最上カゴと姥地蔵さま…(^o^)

【日  程】2013年10月31日(水)    【天 候】晴~曇~雨
【山  域】船形連峰 最上カゴ  
【行  程】観音寺コース駐車場~粟畑~最上カゴ~姥地蔵~1215ピーク~姥地蔵~最上カゴ~粟畑~観音寺コース駐車場
【メンバー】おっ家内・マロ子・マロ7  2名と一匹

桑沼辺りにキノコ採りに向かいましたが八乙女を過ぎたら船形連峰が青空にくっきりです。
それでは「山とソバ」セットということで白髭山に向かうことに進路変更です。
道中のマロ子は親分の膝が大好きです。


柳沢小屋に向かう途中、黒伏山を望む。


今日は我々のみの入山でした。


今年の5月に来た時には残雪のブナ林が良かった。ここはブナの美林だと思う。


左手には鋭鋒の最上カゴが見えてきた。


観音寺コースには仙台カゴなるものもあるが、カゴとは岩が突き出た出っ張り、険しい崖を意味する。


粟畑に来て曇りとなる。今日の天気予報は大当たり。白髭山から変更して姥地蔵に会いに行くことにする。


船形山小屋をズーム、誰もいないようだ。



それにしても、こここのコースは申し分のない展望コースである。
昨年歩いた層雲峡コースの真上にある。

ここは御宝前のガレ場も丸見え。


なかなか行けない荒神山が手招いています。



最上カゴが近づいてきました。


今日のマロ子(^o^)


初対面の姥地蔵、なかなかのビズンさんでした。^o^)
ここより先は女人禁制の場所だそうで、女性はここから船形山全山を遥拝して帰路についたそうである。
姥神様は乳不足の女性にたくさん乳を授けるご利益があるので栄えたとの言伝え。


まだ雨が来てないので次のピークまで行きましたら、マロ子が臨戦態勢。
先頭のおっ家内は、黒い動物が横切っていった。小熊では…と(T_T)こんな時はスグモドル




姥地蔵様とお見合いしてたら雨がポツリ。
〈姥地蔵様が呟いた。「おまえは、妻をもっと…〇〇〇〇」と語った。(^o^)ナンダロウ
 

ここは、ウバ沢コースの終点になっており下から道が伸びてきています。
また、層雲峡の大沢小屋への降り口になっており、少したどりましたら藪っぽいようですが、ピンクリボンもあり結構使われているようです。
この十字路に立っていますと、興味が沸いてきますね。



やはり最上カゴを登らずに帰る訳にはいきません。


登山道から外れ数十mの藪漕ぎでピークへ。三角点は見あたらず、でも展望は最高です。
最上カゴ(1210m)には月読命を祀り、五所山の一掛所として尊ばれた山だそうで、爽快な気分にさせる展望を持つ山であった。



仙台カゴの姿が現れる。日の神(天照大神)を祀る山だそうである。
今度は楠峰とセットでここを登って見たいね。そうそう、近くの〇〇池にも目がいってしまいます。


粟畑からは傘をさしての下山となりました。
今回の縦走コースは展望が広がる場所が多くて、歩いていて気持ちがいいですね。
次は残雪時期かな。


マロ子にオンブしますか…彼女は抵抗なく親分の肩へ。


ダラ濡れにはなりませんでしたが、初対面の姥地蔵と会えたし、展望の尾根も味わえました。
帰りはソバの山田で、新ソバを味わい、これまた満足です。


ルート図です。



『キノコは皆無(T_T)』
でも、1本だけ採ってきました。
うっそうとしたブナ林の道端に生えていました。
これで3回目でしょうか「スッポンダケ」です。
きのこの本では食べられないとありますが、ブログ等では食用しているようです。


私は食べないよ~(笑)でも、採ってしまいました。
発見時雨でしたのでハエはたかっていません。
匂いは、甘い様な感じですが、長く嗅ぎたくない匂いでした 。
でも、鼻をつく悪臭ではありません。
根元の袋の中もネチョネチョで、触るのには抵抗があります。
根元の袋の様なものは幼菌の時は卵型だそうです。
確かに突き破って出てきたという感じですね。



さてさて、おっ家内がどうすんのかって、キノコ道の端くれは食べてこそ本望。
胴体だけいただきます。


日本ではスッポン茸と呼ばれています、スッポンの頭に見えた部分はカットされ胴体割り~


でも、学術名のimpudicusは「恥知らずのペニス」とか「淫らな」という
意味。どんな思いかはあなたの感性です!(^o^)ゴチになりました。


名前はどうあれ自然の中にこの姿には驚きです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

海抜1000M付近の紅葉はもう終わりですね。
実は私もお手軽な白髪山で妻とランチする計画があったのです。
眺望は最高ですものね。
キノコ食べて・・・・大丈夫ですかぁ~。

No title

utinopetika2 さん
関山峠以下は紅葉真っ盛りですね。
白髪山でのランチもいいですね。
どちらも眺望は最高です。
キノコ食べて・・・・共食い(*^_^*)でしたが、元気ですよ~。

No title

いい山歩きでしたね~
キノコ試食はさすがチャレンジャーです(^O^)/
さて里山歩きがよろしい季節になってきました。

No title

山田のそばは美味しいですね。てんぷらは又珍しいものでしたかね?
そろそろ観音寺コースを歩いてみたいものです。

No title

torasan
つかの間のプチ主脈の山歩きでした。
さっぱり採れなかったから1本頂戴しました。
口に入るまで抵抗が有りましたが、何の味もないキノコでした。
これで、キノコ道1歩進みました(^O^)/
里山歩きもいい気分になりますね。

No title

morino さん
山田の新そばを堪能しました。
今回のてんぷらは、マコモ、サービスしていただき、おっ家内は画像にないけどゴボウセイロでした。
観音寺コースはバリケード閉鎖が無いです。

No title

スッポンタケを食べるとはチャレンジャーですね。
味はなかったですか。食べたことに意義がありますよ。
紅葉は里に下がってきて、脊梁山脈は冬枯れの世界となりましたね。

No title

キノコ、アミガサダケだと思っていましたよ~。天童高原で2本見て粘ってちょっと(>o<)それを、えっ!!立派な共食いですよね(^_^)v最上カゴの下を東廻りしましたが、あのケルン2基?のところから上りましたか?熊の大きな落とし物もありましたよね。獣臭いが強いので姥達は、お呼びでないよ~と、藪に向い発声しながら通り過ぎました。あのコースは往復とも最上カゴ、柴倉山、仙台カゴの山容が気に入り、また、行くつもりでいますがさてさて、天候が心配です(T_T)

No title

SONE さん
キノコはゼロでしたから仕方なくスッポンタケを採ってきました。
ネットで見たら食べてる方がいるようなのでチャレンジャー精神ですね。
無味無臭、歯触りは少しだけ、そうです。スッポンタケを食べたおんつぁんになりましたよ。
ウワァ、冬将軍ですね。(^o^)

No title

okaちゃん 今晩ハー。
アミガサダケ発生時期がサクラの咲く頃だそうでフランス料理には珍重されるきのこでスープの材料になるとか。
スッポンタケをは(>o<)共食いで負けましたね(^_^)v
最上カゴは北側の尾根から登り山頂から東側の登山道に降りました。ヤブな分、掴む木々がありますからなんてことはなかった。
獣臭は2回ばかり、柴倉山まで行ったら向こうまで回りたくナrますね。
仙台カゴ、目星をつけてきました。これから土日の安定した天気は希でしょうね。

No title

私も何度か御対面しましたが、その雄姿、威圧感に負けて、手が出ませんでした。
男は逆にあの姿を見ると採取できませんよね?
http://lc4adv.exblog.jp/16307881/

No title

lc4adv さん
画像見てきましたが、立派ですね。(^o^)マイッタ
今度は、敬遠して遠回りします。
もう料理はしません。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR