摩耶山~小粒でピリリと辛い中道・ソリクラコース

【日  程】2013年10月14日(月)     【天 候】快晴
【山  域】 朝日連峰の端の山域
【行  程】  倉沢登山口→中道コース→一の坂→二の坂→三の坂→ソリクラコース分岐→鑓ヶ峰→摩耶山山頂→ソリクラコース→水月神→水月分岐→倉沢登山口

【メンバー】soneさん/マスさん/morinoさんmaronnさん/ナカシイさん/マロ7 計6名
 表題の「小粒でピリリと辛い」は摩耶山のうたい文句なんだそうで、登山コースは3コースあるそうですが、行くのは中道コースを直登し山頂からの下山はソリクラコースです・
超快晴の月山を見て進みます。

摩耶山は、越沢と関川の温海地域の二つの集落から入る西側からのコースは数年前に登っています。滝登りや尾根渡りなどがあり、途中下降することのない上り詰めの道であるが、心地よくひと汗もふた汗もかかせてくれました。
 一方、朝日地域倉沢から向かう摩耶山は眼前頭上に岩肌を露にして立つ険しい山塊であり、急登、鎖場、やせ尾根、急降下をたどっていく、実に変化に富んだコースであります。
標高1,019mの岩峰は朝日連峰と同じ花崗岩からなる地塁山地で、西側に衝風樹のブナ原生林が見られ、東側は積雪によってえぐられ侵食著しく、谷が底深く落ちている。やせ細った険しい稜線が走り、多くの滝をつくり、一見人をよせつけない程の山相をみせています。
倉沢集落から見る摩耶山。



 
鶴岡市朝日地域からの倉沢コースは、やせ尾根、急坂、鎖場の連続します困難なルートで登る人も希、快晴となった10月14日は「体育の日」老体(^^;)にムチ打って登って来ました。このコースはテクニカルで岩場、鎖場、梯子場が多くおまけに落石と決してお勧めできるコースではありません!
登り口はこんな感じで宮城ナンバーと新潟ナンバーが2台駐車していました。



初めは樹林の中の道を行く。緩やかに登って行くが、すぐに登りがきつくなります。


時折、二つのピークが顔をのぞかせてくれ登高意欲が沸きます。


ここはまだ序の口。


二つのピークは左が鉾ヶ峰、右が鑓ヶ峰。



梯子や鎖場が出て緊張感が増してきます。
摩耶山の梯子はひどく不安定で、つなぎのところは浮いてしまいます。
気をつけましょう。



長い鎖場がる。30mほど鎖を手繰って登るとピークに着く。ここからは間近に摩耶山をみることができる。すさまじい大絶壁の山である。


とんでもない山に来てしまった…と、思ってしまうほどの山稜。
ピークを少し下る。鞍部に着くとそこが分岐になっていて、ソリクラコースの分岐で山頂までは60分。



そして、帰路となるソリクラコースを眺める。


ここで一服、マスさん手作りの和菓子には金魚が入ってる。(^^)オイシカッタ



ここからみる登山道は鋸の歯を登るような感じであるが先頭を行くmaronnさんは快調。



長い鎖をよじ登る、梯子がある、もう登るしかないのである。
稜線脇に雪化粧した鳥海山をみてみんなニッコリ(^^)


さて、最後のつめは涸れた沢の中の道を急登、険しい道であった。
大きな岩がゴロゴロする涸れ沢の道ををどんどん詰めて行くと、ようやく稜線に着いた。これで岩場の道が終わりみんな笑顔です。


今日のサプライズは、そうです。鋭峰の鑓ヶ峰に登るのです。
SONEさんがルートを開いて、危ない箇所はロープ展長して登ります。



鑓ヶ峰の山頂には朽ちた祠があって修験者の山と伺えました。
360度の展望は言うことなし。



一旦、鞍部に戻り西側へ登ると稜線へ山頂へは5分ほどで山頂に着きました。
自分達が登ってきた道を振り返ると、本当に鋸の歯のような道で、よくまあ、こんな道を登ってきたものだと感心、展望は最高である。



山頂で昼食をとり。



ギャァルズ(^o^)



ロケット噴射…んっ、火薬が足りなかったかな(-_-)



鳥海山は薄化粧。


いよいよ「ソリクラコース」である。
山頂から稜線を北にたどると、道は右にカーブして急な下りになります。



右手に相耳峰を見ながら下ります。


下りの岩場は、登りの何倍もの危険度があります。
安全を考えたら、同じ中道コースをピストンでしょうが、このソリクラコースははずせません。


すさまじく急な下りになり、道も明瞭ではない所も、しっかりした道ではありません。


ソリクラコースは、山頂部の大絶壁の下をトラバースして行き、すごい高度感。そのうえ、足場が花崗岩で滑ります。


鎖場が続きます。この鎖がひどく長く1本で50mくらいあるだろうか。この長い鎖にすがって下って行きます。尾根から右に外れて谷底に向かって下る。ここからはさらに急な下りになった。


水月で一休み、したたり落ちる滝の水を吸いました。(^^)チューチュー



摩耶沢まで辿る道は足下が見えないくらいの落ち込みです。


谷底で流れを渡って、対岸を登って行く。この道も心細い道で踏み跡がしっかりしていない。
ようやく登ってきた道と合流した。(^^)バンザイ



登ってくるときはとんでもなく険しい道だと思ったのだが、今までの道に比べたら、ここからの道はひどく楽なものに感じます。


摩耶山東面。


以東岳をズームしたら、山頂小屋を確認。


時間内に登山口に到着です。


『感想』
 下山路となるソリクラコースは、岩場バンドのトラバース、急登、梯子、ロープ、鎖と何でもありで、上級な危険コースです。沢人の端くれの自分からすれば爽快ですが、確かに高度感、緊張感もある激なコースです。
 その分、山頂の展望と岩場の紅葉は抜群で摩耶山の醍醐味を味わった登山でした。今度はヒサユリの咲く頃みにソリクラコースから登って中道コースを歩いてみたいですね。
夕食は寒河江の「福家そばや」で、味噌ラーメンをいただき。

SONEさん的確なご案内をありがとうございました。
同行の皆さん、これで一段とたくましくなりましたね。(^_^)




【情報】
・登山道の手すり・鎖の撤去作業は、平成25年10月27日(日)の予定です。
 ※手すり・鎖が撤去されている期間の登山は大変危険です。

・摩耶山倉沢口は、急傾斜が連続する非常に危険な山です。登山道に慣れた方との登山をお勧めいたします。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

おばんです。ソリクラでお話しさせて頂いた、たーぼです。
あの方はもしかして、と思ってましたが、やはりマロ7さんでしたね。
以前からネット上では、「マルゴ」さんや「まるいぬ」さんの所で
お目に掛かってましたが、今後とも宜しくお願い致します。

あのメンバーの中に、SONEさんがいらっしゃったのには驚いてます。
足元ばかりを見てスライドしたので、気づきませんでした。

No title

マロさん、たいへんお世話さまでした。
ひとつひとつをなんとかこなして、振り返った後ろにはマロさんが余裕の表情で立っているので、さすが沢人!と思いました(^^)

No title

たーぼ さんでしたか。(^^)
お晩でございます。
私がネットに入り込んだその時代が蘇りましたよ。
わかってればもっとお話ししたでしょうね。
私の山歩きは「マルゴ」さんの情報から始まりました。
「まるいぬ」さんは懐かしいですね。彼女とは蔵王と西吾妻でお会いしましたよ。今はどうしているのでしょうか。
こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。
SONEさんは先頭におり皆さんをリードしていましたので、私は跡見でゆっくりでした。

No title

ナカシィ さん
しばらくぶりのご一緒で嬉しゅうございました。
「振り返ればマロ7がいる」(^^;)アハッハー
余裕はありませんでしたが、皆さんの足取りを見ていて楽しんでいました…。(^^;)スミマセン
レディスはこの道を躊躇せず歩いてたいしたもんだねぇ!
また、よろしくです。

No title

何度歩いても面白いと感じるコースでした。
人数が多かった分、鎖やロープ場に時間がかかってしまいましたね。
しかしこの険しい山が泉ヶ岳より標高が低いとは信じられませんね。

No title

お世話様でした。
トップのSONEさん、しんがりのマロ7さんで安心して歩けましたよ。
短いコースながら緊張の強いられる厳しい山でしたがそれだけに面白く印象に残る山でした。
一言で言えば「凄い山」ですね。

No title

ホント!登りがいのある凄い山でしたね。
緊張はしたけど変化に富んで楽しかったよ~
合流地点からの下山の楽だったこと!
お世話様でした~~

No title

おお レディースたちと摩耶山でしたか。
私はまったり東の山から鳥海の初冠雪眺めてましたよ。
キノコ山行したいものです

No title

SONE さん
以前に摩耶山山頂から見た鑓ヶ峰に踏み跡があったのでいつかはと思ってました。
御神楽から変更となってニヤリです(^^)
さすがの摩耶山、どっかのラーメンと同じで何度行ってもいいお山ですね。

No title

morinoさん
今年はきつい山ばかりですね。
剣と比べてしまいますが、危険度からみたらこちらがダントツかな。
長くダラダラした山より、短くて緊張の山がいいかな。

No title

maronn さん
登りがいのある凄い山をスタスタとでしたね。
何でもありのルートを、緊張は見受け等れませんでしたよ。
か弱い「ケナ」は痛くないかい!

No title

tom さん
そうです。レディースに囲まれて緊張~摩耶山でした(^^)。
鳥海の初冠雪、いい眺めでしたね。
キノコ山行は来月になってしまうね。

No title

女性陣は大したもんですなあ。どっかに足を滑らせてしまいそうな写真がありましたぞ。(^^;

この次の岩岩の山ってどこでしょう。研修で行けないから興味津々。^^

No title

まるで沢登りです。
高度感もありますし、緊張しそうです。
でもしっかりした梯子や鎖があると安心ですね。

No title

みいら さん
女性陣何のびくともせず、このルートを邁進ですど。
この次の岩岩の山ってのは、南方面…東北を脱出します。
日本一の何とかだそうですよ。(^^)

No title

utinopetika2さん
沢は下りましたが…高度感、緊張感は一級品ですね。
梯子はぶら下がりだけでグラグラ動きます。(>_<)

No title

なんや 面白そうなコースですこと、私好みです(^_^) ニコッ
ロケットジャンプいいですね~今回はマロさんは飛ばなかったのですか!

No title

NONさんこんばんハー。
2週続けて面白コースを辿ってただ今帰宅です。
今回はやはり摩耶山以上のコースを満喫です。(^_^)
ロケットジャンプ、なかなか上手く撮れないね。

No title

なにも知らずに昔、11月初めに登ってひどい目にあいました(笑)
この逆回りだったと思います。
案内してくれていたのがワイルドな人だったので、あれ梯子ないですね、でも適当に行きましょうって・・・その人はするするするっと行けるのですが、こちらはちょっと大変でした。同じ道を下るのは絶対無理って思いましたが、下山は中道コースで梯子、鎖があって助かりました。
事前の情報は大事ですねー。

No title

奥羽のアルプスですね~!!

槍より危険度が高い低山があったとは!!驚きのコースです

またメンバーさんが凄い!!玄人集団ですね^^

No title

akanezumiさん
寒くなってきましたね。
なにも知らずに行ったのでは心の準備もなく大変だったでしょう。私は準備だけしていて随分の年月がかかりました(笑)
今度行くときにはこの逆回りがいいですね。
鑓ヶ峰は圧巻きでしたよ。(^^)

No title

papicom さん
おっ、まさに奥羽アルプスだねぇ~!!
槍は行ったことがないけど整備されているようですからね。
こちらはまだまだ未整備、修験者のコースです。
メンバーは息があってますから…(^_^)vアウン
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR