剣岳 立山登山 /アルプス一万弱…(^^;)その2

【日  程】2013年8月10日(土)
6:00剣山荘発~6:30一服劔~7:00前劔大岩-7:20前劔7:30登りルート鉄梯子~8:20平蔵の頭鎖場~8:25平蔵のコル~8:35カニのたてばい下端~8:50カニのたてばい上端~9:15劔岳山頂
9:55劔岳山頂発~10:12カニのよこばい上端~10:25カニのよこばい下端~11:20前劔~12:15剣山荘~13:10剣山荘発~14:30劔御前小舎~15:45大日岳方面分岐~16:05浄土川~一の越方面へ-16:25戻る~16:50雷鳥沢野営場-17:30みくりが池温泉

何十年ぶりの山小屋は快適そのものでありました。大の字にして寝られ、シャワー有りでビールは飲み放題。快晴のなか剣岳の全容をを見たので翌日も良い天気になるだろうと思ってしまいました。
「夜来風雨の声」サッシ窓の隙間からは風音…アレッ、雨もだ。(T_T)
4時出発の予定で3時起きしたのですが、ミーティングで出発を見合わせることとした。


6時、行けるところまで行こうと…ガスの中を出ることになりました。



剣山荘の裏へ回り込みます。

すぐに登りとなり、傾斜は増すばかり。


要所に銘板があるのですが、ガス山なのでチンプンカンプン。


終始、山行きのムードメーカーでしたN山岳会のA女史(*^_^*)楽しかったよ


ガスの中から、大岩が現れましたが横を通ります。


チングルマに励まされて。


一服剣にて神戸高校を追い越す。


まぁ、とにかく人が落ちても、石が落ちてきても第一巻の終焉ですど。
最近、カメラマンのお方が落石でお亡くなりましたそうです。


橋が1箇所ありましたが、なぜか四つんばいの〇〇さん…(^^;)何でぇ


展望がきいたら、縮こまりそうかな…。


緊張の度合いが、次第に高まっていきます。


行列のできる剣岳になってきました。


ボルトが仕込まれていましたので助かりました。


〇〇さんは基本を忠実に身体確保です。でも、なかなか外れない。(-:-)


視界があったらみなさん緊張~るだったかな。


ガスの中からダイモンジソウがひときわ光っていましたよ。


今までにこんな急斜の登山ルート、オボコンベ山の急斜の連続連続連続以上でした。


さあ、カニのたてばいで停滞中です。


〇〇さん、準備はいいすか(^_^)/~


沢登りと、仕事でこのような所を経験していましたが初トライの方は冷や汗だったでしょうね。


山頂付近に来るとガスが薄くなって展望の期待をしたのです。


ヤッター、念願の剣岳山頂。




M女史の感動、感激が伝わってきました。!(^^)!


登りより下りの方が危険、(^^)/~~~わしも人生の下り坂である。


いよいよ難所中の難所の「カニのよこばい」に降ります。


足下が見えない。でも、先行者の適切なかけ声で皆さん安心して足をかけることができました。






そしてハシゴを下ります。


タテヤマリンドウ。



丘に見えますが、立派な急登です。


コバイケソウの群落に圧倒されました。


無事に剣山荘に到着して記念の写真。


集合写真を隣の若者に頼んだら、皆さんカメラを全部出してくださいと願ってもないお声…(^_^)/~
お聞きしましたなら群馬県の若者達、そして山形、宮城、福島混成部隊は群馬県バンザイ(^O^)


剣山荘から剣御前小屋へ向かいます。


剣御前にて、剣岳への別れを告げます。


別山北峰方面に青空が見えてきました。

まだまだ、花は健在ですよ。


すこし、横道にそれましたが…(^O^)サービス


宿泊のみくりが池温泉に到着。(^_^;)ヘロヘロ


本日の夕食は、ホテルなので豪華ですど(^^)/~~~


企画者の〇〇さん、良かったですよ。


そして、カンパァ~イ。(^_^)v




2日目をようやくアップできました。
大分、抜けている部分がありますが、この暑さに免じてお許しください。
ルート図です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初日の晴天から一転して霧の中を歩く行程になってしまいましたね。
それでも難所では渋滞するのは流石に人気の山だと思いました。
普段の沢登りが役に立つ山行でしたね。

No title

核心部がガスで残念でしたね。
緊張〜るには吹き出してしまいました。(^O^)

No title

見ているだけで緊張しているのに、カメラに!やはり人生も人間にもゆとりを感じますね(*^_^*)マロちゃんのお土産は因みに何かなo(^-^)oワクワク

No title

いやー、ガスで残念でしたね。(強がりです・笑)
全員無事に登って、降りて、良かったよかった。
剣山荘でのビール、みくりが温泉でのビール、本当に美味かった。

No title

SONE さん
雨と風から出発を危ぶんだのです。
でも、前日の様相からガスは遅くになくなるだろうの判断でしたが残念。
あの岩稜を見ながら登るのは次回にお預けですね。(^_^)
鎖に頼らずフリーハンドで登る方がいるそうですね。

No title

みいら さん
晴れてたら相当の高度感を味わうことができたでしょう。
ガスでも十分の高度感、3点支持は絶対でしたよ。(^O^)

No title

ガイ さん
はじめまして、コメント有り難うございます。
めったに行けないお山なんでカメラにおさめるのに夢中でしたよ!
ゆとりはなく剣の行程は結構のボリュームだったかな。
マロ子のお土産は、剣の山頂まで行ったソーセージ(^-^)

No title

morinoさん
やはり、岩に這いつくばって高度を堪能して次に期待しましょう(笑)
そうです。出発が遅れましたがすべて計画どおり、全員の笑顔が印象的です。
今回はどこにもビールがありましたね。(^_^)

No title

チシマギキョウかなぁ~?いわき支部長だとはっきりしたんだけど・・・
風が止んでくれて本当に良かった!!山頂に立ててバンザ~イ!三唱でしたね。
帰路は温泉まで長かった。もう電池切れで宴会には参加不能だった。
星空鑑賞もできなかった。(-_-;)


No title

晴れてたら怖かったでしょうね(~_~;)
オボコンベ山が例えに出たところ、面白いでございます。
私が北アルプスへ行った時、三日間全部雨だったんですよー!朝起きて雨だったときの気持ちがわかりました。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR