北蔵王・小屋の沢で梅雨を吹き飛ばす

【日  程】2013年7月20日(日)     【天 候】雲~雨~曇
【山  域】蔵王連峰 北蔵王  
【行  程】7:45林道通行止めの左P~8:20ガッカラ沢出会橋~875mの二俣~13:35・30m滝14:15~16:05・1400m稜線・登山道~16:45猫鼻~17:15峩々温泉
【メンバー】CL佐○さん、SL加藤幹事長、キコリのkさん、ドMさん、ケンチョウさん、マロ7 計6名
北蔵王の小屋ノ沢を遡行してきました。
仙台近郊で遡行が楽しめる沢は「小屋の沢」だそうで…「秀渓」とのネット情報。
花崗岩の沢を進み小滝の連続、6人で沢登りを決め込めこんだ。
この沢は標高差が800mもあり、滝の数も多いので滝の処理のため、水平距離が短い割に時間がかかります。

【注意】ブドウ沢からは悪路と化しイタドリの葉が道を覆い、軽トラでも路面に接する箇所があります。



記録を見ると大半が一泊二日で抜けるパーティーが多いのですが、地元の利でしょう。
峩々温泉に下山するので、ここにデポ車を置いての安心沢登りです。
ブドウ沢登山道入り口からさらに数㎞入るとY字路となりますが左手は大きな広場となって材木の集積場所です。ここに駐車してY字路に戻り林道を更に南進します。


 Y字路からはイタドリの葉をかき分けて荒れた道が続きます。

途中、大きな崩壊箇所があります。


30分歩いて架かる橋の下が小屋ノ沢で、ここが入渓ポイントです。


少し下流で出合うガッガラ沢が橋の上から望めす。
ガッガラ沢は下り専用として利用されていますが今回は歩きません。
薄暗い沢床に降りると、すぐに小滝が出迎えます。


花崗岩のは滑りやすい印象ですが、県内にこのような花崗岩の沢床があったことに嬉しさが込み上げます。
そう言えば、北蔵王の名号峰は頂上が花崗岩の白砂でコマクサが咲いてるところです。
ここは蔵王火山の最も古い地質だそうで山域全体が花崗岩と思いこみました。


沢水を飲んだところ甘い軟水という感じで美味しいです。
林道のブドウ沢清水もこれと同じだったことを思い出しました。



今日は、シャワークライミング、釜場で入水などと思ってきましたが寒いくらいで誰も入水したくありません。


楽しい沢登りはバランスを失うとツルんと滑ってドボンすることになりますが、今日の沢水は冷たいので皆さん慎重ですかな…。


滝の数も数えていましたがもう続かず、でも小滝は限りなく続きます。
沢が落ち着きますと、高さ12mの魚止の滝が現れます。落ち口が深いU時で、幅の狭い垂直落下の端整な滝で、すぐ手前の左枝沢から巻きました。



沢がゴルジュ状になったり、連瀑帯となったりで…。






今日のメンバー(^^;)。


洞窟には沢仙人様もおりましたよ。(^o^)


崩壊箇所は慎重に通過。(^^;)ホォーカイ



ここの滝は登りを断念。


崩壊箇所を巻きました。


幹事長のシェーは様になってますねぇ~。


早弁も得意でしたね。


ドMさん、初のピトンです。







またも、幹事長カメラの前に登場です。


沢に降り立つと目の前に30mの大滝が出現、本日のハイライトです。昼食を取ってアタックです。


まず佐○さんが右側を直登してロープを設定、ここの登りの下部は問題ありませんが、中間部が微妙かな。上部は傾斜が緩くなるがいやらしい草付で、高さがあるので油断できない。



私にもこの脚長が欲しいネ。(^^)/


雨が降って、沢登りで合羽も着ましたよ。:-)ヒエルノデス



やがて沢は細くなり二股は左を選び稜線を目指します。


沢形もなくなり稜線を目指し、10分の強烈な薮漕ぎ。


登山道に出るとみんなで笑顔が込み上げます。


まだ梅雨開けしていないのでガスの真っ直中。


んんっ、猫鼻で緊急会議…(>_<)アレレ、デポ車の〇〇が…。


出発してから9時間半、下山口の峩々温泉に無事到着、その感動をゆっくりと噛み締めました。



まだ、沢は初級者で昨年からで通算8回目となります。
滝が多く、日帰りできる沢としてはかなり手応えがある沢で、また、訪れたい沢ですとうなずけます。
単調なゴーロが少なく最後まで滝が連続して飽きさせず、花崗岩だから磨かれている滝は小粒でもいいね。最初から最後まで飽きさせずに滝が出てきて、楽しい沢でしたが、翌日のオジサンは上半身が筋肉痛でした。皆さんお世話様でした♪
ルート図です。


ガッカラ沢はピンクで図示しました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

例年だと避暑を兼ねての沢登りになりますが、この日は濡れると寒くなるほどでしょうね。
滝も多く面白そうな沢ですね。
しかしイタドリの繁茂した林道の通過はあまりいい気分にはなりませんね。

No title

今年は冷夏でしょうか。水の冷たさまで伝わりました。

No title

私が蔵王にて釜かつ丼やら鴨そばをたいらげていた頃、マロ7さんは過酷な沢登りなさってたのね・・・・スゴイですね~最近の沢トライ(๑≧౪≦)
仙人さんや仁王立ちさんも居て楽しませてもらいました(笑)

No title

SONEさん
滝シャワーと釜淵風呂をねらっていきましたが、膝株がいいところ。
足の短い我は股間がヤバイ。
ここは滝の連続で飽きることがありません。
宮城の一級品の沢ですね。
イタドリの繁茂した林道、車回収ですべて折ってきましたよ。(^o^)

No title

yuji さん
冷夏の7月ですが、水の冷たさは緊張で吹き飛ばしました。
この沢はまた訪れたいマーキング。
一緒に行きましょう。(^o^)

No title

とむかの さん
蔵王からたいらげる音、沢に聞こえてきましたよ。
昨年から沢登りしまして、この年になって面白さを知りました。
この日の天気は登山ならば敬遠ですが沢はガスがかかっても行けます。ただし、豪雨はゴメンね・。
仙人さんや仁王立ちさ、厳しい沢も楽しみながら遡上するのです(笑)

No title

どうせ濡れるのだから雨は関係ないですものねー。
滝の連続で楽しそう。
沢登りではなくて沢歩きに連れて行ってくださいな。

No title

すっげー!!!!
マロさん、こんなすごいコース、これだけたくさんの写真も撮りながら登られたのですね。尊敬!!
次の日筋肉痛にしては余裕で歩かれたのね。

No title

morinoさん
そう、濡れていますが上からの雨は冷やされるのでる合羽を着ました。
小滝の連続は県内1でしょうか。
沢歩きの場所となるとどこになりますかな。(^_^)

No title

tkさん
まだまだ沢の新人ですので着いて行くだけです。
20代の若者のお父さんは俺より若い…(^^)/ソウダロウ
このコース、県内でも絶品だそうで、秋も良いだろうと。
筋肉痛は筋肉が元に戻りたいために痛くなるそうですが、胸と腕が痛かったのです。(^o^)

No title

マロさん、お疲れ様でした&お世話になりました。
私も同様上半身が痛いのなんの・・最初のヘボ巻きですかっかりイッてしまいました。
シーズン最初にしては辛いものでしたが、楽しい沢でしたね。
マロさんの年齢知らずのパワーにはいつも頭が下がります。またよろしくです。。

No title

こんにちは~
お疲れ様でした。
それにしてもすごい所を行くのですねえ~
足も長くないと行けそうにないですね。

ガッカラ沢は、地質的にはどんな所でしたか~
どの写真までが、ガッカラ沢でしょう。教えて~!(^^)!

No title

加ト幹事長
SLとしての大役、お疲れ様でした。
こちらこそ皆さんには大変お世話になりました。
あらら、皆さんも筋肉痛でしたか・・(^o^)アンシン
私はシーズン3本目、沢が益々楽しくなってきましたよ。
ヘボオジンですがこちらこそよろしくお願いいたします。。

No title

sidu-haha さん
こんにちは~です。
もう登山道ではなく、童心に戻り水に浸ることが喜びですよ。
短足胴長、体重過多の私にはハンディがありますので、着いて行くだけですね。
ガッカラ沢は歩いていませんのですが、この辺りの地質は花崗岩で覆われていますよ。蔵王火山で青麻山に次いで古い地質だと思います。
ガッカラ沢、何か心辺りですかな。
もしかして鉱山があったりしてね。
地図を追加しピンクで図示しましたので見てください。!(^^)!

No title

小屋の沢は数年前から考えてましたが、機会を作れず懸案事項でしたのでマロ7さんの記録も参考にさせて頂きます。
それにしてもこの長梅雨には参りました。
計画もなにもありませんね。
あ~ギラギラの太陽が恋しい(笑)

No title

torasanに機会をつくっていただいた沢登り、噛めばかむほど美味しくなってきましたよ。
ガイドブックには初級者から上級者まで楽しめる癒し系の沢と書いてありました。
まさに、そのとおりでしたよ。
長梅雨、何とかしてください。(^^)/

No title

おお!ヘツリ祭りですね!!
我が家には、レベルが高すぎますがそのうち練習をしてから伺いたいですね~。

No title

Mt.Racco さん
宮城の沢でも上位の沢だそうです。
ヘツリ祭り、泳ごうと思っていたのですが誰も入水しませんでした!!
Raccoさんなら、率先して入ったでしょうね。
ここは入渓までタラタラでしたが、小滝の連続で楽しい沢でした。(^o^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR