天然エノキタケ

タマネギの苗を求めて植えたんですが、生育が芳しくない。
本来なら黒のナイロン床を張って植えれば良かったんですが後のまつり。(^^;)



それで、芽の出たタマネギを植えてみたが…どうなるだろうか。


本題です。
10/14(日)の記事で我が家のキノコをアップしたところ、みどぽんさんからエノキタケですとアドバイスがありました。(^_^)アリガトウゴザイマシタ
この時の」エノキタケはいつ、食べ頃かなと…マゴマゴしているうちに食味のチャンスを失ってしまいました。(>_<)
この時の記事 http://maro407080.exblog.jp/18776027/

そして、昨日なにげなくのぞくと、切断した柿の木の地面側に…(^_^)キャー



もう、きのこの季節は終わったと思っていましたんですが、エノキタケは10月下旬から5月中旬の寒い季節に発生し、味、食感ともに良く、汁物や天ぷら、炒めものなど、幅広く活用できるとか。
市販されているモヤシ状の白く細いキノコを思い浮かべますが、これは菌床栽培したもので、天然ものは黄色みを帯びており、ナメコのようにぬめりがあるのが特徴だそう。
軸は太くて短くかさも大きい。寒さが好きなきのこで、雪の下でもたくましく育つことから、「ユキノシタ」「ユキモタセ」と呼ぶ地方もあるそうだ。
さあ、どの時点でいただこうかな。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

いがったすなあ〜
柿の木からも出るんですね!
大根おろしでペロリ?

No title

エノキの香りに引かれてやってきました。
天然エノキタケには、自分の採取経験からは、傘裏が透けるぐらい真っ白で薄く、柄も墨のように真っ黒で細いものから、傘が開いたナメコに近いものなど様々な種類があります。
画像のエノキタケは傘の厚さや柄の太さと色合いが中間タイプで、エノキタケらしさが堪能できるタイプと思います。
色合いや太さは違っても最大の特徴はビロードのような肌触りの柄ですね。(墨色タイプは本当に指が墨のように黒くなります。)
タッシーさんおっしゃるように、大根おろし和えがエノキの味と感触が一番楽しめる食べ方だと思います。
くどくど書いてスミマセン。キノコ大好き人間なもので。(^_^;)汗

No title

タッシー
お〜、柿の木の抽出だな!
大根おろしとプラス日本酒でペロリだね(^_^)

No title

みどぽん さん
エノキの香り、200㎞も飛んで行きましたね。
天然エノキタケは、様々な種類があるんですか。
我が家のエノキタケは食べ頃なんですね。
自家製に大根おろし和えで楽しんでみますか。
欲ばりな気性の我は、柿の木を回りに並べて増産体制にはいりました。(^^)

No title

素晴らしい!
庭先でキノコ採りができるなんて!
柿の木がないワタクシはホダ木を置いてみようかしらん?

No title

torasan
思いがけないボーナスでした!
いろんな環境が整いエノキタケが出てきたんですね。
柿の木にできるキノコは食べられるそうです。(^^)

No title

庭に食べられるキノコが生えるなんて羨ましい。
ウチではスッポンタケしか生えませんよ。

No title

SONEさん
まさかのエノキタケそろそろ笑味ですね。
スッポンタケ、食べてみてください。

プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR