杭城山と座禅堂山・晩秋時雨の里山へ……(^.^)

2009.11/21(土)仙台市泉区~①杭城山256m ②座禅堂山370m
天候:雨後曇 メンバー:マロ7・おっ家内・マロ

①【11:40駐車場所~12:00№117鉄塔~西田中川渡河~№118鉄塔~分岐~西田中川支流~13:05杭城山13:10~西田中川支流~13:55分岐~№118鉄塔~14:05西田中川渡河~№117鉄塔~14:25駐車場所】
②【14:45駐車場所~14:55座禅堂山~15:05永安寺】


我が家は青空だから、もしかして里山もいいだろうねって。泉区内で所用を済ませて一路杭城山へ向かうが、もうワイパーを連動するくらいの雨なのである。
どうするかって(+_+)、雨傘をさして歩けるところまでと足を進めようってね。

杭城山は、泉ヶ岳から南へ支尾根の先にあり、館跡は仙台市の指定文化史跡となっている。 
三角点(点名杭城)は、さらに南の別尾根になるそうだ。
各地に残る館跡は、昔人がかり出された膨大な労力は大変なことだったろう。
この杭城は山城で岩切城みたいな第一級の険しさだろう。 
他界したが紫桃さん(地方史研究家・作家)の考察には驚くばかりである。

登山ルートは北と西の二つ。 北は寿連原から農道に驚く。
送電線松島・青葉幹線(並列)の巡視路目印に進むと(南ルートと合流)ここから左へ尾根に踏み込む。
入り口からしっかりした踏み跡が山頂まで続くが今回は誤って直進して沢に降りてしまった。
赤布が要所に下がっているが、尾根の中間地点の黄色布を右に入らないでしまった。
迷いそうなときはそれを探すことであるが、GPS見てもなかなか杭城山は見えてこない。 
終いには田中川の支流にマロが真っ先に降りるお転婆犬に乱心である。 

□晩秋時雨の中を雨傘さして、マロの雨合羽は忘れたでぇ~。


青葉幹線№117鉄塔が目印で、西田中川に降ります。


□西田中川を渡河、立派な吊り橋がありますがマロは渡渉を選びました。



□まだ、彩りがあり…ウットリしましたよ



□マロは何を注視かって、10m真下の西田中川支流をねらっているのです。



□杭城山が真っ正面にそびえてました。一旦、沢に降りて薮漕ぎする必要があります。



□躊躇してたら、目を離した隙にやられました。あぅという間に下り、親分、来いってるのでしょうね。



□マロとおっ家内を置いて、急斜面の笹を掴みながら尾根に取り付き登ります。
 
 

□ここが杭城山山頂です。最近、地元の方々が取り付けたようです。


□尾根を戻ると、奴のまだやわい落とし物がありました。(▼▼)
□また急斜面を降りて沢を上がり戻ると、マロが不満そうに待ってッポをむかれましたよ。


□杭城山へはこの黄色いリボンを右に降りなければなりません。
私らはまっすぐ進んだので尾根を下り西田中側の支流に降りてしまったのです。


□尾根からはようやく泉ヶ岳が顔をのぞかせました。


□尾根から吊り橋が見えたと思ったら、マロが全力で降りていきました。
水遊びかなと思ったら何と、苦手な吊り橋に挑戦中でしたが、恐る恐る渡ってます。




□渡り終えて尾根に進んだら何かを思い出したようね戻って水遊びです。
□雨もあがり観音様と仙台の町並みがみえます。



□時間があったので前からきになっていた座禅堂山へ



□座禅堂山は永安寺の真後ろにあります。
林道横から入ってみました。


□林道からトラバースすること10分で山頂へ
座禅堂山山頂は、七北田ダムの真南にあり真下にはダム湖が見えます。


□山頂より南側に松島瑞巌寺開祖の雲居禅師の碑が…ここで座禅したのでしょうか


□一気に階段を降りると古刹ともいえる永安寺に出ました。



□帰路、後部シートでマロはうたた寝、カメラを向けたら…目をパチリ。(^.^)



参考まで、黄色いリボンが目印ですよ。ここから東側には行かないようにね。(・υ・)``ホォー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

杭城山は普通に進んだら簡単過ぎる、というわけで新ルートを開拓ですね。
変化に富んで反って楽しかったのでは?
私は杭城山も座禅堂山もまだですので参考にさせていただいて
近々です。
GPSも進歩ですね。
マロちゃん自由に楽しんでますね~。

No title

杭城山も座禅堂山も知りませんでした。
近くに歴史の山があるんですねー。
「みやぎ里山文庫」をしっかり見て勉強します。

No title

miyagi1305 さん
今晩ハー。
フッフッフーヘ(;゚゚)ノ
普通に進んで行ったら西側に行きアレレでした。
戻って仕切り直し尾根を真っ直ぐにいきましたら杭城山が谷の向こうにある。ではくだってショートカットして駐車場に戻ろうとしたら、マロが支流に降りて行った。それで降りてしまって、んん、登るかと判断です。
新ルートを開拓って訳ではないんですが…こうなってしまったね。
結局、ショートカットはできず来た道を戻った訳です。
そう、急斜と藪漕ぎで変化に富んで楽しかったですね。
GPS、お陰様でなんとか(o^^o)。
マロは、「そべこ」なんですよ。
あっ、、「そべこ」はわかりますかな。

No title

morinoさん
今晩ハー。
今日は最高の青空でしたが、待機でしたか。
杭城山も座禅堂山はねらっていましたよ。
soneさんが9月に登っています。
歴史の山、イワウチワとセリバオウレンの葉が沢山、春もいいかなって。
(^○^)

No title

ご無沙汰です。
マロちゃん、上手に橋を渡ってますね。立派なササダケも数本見えますが、ここはタケノコも採れるのかな?

タイヤ交換済みましたか。山寺ハイクでもやりませんか?

No title

あははっ・・・結構苦労されている様子が分かるGPSログですね。
杭城山は里山とは言え、訳のわからぬ作業道が交錯していて、山慣れしていないと迷い易い山ですね。
東側の沢を遡って行くルートも面白いですよ。マロ7さんの渡渉ルートから周回できますよ。
しかしマロは本当に水が大好きになりましたね。5月の谷山から比べると大進歩ですね(笑)

No title

みいら さん
今晩ハー、忙しいところコメ、有り難うござりす。
マロは中年になってお転婆になってきましたよ。
まだ、下の見えるところは不安なようです。
こちらのササダケはタケノコでで行けるのかな。
おっ、タイヤ交換はまだまだと思って延ばしてましたよ。
山寺ハイク、いいですね。みいらさんとお会いしたい方がおりますよ。
男の男性ですが…ヘ(;゚゚)

No title

SONE さん
今晩ハー。
右往左往がばれたかなヘ(;゚゚)ノ
そう、杭城山は里山と思っていましたら迷い易い山ですね。
何々、東側の沢を遡って行くルートね。
渡渉ルートから周回たはワクワクドンドン。
マロは5月の谷山から比べると野性犬に近付いてきたかな(笑)

No title

>みいらさんとお会いしたい方がおりますよ。
>男の男性ですが…ヘ(;゚゚)

私に会いたいという奇特な方もいらっしゃるのですなぁ。
男の女性とか、女の男性でなければ、是非是非!!

No title

マロ君の橋渡りサーカスみたいですごい!  藪こぎもご苦労さんでした。  岩手は里山も雪になりました。雪を避けて22日は陸前高田の氷上山に、今日は平泉の駒形山・経塚山・束稲山にいってきましたよ(^^)v   平泉の山は登山口を見つけるのに手間取り、おまけに案内もきちんとなく薮こぎをしたり・・・でしたが、それもまた楽し!ですね。
マロくんも薮こぎ・渡渉を楽しんでいたんでしょうね(^^♪

No title

zawawa さん
おはようございます。
マロの橋渡り、真ん中まではスタスタ行ったのですが、後ろからおっ家内が揺らすモンで立ち往生です!
まろ、昨日も藪こぎしてきましたよ。
里山も雪ですか。氷上山、駒形山・経塚山・束稲山と一生懸命ですね。
薮こぎして登山道を見つけた時の快感ががいいのですよね。(^.^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR