう!

No title

SONE さん
口に合って良かったです。
山は歩いて、見て、食べての三拍子ですね。(笑)
おっ家内も、素晴らしい所に連れていっていただき感謝しておりますよ。
和気藹々の山仲間達と歩くのが最高ですね。
マロには減量(私もだ)会命令を指示。(▼▼)

No title

zawawa さん
御地も歴史の道は豊富ですね。
山を歩きながら石碑に遭遇すると先人達の思いが忍ばれますね。
蔵王ホルモン、においが届きましたかぁ~(^^
カモシカ温泉はエコーライン閉鎖ですから来年のお楽しみですね。

No title

morinoさん
いやー、おもしろかった。楽しかったですね。(^^
そう、話題満載の山歩き新緑もいいだろうね。
マロ米、少しばかりでしたが…。
今度はどちらかな!まだまだ、雪は来ないどー(^.^)

No title

こんばんは。
師匠の皆様(マロ7さん、ebiyanさん、morinoさんは私の心の師匠なのです!)がお揃いで、ホントに楽しそうで羨ましい限りです。
熊だなって初めて知りました!今日自慢げに専務に話しましたよ。
しかしながら、部活の予定は未定です…(涙)。

No title

kyonbarry さん
雨の朝になりましたね。
師匠だなんて、マロ7だけは「師省」だな。(^^
ebiyanさん、morinoさんは行動範囲も広く大きな山を歩いていますしブログも満艦飾だよね。
見て、楽しい山歩きを思っていただいて有り難うです。
熊棚も奴の落とし物もこんなにあったのはまずないですね。
行った気分で、専務にお話したんでしょうか。
部活の予定…近くにも里山があるのでは…(^.^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR