秋保長袋3山とあらきソバとひなの湯温泉…(^_^)

【日  程】2013年12月26日(日)     【天 候】晴
【行  程】 登山口→ヤケ山→大旗山(前山)→西尾根→鞍部→愛宕山→向泉寺→登山口
【メンバー】おっ家内、マロ子、マロ7
文献上、最初に「里山」という単語が現れるのは1759年6月に尾張藩が作成した「木曽 御材木方」という文書においてだそうである。
これによると里山とは「村里家居近き山をさして 里山と申候」と定義されるものであるとか…。


平日の休み、天気もいいようだし「山とソバと温泉」セットで決定。
お山歩きはいいとこ2時間だろうと秋保の里山に決め下山後に山形へ移動しソバと温泉…(^_^)
大東岳が顔をのぞかせた。
マロ子はご馳走だけが目当てなのです。


赤い屋根の家の西側を進みます。



マロ子はおんぶして欲しいって、まだ、早いよ。


やけ山の三角点にタッチ。


樹間からは雁戸山が真っ白に見えます。


しばらく御無沙汰の糸岳。


ヤケ山から大旗山へ向かいます。ポカポカの日だまり歩きです。


マロ子のジャンプですがぁ~。(^^;)


大旗山(前山)到着。


ここから大旗山(後山)へ繋ごうと思っていたのですが笹藪密生です。???
山頂西側の斜面をみたらどうやら踏み跡が雪に隠れてるようなのでここを降りることにした。
大東岳もチラッと顔をみせてくれた。


急登を降りると鞍部は尾根状、獣臭がしたがマロ子の反応はなかった。


愛宕山に向かうとして進んだところ、思いもかけずピークに建物を確認。


何処かでみたことがある武将、確か川崎の北山にも同じような武将がいたような。


北側には、雪をかぶった後白髭山が見えた。


マロ子は山道を降り、私は雰囲気のいい尾根をくだって墓地に出た。


曹洞宗の向泉寺は山門前に鳥居があってビックリしたが昔は神仏混合だったからね。


予定どおり2時間で周回して山形に向かいソバいただくことにした。
画像は関山峠。


村山のあらきソバは私の№1です。私は1.5盛りを堪能しました。

(^_^)イウコトナシ


河北町の「ひなの湯」につかりました。
湯船からは葉山、甑岳、沢渡黒伏、黒伏の山々が見えて満足、250円はとにかく安い。(^_^)



ルート図です。大旗山からの西側ルートは思いもかけず辿ることができて良かったですね。
次はここからゴロ山方面に辿ってみたいです。


今年はこれでおしまい登山か?(^_^)悩むところなり…。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっ家内さんとマロ子ちゃんも一緒の、山と温泉、蕎麦の一日は至福の時でしたね。
有給休暇の見事な使い方です。(^^)

No title

よく通っている道です。あそこから登ると、こんな感じなんですね。
参考になります。
保育所から仙台方面へ道なりに行くと、馬を飼っている農家がありまして、たまに眺めてます。

No title

morinoさん
山と温泉、蕎麦の一日コース、帰宅は夜になりました。
次の山と温泉と蕎麦コースを考えるだけでも至福です。(^^)

No title

lc4adv さん
日だまりハイクには持ってこいのコースです。
馬を飼っている農家、今度行くときにマロ子と対面させようかな。

No title

大旗山と愛宕山は別々に登りましたが、なるほどこんなルート採りがあったとは納得です。
これで山納めでしょうかね?

No title

SONE さん
大旗山と愛宕山は別々に考えていました。
でも、大旗山から里に下りようと藪漕ぎ必死で行きましたら雪の下に登山道が隠れていました。
この雪で山納め、複雑な心境(狭)ですね。(T_T)

No title

愛宕山の馬上の神様は「勝軍神社」と言い、戦時中に勝ようにと参拝してから戦地に赴いたと、説明を受けました。似たような
神社が定義神社山門上り切った左側でも見ました。さらに「高柵山」にもあり、ここのは残念ながらバラバラに壊れており、
同行者が破片を拾い集めつなぎ合わせましたら、やはり馬上の神様の姿が浮かびあがりました。何かの処理をしないと形すら
残らないかもしれませんm(_ _)m

No title

okaちゃん
おっ、愛宕山の馬上の神様は「勝軍神社」と言うんですか。
ということで、すこし調べたら…
【平安時代に、京都愛宕山には白雲寺という密教系の寺院が建立され、愛宕山の実権を握ってきたといわれています。
白雲寺には本地仏として勝軍地蔵が祀られました。
勝軍地蔵を尊崇する者は戦で勝利を得るといわれ、特に明智光秀や伊達正宗などの戦国武将たちにその信仰が広まりました。】
定義神社山門、高柵山にもあるということは、北山にもありましたから各地に馬上の神様があったのですね。
年越しの宿題が増えました。(^o^)

No title

早速お調べになられたのですね(*^_^*)わだぐすの先生だす??詳細な説明ありがとうございますm(_ _)m。七ツ森の石碑のお題目も目からウロコでした。(^。^;)今年も大変活躍されましたね。楽しませていただきました(^。^;
来年は干支のように何事もウマくいき(*⌒▽⌒*)駆けだしてくださ~い(^o^)

No title

okaちゃん
教えていただきありがとうございます。
いえいえ、okaちゃんこそが師だす(^o^)「勝軍神社」はわからなかった。
「七ツ森鎌倉山の石碑」はこれからも色々と調べてみなくてはね。
来年も山歩きしながら、「ウマイものを美味く食べよう」…(^o^)

No title

お正月はお山でしょうか。
来年も是非ご一緒させてください。
良いお年を・・・。

No title

utinopetika2 さん
お正月はお山に行きたいですが…どうなりますか。
こちらこそ、来年もお願いいたします。
今日は良い天気で・・・正月も続けばいいですね。(^o^)

No title

マロ7さんこんにちわ~。大晦日いかがお過ごしでしょうか~。
先日登った二ツ箭山・・・・マシあの30mの壁・・゙怖かったです。思いっきり心折れそうでした(笑)
そんな臆病山好きの私ですが、また来年も山情報交換させてくださいね~!
良いお年をお迎え下さい!マロチャンによろしゅう♪

No title

とむかの さん
年の瀬も押し迫りましたね。
大晦日、家の回りの片づけに専念ですよ~。
やっぱり二ツ箭山でしたか。
初めての方は30mの壁・・゙大変でしょうねる
でも、スキルアップは間違いなし(^o^)
とむかのさんも良いお年をお迎え下さい!
マロ子に伝えましたよ♪

No title

こんばんは。もう一杯はいってますか?
1年間楽しませていただきました。お茶目なマロ子ちゃん、何回ザックの中にはいったでしょう。
まさか山スキーは始めないと思いますが、沢歩き、気をつけてくださいね。またどこかでお会いできたらと思います。

No title

kiyoshi さん
全速全快ですかぁ~。
一杯目は18時開始で、いつ打ち止めになるかだね。(^^)/
お茶目→お転婆なマロ子は、心得て山中で見つめられると…負けます。
山スキーはしたいのですが、年寄りだし、ウィ、スキーで嗜みましょう。
里山と稜線歩きと沢歩きが主体ですが、来年も沢を歩きたいです。
そのうち、また、お会いできますよ。
良い、お年をお迎えください。(^^)/
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR