焼石連峰尿前川本沢・…美渓の沢に惚れる(^o^)

【日  程】2012年9月21日(土)  【天 候】快晴
【山  域】 焼石連峰  尿前川から本沢遡行→泉水沼付近の登山道に出る
【行  程】 8:10中沼駐車場→8:30尿前沢→フロ合流点→ハタシロ沢合流点→三ツ折り滝→40m滝→三段ナメ→二俣(夫婦滝)昼食→40m大ナメ→15:00雪渓→池糖→15:40登山道→16:25銀明水→16:50上沼→17:10中沼→17:35中沼駐車場
 
【メンバー】佐○さん/トラさん/加藤幹事長/跡○さん/ドMさん/キコリのkさん/管○さん/マロ7  計8名

沢も暑すぎるくらいの快晴で、最高の沢日和に焼石の尿前本沢を遡行してきました。
地形図に多くの滝が見られる尿前川本沢は、そのとおり多くの滝を抱えていました。沢は、滝、ミニゴルジェ、ナメ、と遡行する我々を飽きさせることはありません。
沢の本には「小粒ながらピリッとしまった沢」と書いてありますが、沢登り2年目の我はいろんな要素がつまった、激できれいな沢、逍遥され楽しくそして最高の沢を歩いてきました。
跡○さんのサロンカーに往復楽しく乗せていただきました。
トラ撮影の画像です。
中沼登山口から金明水ルートを辿ります。


尿前川まで30分ほど歩きいよいよ入渓です。


遡行開始から間もなくハタシロ沢と昨年遡行した風呂沢の合流点を過ぎ、いよいよ尿前本沢の遡行となります。



滝が連続します。天気もいいのでトラさん激進でs。



ここからは飽きることなく、すばらしい滝や景色が次から次へと現われます。


十字懸垂あり…(^o^)


楽しく遡行です。


三ツ折滝に到着、ここは高巻きします。


三ツ折滝は、右岸(進行方向左側)の滝を越してから懸垂下降で沢に降下
ガッツの加藤幹事長。

 
ワイワイ、ガヤガヤと楽しみながら遡行。


虹が見えますかな。


尿前大滝です。40mほどあります。


さすがに直登は無理だったので、右岸の高巻き(滝の脇を回りこんで登る)をしました。
その高巻き、ロープ展長です。


きわどいトラバースですので、谷底に落ちたら大変、慎重に渡ります。


今日は2度目の懸垂降下で滝中間に降ります。



40m滝から俯瞰。


ヘツリは楽しい、誰かが落ちるかカメラを構えます。

シャッターチャンスは逃さない。



前方で誰かが…そう、我も同じところでボチャンしました。(>_<)



本当に美形の沢歩きを満喫です。


みんな童心に帰ってね。(^o^)同心です。


途中に廊下、いやなナメが現れました。
天国ナメは二口の大行沢ですが、ここは極楽のナメでしょうか(軍配はこちら)。



雲の中なので廊下が永遠に続いてるような雰囲気です。
奧の二俣が夫婦滝です。


先行者がロープ設定中、この間にお昼ご飯。このところコンビニのノリ弁当が美味いのです。



ここも左岸の高巻き、軟らかいスラブなので小岩が崩れてきます。


いい雰囲気です。


ピンクのダイモンジソウに目がいきました。


遠くに鋭鋒の経塚山が見えてきました。


9月なのに雪渓も残っていたのは驚き、秋の山で残雪に触って、再び沢の遡行です。


トラさん、お土産ですか。


 
沢も終わりに近づき途中にいくつかの大きな滝がありましたが、直登やら
ここの休憩ポイントは黄色の花(キンバイかミズホオズキか?)がたくさん咲いてきれいでした。 


ひょつとして、今日は薮漕ぎなしかな…。(^o^)期待


バンザイ、薮漕ぎなしで泉水沼近くの登山道にでましたよ。
薮漕ぎ無しとは、まったく素晴らしいルートです。



ここからは、銀明水まで下がって美味しい水をいただき、つぶ沼、中沼を過ぎて焼石連峰を後に下山しました。ンンッ、誰かが…(^^;)アッ、テントウ


 
癒しから、ヘツリからゴーロ、高巻きと何でもありの沢は青空の中泳がせてくれました。
何とも言えぬ浮かれ気分になって家路についたのは言うまでもありません。
帰路は鶴巣PAで名物の「納豆月見ソバ410円」をいただきお別れ。
皆さん、今回も激で楽しい沢登りに連れてっていただき有り難うございました。
ルート図は、GPSを忘れましたので手書きです。
赤が遡行、青が下山です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

蔵王のご来光へ、続いて沢。゚(゚´Д`゚)゚。その体力の源は、やはり奥さまの管理でしょうか(^o^)♡失礼m(_ _)mマロさん
わがいんだものね<(_ _)>

No title

okaちゃん
返事が遅くなりました。ようやく変醜…いえ、編集完了です。
おっ、体力の源は毎朝の自家製トマトジュースなんつゃって。
いへ、いつもヘロヘロオヤジですよ。
わがいって…okaちゃんは、兄、姉、弟、妹さん?( ・∀・)ノ

No title

おつかれさまでしたー。
本当に最高の沢でしたね。最高のスリルも味わいましたけどね。

No title

楽しんできましたねぇ~。
羨望であります。

No title

沢の先輩、 ドMさん
お世話様でした。
これまで10数本歩きましたが筆頭の沢登りでした。
まだ、胸と腹、腕の筋肉痛ですよー。
次はどこかな(^o^)

No title

utinopetika2 さん
昨年は時間がなくて手前のフロ沢を楽しみました。
ここは癒しを上回る、そう、羨望の沢でした。(^^)

No title

東北でも有数の沢を堪能されましたね。
藪漕ぎなしで終わるのは最高ですね。

No title

SONEさん
宮城の沢にはない色んなパーツが沢山ありました。
登山道に出たときはホッとしますね。
藪漕ぎなしの沢登りは希少価値ですね。

No title

いがったね~尿前沢は。
大滝の巻きはちょっとびびりましたけど(^◇^;)
また行きたい沢のひとつになりましたよ。
こちらはこれからブログ記事作成なんです~ノ(・・)/ソレー

No title

綺麗な沢ですねぇ。写真で楽しませて頂きました。

No title

torasan
2年越しの尿前沢、初心者の私には贅沢すぎました。
大滝の巻き、醍醐味ありましたね。
トラさんがびびるなんて、美ビールではないのすか。
そうです、また連れてっていただきたい沢ですよ。
ブログ記事、楽しみにしております(^^)

No title

みいら さん
私には綺麗過ぎた沢でございます。
1泊する方も折られるようで、焼石はいいですね。

No title

テクニカルポイントに高所のブルブル、そして力技のところもあるんですね。
シャワークライミングは楽しそう。
そのうち簡単なところをお願いします。

No title

morinoさん
翌日は、ぜい肉の腹筋と胸筋が筋肉痛になりました。
短足胴長、リーチ身近しの我は、ガッチリホールドしかありません。
シャワークライミングは是非、お奨めですど。("▽"*) アヒョ

No title

いやぁ~すごい勢いでハードになっていきますね~~♪

それにしても、最後のツメの綺麗なこと・・・
まさにご褒美ですね~~

No title

あのトラバースで写真を撮るってどうかしてる!しかも足を出して・・。
とにかく高所恐怖症には辛い、顔がこわばりっぱなしでしたよ。。

No title

Mt.Racco さん
着いて行くだけの私は、どんなに凄い沢でも着いて行くしかありません。(^^)
沢歩きは段々と難易度が上がっていますね。
そうです。ここのナメには圧倒されました・・。

No title

加ト幹事長
フッフッ、あのトラバースの高度感は記録しておかないとね!
足を出してって・・3点支持はバッツリ。
後を追っていたので、こわばりっぱなしのお顔は見られず。
この次に拝見ですね。

No title

焼石岳は沢も綺麗なんですね。うっとり!

No title

lc4adv さん
昨年のフロ沢に続いて2本目の沢ですが、ここも美渓の沢でした。(^^)

No title

3点支持はバッツリ>>
カメラを手にもっているので「2」点支持では・・
というツッコミはいかがでしょうか?(爆)

No title

加ト幹事長
アララ、そうだったね。
3点支持からカメラをもって2点になったのだ。(苦笑)

No title

いいですねえ・・・。
山行報告の度にすごいことになってる・・。カメラは防水ですか?

No title

tkさん
いいでしょう・・・。(^^)
山行き、今週は時間がとれるかな。
カメラは防水で、潜水したままでも撮影OK、でもレンズが暗いからネ。
今日は良い天気ですねぇ。

No title

お~噂の尿前 いいですね~
今度一緒に行くTさんが、行ってみたいと騒いでいた沢
私も行ってみたくなりました。
来年また行く予定があったら誘ってください~オヤジの仲間に入れて^^

No title

NON さん
そちらでも噂の尿前ですかぁ~。
行けばまた行きたくなる沢でございました。
オヤジ達にビジョ達が入ったら、オ野獣と美女…(´Д`;;)・・・ぇ
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR