蒲沢山の展望と冬の沢を愉しむ…

【日  程】2014年1月5日(日)     【天 候】晴
【行  程】 9:35赤坂団地駐車地点―9:40赤坂配水場 ―スカイツリー広場9:45―10:05№38鉄塔・見晴台―アケビ平―10:50畑前草地―11:20蒲沢林道11:50―12:30林道から尾根道―12:35№36鉄塔―12:40丸太橋・蒲沢川13:20―藪尾根―13:50スカイツリー広場―赤坂配水場―赤坂14:00団地駐車地点
【メンバー】 おっ家内、マロ7とマロ子  

おっ家内を午前中だけの近場のお山で、おり久のラーメン付きでどうかと誘ったら「OK睦情」(^o^)。
愛子で別なお山への考えもありましたが、懸案であった赤坂ニュータウンの西側にあります蒲沢山へ向かいます。


蒲沢山はあまり知れれてはないですね。「里山ねっと赤坂」の説明です。
青葉区西部、赤坂ニュータウンに隣接する蒲沢山は、クマやカモシカなどの大型 哺乳類も生息する大変植生に富んだ里山です。
芋沢川の支流である赤坂川、蒲沢川、銅谷原川の水源地でもあり、とくに山の中央を流れる蒲沢川は、イワナやカ ジカ、カワセミなども棲む美しい清流です。
また、山頂付近には、畑前の牧草地が広がり、パノラマのような蔵王連峰の景色 を楽しむことができます。
「里山ねっと赤坂」という赤坂地区住民の有志の市民団体が「林道を整備したり標識を作るなどの活動」をしているところです。
赤坂団地の西端から蒲沢山国有林に入ります。



林に入ってすぐ「あそ歩」と書かれた大きな板看板が木にかけられていて、子供たちを対象にした遊歩道や森林の整備が図られています。


その周辺の林は団地内の川前小学校の学校林になっており、林の中を5,6分歩くとツリーハースが見えてくる。



道は低い稜線の尾根を辿っていく。突然、部分的に林が切れて北の眺望が開けます。


ここからは七ツ森は見え右手の山は笹倉山。
手の中腹が切れ落ちてコブが出ているところが「眺子ノ石展望台」があるところだと気づきますが、何故かこの東壁が気になってる。


そこからすぐに「見晴台」に着く。№38送電線鉄塔の周囲は格好の展望台。
送電線に沿って北と南に眺望が開けている。
 

まだ一時間も歩かないので、マロ子は順調です。(^^)/


途中、ツクバネを発見のおっ家内は…(^o^)
  

あけび平らは十字路の交差点、真っ直ぐ畑前牧草地に進む。




全体に緩やかでよく整備された林道が続くが、樺沢三角点は発見に至らず。
おっ家内が雪中にキノコを発見、いただいてきました。



そして、本日のハイライトは畑前牧草地からの展望に息を飲む。


写真は南側の眺望で蔵王連峰を一望である。


手前には西仙台ハイランド。


大東岳の手前左は何年か前に行った大傘山、右手は円子山。


大倉ダム西側の中崎山はまだ未踏。


マロ子もこの景観を堪能…彼女はオヤツのことだけだと…(^o^)



牧草地を過ぎると蒲沢林道の三叉路に出て休憩である。
蒲沢山の頂上はここから少し北東の所に位置していて、三角点はないという。
三叉路のモミの木の下で、高砂のパンセから買った美味しいビーフシチューをいただいた。


さて、普通はここで戻るのであるが今日は少し冒険をしてみることにしたが…(T_T)地図を紛失。
でも、GPS頼りで周回を決め込むことにした。ここでお山歩き三時間は約束違反となる。


林道も枝道があり要注意ですが尾根を下る。
悪路となりここでマロ子は私に流し目の合図。(^^;)キャハ


とにかく沢に降りようと検討をつけておいたら枝道を発見して進んで見る。


山勘であったが、№36鉄塔に出て一安心、南側の尾根には登山路の№38鉄塔が見えた。


雰囲気のいい笹藪を下る。


蒲沢川の丸太橋を渡る。


朽ちたベンチがあって驚きましたよ。


さて、ここから南側の鉄塔点検ルートを辿れば登山路に出られますが、沢下りをしようということになった。


美渓の沢まではいかないが里山でナメ沢があるとは凄い。惚れ込んでしまう。


40分の沢下りであったが楽しく歩けたが問題はどうやって戻るか…。


やっぱり、新春の藪漕ぎ30分となってしまいましたが、背丈もある藪だからマロ子は降りようとしない。


低い里山も丁寧に探索すれば、豊かな自然が残されている。
権現森もこの蒲沢山も国有林で開発の手が入っていないということが重要な条件か。
赤坂地区住民の有志の市民団体の方々の想いがいっぱい詰まった蒲沢山であった。(^o^)


ルート図です。
※ 今回の、沢歩きはお勧めしませんので自己責任で御願いします。
丸太橋から№38鉄塔へ進むのがルートです。



初めてのニュー「おり久」で食べたのはカレーラーメン、味噌ラーメンとおっ家内にはご褒美のおにぎり。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます。
精力的に歩かれている山行記録、いつもとっても楽しみにしています。

今年もう2つ目の記録ですか? すごいなあ・・・。
私はまだ、どこにも出かけていませんが、体力がないと山登りが趣味だなんて言えなくなるから、近所に散歩するところから少しづつ山登りモードに体を作って行きたいと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。

No title

あけおめです〜
ヒラタケかな!? 幸先良いスタートっすね。

No title

tkさん
明けましておめでとうございます。
いやいや、精力的まではいきませんが、何とか週一は行きたいなと思う私のお山です。(^o^)
山行記録、楽しみにしていただき嬉しいですネ。
いつもは一月半ばから歩くのですが、自分も驚き。
今年もよろしくお願いいたします。(^o^)

No title

タッシー
アケおめですゥ〜(^o^)
ヒラタケでしょうね。今夜は野菜炒め、明日はお汁でイタダキ。
まさか、雪の中でキノコとは、宝くじに当たったようでした。
初夢はまだ買ってないが、買った方がいいかな。(^^;)

No title

あけおめでございます。いやあ、おり久でお目にかかるとは思いませんでした(笑)うちは定番の味噌と豆乳でした。マロ子ちゃんと挨拶しそこねました。今年も宜しくお願いします<(_ _)>

No title

tom さん
あけおめでございます。
こちらこそ、おり久でバッタリとは予想もしませんでした。(^o^)
マロ子は一番西側の車で待っていたのですが。
さあ、仕事が始まりましたね。今年も宜しくお願いします。

No title

ヒラタケありましたか。気付かなかったなあ。
あの沢、かなり前にバイクで途中まで行き、ちょっと散策しました。
沢靴じゃないと薮漕ぎが厳しそうでした。

No title

奥さま、良く付き合ってくれますね。
こんな山歩きもしたいのですが、探険はダメだって・・・。
ところで、マロさん痩せました???

No title

lc4advさん
ヒラタケは登山道から10mの位置にありましたよ。
トライアルバイクなら結構勧めるかもね。
今度は沢靴で、下から遡上したします。(^o^)

No title

utinopetika2 さん
騙す、だまされながらのお山歩きです。
キノコと山菜を求めると探険になってしまいますね・・・。
んんっ、痩せたって、??? (ー:ー)心はネ

No title

赤坂の奥にこんな遊歩道があるとは知りませんでした。
春先に白く輝く脊梁山脈を眺めながら歩くのも良さそうですね。
調べてみたら蒲沢山の近くに北蒲沢山と畑前山っていうのもありますね。

No title

SONE さん
ここは夏場をのぞいてお奨めですよ。
畑前草地からの展望は眉唾です。(^^)

No title

マロ子ちゃん 可愛い~
うちのワンコは13歳のMダックス、きっと山は歩けないわ
平地だって歩くの遅くて、時々ストライキ起こすんだから(>y<)

二人とワンコの山歩きレポート今年も楽しませていただきます。
ところで、マロさん痩せた?!

No title

あけましておめでとうございます
お天気や雪の状況も手ごろですね~
この前山に行ってきましたが、こっちの山は現在拷問状態です(笑)
今年も宜しくお願いします<(_ _)>

No title

NON さん
こんばんは~。
冷え込んできましたねぇ…(^^;)
ただ今、マロ子は膝元ちゃん 。
ダニが出るまでマロ子と山歩きができますね。
んんっ、痩せたのは財布の中味(・?)だに

No title

kuma仙人
あけましておめでとうございます
御地の豪雪と比べたら南国みたいな太平洋沿岸です。
一人で歩いた拷問のお山はしばらく御無沙汰で、冬は里山主体状態です(笑)
今年もよろしくお願いします。(^o^)

No title

この日は二日酔いでしたー(T.T)
さほどの高さではないのに景色も良く、なかなか楽しそうなところですね。
lc4advさんがお気に入りの場所になるのも頷けます。

No title

morino さん
何々、正月から、いや年末からだから二日酔い以上では…(^o^)
ここは里山でも、私が太鼓判を…再訪を誓ってきました。
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR